函館の経済・行政etc

2021年5月18日 (火)

3度目の臨時休業

このたび、新型コロナ感染拡大を受けて北海道が緊急事態宣言の対象地域となったことから、当ホテルでは5月21日(金)から6月3日(木)までの2週間、臨時休業することを決断致しました。尚、一定数の予約がある5月25、26、27日については通常通り営業します。また、休業予定期間中でも、既に入っている予約につきましては、お泊まり頂けるよう対応致します。

2019sss

函館市内は決して感染が拡大している状況ではありませんが、緊急事態宣言発令後、期間中の予約キャンセルが増加。また、函館山ロープウェイや五稜郭タワーなど市内を代表する観光施設が休業することを決め、当面の間宿泊需要が見込めないことから、昨年来3度目の臨時休業を選択しました。ちなみに私自身、今月予定していた3度の札幌での会議は、いずれもリモートもしくは書面会議に変更となりました。

全国的にホテルでのクラスター事例はほとんど皆無で、感染対策万全で客室によって完全に仕切られているホテルはむしろ安全な空間と言いたいところですが、採算を考えるとやむを得ません。ここは極力支出を抑え、コロナ収束後の回復に備えたいところです。

ワクチン接種の進んだ欧米諸国では、ホテル稼働率がコロナ禍以前の同月比較で7割近くまで戻していると聞きます。当地を含めこれから高齢者を中心にワクチン接種が加速すれば、マインドも好転して本格的な回復が見えてくるでしょう。メディアでは変異株は若者も重症化しやすいと不安を煽る論調ですが、データ的には第一波と比較して高くなってはいません。治療方法が確立してきた理由もありますが、高齢者の感染が減少して病床に余裕ができれば、重症化率も死亡率も格段に減少していくのではないでしょうか。

ここが最後の踏ん張りどころ。コロナ禍に係る臨時休業もこれが最後となると信じ、末永く営業を続けていく所存です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年5月15日 (土)

コロナ2周目

当社の決算書類作成に追われ、ブログを更新できずにおりました。

昨日、急転直下北海道にも緊急事態宣言が発せられました。と、言っても元々まん延防止措置の対象となっている中、何がどう変わるのか知らされていないのが現状です。また、これらが出る出ないにかかわらず、第4波と言われる新型コロナの感染拡大が顕著になるとともに、GW以降は予約よりキャンセルが増えるような状況で、我々観光業界にとって昨年の今頃、昨年末から春先にかけてに次いで、閑散第3波が来ていると実感してたところです。

メディアではGWの人出が感染拡大を招いたと報じたいところだったのでしょうが、今朝の報道番組では、ここ数日感染が急拡大した地方の人出はむしろGW前より少なかったという、おそらく想定外のデータが示されました。これに対し、専門家と呼ばれる方は「先行して感染が拡大していた地域から人の移動があった可能性もある」と、苦し紛れの回答をしていました。専門家の言うことを鵜呑みにしてはいけません。”第4波”でのクラスターのうち、飲食店経由は限りなくゼロ。会社や学校での感染拡大が広がっているということは、かえってGW中の家庭内感染が今の拡大に繋がっているのではないでしょうか。いずれにせよ、今の飲食や娯楽、観光に的を絞った制約は、何の効果も発揮していない的外れな対策でしかありません。

この感染症に対して医療体制を整えるのは医師会の仕事。ここにメスを入れられずに経済を止めることを優先するのは、医師会の政治力のなせる技。日本医師会長が与党議員の後援会長を務めているくらいですからね。多くの議員への献金とともに、相当な圧力が掛かっているのでしょう。その点、観光、飲食業界は弱い・・・。と、愚痴はこれくらいにして本題に移ります。

この感染症が世界中に拡大したとき、私は2年間は低迷を余儀なくされるものと思い、その対策をとりました。事実1年余り経過した現在、未だその収束が見通せない状況です。一方、不安を煽る報道が多い中、これを知ったら多くの日本人が驚くに違いないようなアフターコロナの世界も始まっています。

2021box

この写真は数年前のものではありません。わずか6日前、アメリカ・テキサス州、AT&Tスタジアムで開催されたボクシング世界タイトルマッチの模様です。屋内スタジアムに7万3千人という、ボクシングの興行としては世界記録を更新するものだったのですが、何故かこんなニュースは国内で報道されません。観客の多くはマスクすらつけておらず、普通にアルコールも提供されていました。これを見たら、東京オリンピック開催肯定派も一気に増えるのではないでしょうか。ワクチンが万能とは思っていませんが、そう遠くないうちに日本でもこの光景が見られるようになるはずです。

その東京オリンピック、開催に暗雲が立ちこめているところですが、私は開催の可否にかかわらず、その決定時を大底にコロナ禍は回復の道を辿るのだと思っています。開催となればマインドが好転するでしょうし、中止となれば偽善者達の攻めどころが消えて、ワクチンの摂取率に注目が集まるはずです。百年に一度と言われたスペイン風邪が猛威を振るったのは3年足らず。今より人の移動が限られ、医療体制も今よりはるかに劣る中でです。変異株により最後の波が一番死者を増やしたというのも今と似ています。

今がコロナで一番厳しいとき。再度の臨時休業も検討しながら乗り越えたいと思っています。他方、ワクチン接種が進んだイスラエルで戦禍が起こっているように、予期せぬ別の悪材料が気になるところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年3月 2日 (火)

函館の新型コロナ収束!?

函館では先週、市立函館病院の新型コロナ入院患者がゼロになり、今度は軽症の宿泊療養者もいなくなりました。昨日まで7日連続で市内新規感染者も確認されておらず、これを収束と言わず何と呼ぶのでしょうか。

2021corona

もちろんメディアで伝えられているように、リバウンドや第4波など不安を煽る声もありますが、これでも尚、緩むなと言う気でしょうか。ちなみに函館市は緊急事態宣言が発せられておらず、飲食店の時短制限など掛けられておりません。当ホテルは一定期間臨時休業したものの、それに対する補助金などはありません。

過去のパンデミックの事例からみて、これからも感染の波は来るかもしれません。ただし、感染の山は次第に低くなり、いずれ完全に終息するのがパターンです。変異によって致死率が高くなるケースも考えられますが、ファクターX=類似ウイルスによる抗体を保有しているといわれる日本人への影響は軽微でしょう。感染の波は、緊急事態宣言を出そうが出すまいが、ロックダウンしようがしまいが関係なく、ウイルスの事情によって起きるもので、最低限の対策下であれば大差は無いことはいずれ証明されるはずです。

この2ヶ月ほど、専門家が想定していたより国内での感染者の減少ペースははるかに大きくなりました。一説には濃厚接触者を追わなくなったり、PCR検査のCT値の基準を下げた結果とも言われていますが、例えその通りだとしてもそれが本来の姿と言えます。多くの偽陽性者のせいで経済が止まり、感染者よりはるかに多くの国民が苦しんでいたのです。

医師会のトップの皆様方には、二酸化炭素測定器の設置とか他業界に口出しするより先に、感染者数が落ち着いている間に新型コロナに対する医療体制を整えることに力を注いでほしいものです。・・・と、影響力のある方に言ってほしいと思う次第です。

ともかく、今、函館は安全です。道内で一番早く春を迎える函館へ、免疫力を高めに来て下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年2月23日 (火)

函館新外環状道路

函館新外環状道路の赤川IC⇔函館空港IC間が、来月28日に開通することになりました。住宅街の外れに完成予定の日吉IC付近は、多くの自動車専用道路の看板も目立ち始め、インターチェンジらしくなってきました。

2021hiyoshi2

私事ですが、自宅から日吉ICまで車で5分足らず。今まで赤川ICまで15分程度要していたものが、半分ほどになると想定しています。市内および函館近郊のゴルフ場までほとんど30分以内で行けるようになり、空港行きと併せて大変便利になるわけです。

2021hiyoshi1

個人的な事情はともかく、交通インフラの整備は物流・医療・観光にとって大きなメリットをもたらします。函館臨空工業団地から日吉ICを結ぶ新たな道路も同時供用されることで、新たな企業誘致への期待も膨らみます。函館空港と新函館北斗駅間が30分程度で結ばれることも函館観光にとってマイナスにはならないでしょう。

2021hiyoshi3

高速道路のインターチェンジに近い場所ほど商業や工業が伸びると言われています。港に空港、新幹線の駅がありながら高速交通体系が遅れていた函館・道南地域もようやく全国の地方都市と競えるインフラが整ってきました。後は北海道縦貫自動車道の大沼⇔七飯間が繋がれば、今更ながら函館は全道主要都市と高速道路で繋がります。コロナ後のV字回復を期待したいところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年1月15日 (金)

なるか市電延伸

久々に期待が持てる話題です。

本日の日本経済新聞北海道版の記事。現在、湯の川停留所が東側終着となっている函館市電を、函館空港まで延伸できないか模索中とのことです。

2021siden

この構想、以前から市民や識者から要望があったものですが、その採算性から中々具体的な検討に至っておりませんでした。ところが空港民営化とともにその母体となる北海道エアポートが関心を示していることで、俄に現実味を帯びてきました。湯の川電停から函館空港まで約4㎞。記事によると1日あたり1700人ほどの利用があれば採算が合うそうです。平時、函館空港の利用は1日あたり4500人ということなので不可能な数字ではありません。

もちろん、市電が通っても市民の多くは車を利用することでしょうし、函館駅からは30分以上。空港が市街地から近いとはいえ、駅との往復を考えるなら直通バスが便利です。ただ、路面電車が希少価値になった現代、観光客にとって魅力的なことも事実。記事によると国内に路面電車が乗り入れる空港は皆無で、世界でも実例はわずかとのこと。”国際観光都市”函館の魅力を高めること間違いありません。

今後の成り行きを見守っていきたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年12月15日 (火)

保証の無い緊急事態宣言

つい先日、GOTOトラベル停止は混乱を招くだけだと記したばかりですが、早くも現実となってしまいました。GOTO停止発表以降、当ホテルでは早速年末年始の予約キャンセルが入り出し、新規の予約はゼロといった状況です。

2020goto9

GOTOに関係なく今月は開店休業状態。年末年始の入込みだけがせめてもの救いだったのですが、これもほぼ消滅することでしょう。元々入込の期待出来ない1月中旬以降、館内メンテナンスを兼ねて一時的に休業する予定でいたのですが、今後のキャンセルの出方と、自粛ムード次第でその期間の見直しをしなければなりません。

前に記した通り、悪者扱いされているGOTOに関係なく、この冬コロナは拡大し、収まる時は収まるものだと思う次第ですが、こうなった以上仕方がありません。収入が期待できない以上、如何に支出を抑えるか。休業要請が無くとも一時的に休業することが最善の策と考える次第です。せめて特例が延長された雇用調整助成金を活用し、この冬は乗り切るしかありません。

幸い当社は当面の資金繰りは問題なく、宿泊特化型という性質からキャンセル対応に手間がかかる程度ですが、GOTOの恩恵が大きかったリゾート型施設は大混乱といったところでしょう。年末年始の入込みを当て込んで、既に相当な準備がなされているはずです。もちろん宿泊業界に限ったことではありません。今年の4~5月以上の閑散が保証無しに再現されることは確実です。今度は廃業、倒産、失業者が目に見えて増えることになるかもしれません。その時、この判断が過ちであると気づくことになるのでしょう。GOTO停止論者は認めないとは思いますが。

春からの反撃に備え、冬眠戦略をとることにします。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2020年12月11日 (金)

GOTO停止は混乱を招くだけ

新型コロナ感染者数が全国的に拡大し、GOTOトラベルが悪者のように一部メディアが煽っていますが本当にそうでしょうか。元々、風邪の一種である新型コロナは気温の低下とともに再拡大するであろうと言われていました。それが現実になったのと、時を追うごとに民間事業者も加わってPCR検査数が増えていることで感染者数が顕在化しているのが最大の要因と思われます。

2020goto8

GOTOによって人の移動が増えたことで感染者が増加したのも一因かもしれませんが、感染者が増加しているのは大都市中心であり、地方に拡大していると言っても、観光地が目立って増加しているデータはどこにもありません。一時期、観光客の回復が目立った当市は、全国指折りの観光地でありながら、北海道内において人口比で見ても極めて少ない感染者数です。ヨーロッパでは日本より遙かに厳しいロックダウン政策を行っていながら、日本とは桁が違う数で新規感染者や死者が増加している国も少なくありません。

たとえGOTOが無くとも人の移動はあった訳で、燻っていたウイルスが冬とともに拡大したと言って間違いないでしょう。GOTOのみを悪者扱いにするような印象操作には憤りを覚えるところです。

とはいえ、感染拡大など無視して積極的に旅行をして下さいと言う気は毛頭ありません。GOTOを停止するまでもなく、感染拡大報道と道による自粛要請で、当ホテルのみならず市内の観光、宿泊施設はとっくにGOTOや道民割施行前の閑散状態に戻っています。本来、稼ぎ時であるはずの市内飲食業界などは我々以上に厳しい状況でしょう。今は人を呼ぶより体力を温存することが最大の経営戦略だと思うところです。

GOTOが事実上機能していない中で、制度そのものを停止してしまうと、我々業界も既に予約している方たちも、そして取り消し作業を行う事務方も大混乱になることを想定している方はいらっしゃるのでしょうか。制度を維持したまま、移動を控えるように言うのは矛盾しているようで合理的な策であるのです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年12月 5日 (土)

「函館の冬割」で春合宿!

つい先日、「函館の冬割」を利用したプランの予約受付開始にはまだ時間がかかると記したばかりですが、熟考するまでもなく予約の受付を開始してしまいました。


2020huyuwari_20201205134101


付加価値をつけて個人向けプランとも思いましたが、GOTOトラベルが2月以降も延長されることがほぼ確定的。言われているように1月から再度「函館グルメクーポン」が発行されるとしたら、特典をつけて5000円以上のプランを作らなくとも、オフシーズン価格のままGOTO割引を適用し、これに地域共通クーポン+函館グルメクーポンが付けば、実質無料に近い価格で客室を提供できることになります。単価を上げることを考えている施設もあるようですが、ここは利益よりできるだけ多くの人に来て頂くことを優先したいと考えます。


そこで当ホテルでは、毎年春休みを利用して合宿で当地を訪れる高校生を中心とした各種スポーツ団体向けに格安で泊まっていただけるように考えました。函館は北海道内では雪解けが早く、3月下旬になると野球やサッカーなど練習試合が組めるようになります。そのため、道内の多くの学校がこの時期当地を訪れ、当ホテルもご利用頂いております。今年の春も室内競技も含め複数の学校の予約を頂いておりましたが、残念ながら新型コロナの影響ですべてキャンセルとなりました。


私事になりますが、息子の野球部も予定していた関東遠征が中止となり、帰函後に予定されていた道内各地の高校との練習試合もすべて流れてしまいました。部活は本番の試合だけではなく、仲間とともに行動する合宿や練習も一生の思い出として残る貴重な体験です。今年の高3の生徒たちは複数の大会とともにその大切な機会を失ってしまいました。来年、最終学年となる生徒の皆さんにはそんな思いをさせたくありません。


来春、新型コロナが収束していることを祈るとともに、多くのスポーツプレーヤーがこの街を訪れてほしいと思います。


プラン詳細につきましては、当ホテルHPをご覧になって下さい。


多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。


↓↓↓


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年12月 4日 (金)

閑散第2波現実に・・・

ここ数年、12~2月の函館観光業界はインバウンドに依存しており、加えて冬季のイベントが軒並み中止や縮小されることから、GOTOトラベル効果があったとしても再度落ち込むであろうことは想定しておりました。そこに新型コロナ感染が再拡大し、GOTO札幌自粛がとどめを刺す形となっています。

11月中旬までGOTO効果で回復気味だった当地観光業界も、札幌を中心としたコロナ感染拡大が報道されるようになると旗色が変わり、当ホテルでは言われる程のキャンセルこそ発生しませんでしたが、予約のペースが急速に落ちはじめました。当地のGOTO効果は道内客が中心。その大半が札幌圏ということで、ここが絶たれるとGOTO前に逆戻りと言っても過言ではありません。観光のみならずビジネス需要も途絶え、年末を除くと当月の入込はコロナショックが始まった3月に近いものがあります。

札幌では同業の再休業が増加し、一部大型施設は2月いっぱいまでの休業を決定しました。来年の札幌雪祭り効果はないものと早々に判断したのでしょう。函館でも現在冬の一大イベントであるクリスマスファンタジーが開催されていますが、人気のスープバーやステージイベントが密回避のため実施されず、ツリーと18時過ぎの花火だけが光を放っています。これも、まあ良いのですが・・・。

202012

そんな訳で、当月の観光客入込みは大幅に落ち込むことになるでしょう。足下は支出を極力抑えることが肝心。暖かくなりコロナの再拡大が収まるであろう3月からが勝負と考えています。本当に回復するのには更に1年を要する覚悟を持って今後の経営に当たる所存です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2020年12月 2日 (水)

函館冬割予約受付開始・・・と、言うけれど

税金の恩恵を受ける立場で文句を言う気は毛頭ありませんが、現場は少々混乱をきたしております。

2020huyuwari

2月1日以降、宿泊料金の半額が助成されるという「函館の冬割」。道民割とそっくりな要綱を見て申請し、つい先日予算割り当ての通知が来て、これから制度についての説明会もしくは個別のレクチャーでもあるのかと思っていたら、本日の新聞に予約受付開始と出て驚いてしまいました。予算金額を宿の裁量で自由に使用しても良いならそのようにさせて頂くのですが、一人5000円以上という縛りがあったり、延長の可能性が取り沙汰されているGOTOトラベル併用が可能になったりすると、様々な疑問が生じます。

月次報告が必要とのことですが、そのひな形も提示されておらず、1月4日から再配布可能なグルメクーポンについても割り当てられるのかどうかも知らされておりません。事前に詳細を教えてもらえば、各施設、効率的な告知、販売方法もとれるものですが。

冬場のオフシーズン、大半の施設は素泊まりなら一人あたり5000円未満が相場です。特に宿泊特価型ホテルは付加価値を付けて冬割利用可能なプランを新設しなくてはなりません。そんな訳で、函館冬割の予約受付は当面まだ先になりそうです。ネット予約サイトの担当者も頭を抱えていました。

我々業界にとって有り難い話ではあるのですが。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧