函館の経済・行政etc

2023年11月29日 (水)

石垣島へ行ってきた

先週末、雪積もる函館空港を出発し、台北より南にある常夏の島、石垣島へ行ってきました。気温と植生の違いを体現しながら島内観光、更には日帰りで西表島にも渡り、プチアドベンチャーツーリズムも体験。種子取祭という伝統行事のため島内観光ができず、上陸できなかった竹富島こそ心残りながら、南国の食と観光を満喫してきました。

2023isigaki1

2023isigaki5

2023isigaki7

宿泊したのは島内最大のリゾートホテル「フサキビーチリゾート」。客室数約400,収容人員も1500名近くという大きさと、海外の高級リゾートホテルに匹敵する設備は想像以上で、もしこれが海外であれば支払った総額の3倍は下らないだろうとの感想を持ちました。同業の支配人がここに赴任したことから、必ず訪れるとの約束を果たす目的の旅でもありました。

2023isigaki9_20231129144901

ところで、石垣島は人口5万人余り。宿泊したホテル以外にも複数のリゾートホテルがあり、市街地には全国チェーンから地元資本までビジネス、滞在型と多くのホテルが立ち並んでいます。人口あたりのホテル数では函館を遙かにしのぐことでしょう。一方、本土とは違い、近隣諸島との船航路を除けば、島への交通手段は空路のみ。そのため空港は人口のわりに函館空港と同等規模。思えば数年前、国土交通省の担当課長が当地訪れ、国管理の空港でインバウンド需要に対し、受入体制が整っていないのは函館と石垣島とのことでヒアリングを受けました。そしてこの2空港は国際線部門を拡張しました。

2023isigaki8

その直後にコロナ禍です。石垣空港の国際線は台湾、香港とも運休中。需要があっても函館同様、グランドハンドリング(着陸後の受入体制)の人員が足りないのでしょう。国内客こそ戻っていても、この島の宿泊施設供給量はインバウンドが無ければ採算は苦しいはず。泊まったホテルの人やメンテナンスに対する費用に対し、どれくらいの稼働があれば利益が出るのか、小規模ホテル経営者の私には想像もつきませんが、決して楽ではないはずです。

コロナ禍で削減したグランドハンドリングの人員は簡単には戻ってこず、それどころかわずかな有能な職員は主要空港に持って行かれているとのこと。なので、インバウンドで賑わっているのはゴールデンルートと呼ばれる一部地域や主要空港周辺に限られます。千歳レベルの空港でも、人手不足でこれ以上の国際線増便は難しくなっています。当地函館を含め地方の観光都市は、空港の受入体制こそ喫緊の課題です。

アジア系観光客をほとんど見かけなかった南国リゾート石垣島は、気候こそ違えど函館と同じ問題を抱えていることを感じた旅でもありました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年11月23日 (木)

函館⇔香港 定期便就航

本日の北海道新聞朝刊に、ポジティブサプライズな記事が掲載されていました。来月より、函館空港に香港との定期便が就航するというニュースです。2月末までの季節運航ながら、12月18日から1月末までは週4往復、2月は1~2往復の運航になるとのことです。

2023hap

現在のタイガーエアに加え、台湾のスターラックス航空が年明けから台北便を就航させるとの話は耳にしておりましたが、香港便就航は初耳だったのでうれしい驚きです。香港航空により、機材も300席の大型機になるようなので、香港のみならず東南アジア各地からの乗継ぎも期待されます。

メディアでは東京⇔大阪を中心とした”ゴールデンルート”でのインバウンド増加、加えてホテル代高騰が話題となっており、私の下にもさぞ繁盛しているのでしょうとの問いかけが多くなっていますが、当地は対象外。インバウンドの宿泊はコロナ前を遙かに下回っています。クルーズ船の寄港で、オンシーズンの外国人観光客の数こそ増えてはいますが、宿泊には繋がりません。今月になって、クルーズ船が終了すると、宿泊施設以外の観光施設や飲食店でも、報道とのギャップを実感しているのではないでしょうか。

インバウンド頼りである冬期間の入込みに少し光明が見えてきました。当地もインバウンドの宿泊が戻ってこそ、本当の意味で脱コロナとなるところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年10月 4日 (水)

意外と来てない?インバウンド

コロナによる制約が緩和され、今年は大型船の入港が可能となった若松埠頭に多くのクルーズ船が寄港しました。海外の船も多かったことで、入港した際には多くの外国人の姿を目にしました。コロナ前と異なり、欧米系の人達も目立ったせいか、函館も外国人観光客で賑わっているという印象を持った人も多いようです。

2023cu

確かに、クルーズ船の入港で著名な観光施設や一部飲食店は潤ったようです。ところがです。宿泊する外国人はコロナ前に遠く及びません。クルーズ船で来る観光客はホテルには泊まりません。メディアでは、首都圏を中心にインバウンドが戻り、”観光公害”が心配されるような報道がなされていますが、それは本州のゴールデンルート一部に限ったことです。

道内でもインバウンドの恩恵を受けているのは洞爺湖温泉から層雲峡までの道央圏。データを見ても、道南や道東の観光地のそれは極めて限られています。確かに、函館にもLCCが復活し、その搭乗率も好調と聞きますが、輸送力の絶対数はコロナ前に及びません。聞くところによると、海外の航空会社も函館便を復活させたいらしいのですが、受入体制の人員が確保できずに先送りされているとのこと。コロナ前と異なり、国際線の就航は主要空港に限られているようです。

また、バス(運転手)の不足もあって、道内では千歳に降りたインバウンドが道内の遠方に行きづらい状況も生まれているようです。中国の問題もあって、インバウンドの絶対数が戻りきれていない中、その多くが道内外のゴールデンルートに集中していることで、地方都市は周回遅れの状況です。

これからのオフシーズン、インバウンドに期待したいところですが、かつてなら中華系インバウンドで賑わった国慶節の現在もその姿は皆無に近い状況です。冬期間はクルーズ船の入港もありません。宿泊施設以外の観光施設も、実は少ないインバウンドに危機感を抱くのはこれからかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2023年9月 4日 (月)

北海道新聞 夕刊廃止へ

少し前に、記者から話を聞いており、また、東海地方では大手新聞社の夕刊廃止が春先にニュースにもなっていたので驚きはありませんでしたが、先週末、北海道新聞に自社の夕刊廃止の記事が載りました。

2023dousin

その特徴でもあった速報性はネットの後塵を拝するようになり、年々薄くなっていった夕刊紙。これは時間の問題だったのでしょう。私の息子世代は、夕刊どころか新聞そのものを読まなくなり、更にはYOUTUBEは観てもテレビすら観ていない模様。入ってくる情報はネット依存。これで良いのかと思うと同時に、我々世代のメディアの主役は既に時代遅れなのかもしれません。

北海道新聞夕刊には「みなみ風」という、道南地方に特化した新聞が付随しており、地域に特化した話題や広告があって、むしろこちらの方が重宝していたのですが、これが無くなるのは寂しいことです。当ホテルではもうひとつの地域紙「函館新聞」も取っているので、地域の話題の収集には事欠かないものの、市内では圧倒的な発行部数を誇る道新の地域特化紙面が減るのは、高齢者比率が高い函館市民にとって少なからぬ痛手ではないでしょうか。

全国の大手新聞社も夕刊廃止を検討しているとのこと。いずれ夕刊など無いのが当たり前となることでしょう。北海道新聞はむしろ先駆者なのかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年8月25日 (金)

インフレは加速する

この1年、様々な物の値上がりを実感していることと思います。コンビニやスーパーで売られている品々、ラーメンや蕎麦など比較的安価な食べ物の値段は2年くらい前と比較すると、思っていた以上に値上がりしていることが分かります。

日本は長年苦しめられてきたデフレの時代からインフレの世界へと変わりつつあります。それは決して悪いことではないのですが、その過渡期には様々な副作用を生むことになります。我々の業界で言うと、既に10月の最低賃金の上昇に向けて、委託業者などからの値上交渉が始まっています。便乗値上ではないかと思うような値上幅を要求してくるところもあり、当然抵抗しています。また、重油や電気代など光熱費も過去最高ではないかという価格となっており、客足は足下好調ながら出費の大きさに頭を悩ませているところです。

宿泊業界は比較的インフレに強い業界で、価格転嫁は他の業種より容易であるとも言われています。事実、コロナ禍だった昨年度までだけではなく、既にコロナ前よりも全国的に宿泊単価は上がっているはずです。特に最近は”AIを駆使した”と似非コンサルタントが言ったかどうか、周辺施設の稼働や宿泊価格によって極端に単価を変動させる施設も増えており、とくに繁忙期などはこの施設がこんな値段で良いのだろうかと思う同業も散見されます。もちろん、当ホテルはそこまで極端な価格変動は行っておりませんが。

いずれにせよ、様々な物の値段が上がっている以上、宿泊単価はおそらくコロナ前以下に下がることはないでしょう。これがインフレというものです。但し、単価が上がって喜んでいられるのも安定した集客があればこそ。急激なインフレにより、世の中の活動が停滞するとそれは景気低迷に直結します。既に実感されている方多いと思いますが、当地区ではコロナ前に予定されていたホテルを始め、多くの建物の建設が中止や延期に追い込まれています。様々な資材が高騰し、当初予定していた価格では建設出来なくなっているのです。

2023kawase

目先、インフレは治まることはありません。金利上昇余地を残す米国と、上げることが出来ない日本との金利差で、そう簡単に円高に戻ることは無いでしょう。物価は為替に遅行します。エネルギーや様々な食材を輸入に頼っている国内の物価上昇は、むしろこれから加速すると見ています。インフレにより、景気が正常化していくのは、大きな落込みがあった後と思うところです。足下好調の今、油断禁物です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年8月17日 (木)

戻る日常(2)微かな不安

お盆が過ぎて、観光最繁忙期もとりあえず一服。振り返ると7月以降、函館の観光業界は学会やインターハイなどコンベンションが相次ぎ、久々に活況となりました。一部では人手が足りず、その恩恵を十分に受けられていないとの声もありますが、当ホテルのような小規模施設はその不安も少なく、しばらく忘れていた嬉しい悲鳴でした。

2023ekimae

直前キャンセルなどでやむなく空室が出た以外はほぼ連日の満室。思えばこれがコロナ前の夏の日常でした。少し異なるのが、本州ゴールデンルートで言われているほどインバウンドが戻っていないこと。しかし、その分円安やコロナの名残で海外旅行を控えている国内客が、完全にコロナ前を上回り、理想的な観光最盛期を迎えています。

もちろん懸念材料が無い訳ではありません。足下、光熱費が驚くほど上昇しており、秋以降の更なる人件費高騰も確実です。コロナによる多額の借入れで、どこも財務体質はコロナ前には到底及びません。この夏は3年間のコロナの反動と、当地においてはあくまで特需と考えなければなりません。これから当地観光業界は、徐々にオフシーズンへと向かいます。インバウンドの本格的回復が今後の命運を左右します。ジワジワ進むインフレも、景気の足枷にならないか気になるところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年5月22日 (月)

インバウンド未だ道半ば

全国旅行支援をきっかけに、昨秋以降観光客は回復基調を強めており、当地宿泊業界もようやく光明を見出しているところです。この夏も大型のコンベンションが控えており、先々の予約も順調に推移しています。多くの人達から、「朝市も活気が戻ったね」とか「外国人も増えてきたね」などと声を掛けられるようになってきました。

確かに大都市圏では外国人観光客の回復も目立っており、気の早いメディアは”観光公害”への懸念を取り上げたりもしています。また、当地でもクルーズ船が入港したときなどは、外国人の姿が目立つこともありました。しかし、我々宿泊業界の体感は異なります。

2023inbound

上のグラフは当ホテルにおける月別のインバウンド比率(全宿泊客に対する外国人客の割合)です。青の棒グラフがコロナ前の2019年、オレンジが今年(5月は昨日現在)を示しています(※グラフをクリックすると拡大します)。昨年、一昨年のほとんどゼロだった外国人宿泊客はもどりつつはあるものの、未だ1割にも至っておりません。コロナ前は、雪のシーズンは全宿泊客数の半数を超え、年を通じては3割ほどが外国人宿泊客でした。夏場のトップシーズンこそ国内客が大半を占めるものの(2019年9月は胆振東部地震の影響で激減)、他はインバウンドに多くを依存していました。

今こそコロナ禍の反動で国内客で賑わっているものの、今後当地観光業界が本格的な回復に向かうかどうかは、とくに今冬以降インバウンドの復活にかかっています。

現在、インバウンドで活況なのは東京⇔大阪のいわゆる黄金ルート。道内では札幌を中心とした道央圏に偏っています。函館は今月になって台北との直行便が復活したものの、LCC小型機の週2便では個々の施設への影響は軽微です。今後、全国の地方都市でインバウンド獲得競争が始まるはずです。乗り遅れることがないよう、官民一体となって取組む必要があります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年4月27日 (木)

変るか!函館

俳優の大泉洋の実兄が立候補し、現職市長と対決することで全国的にも注目を集めた函館市長選挙。私は両氏とも公私に渡り交流があったものの、選挙に関わってはいけない立場だったため、SNSを含め沈黙を保っておりましたが、大泉潤氏の圧勝は目に見えていました。もっとも、工藤前市長の3期12年に渡る功績は疑いの余地はなく、地方都市の厳しい環境下で、氏でなければ実現できなかった政策は数多く、一市民として感謝と尊敬の念を抱いることも事実です。

ところで、二人の公約において決定的な差となったのは北海道新幹線の現函館駅乗入れ問題です。端から無理と決めつけていた工藤氏に対し、大泉新市長は、乗入れの可能性を調査する予算を組むことを公約に掲げていました。私はその公約の根拠となるセミナーに参加しており、将来の函館のために、是が非でも実現しなければならない課題だと胸に刻んだことは、以前、拙ブログでも記しております。

2023senkyo

本日の北海道新聞の記事で新市長も示唆していますが、新幹線の函館駅乗入れはミニ新幹線だけではなくフル規格でも不可能ではありません。新函館北斗⇔函館駅間を高架ではなくライナー並の速度で走らせる上で掛かる費用は同等です。むしろその方が、新規の車両製造の負担も無く、話としては進めやすいのではないかと思う次第です。函館⇔札幌間をフル規格で往復させ、函館と東京方面への移動は新幹線同士での乗り換えにするほうが現実的ではないかと思うところです。

そしてもう一つ考えなくてはならないのは、もし新函館北斗⇔函館駅間が並行在来線扱いで3セク移行となった場合の影響です。函館駅はJRの駅ではなくなり、電化された保線の負担は如何ほどか。明治以降、交通の要衝として栄えた函館は、鉄道不毛の地としてさらなる衰退を余儀なくされるのではないでしょうか。

山を動かすには市民の熱意と国の力も必要です。新市長の手腕に期待しているところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年3月28日 (火)

斜向かいがコンビニになりました

当ホテルの斜向かい、コロナ禍でドラッグストアが撤退していた店舗がローソンになりました。当ホテルから、徒歩2分のところにセブンイレブンもあるのですが、ほぼ目の前、コンビニがより身近で便利になります。

2023roson

この春休み、目に見えて観光客も増えてきており、函館朝市も活気を取り戻しつつあります。お陰様で当ホテルの予約も、昨年までとは一転して好調に推移しており、当ホテルに与えられていた4月以降の「HOKKAIDO LOVE !割」予算は4月を待たずに完売となってしまいました。

ただし、楽天やじゃらんなど、OTA等を経由しての予約にはまだ枠が残っているようで、当ホテルも割引対象となっており、クーポンも発行しています。また、一時完売となった「函館市プレミアム付商品券」の再交付があり、当ホテルにご宿泊されるお客様限定で購入可能です。その場で宿泊料金の支払いにも利用できる他、当ホテルテナントの「ラッキーピエロ」や目の前のコンビニでも利用できるので大変お得です。くわしくは⇒こちらで。

後は当地出遅れぎみのインバウンドが戻ってくればコロナ前の景色に戻りそうです。バス停も目の前、より便利になった当ホテルへ、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2023年3月10日 (金)

新幹線乗入れ再考(2)

以前、わずか80億円程度の予算で、現函館駅に新幹線乗入れが可能となる旨の記事を見つけ、拙ブログで紹介したことがありました。是非ともその提唱者の話を聞きたいと思っていたのですが、それが実現しました。元鉄道建設公団の重役を務めていた方で、函館市内で行われた新幹線フォーラムの講師として呼ばれたのですが、事前に主催者側に案内され、挨拶させていただきました。意外だったのは、私が書いたブログを読まれていたことで、その記事のコピーまで持参されていたことです。

さて、本題です。内容を要約すると、新函館北斗から函館駅までの線路を、秋田新幹線などのように三線軌道にするだけで、新幹線が函館駅まで乗入れることが可能で、その額は推定75億円程度とのことです。しかも、秋田新幹線のようなミニ新幹線だけではなく、フル規格の新幹線も乗入れ可能なのだそうです。ただし、この間の速度は新幹線規格では無くライナーレベルにはなるのですが、少なくとも札幌まで乗り換え無しで新幹線で往来できれば、その効果は甚大です。更に2編成くらいミニ新幹線を製造し、東京まで1日4往復程度でも直通で新幹線で往来できるようになれば、函館市にとってその経済効果は図りしれません。それが当初言われていた1000億ではなく、”たった”75億で出来てしまうのです。

2023sansen

問題は、三線軌道にするのに電車が通らない夜間のみ工事をすると約5年の工期がかかること。札幌延伸までの期間を考えると、この1,2年のうちに函館駅新幹線乗入れを決めなければなりません。少なくとも金額的なことは考える必要はありません。仮に「はこだてライナー」が3セクとなった場合、これも仮に工事予算75億が100億になったとしても、将来的な市の負担は前者のほうがはるかに大きくなるとのこと。

あまり知られていませんが、保線(鉄道設備の維持管理)には複雑なルールがあり、仮に「はこだてライナー」が3セクになると、ディーゼルの貨物には保線の義務が無くなり(電化していないため)、すべて3セクが負担しなくてはなりません。あるJR関係者の話では、3セクの赤字を減らすためには、新函館⇔函館間を単線にして、電車をディーゼルに戻す必要があるとか。これもあり得ない話ではありません。

あとは如何にJR北海道を説得できるか。これには、市民の機運を盛り上げ、政治を動かす必要があります。函館の将来のため、私は経済界の一人として役立てないものかと考えた次第です。地方の観光都市に交通の便は不可欠です。人口減少に悩むこの都市を救うのは交流人口。函館が世界的な観光地と評価されるようになれば、鉄路の採算は不問でしょう。金沢や長崎に遅れをとるわけにはいきません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

より以前の記事一覧