函館観光

2023年1月14日 (土)

バス停が2つになりました

これといった話題も思いつかないので、観光シーズン直前に披露するつもりでいた記事をひとつ。

昨秋のことですが、当ホテル玄関正面にあるバス停がひとつ追加されました。

2023bus

元々あったのが、函館西部地区にある観光スポットを巡る「元町・ベイエリア周遊号」のバス停。大人一律210円で、金森倉庫など人気の観光スポットや函館山ロープウェイ乗り場などにも行くことが出来る、当ホテル宿泊客にも好評の観光バスです。

2023motomati

新たに出来たのは「北海道バス」が運行する市内路線バスのバス停です。当ホテル玄関前にある「函館朝市前」のバス停からは、湯の川温泉方面へ1日13往復運行しています。このバスを利用すると湯の川方面のホテルのみならず、サルが温泉に浸かることで有名となった「熱帯植物園」や、有名観光スポットのひとつでありながら交通の便に難があった「トラピスチヌ修道院」へも乗り換え無しで向かうことができます。

2023hb

更に1日1往復のみながら青函フェリー乗り場への直通便もあり、時間さえ合えば同フェリーを利用してお越しになられるお客様には朗報です。時刻表など詳細は北海道バス公式ウェブサイトで。

このように、当ホテルから観光スポットへの公共交通機関はますます便利になりました。皆様のお越しをお待ちしております。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年12月30日 (金)

展望2023

今年も残すところあとわずか。この1年、当地観光業界を振り返ってみると、未だコロナ前の状況には遠く及ばないものの、過去2年と比較すると明らかに復調の気配を見せ、特に全国旅行支援が始まった10月以降は目に見えて活気が戻ってきたように感じられます。年末を迎えている函館駅前も、帰省客以外で賑わう姿は実に久しぶりではないでしょうか。(写真は数日前の函館駅前。外国人の姿も目立つようになってきました。)

2022eki

年初にも記しましたが私の経験上、良い時も厳しい時も続いて2年。絶対水準に関係なく、大底から少しでも回復傾向が見えると、心理的にはものすごく良くなったように感じられるものです。インバウンド、特にFITと呼ばれる個人旅行が戻るのは当面先と覚悟しておりましたが、外国人宿泊客のすべてがFITである当ホテルでは、今月全客数の約1割ほどまで回復してきました。私の予想は良い方に外れました。中国の感染拡大により香港からの航空便の運航が規制されるとの報道があった直後、年末年始のインバウンド予約数件がキャンセルになるなど、まだコロナ禍を引きずる側面はあるものの、世界を見渡せば、この渦中にあるのは日本と中国だけの様相です。来年、更に悪化するようなことは無いものと信じます。早ければ2年以内にコロナ前の水準、全客数の3割程度までインバウンドは回復してくるのではないでしょうか。

少々気になるのは世界の景気。コロナに起因した過剰流動性は、世界各国の金利引き上げによって逆流し始めています。これは来年間違いなく実体経済に影響を与えるはずです。景気低迷程度の表現に治まれば、抑制され続けてきた国内観光需要への影響は軽微でしょうが、恐慌クラスの落込みとなったら話は別です。リーマンショックからの回復期に東日本大震災が襲ったように、回復の足かせになる可能性も否定できません。

それでも最悪期は脱しているはずです。今年、北海道ではインターハイの全国大会が行われ、一部競技は当地でも開催されます。併せて比較的大きなコンベンションも予定されている夏場は、ここ数年にない賑わいをみせるものと予想しています。これらのイベントがコロナで中止に追い込まれるようなことはもう無いでしょう。来年は、V字回復とはいかないまでも、試練の中にも回復基調を辿る、そんな1年を想定しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月22日 (木)

【はこだて割&全国旅行支援】併用プラン

本日より全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE!割」の1月10日から3月31日宿泊分の予約受付が開始されました。割引率が従前の40%から20%に下がり、北海道応援クーポンは電子化されて一人平日2000円、休前日1000円の提供となります。

2022doumin10

しかし、当ホテルでは1月10日から1月31日に限り、はこだて割との併用プランを設定し、対象となるプランは60%OFFで提供しております。例えば、シングルルーム素泊まりの場合、宿泊客のメリットが最大となるよう税込5000円とし、併用割引を適用すると2000円で泊まることができ、平日であれば2000円分のクーポンが付くので実質無料です。

割引適用には、従来通り新型コロナワクチン3回接種済証もしくは陰性証明と本人確認の提示が必要です。宿泊日数は最大3泊まで。当ホテルで販売している「函館市プレミアム付商品券」を利用すると、泊まるとプラスにもなる大盤振舞いです。

おそらく、税金を導入したこのような宿泊優遇は今後二度と無いものと思われます。個人的には少々疑問を感じておりますが、使わない手はありません。ご予約は当ホテルウェブサイト経由限定で、素泊まりと函館朝市提携店舗での朝食付プランを用意しております。この間、ビジネス及び観光で函館にお越しの予定のある皆様、もちろん函館市民も歓迎です。ご予約を心よりお待ち申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月15日 (木)

「函館市プレミアム商品券」販売&利用開始のお知らせ

1冊1万円で千円券が12枚、1万2千円分の商品券が付いた「函館市プレミアム商品券」。市民向けに好評だったこの商品券が、函館市内一部ホテルの宿泊客向けにも販売されることとなり、当ホテルでも明日12月16日(金)よりフロントにて販売、同時に宿泊料金の支払いにも使用できるようになります。

2022cu

同商品券は、市内のコンビニや量販店、飲食店等で使用でき、滞在中の飲食やお土産などの買い物に有効に利用できるだけではなく、購入後にホテルの宿泊料金にも使用可能なため、そのまま宿泊料の割引にもなります。特に、全国旅行支援が実施されている現在、例えば4名1室20000円のお部屋は割引適用で12000円。先にプレミアム商品券を購入して宿泊代金に充てると1万円でお泊まりでき、更に平日であれば12000円分の北海道応援クーポンが貰えてしまうので、実質無料どころかプラスとなります。もちろん、宿泊料金が半額となるはこだて割との併用も可能。お得すぎるこのシステムには我ながら少々疑問も感じておりますが、利用しない手はございません。

尚、同商品券の購入は当ホテルご宿泊のお客様のみ、1回の宿泊(連泊を含む)に対しお一人1冊に限らせていただきます。市内で使えるお店はこちらから。有効期間は来年の6月15日までの半年間となりますので、ビジネス等で複数回来館予定のお客様にとっても魅力的な商品券です。

当ホテルにお泊まりの際は、是非購入の上、有効にご利用下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年11月25日 (金)

延長!全国旅行支援

本日午前中、報道発表とほぼ同時に通達があり、全国旅行支援(北海道はHOKKAIDO LOVE割)が延長されることを伝えられました。

2022doumin8_20221125135701

従来、12月20日宿泊分までだったものが、12月27日まで割引が適用されます。また、日程は未定ながら、割引率等を減額した上で、年明けにも再開することが決まったようです。コロナ感染の拡大で予約が伸び悩み、予算が余ったせいなのかわかりませんが、とりあえず我々業界としてはありがたいことです。

一部に便乗値上げをしている施設があるとの批判もありますが、当ホテルの場合、利用者のメリットが最大となるよう、特に平日素泊まりの場合、ほぼすべての客室で一人当たりの単価を税込み5000円とし、2000円の割引と3000円のクーポンにより実質無料で宿泊可能です。おそらく、これほどの宿泊支援は年内が最後。幸い、予算の追加申請が通り、当ホテル分の全国旅行支援枠はまだ十分に余裕がございます。

一部宿泊予約サイト経由でもまだ予約可能ですが、当ホテルウェブサイト経由もしくはお電話でご予約の場合、確実に全国旅行支援の特典が得られます。尚、割引適用にはワクチンの接種証明(3回)もしくはPCR等での陰性証明と本人確認の提示が必要です。

12月は週末を含めまだ客室にも余裕がございます。全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE !割」を利用して「はこだてクリスマスファンタジー」をご覧になっては如何でしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年11月18日 (金)

世界は今・・・

全国旅行支援が始まり、我々観光業界は久々に活気を取り戻し、当ホテルでも10,11月についてはコロナ前の2019年同月の売上水準に並ぶ勢いとなっています。しかし、これはあくまで一過性。新型コロナ第8波の拡大が報じられるようになると、一頃の予約の勢いは止まり、感染拡大を懸念したキャンセルの増加も目立ち始めるようになりました。

日本はいつまで同じ事を繰り返すのか。世界は既に脱コロナ状態となっていることをご存じでしょうか。日本のマスク着用率の異常さは、他都市の様子を伺うと一目瞭然です。今は便利なもので、直接現地に赴かなくても、ライブカメラでリアルタイムに世界の様子を知ることができます。

2022dab

上の画像はアイルランドの首都ダブリンのバーの様子でしょうか。誰もマスクをつけず、至近距離で会話をしている様子が伺えます。下はタイの観光地。マスク不要の多くの外国人観光客で賑わっています。店内の現地スタッフの多くも同様です。

2022thai2

海外では感染が治まっているかというとそうではありません。日本のように詳細な数がカウントされているかどうかは別として、既に報じられている通り、新たな変異株の比率が日本以上に広まっています。欧米の先進国ではワクチンの接種が進んでいるから安心感があるのではと思う人もいるかと思われますが、これも大きな誤解です。

2022waku

上のグラフを見れば一目瞭然ですが、人口あたりのワクチン接種率は世界でもトップクラス。にもかかわらず、国民は内外問わずマスクを着用し続け、感染者数の増加に日々怖れおののいているのです。これこそ洗脳に他なりません。

我々業界が本格的に立ち直るためには、旅行支援の継続より、新型コロナが風邪レベルの病状になったことを国が認め、過剰な対策をやめるよう宣言することが必要です。感染症2類を5類にすることを要望するより、現政権中枢の退陣を求めたほうが早いのではないかと思う今日この頃です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年11月 7日 (月)

紅葉ピーク!函館市内

現在、函館市内は紅葉の見頃を迎えています。

2022mommiji3

昨日、自宅から徒歩圏内にある紅葉の名所「香雪園」まで散歩に出かけました。園内の紅葉は今が正にピーク。桜でいえば年に数日しかない満開といったところでしょうか。鮮やかな黄色や赤に、針葉樹の緑が混ざる絶景は今しか観ることができません。

2022momiji2

桜の開花が早くなっているのと同様、気候の変化でかつては10月下旬にピークを迎えていたように思う市内の紅葉の時期も、少し遅くなっている気がします。香雪園で行われていた「モミジフェスタ」も、実は昨日が最終日。最高の見頃の中、夜間のライトアップが終わってしまうのももったいないように思えます。今後は開催時期の変更も検討しなければならないかもしれません。

2022momiji1

あと数日は楽しめそうな函館市内の紅葉。市内の見所は少なくありませんが、特に香雪園の紅葉は、五稜郭公園の桜同様、全国の名所に劣らない価値のあるものと信じて疑いません。市民も、今函館を訪れている観光客の方も、足を伸ばしてみては如何でしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年11月 1日 (火)

まだ間に合う全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE 割」

想定以上に利用が多くなっている全国旅行支援による宿泊利用。北海道で使える「HOKKAIDO LOVE 割」については、楽天トラベルやじゃらんNETなど、大手宿泊予約サイトでは予算上限に到達したようで、一頃より予約のペースが大きく落ちています。

2022doumin8_20221101142301

多くの人達は既に打ち切られてしまったと思っているようですが、実はそうではありません。予算配分は、上記予約サイトの他、JTBや近畿日本ツーリストといったリアル旅行代理店に加え、各宿泊施設にも行われています。人気のリゾートホテルや全国展開している著名なホテルは既に予算に到達しているところも多いようですが、当ホテルのように全国的な知名度が低く、かつ低価格帯の施設ではまだ予算が残っているところも少なくありません。

この他、当ホテルに入ってきている予約をみると、国内二大OTAに比べ実績が劣るJTB系列のるるぶトラベルや、ジャルパックなどではネットを通じて割引の対象となる予約も可能のようです。

もちろん、当ホテルでも全国旅行支援を利用した予約は受付中。ただし、当ホテル公式HP経由、もしくはお電話(0138-23-4561)での予約限定となります。また、仮に予算に到達しても、宿泊代金が半額となる「はこだて割」の予算は十分に余裕があります。「HOKKAIDO LOVE 割」は12月20日まで、「はこだて割」は年末年始を除く1月31日宿泊分までの利用が可能です。いずれもワクチン接種証明等の提示が必要となります。

そんな訳で、当ホテルに限らず、全国旅行支援を利用して宿泊したい方は、各ホテルの公式ウェブサイトをご覧になってみて下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年10月24日 (月)

キハ281系ラストラン

全国旅行支援が始まって、一番最初に満室となったのが先週土曜日。割引が開始されて2週間後の週末あたりが、丁度予定を立てやすいのであろうと勝手に思っていました。私は、とあるイベントを侮っていました。

日曜日の昨日、函館⇔札幌間の特急に「スーパー北斗」として長年使用されてきた”キハ281系”が、老朽化によって最後の走行となるということで、私は見送りの旗振り役としてイベントに協力することが決まっていました。かつて、札幌までの鉄路が3時間を切っていたころにはよく利用していた振り子列車で、仕事とは別に多少は感慨深いものもありました。

2022kiha2

驚いたのは、そのために訪れた函館駅の混み具合です。旅行支援が始まったとはいえ、これはコロナ前の繁忙期の姿です。よく見ると、多くの人達はカメラを持って何かを写しています。列車の発着を示す電光掲示板です。そこでようやく気が付きました。このイベントのために人が集まっているのだと。

2022kiha

撮り鉄でも乗り鉄でもない私にとって余りにも認識不足だったのは、このようなイベントは彼らにとって大変貴重な機会であり、想像以上に集客力があるものだということです。ホームには更に多くの人達が列車にカメラを向けており、8両編成に設定された”最終列車”は満員御礼。聞くところによると、到着する札幌駅のホームは危険を感じるほどの鉄道ファンが集まっていたとのことです。

こんなことなら、ラストランイベントを数回に分けて行ったら良いのに・・・と思うのは都合良すぎか。マラソンもそうですが、コアなファンはいるものです。ふうむ。新たな集客イベントが、私の頭の中に浮かんだところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年10月14日 (金)

全国旅行支援効果

北海道版全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE !割」の予約受付が解禁になって以降のこの3日間、当ホテルでは過去に経験したことがないような予約の波が入り続けています。もちろん、当ホテルに限ったことではなく、契約しているサイトコントローラー(予約管理システム)がパンクしたため、スタッフ全員で各予約サイトや旅行代理店経由の予約を各々確認し、客室の調整を余儀なくされているところです。文句は言いません。嬉しい悲鳴ですから。

2022doumin8_20221014151801

けど、少し言わせてもらえば、問題の発端は観光庁が全国旅行支援開始前に、既存の予約も対象に認めるとフライング発言したのに対し、北海道では対象となる予約受付を支援開始日当日の10月11日0時とするなど、国と地方で全く連携がとれていなかったことです。そのため、一部旅行代理店や大手ホテルなどでは、予約開始前から与えられた予算では新規の予約受付すらできないところも出てきました。

また、予約対象となる条件が複雑なため、すべて対象となると思って予約してきているお客様に、対象外であることを連絡しなくてはならない手間も発生しています。GOTOトラベル時とは比較にならないほどの対応に、現場は大混乱をきたしているところです。当ホテルのような小規模施設でさえこのような状況ですから、大きな施設ではオーバーブッキングなどのトラブルが発生しているであろうことも、想像に難くありません。

それにしても、如何に国民は旅を欲していたかがよくわかります。これでようやく本当の意味での脱コロナに向かってすすんで行ける見通しが立ってきました。まだもう少し時間を要すであろうインバウンドの回復まで、このような施策を継続してもらえれば、散々苦しんできた我々業界も息を吹き返せると思うところです。

新型コロナの感染の波はまだ続くでしょうが、最早ただの風邪と化したこのウイルスを過度に怖れ、またブレーキに舵を切らないことを祈るのみ。この施策ももう少し早くしてくれるような政権だったら、こんなに支持率が下がることもなかったでしょう。

尚、大手旅行代理店や主要予約サイト経由では、追加措置がない限り全国旅行支援対象の予約が取れなくなっているようですが、当ホテルに与えられている予算にはまだ余裕があります。当ホテル公式ホームページには【HOKKAIDO LOVE !割専用】の宿泊プランを用意してございます。お早めのご予約をお勧めいたします。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧