函館観光

2022年9月26日 (月)

どうみん割延長&全国旅行支援開始

つい先程観光庁より、現在実施されている県民割(北海道はどうみん割)は今月末期限だったものを来月10月10日宿泊分まで延長し、全国に拡大した「全国旅行支援」を新たに10月11日から年末にかけて実施するとの通達がありました。

2022goto

既に発表されているように、全国県民割の割引率は40%で上限は5000円、これに平日3000円、休日1000円のクーポンが付くというものです。但し、まだその予約開始日や利用条件(ワクチン接種など)は公表されておりません。また、延長される「どうみん割」も既存の予約に適用されるものなのか、新たな予約のみとなるのか分かりません。いつものように直前に公表されると思いますが、分かり次第当ホテル公式HPなどでお知らせ致します。

尚、11月1日から宿泊料金が半額となる函館割は既に予約受付を行っておりますが、こちらは全国旅行支援との併用が可能となることが決まっております。条件が決定次第、当ホテルでは最大宿泊料金が70%OFFとなるプランも用意する予定です。

せっかくなら、既に感染予防効果が希薄であることがわかっている「ワクチンパス」なるものが削除されてくれれば、「全国旅行支援」がより大きな効果を発揮すると思う次第。取り敢えずブログにてご報告まで。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年9月17日 (土)

再開【はこだて割】予約受付開始

いつ始まるかわからない「全国旅行支援」に先駆け、函館市内の宿泊施設では、全国民を対象に宿泊価格が最大半額となる【はこだて割】の予約受付が開始されました。

2022hakowari3

年末年始を除く11月1日から来年1月31日までが対象で、最大3泊までが適用となります。尚、【はこだて割】適用には新型コロナワクチン接種済証(3回)もしくはPCR検査等の結果通知書、及び宿泊者全員分の本人確認(免許証、保険証など)の提示が必要です。チェックイン時に記入して頂くものもあり、少々(いやけっこう)お手数をおかけしますがお許し下さい(函館市に改善を求めましたが、受入れられませんでした・・・)。詳しくは【はこだて割HP】で。

当ホテルにおいても、ホテル公式HP予約限定で受付を開始しています。シングルルームのルームチャージが2200円(税込)になるなど大変お得です。助成金額の上限は5000円ですが、当ホテルでは一部のプランを除き、すべての室タイプが半額の対象となるよう設定しています。各施設に与えられた予算に限りがあるため、到達次第終了となります。予約はお早めがお薦めです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年9月 8日 (木)

愚策!これでは増えないインバウンド

政府は昨日、入国者数の上限を5万人にするなど新型コロナの水際対策を緩和しました。テレビニュースなどでは、緩和を歓迎する声や、逆に外国人観光客が増加することによる不安の声までも取り上げていましたが、我々宿泊業界の反応は全くもって異なります。

2022inbound

コロナ前、当ホテルに宿泊していた外国人の大半は個人旅行です。添乗員を伴わないパッケージツアーを解禁したところで、その恩恵はほとんどありません。しかも今更ワクチンの3回接種に加え、ビザ取得が必要とならば、どれだけの外国人が日本に行こうと思うでしょうか。

同業の宿にリピーターの外国人から次のようなメールが届いたようです。翻訳したものの一部を紹介します。

「今日、ようやくガイドツアーなしの新しいルールの詳細が判明しました。これが短期観光ビザの人が入国できる唯一の方法だなんて馬鹿げています。11月7日の我々の出発までに日本が正気に戻るとは思えないので、1月30日のメルボルン⇒成田便にフライトを変更しました。あとは、その時までに国境の状況がまともになっていることを祈るのみです。・・・(中略)・・・もしかしたら、1月・2月の日程が4月・5月にまた延期になるかもしれないね。ため息が出ます。」

これが現実です。政府はこれで観光業界が納得できると思っているのでしょうが、この程度の緩和をしたところで多少増加するのはビザ取得条件のビジネス客と、富裕層の国内観光客の海外旅行。ゴールデルートと呼ばれるところにはわずかながらのメリットはあるかもしれません。一方、地方の観光都市など全く恩恵を受けないでしょう。

それにしても現政権は何をやるにしても小出し小出し。功罪はあるにしても、何事も強引にすすめた安倍・菅政権が懐かしくすら思えます。いつになるか分かりませんが、感染症2類を5類にするタイミングで、入国制限の完全撤廃が来る日を待つしかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年9月 2日 (金)

3年振り開催「はこだてグルメサーカス」

この週末、道内でも有数のグルメイベント「はこだてグルメサーカス」が2019年以来、3年振りに開催されます。コロナの余波で出店数こそ減少するようですが、函館市内だけでなく、函館と関わりのある北海道内外の有名店が、駅前グリーンプラザを中心とした会場に軒を連ねます。

2022gurume

当初は市民が集まる食のイベントでしたが、回数を重ねるにつれ知名度も上がり、観光イベントとしても定着しつつあるところ、この2年間は新型コロナの影響で中止を余儀なくされていました。そんな訳で、コロナ前はこのイベント開催時は道外からの参加業者や観光客で当ホテルはいつも満室だったものが、今年は少々空きも目立ちます。また、企業、学校単位ではまだ様々な制限が掛けられているようで、当ホテルでもスポーツ関係の遠征で確保していた客室が直前になってキャンセルになったりしています。

ただこれに限らず、コロナの感染が治まらない中でも全国各地で多くのイベントが開催されるようになっているのは、ようやくこの国も脱コロナに向けて動き出している証拠です。当ホテルでも個人客中心にこの夏、以前の7割程度まで客足が回復してきました。明日からのグルメサーカス、幸い天候にも恵まれそうです。市民に限らずまだ遅くはありません。是非、この週末、函館にお越しになり、全国のグルメを堪能して下さい。詳しくは「はこだてグルメサーカス公式HP」で。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年8月26日 (金)

小出しに延長「どうみん割」

決断できないこの国のトップは、結果責任が問われそうなことはすべて自治体に丸投げ。業界団体の要望や不満の声に対しては、大局観を示すことなく様子を見てから小出しに政策を変更。身内からの圧力には逆に拙速な判断で、かえって混乱を招いています。経営者感覚でいうと、こんなトップがいる企業は衰退の一途を辿るに違いありません。

2022doumin6

そんな訳で、ブロックごとの旅行支援策「県民割(北海道はどうみん割)」は、期限が1週間を切ってから更に1ヶ月延長されました。我々事業者は、薄々そうなるだろうと準備をしておりますが、旅行計画などは一ヶ月以上前にするもの。総理はそんなことを理解しているのか甚だ疑問です。まあいいか・・・。

何はともあれ、当ホテルでも「どうみん割」は9月いっぱい適用されることになりました。ただし、適用されるご予約は本日8月26日(金)正午以降。当面、自社公式サイトもしくはお電話での直接予約限定で、楽天、じゃらんなどの宿泊予約専門サイト経由の予約には適用されません。予約の付け替えなどには柔軟に対応致しますので、お気軽にご連絡下さい。

対象となるのは北海道民と東北6県在住の皆様で、道民の皆様は新型コロの2回接種、東北在住の方は3回接種の証明書等の提示が必要となります。約半額の割引に加え、飲食店などで利用できる「ほっかいどう応援クーポン」が付いて大変お得です。利用可能な皆様は9月もお得にお泊まり下さい。

この「どうみん割」、この先もずっと継続されることになるかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年8月 6日 (土)

回復途上

3年振りの開催となった函館港まつりの期間中、函館駅周辺は雨で花火大会が順延となった初日も含め、本当に久しぶりに多くの人で賑わいました。一方、当ホテルの8月の入込は、ほぼ満室となったのが花火大会開催予定だった1日と土曜日の今日、この先では8月11日から13日といったところ。コロナ前の例年であれば、8月1日から15日まではほぼ100%に近い稼働率となるため、比較すると7割程度の入込みでしょうか。

2022minato

昨年、一昨年の夏、そしてGW明けがあまりにも低い稼働だったため、それに比べると大夫戻ってきたという感覚ではありますが、まだまだ回復途上。7月中旬くらいまでは、8月中の予約は順調にみえていたのですが、第7波と言われる感染拡大が報道されるようになると途端に予約の伸びが止まりました。7月末に予定されていた大学の陸上大会も急遽中止となり、大量のキャンセルも発生して少々意気消沈しているところです。

函館に限らず、この夏多くのイベントが再開され、今日からは夏の甲子園も鳴り物入りの応援で開催されています。コロナに対する世間の感覚も一頃とは異なり、怖れるばかりではなくなってきました。不安を煽る報道は続きますが、多くの人達の周辺に感染者が増え、そのほとんどすべてが風邪以下の軽症なので当然の結果でしょう。

後は多くの国々が既に取り入れているように、政治がこのウイルス性の風邪を特別なものではないとの判断を下せば、7割程度の回復が10割へと戻ると思うのですが。今の政権には不信感しかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年7月30日 (土)

山は動くか・・・人流抑制不要の声

このたび市内会社経営者が、新型コロナに関し政府が行っている人流抑制策に疑問を呈し、反対の意を唱える署名活動を行いました。結果1500筆を超える署名が集まり、私も微力ながら協力させて頂きました。そしてその署名を昨日、道と函館市に対し提出して参りました。

202207302

度重なる感染の波を経て、いくつかの事実が明らかになっています。オミクロン株においてPCR陽性判定者(感染者と呼ばれている)の99%が無症状か軽症であること。当初言われていた接触感染は皆無に近いこと。また、このたびの第7波で明らかになりつつあるように、ワクチン接種による感染予防効果は極めて乏しいこと。しかし、それらに対する政府の対策は、極めて不合理としか言いようがありません。

特に人流と感染の関係については、昨年夏の感染拡大とその収束において、また、第6波時における人流抑制策をとった都道府県と行わなかった都道府県の比較において、全く相関性がみられませんでした。また、クラスターの主流が高齢者介護施設や学校、家庭であり、飲食店などでのクラスター発生は全体の5%以下でしかありません。にもかかわらず、最も効果的な感染防止策は、未だ人流抑制と言われています。

この明らかにおかしな対策にもかかわらず、メディアで報じるのは感染症の専門家の偏った声で、人流抑制の”被害”を受けている業界については「かわいそうにな」程度の扱いでしかありませんでした。世の中も、たとえ間違っていても感染防止策こそ正義といった風潮で、国も自治体の首長の多くも、政策の検証すら行わず、従前の対策を繰り返すばかりです。

そこでとったのがこのたびの行動です。おそらく、新型コロナ対策について、民間団体として署名活動を行い行政に提出したのは初めてではないでしょうか。署名提出の際には人流抑制策の回避の他、指定感染症2類を5類への変更、過去に行った様々な対策の効果の検証を国に申し入れてほしいことなどを要請しました。

我々に限らず人流抑制策により多大な損失を被っている業界は少なくありません。このたびの行動が全国に広がり、この病に対する国民の認識と対策が大きく変わり、少しでも早くコロナ前の世界に戻ることを願って止みません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年7月15日 (金)

どうみん割再々々々延長

我々業界としては、おそらくこうなるであろうことを9割方予想はしていたのですが、何分、7月14日までだったブロック割を15日以降、8月末まで延長することを政府が発表したのが14日の昼。北海道がどうみん割延長の通達を出したのが同日の15時前。しかも、14日15時以降の予約に限り割引を適用するとのことで、昨日以降、ネット上での予約の付け替えや、電話での問い合わせで現場は大混乱をきたしています。

2022doumin5

政府は2週間以上前から、コロナ感染の再拡大を受け、7月上旬から開始予定だった全国旅行支援を延期し、代わりにブロック割の延長を決めていたのに、参院選への影響を気にしてか、ぎりぎりまで発表を避けてきました。明日からの連休は既にどこも満室、旅行支援を行わないとしていた8月お盆時期もほぼ埋まっているなかでのブロック割延長にどれだけ効果があるのか。国は金だけ出して、後は自治体任せ。責任を負いたくないのが見え見えです。

コロナ対策にしても然り。行動制限は行わないと言いながら、最大限の警戒を保つって、いったいどういうことか。だったら当初予定通り全国旅行支援を行うべきだし、警戒するならブロック割の延長もやめるべき。一方で、感染症2類を5類に変更すべきという多くの声も、全くもって無視されている感じです。コロナ対策は国民や企業任せ、旅行支援は自治体任せ、現場の声も聞かず、当たり障りの無い政策は、いずれ多くの国民の反感を買うことになるでしょう。

何はともあれ、どうみん割は8月31日宿泊分まで延長されました。どうみん割適用にはワクチン接種証明等の書類が必要な他、一部を除く大手宿泊予約サイト経由の予約は適用されません。当ホテルの場合、公式ホームページ経由、もしくはお電話(0138-23-4561)での予約が対象となります。北海道民及び東北6県在住の方は、お盆を含む夏休み期間、お得に泊まれるチャンスです。楽天、じゃらんなど予約サイト経由で既にご予約の方も、お気軽にお問い合わせ下さい。柔軟に対応させて頂きます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年6月25日 (土)

現場混乱 国の観光躍起策

準備を進めていたはずのGOTOトラベルが行われることなく、国はブロックごとの宿泊支援を小出しに延長。国主導の観光躍起策を実施したとたん、コロナ感染が再拡大すると参院選に響くためというのがもっぱらの見方。一方、観光業界を敵に回すのも良くないということで、この中途半端な宿泊支援が続けられています。

2022doumin4

毎度、対象期間終了の1週間前になって再延長の繰り返し。特に今回は厳しいながらも繁忙期入りしており、「どうみん割」はじめ各地ブロック割りの対象期間が延長された7月1日から14日の間は、既に割引無しでの予約が進んでいます。季節料金の変わる時期でもあり、急な方針転換には各施設混乱を記しています。

一方、混乱しているのはブロック割を主催している自治体も同様で、予算さえ追加されれば問題無いというほど単純ではないようです。どうみん割の場合、所定の割引に加え、地域内で利用できる「ほっかいどう応援クーポン」が配布されるのですが、度重なる延長によりクーポンが足りなくなり、施設によってはクーポンが枯渇し配布できていないところがあるようです。

当ホテルでも7月14日まで延長するとクーポンが足りなくなることが目に見えていたため、再配布を申請しようとしたところ電話が繋がらず、それどころか、渡島振興局からクーポンが余っていないか問い合わせが来る始末。幸い後日、増刷により再配布の連絡が来て、当ホテルではクーポンが渡せなくなる事態は避けられそうになりました。

宿泊支援策をして頂くのは有り難いことですが、支援される側のことよりも選挙のことの方が大切と考えるこの国のトップはどうも信頼おけません。7月15日以降には全国を対象とした宿泊支援策を再開するとのことですが、いつ発表するかさえ決まっていません。これも選挙に利用するつもりでしょうか。既に予約が進んでいる中、我々業界は混乱するばかり。回復基調の国内観光に水を差すことにならないよう願うばかりです。

尚、当ホテルではお電話もしくは公式HP経由の予約について、対象のお客様にはどうみん割を適用致します。既に予約済みのお客様についても、柔軟に対応致しますのでご連絡頂ければ幸いです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年6月10日 (金)

函館競馬開幕!

明日から中央函館競馬が開催されます。一昨年は無観客、昨年は指定席のみの限定販売だったため、多くの観客を入れての開催は3年振りとなります。

2022keiba

今月については、1日あたり4000名までの入場制限がありますが、毎週水曜日から予約可能なネット予約で入場券(100円)を購入すれば、確実に入場できます。また、予約が制限に到達しない場合は当日券も販売予定ということで、函館の場合は重賞開催日でなければ当日でも十分入場可能とみられます。なお、明日明後日の入場券についてはまだ予約受付中です。詳しくはJRAホームページをご覧下さい。

昨年は緊急事態宣言により大半を休業していた6月。今年もまだまだコロナ前には程遠い状況ではありますが、競馬が開催される週末はさすがに混み合い始めました。脱コロナ元年、少しずつではありますが動きが感じられます。感染とは無縁の空の下、函館の夏競馬を”観戦”しては如何でしょうか。

私もこの2年間1度も生で競馬観戦をしていなかったので、今年は開催中に一度は足を運ぶつもりです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧