函館の経済・行政etc

2019年2月 4日 (月)

電子決済

地方都市に住んでいると、それほど実感が沸かないかもしれませんが、公共交通機関が発達した大都市圏ではSuicaなどの交通系カードが普及し、今や自販機で切符を買うのは極めて少数派。カードが普及したことで、コンビニなどでも当たり前に使用されるようになり、今はその機能の多くがスマートフォンに組み入れられています。

私も数年前にモバイルスイカを導入し、出張の際の移動はもちろん、コンビニなどでのちょっとした買い物はすべてスマホで済ましています。年会費こそかかるものの、クレジットカードからいつでも無料で入金でき、現金を持っていなくても不安はありません。

日本の総人口の6割が住む大都市圏ではこのような状況でありながら、日本は世界の先進国の中で電子決済を利用する割合は極めて低い状況にあります。最も進んでいると言われているスウェーデンは、現金での決済比率はわずか2%。アジアの中でも韓国や中国は、電子決済が当たり前になっています。特にモバイル決済の普及率は日本の6%に対し、中国では98%になっているというから驚きです。

2019payそんな訳で、当ホテルでも遅ればせながら中国モバイル決済の2大大手、AlipayとWeChatPayが使えるようになりました。クレジットカードが当たり前で、モバイル決済は中国の内需利用に過ぎないのかと思っていましたが、そうでもなさそうです。普及に加え、モバイル決済大手が利用者のために、独自の広報や割引、特典などを行っているため、今や一定の比率を占めるようになった中国人宿泊客の更なる拡大を図るためには導入は不可欠と考えました。

ところで、何故日本ではモバイル決済が普及しないのでしょうか。日本人の現金崇拝主義もあるのでしょうが、様々な手数料の高さがネックになっていると言われています。使う側からは便利な電子決済も、我々使われる側からは、以前より下がってきたとはいえ、インバウンドの増加でその利用比率が高まっている中、手数料のコストは無視できません。業界によっては我々宿泊業界よりはるかに高いとも聞いており、加えて国内最大手は、未だ業界平均より1%以上高い手数料を取っています。

また、国内のモバイル決済に自身の銀行口座からチャージを行う場合にも手数料が発生するようで、これも普及の妨げとなっていると聞いています。日本の金融界のしきたりが世界の趨勢からの遅れを招いているようですが、東京オリンピックを前に、電子決済の普及が国策として発動されるようです。日本の決済手段は、これからわずかの間に大きく変わることになるでしょう。

そう遠くない将来、当ホテルにも国内で使用できるモバイル決済端末を導入することになろうかと思います。今は数あるグループの中からどこがメジャーになるのか見極めているところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年1月14日 (月)

変わる函館駅周辺の景色

2019hotel現在、函館駅を中心に半径500mの範囲で、6棟ものホテルが建設中です。そのほとんどが200室超、10階建て以上の高層のものなので、人口30万人にも満たない地方都市の駅周辺の景色は、間もなく大規模再開発でも行われたかのように一変することでしょう。

今月閉店する棒二森屋デパートのアネックス館は当面残ることになったようですが、本館はすぐに解体され、ここも高層マンションに建て替えられる予定のようです。元々、比較的高い建物が少ない中、中心街の空洞化で空地の目立っていた函館駅周辺は大きく様変わりすることになります。

一見、景気の良い光景に見えるかもしれませんが、我々既存ホテルとしては来るべき大競争時代に戦々恐々とならざるを得ません。インバウンドが増加しているとはいえ、新幹線開業などこれ以上の好材料が見えない中、宿泊キャパが2割増えても宿泊客数が2割増やすことは容易なことではありません。昨秋の地震による客足の落ち込みからは比較的早く回復したように、災害などでの落ち込みは必ず回復するものの、供給過剰は長きにわたって尾を引きます。

もっとも、これは何度も経験していることです。今から十数年前、全国に展開しているビジネス系チェーンホテルが数多く当地に進出してきました。さらにその十数年前、1990年代バブル末期には函館に少なかった大型ホテルが管内外資本で函館駅前に複数建設されました。その後、リーマンショックやバブル崩壊があり、特に地元資本の小規模施設が次々と淘汰されていきました。

間もなく同じことが繰り返されようとしています。しかしこれは資本主義、敢えて言えば市場原理主義社会の中で生きていく上では仕方のないこと。ここを生き抜くのも経営者の冥利だと思うしかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年1月 8日 (火)

デパートの食堂

2019boni私が幼少の頃、当時はファミレスなど言葉自体が存在しておらず、家族で外食といえばデパートの上階にある食堂が定番でした。和洋中あらゆるものが揃っており、御馳走と思っていましたが、今になって思えば特別美味しいという訳でもなく、割安とも言えません。

大都市圏のデパートではテナントが当たり前となり、デパート直営の食堂など平成どころか昭和の遺物ともいえるのかもしれませんが、それが無くなるとなると寂しくも感じます。間もなく閉店する函館駅前「棒二森屋デパート」の7階には、昭和の名残あるデパート直営の食堂があります。

私も年に1,2度利用することがありますが、改めて無くなるのだと思って行ってみると、近年見たことも無い混雑ぶりでした。皆、同じことを考えているのか、たまたま閉店セールに冬のバーゲンが重なったためなのかわかりません。ただ、中はいつもの通り、昔ながらに客数に合わせてか多くの店員が動き回り、年代物のカートで料理を運んでいます。当たり前に見えるこの光景も、現代では極めて非日常。

AIとは程遠く、レジでおばちゃんから食券を買い、店員がその食券をもとにオーダーを取るスタイル。見渡せば客の平均年齢は間違いなく70代に達しているでしょう。彼らにとって一番安心して食べれるこのシステム、効率化を求められる今の時代の裏を行くヒントを与えられている気もします。

次の元号になるころには、このリアルな昭和の光景は二度と見れなくなるのかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年12月29日 (土)

雪積もる街並み

早いもので今年も残すところあと三日。悲しいかな、歳を重ねるごとに1年の経過が早く感じられるようになっています。このブログも綴り始めて間もなく10年。当初、毎日更新するつもりが、年を追って更新頻度が減少しております。情報発信の軸足をインスタグラムに移したこともありますが、特に今月は師走の多忙の中、講演や執筆などビジネスと直接関係の無い依頼を受けてしまったこともあって、更新もままならない状況にありました。

さて、この冬は大雪だった昨年に比べて暖冬ぎみに推移して楽だなと思っていたのも束の間、今週に入っての寒波で一面銀世界となってしまいました。もしかしたら気候変動のせいで、道内では比較的雪が少ない函館が、豪雪地帯に変わってしまうのではないかと思ったりもしています。気象の観測地点が増加し、詳細な気象データが取られるようになったのはこの2~30年ほど。異常気象などと言われますが、あくまで詳細にはこの数十年の中でのことでしかありません。観測地点が増加すれば、過去最高とか最低が出るのもあたりまえ。気象も数年、数十年、数百年単位でサイクルがあるものと思います。温暖化とは別に気候が変わりつつあるのではないかというのが持論です。

2018kanpa3ところで最近、あるテレビ番組を見て気付いたことがあります。当地のように、人口30万人規模の都市圏で、冬の間雪に覆われる街というのは世界的にも極めて珍しいということです。百万都市での降雪量の多さは札幌が断トツなのは知っていましたが、人口10万人以上の都市で年間降雪量世界一は青森市、ベスト10にはこのほか秋田市や富山市も入っています。当然、当地函館市も上位に入る都市でしょう。

我々雪国に住む人間には当たり前の冬の景色も、異国の人達にとっては極めて非日常の光景な訳です。なので、交通網が発達し、かつ生活水準が向上して国外への移動が容易になった昨今、このブログを書き始めた10年前には完全オフシーズンだった真冬に、多くの外国人観光客がこの街を訪れるようになったのです。

来年からここ函館の宿泊業界では、この外国人観光客を巡る大争奪合戦が始まります。函館”最古”に近い小規模施設である当ホテルが生き残るために何をすれば良いか。当ホテルのビッグデータ?をもとに、次の一手は既に私の構想にあります。人口とともに確実に減少する国内観光客はもちろん、いずれ頭打ちとなるインバウンドの中で伸びるものはなにか?。他の施設ではやれないことに取り組むつもりです。今まで生き残ってきたのを奇跡と言う人もいますが、弱小零細施設の戦いに興味ある方は、引き続き拙ブログにお付き合い下さい。頻度は減ると思いますが今後も綴り続けます。

今年はこれが最後です。皆様良いお年を。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年12月15日 (土)

大宮発宇都宮停車北海道新幹線

昨日から今日にかけて、北海道新幹線、新函館北斗⇔東京間が5分ほど短縮され4時間を切ることがニュースとなっていますが、函館観光業界にとってこちらの方がメリットが大きいことだと思います。

2018sinhako本日、団体専用の臨時列車ながら、大宮を始発とした宇都宮にも停車する北海道新幹線が初めて運行されました。胆振東部地震からの復興予算がついた割安な料金設定だったこともあって、募集はすぐに埋まり列車はほぼ満席。私はJRの関係者とともに、新函館北斗駅での出迎えセレモニーに参加してきました。

都市圏人口百万規模の宇都宮への北海道新幹線停車は、開業当時から函館の経済界の悲願でもありました。列車運行上の諸問題が指摘され、中々良い返事はもらえませんでしたが、このたび臨時列車とはいえ実現できたことは、技術的には可能であることが証明されたようなもの。JR東日本の関係者に通常ダイヤに組み込めないものかと聞いてみたところ、簡単ではないとの答えでしたが、一歩前進したことは確かです。

今回のツアーが成功したこともあって、来年度は同様の臨時列車を複数本走らせる可能性が高いとの話は伺っています。宇都宮からであれば、現函館駅まで4時間を切れるはず。修学旅行などに利用され、それが定期化されて需要が確認されれば、出来ない理由など簡単に覆されるでしょう。北海道新幹線の宇都宮停車。引き続き要望を続けていきたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年12月 1日 (土)

凌雲中跡地利用に一言

もう10日ほど前のことになりますが、国有地である旧函館凌雲中グランドが函館市に売却され、市は当面駐車場として整備するとの報道がありました。グランドが国有地だったということも初耳でしたが、駐車場として利用するという考えには大変失望しました。

確かに隣接する千代台公園は複数のスポーツ施設を抱えながら駐車場が不足していることは否めませんが、駐車場を作るのであれば、廃校となった凌雲中学校の校舎部分を解体して利用すればかなりのスペースが確保できるはずです。一方、グランドは運動公園の一部として多種多様な利用方法が考えられます。

以前も記事にしましたが、現在、千代台のテニスコートは10面しかなく、最低16面必要とされる全道レベルの大会が誘致出来ない状況にあります。凌雲中のグランドはテニスコートにも隣接し、新たにコートを作るには最適の場所にあるといえます。テニスは幅広い年齢層に楽しまれ、また、硬式と軟式があって、それぞれに小中高大社会人シニアと全道全国レベルの大会が存在します。その一部を函館に持ってくることができるだけで、大変大きな経済効果を期待できることは、フットボールパークや函館アリーナの建設効果をみれば明らかです。あ~もったいない。

2018ryouun2
また、千代台公園内にあるオーシャンスタジアムにはサブグランドがありません。凌雲中のグランドに接するところにかろうじてキャッチボール程度が可能なスペースがありますが、この部分を凌雲中グランド方向に拡大し、第2球場とは言わなくとも少年用野球場くらいのスペースは確保できます。各種競技のウォーミングアップに使える他、少年野球大会やソフトボールなどにも利用されるでしょう。テニスコートプラス6面&サブグランド拡張しても、まだまだ駐車場スペースは確保できるはずです。

人口減少が続く函館で今必要なのは如何に交流人口を増やしていけるか。そして空洞化する都心部を如何に活性化させていけるか。市の中心部にある千代台公園は、その整備方法によって両者の有効な解決策になりうるのです。国有地売却と言う絶好のチャンスを、短絡的に駐車場整備に利用してほしくはありません。同意できるかたは、是非声を上げて下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年11月15日 (木)

「函館ハ食ベルトコロガナイ」

国内有数の観光地である函館は、同時に美食の街でもあります。これは函館に赴任した転勤族の方々も異口同音に言われるので間違っていないと思います。一方で、函館を訪れる文化風習の異なる数多くの外国人観光客の視点からは、必ずしもそのように思われていないことを知り、衝撃を覚えました。

インバウンドが急激に伸び始めた4~5年前、これからは食文化が異なるイスラム教徒も増加するということで、その食事についてのセミナーや勉強会が行政主催で多く開催されました。私もそのいくつかに参加しましたが、率直な感想は同じイスラム教徒といっても国によってその戒律、規律の厳しさは大きく異なるのだということ、そして今のところは必要以上に神経質にならなくても大丈夫なのではないかというところでした。事実、その後大きな問題として取り上げられることもなく、経営するホテルが宿泊特化で、食事はテナントに依存していることもあって特別な取組を行うことはありませんでした。また、セミナーの主催者側もセミナー開催自体が目的で、その先に踏み込んだ対策は取られていなかったように思います。

昨日、野菜料理を主体とする旧知の店に久々に顔を出しました。その店には最近、大変多くの外国人観光客が訪れているそうです。特に対外的に宣伝している訳でもないのに、訪れた外国人がSNSなどで紹介し、知らないうちに評判となっているとのことでした。衝撃を覚えた話はここからです。台湾からのリピーターと見られる観光客と話をしたところ、函館はいつもワンデイ(1日)だけだそうです。その理由を聞くと「函館は観たいものはたくさんあるけど、食べるものが無い。」とのこと。札幌まで行くとたくさんあるというのです。

台湾人は我々が思っている以上にベジタリアンが多いそうです。ベジタリアンといっても野菜ばかり食べる訳ではありませんが、野菜の中にも食べないものがあったり、みりんなどの酒の成分が入っているものは食べなかったり、食事に大変気をつかっているようです。なので、野菜料理主体で、どのようなものを使っているか説明までしてくれるこの店の存在を知って足を運んだとのこと。

2018map_2日本人の食生活に比較的近く、外国人の中で最も多く来函している台湾人ですらこのような状況なのですから、イスラム圏の国々の人達はそれ以上のことを感じていることでしょう。店主は気になって、札幌のことを調べてみると、札幌にはインバウンドの食を考える団体があり、ムスリムだけではなくベジタリアンやビーガンと呼ばれる完全菜食主義の人達向けに、市内にそのような食材のみの料理を提供できる店を紹介するパンフレットを作っていることがわかりました。さらに札幌だけではなく、帯広は商工会議所が主体となり、旭川は行政主導でそのようなパンフレットが作られていたのですが、多くのインバウンドが訪れている函館には、残念ながら公式にそのようなパンフレットが存在していないとのこと。

実は、函館にもムスリムやベジタリアンに対応した料理を提供している店も少なからずあるそうです。ただ、そのような情報が周知されていないがために、函館での滞在が1DAYになっているとすれば由々しき問題です。どうすれば良いか相談されました。誰がやるの?私がすぐに取り掛かります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年10月 1日 (月)

ふっこう割第1弾「元気です北海道クーポン」

2018hukkou_2ふっこう割の第1弾として、本日10時より大手ネット旅行サイト3社(楽天、じゃらん、るるぶ)経由で北海道の宿を予約する際、最大50%割引となるクーポンが発行されました。これには条件があり、大人1名税込6000円以上の宿泊には3000円割引のクーポンが、大人2名以上で12000円以上の宿泊には6000円割引のクーポンが、他にも宿泊料金と割引額には差があって、最大は大人2名以上で40000円以上の宿泊に対し20000円割引となるクーポンが発行されます。

予約可能期間は10月1日から11月29日までで、宿泊期間は11月30日までとなります。枚数限定で複数回に分けて発行されるようですが、本日楽天トラベル経由で発行された5000枚ほどのクーポンは5時間後の時点で”完売”状態となっているようです。

当ホテルでも既にクーポンを利用した予約が入っていますが、低価格の当ホテルではシングルとツインルームでは対象となるのが朝食付きもしくは朝夕付きのプランで、一部この料金より安い設定期間はクーポンを利用できるように販売価格を調整致しました。尚、1室3名以上宿泊の場合は、素泊まりでも6000円割引クーポンがほぼすべての客室で利用できます。

クーポン発行は複数回に分けて発行されるようなので、北海道へ函館へ、そして当ホテルへ格安の料金で宿泊したい方は、各OTAサイトの情報をマメにチェックして下さい。尚、今後一般旅行会社の旅行商品にも割引料金が適用されるということなので、こちらはマスコミなどの情報で確認してください。拙ブログでも正確な情報が分かり次第、報告させて頂きます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年9月22日 (土)

「ふっこう割」導入へ

2018jisin北海道胆振東部地震から半月が経過し、地震直後の膨大な宿泊キャンセルは落ち着いてきましたが、先々の予約は明らかに例年より鈍っています。同業の話を聞くと、当ホテルも含め今月9月の入込は全道的に対前年30~40%の落ち込みとなりそうです。

函館のように地震の直接的被害が無かったところだけでなく、揺れさえも感じなかった場所も含め、停電のせいで北海道全体が大変大きな被害を被った印象を与えました。停電による物資の不足などの影響も小さくなり、地震前と全く変わらない風景にもかかわらず、北海道を訪れる観光客は目に見えて落ち込んでいます。これぞ風評被害というものでしょう。

ようやく少し明るいニュースが入ってきました。業界の重鎮達が陳情に奔走した効果でしょうか、政府は北海道全域を対象とした「ふっこう割」の導入を決定したようです。「ふっこう割」とは、2年前の熊本地震の際に導入された宿泊割引制度で、地震及びその風評で被害を受けた観光地の復興に大きな成果をもたらしました。

同様な災害が発生したとき、観光業界の落ち込みは半年程度続くのが通例でしたが、熊本地震の際はこの「ふっこう割」の効果で、落ち込みは3ヶ月程度、その後はV字回復し半年後には対前年を上回るまでになっています。このたびの制度が、熊本地震のときと同規模になるかどうかは不明ですが、地震で疲弊している北海道の観光業にとって明るいニュースに違いありません。

ともかく函館を含め北海道のほとんどの観光地は通常営業をしております。余震を感じることも無くなりました。後は普段通りの観光客を待つのみです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年9月16日 (日)

函館は元気です

2018yakei予想外にクリーンアップの一角として息子が先発出場した高校野球秋季大会函館支部予選の準決勝は、優勝候補相手に互角の展開となったものの惜しくも延長サヨナラ負け。息子も1安打1打点と結果を残し、勝てば今後も使われると思った矢先の惜敗は残念でなりません。正直、少なくとも札幌(全道大会)まで行くつもりでいたので、選手とともに親達の心にもポッカリと穴が開いてしまった感じです。

私の思考の大半がこのようなことで占められているほど、現在の函館は平穏です。胆振東部地震から10日が経過し、函館市内のスーパーやコンビニの品も地震前と変わらなくなり、停電も遠い過去のような感覚で、話題に上ることも少なくなってきました。幸い函館は、地震による直接的な被害はほとんど無く、交通網も道内他地域より早く復旧しました。

地震前と異なるのは観光客の数です。先週、出張で訪れた札幌もそうでしたが、あれだけ多くいた外国人観光客をほとんど目にすることがありませんでした。連休となったこの週末も、昨日こそ中止にならなかった大会の宿泊客を多く受け入れていたため満室でしたが、今日は観光目的の団体のキャンセルが埋まらず、連休中日にもかかわらず空室を抱えています。

それでも函館はまだましな方らしく、鉄路の復旧が遅れていた道東や比較的震源に近い登別などの温泉地の大型旅館は団体客のキャンセルが相次ぎ、壊滅状態に近いとの声も聞かれました。これらの地域も建物等の被害は一切なく、見た目は日常と変わりはないそうです。私も出席していた宿泊関係団体で集計した宿泊キャンセル人数は94万人にもなりました。これはあくまで一昨日現在の数字で、今後さらに増加することは間違いありません。

先程も申し上げた通り、函館は平穏で街は元気です。節電目標も解除され、夜景も元通りになっています。当地では余震もほとんど無くなり、見た目9月5日以前と全く変わりありません。どうぞ、函館観光にお越し下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧