函館の経済・行政etc

2017年11月27日 (月)

インバウンドの恩恵(2) ~季節変動の解消~

当地を訪れる外国人観光客は3~4年程前から急激に伸び始めました。当初、有難い話ながら、浮き沈みの激しいインバウンド需要の増加は、沈んだ時の落ち込みを考えると手放しに喜べるものでもありませんでした。しかし、国策ともいえる外国人観光客の受け入れは、今や当地に限らず、既に無くてはならないものになっています。もちろん、過去に何度も経験したように、自然災害や国際紛争、パンデミックなど大きな悪材料が発生した場合における変動の大きさは覚悟しなければなりません。それでも、インバウンドの増加は日本の人口減少を補う大きなトレンドと見るべきでしょう。私は流れを少々過小評価していました。

さて、下のグラフは今から12年前、当ホテルの月別宿泊客数を表したものです。グラフのオレンジの部分は外国人の宿泊者数です。この頃、当ホテルの外国人比率は通年で10%程度。それでも業界平均は上回っていたと思います。敢えて極端だった年のものを示しましたが、当ホテルに限らず夏と冬の観光客入込の差が激しいのが函館観光業界の難点です。ピークである8月の宿泊者数に対し、最閑月の1月は人員ベースでその5分の1程度。室稼働で言えば100%近い8月に対して1月は30%台(シングル比率が高くなるため稼働率は人員ほど下がらない)となるのが常態化していました。函館の観光業界は5月から10月まで稼いだものを11月から翌4月にかけて吐き出すのが普通で、そのどちらが大きいかで黒字か赤字が決まるようなものでした。

2005inb
一方、次のグラフは昨年度の当ホテルの月別入込客数です。新幹線開業年度の”特殊な値”、また、客室構成や定員も変わっているので少し割り引いて見る必要はありますが、シーズナリティの改善は明らかです。そして、その要因も一目瞭然、外国人観光客の増加です。昨年は通年で外国人比率が30%を超え、一昨年からは1,2月のその比率は日本人を上回るようになっています。

2016inb
函館を訪れる外国人観光客の多くは東南アジア圏。雪の降らない地域が多いので、北国の冬、雪が非日常となります。函館がもっとも閑散となる時季が、外国人観光客が一番行ってみたい季節になるのです。特に旧正月が1月に始まった昨年度は、私がこの業界に入って初めて1月が最閑月ではなくなりました。ちなみに昨年度、室稼働ベースでは5~10月はほぼ100%に近く、70%を下回る月はありませんでした。

もし、外国人観光客の増加が無ければ、北海道新幹線開業による観光客の増加はここまで多くは無かったでしょう。そして、2年目に至るまでの持続力は無く、極めて一過性だったかもしれません。

さて、チャンスとピンチが常に同居するのがビジネスの世界。良いことが長く続くほど世の中甘くありません。何度も記していますが、これから函館には大型ホテルが何棟も建ち、我々の業界は再度過当競争の世界に晒されようとしています。当然のことながら、上に示したようなデータは業界関係者にとってはインプット済みのこと。よく「どうして新幹線開業直前にあまりホテルが建たなかったのに、開業効果が無くなるころに沢山進出して来るの」と聞かれますが、大手が進出して来るのは新幹線が開業したからではなく、外国人観光客の増加によって季節変動が小さくなったことで、函館でも通年利益が出せる見通しが立ったからに他なりません。

これからまた、厳しい戦いが始まります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年11月24日 (金)

インバウンドの恩恵(1) ~バンコク線就航~

知っていても口外しても良いかどうか微妙となる立ち位置が増えてしまったこともあり、拙ブログの記事もつまらなくなっていると思う今日この頃。年に一度くらいは、私にしか書けないことをネタにしてみようと思います。自社のことなら良いでしょう。長くなりそうなので、2回に分けることにしました。

さて、その内々に聞いていたことのひとつ、来年夏にも海外LCC、タイ・アジアXが函館⇔バンコク線を新規就航させるとの記事が本日北海道新聞に掲載されていました。今後、宿泊施設が大幅に増加し、競争の波が襲いかかる我々函館の宿泊業界にとって明るいニュースです。

下グラフは昨年度、函館市に宿泊した外国人の国別比率を表したものです。

2016hakoinb
函館の場合、唯一毎日定期便が就航している台湾からの宿泊客が圧倒的に多く、続くのがこれも昨年は定期便が就航していた中国からの宿泊客で、この”二国”で8割方を占めます。これは、他の道内観光地と比較してもかなり偏った比率だと思いますが、それだけ定期便就航の影響は大きいということです。

一方、次のグラフは昨年度、当ホテルに宿泊した外国人の国別比率を表したものです。

2016htlinb
函館市への入込外国人の半数以上の台湾を差し置いて、中国と並んでタイがトップです。この他にも函館では少数派のシンガポール、マレーシア、香港といったところも一定の比率を占めています。この差はいったい何なんでしょうか。

これは、当ホテルは小規模施設で海外からの団体客を受け入れていないため、定期便に乗って団体で来函する台湾や中国からの多くのお客様を受け入れられないためです。一方で、東南アジア諸国は東アジアの国々より個人、家族単位で動くことが多く、FITと呼ばれるこの個人旅行客が、当ホテルのような安価で利便性の良い立地に位置する当ホテルなどの施設に、ネット経由で予約してより多く宿泊しているという訳です。彼らの多くは成田や羽田、あるいは千歳空港から入国し、新幹線やJRを利用して来函しているものと思われます。ちなみに、一昨年までは台湾からの宿泊客の比率は上位5位にも入らないほど少なかった(函館市的には昨年度とほぼ同率のはず)のですが、昨夏のLCC就航以降大きく伸ばし始めました。

バンコクとの間に就航するのはLCC。個人旅行客が大半を占めると思います。タイ国民にとって、函館は比較的知名度も高く、日本国内でも人気の観光地であると聞きます。函館にとっても、当ホテルにとってもバンコク線就航は大変有難いニュースです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年10月23日 (月)

不遇の時代再び?

2017senkyo残念ながら政治は平等ではありません。有力な政治家がいるところ、少なくとも政権与党の政治家がいる地域に、国の予算や有利な政策が優先的に流れる仕組みになっています。たとえ、どんなに有能であっても、またどんなに正論を説いても与党の政治家でなければできることは極めて限られてしまいます。それが、この国の政治です。

函館の経済界に身を置く人たちであれば、それを痛い程経験してきました。私が函館に戻ってきた頃を前後に十数年間、今世紀初頭のこの地域は与党議員が不在でした。日本を代表する観光都市でありながら、新幹線が現駅に来なかったのも、未だ高速道路がつながっていないのも政権に属する国会議員が不在だったことが一因であるといって過言ではありません。

残念ながらこの地域は住民の選択によって与党議員を失うことになりました。今、できることはその不在期間をできるだけ短くすること。地域にとって必要なことは何なのか、経済界に身を置く人たち以外にも理解してもらうことが、地域の将来を真剣に考えている人たちの役割であると思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年9月20日 (水)

函館にPAC3

昨日、車を運転していると、陸上自衛隊駐屯所まえの交差点に複数のテレビ局と見られるカメラが待ち構えているのが目に入りました。何かイベントでもあるのかなと思いましたが、休日ではありません。その正体は、夕方のニュースで知ることになりました。

2017pac3最近、誰もがよく耳にすることになったあの地対空誘導弾”PAC3”が函館に配備されることになったとのこと。カメラはその到着を待ち構えていたものと思われます。北朝鮮からの弾道ミサイルが2回続けて渡島半島の上空を通過したことによる措置のようですが、物騒なものが身近になってきました。

ある方の話によると、北朝鮮が撃ったミサイルは、発射地点と落ちた場所を直線で結ぶと確かに函館付近上空を通過しているように示されるものの、実際ははるか上空を弧を描いて飛んでおり、その真下が渡島半島とは限らないとのこと。何れにせよ、世の中が戦争の道へすすむようなことが無いよう願うばかりです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年8月22日 (火)

秋風?

20170822今年の函館は真夏が無いまま秋に向かいそうな気配ですが、当地観光動向にも涼しい風が吹きつつあることを象徴する記事が本日の北海道新聞に掲載されました。現在、函館と中国本土を結ぶ唯一の定期便で、2年余りに渡って運航を続けていた天津便が本日をもって運休するという記事です。

函館の観光業界は全国的にも突出して好調を持続していますが、絶好調の背景には新幹線開業効果とともに、インバウンドの大幅な増加による部分が少なくありません。昨今のニュースでは、新幹線開業からの反動減が話題となっているようですが、現場の体感としては、全くもって想定内のこと、いや、想定よりもはるかに少なくて安心しています。むしろ、この好調さが新たな競争を生み、2年後から本格化するであろう急激な供給過剰によるハレーションが懸念されるところです。

それを助長する可能性があると思っているのがインバウンドの動向です。函館のオフシーズンの概念を変えるほど、救世主となってきたのがアジア諸国からの急激な外国人観光客の増加。しかもそれはこの僅か3年ほどの出来事。どこの世界でも、急激な伸びがあればその反動は大きくなります。それは新幹線開業効果に限ったことではありません。

多くの人達は、インバウンドの増加が当面持続するものと思っています。だからこそ、函館に限らず国内主要都市、主要観光地でのホテル建設ラッシュ。いつの時代もバブルは繰り返されます。前途が明るい時こそ、既に変調が出ているというものです。

その一つがこのたびの中国便の運休。一気に搭乗率が落ちたわけではなく、じりじり右下がりだったと言います。大都市圏ではすでに兆候があらわれていることがニュースとなっており、しかしそれはインバウンドが地方に向かっている為と解釈されています。ほんとうにそうでしょうか。アジア圏の観光需要の増大こそがバブル的になっているのではないか。今そのように感じているところです。目立った悪材料が出ていないなかでの変調には敏感にならなくてはなりません。

国際紛争等、いつどこで何があってもおかしくない時代。そう遠くない将来、我々観光業界は厳しい局面を迎えるものと気を引き締めています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年8月15日 (火)

違法民泊取締り

本日の函館新聞一面に、函館市が市内で違法に宿泊業を営んでいる疑いのある業者に対し、注意躍起を始めたという記事が掲載されています。これは、来年施行される「民泊新法」を前に、法令順守を徹底させる当然の動きです。

2017minpaku2
当然のことながら、対価を得て人を宿泊させるには旅館業法に基づき許可が必要です。許可が無いまま営業を行った場合、6月以下の懲役もしくは3万円以下の罰金が規定されています(軽すぎるので罰則強化も検討されている)。しかし、ネットの普及で販売手段が容易になり、更に民泊規制緩和の流れから、”違法民泊”は拡大の一途を辿っており、函館市も例外ではありません。

市ではその絶対数を把握していないとのことですが、世界最大の民泊仲介サイト「Airbnb」を観れば一目瞭然です(当然既に把握しているのでしょう)。

2017minpaku
もちろん、この中には届け出をしている施設もあれば、一般の旅館なども含まれています。しかし、大半は???です。我々、正規に宿泊業を営んでいる立場にしてみれば、様々な規制の中、安全のために設備に多くのお金を投資し、人を雇い、保険をかけ、真っ当に商売している土俵に土足で上がられているようなものです。もちろん、インバウンドが伸びる中、国策として民泊を認める流れは否定しませんし、我々業界としてもある意味ビジネスチャンスととらえています。しかし、それも法令順守という同じ土俵にあってのもの。

規制緩和以前に、違法なものは取締るのは当然のこと。加えて言えば、監視する組織、体制を整え、甘すぎる罰則を強化して、違法の抜け道をなくした上でなければ、業界として安易に容認できません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年7月12日 (水)

北海道新幹線開業効果

先日、函館市より北海道新幹線の開業効果を如実に表すデータが公表されました。

2017syuugakuryokou
上のグラフは、北海道新幹線開業前の2015年度と、開業後の2016年度に函館市が受け入れた修学旅行の学校数を小、中、高校別に表したものです(宿泊研修等も含む)。受入学校数は、特に東北の小学校と、関東地区の高校を中心に大幅に伸びました。

受入人数の総数も2015年度の34027人に対し、2016年度は48005人と41%も伸びています。少子化で子供の数は減っている訳ですから、これは他地域から振り替えられた数です。さらに言えば、この数は新幹線開業初年度ということで一過性のものではなく、利便性向上から今後さらに伸びる可能性のある数字であるとも言えます。

たかが新幹線、という声もありましたが、今、我々地方都市の宿泊業界はこの交通インフラの影響の大きさに改めてその重要性を感じているところです。私たちは、これから厳しい競争の世界に晒されますが、観光都市函館のアドバンテージはもうしばらく続きそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年6月16日 (金)

活況 函館フットボールパーク

現在、函館フットボールパークでは高体連サッカーの北海道大会が行われており、全道各地から強豪校が集まり熱戦を繰り広げています。

Dsc_1447昨年来、新幹線開業による観光客増加が話題となっていますが、開業に合わせてオープンしたこの函館フットボールパークと函館アリーナが入込増加に寄与した割合も少なくありません。両施設とも、世代を超えて全道・全国レベルの大会が開催され、選手だけではなく多くのご家族もこの地を訪れています。当ホテルにも出場している1チームの他、サッカー関係者や、応援の家族と思われる方々にご宿泊して頂き、今週は平日も含めて函館市内が満室状態。来週も函館アリーナで高体連バスケットの北海道大会が開催されるため、同様の状況が続いています。

一方、少し残念なのは、今回の全道大会には長男が小学生時代同じサッカークラブに所属していた選手が多数出場しているのですが、その多くが函館のみならず全道の強豪校に所属していることです。嬉しい反面、函館にはスポーツに力を入れている学校が少ないため、サッカーに限らずスポーツで有能な生徒は、中学卒業と同時にこの地を離れてしまっているのです。これが函館の人口減少の一因にもなっていると言ったら言い過ぎでしょうか。スポーツが地域経済に与える影響を過小評価してはいけないと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年6月 8日 (木)

初LCC

現在、総会シーズンでブログの更新もままなりません。先週から今週にかけては5泊6日の行程で、複数の総会等への出席のため、東京と札幌へ出張に出かけておりました。その初日、東京で午前中の打ち合わせがあり、夜間駐機できず、初便が遅い函館からでは間に合わないため止む無く前泊することに。旅費を抑えるために、折角なのでこの春先、函館に就航したローコストキャリア(LCC)のバニラエアを利用することにしました。

Dsc_1370謳い文句は函館⇒成田が5380円~(この時はキャンペーンでたしか4980円~)ですが、荷物を預け、わがままオヤジは一番広いシートを選択したので1万円近くに。それでも早割を利用した場合の既存航空会社便と比べてもかなり割安です。空港の待合室で感じたのは、ビジネスユースと思しき人が全く見当たらないこと。15時過ぎの便ということもあるのでしょうが、スーツ姿は私一人のようでした。席はJALやANAでは一度も座ったことがない1A、一番前の窓側です。この便に乗る人は安さを追求するためか、広いといっても既存航空会社の普通席程度の一番前に座っているのは6席中2席のみ。広くはないものの、私は3席独占で得した気分でした。当日は仕事も無いため、500円の缶ビールを頼んで、小一時間。ビールの値段は既存キャリアと変わりません。

十数年ぶりの成田空港で迷うかと思ったのですが全く問題なく、1000円で東京駅までの高速直通バスのチケットを購入して始発となるバス停まで、ストレス無く進むことができました。バスも短い時間間隔ででているため、座れないことはありません。空港内の複数のターミナルを回るため、出発してから成田空港を離れるの少々時間がかかりますが、出てしまうと高速経由で一直線。この日は道路が空いていたこともあって、乗車時間は1時間ほど。羽田経由と比較してもそれほど大差はありません。

中途半端な時刻発で、おそらく仕事での利用はほとんど無いと思いますが、家族での旅行や、嫁の帰省、将来息子たちが首都圏の大学などに行った場合などは、我家の家計節約のためにも、積極的に利用することになるのではないでしょうか。移動の選択肢が増えることは、地方に住むものにとって大変利便性が高まるものと実感しました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年5月31日 (水)

変わる駅前通り

かつてアーケードが施され、衣料品をはじめ様々な商店が軒を連ね、函館の顔とも言えた函館駅前大門商店街。全国の地方都市の商店街同様、バブル期以降徐々に衰退し、閉じたままのシャッターが目立つようになりました。地方都市の疲弊を象徴するようなシャッター街を全国各地で目の当たりにし、いずれこの商店街もそうなってしまうのではないかと危惧していた人も少なくなかったはずです。

Dsc_13662年前にアーケードが撤去されたことがきっかけとは言いませんが、そのころからこの駅前大門商店街が少しづつ変わり始めました。ここ数年、観光客、特に外国人観光客の増加が著しい函館市。屋台村「大門横丁」やその近隣にある居酒屋では、観光シーズンともなると稀に行列が出来るところを目にするようになりました。数年前には考えられなかったことです。外国人にとっても”居酒屋”は手頃で入りやすい飲食店なのでしょう。

Dsc_1367このような状況から、かつての商店は次々と居酒屋に変わり、その波及効果を狙ってか、バーやラーメン店なども増加し始めました。日中、閉まっているところが多いのが難点でもありますが、それでも疲弊した地方の商店街とは趣を異にした居酒屋街道ができつつあります。幸いなのは、その多くが地元資本で、全国チェーンのそれは極わずかというところです。これは函館ならではかもしれません。

そんな訳で、函館駅前通りは意外な形で変遷しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧