函館観光

2024年5月22日 (水)

不公平税制宿泊税

一昨日、宿泊事業者を対象とした道と函館市の宿泊税の説明会に参加してきました。説明会では、新聞報道等にあった通り、数多くの問題点や反対意見が投げかけられました。もちろん私もそのうちの一人です。

これはあくまで私個人の意見ですが、宿泊税に断固反対というわけではありません。これから観光産業は発展していくことは確実であり、受入体制を拡充するためには新たな財源も必要であることは理解できます。ただ、現在の市と道の案では極めて不公平であり、かつこの広い北海道において市のみならず道からも徴収されるのは少し納得がいきません。さらに、税率で見た場合、低価格帯の税率が極めて高くなり、いわゆる富裕層が利用するような宿泊単価が高い客室の税率がごくわずかという矛盾です。

2024zei

上のグラフは宿泊単価別の宿泊税率です。市も道も2万円以下は100円、2万円~5万円は200円、5万円以上は500円という税額を提示しています。両方から課税されると単純にその2倍となるわけです。消費税別の宿泊単価が4000円の場合、その税率は5%。一方1万円だと2%、1万5千円で1.3%、2万円で2%に戻りますが、4万円を超えると1%を下回ります。

1泊4000円はないだろうと思われる方もいるかもしれませんが、宿泊特化型施設で、複数名1室の1人当たり単価が4000円を切ることも決して珍しくありません。オフシーズンでは当ホテルではシングルルームも5000円を切り、年間平均で税別の1人当たりの宿泊単価は5000円前後になります。

消費税が8%から10%に2%上昇するだけで消費行動に影響が出る世の中、4%や5%も税率を上げられたらたまったもんではありません。市や道は100円、200円程度なら問題はないだろうと安直に考えていたのかもしれませんが、営利企業からするとこの率は大問題です。なので、公平性を保つために、定率制での導入を、さもなくば定額とする価格帯は細分化して極力公平にできないものかと意見してきました。

日本では東京都が最初に定額制の宿泊税を導入し、インバウンドの急増で大阪や京都が追随しました。しかし東京や大阪は、低価格帯からは徴収しない免税点を設けています。その後、金沢や長崎、北海道では倶知安町など観光都市での導入が相次いでいますが、あくまでも市町村レベル。市と県の二重課税は福岡県で見られますが、市レベルに配慮した税区分となっています。観光目的税はあくまでも観光地レベルの自治体で徴収すべきだと思います。

更に今になって反対意見が噴出しているのは、行政の稚拙な進め方にあります。市はコロナ前、観光目的税導入にあたり検討委員会を立ち上げましたが、肝心な宿泊施設の経営者はその委員会から外され、あくまでもオブザーバーとしての参加しか許されませんでした。被徴収者とは関係の無いメンバーで構成されたその委員会では、徴収しやすいからといつの間にか宿泊税の名に変わり、賛成多数で導入の方向性が決まった訳です。この進め方に、我々業界の重鎮たちは怒りをあらわにしており、このままではとても飲むことはできないと反対している次第です。

道に至っては、丁寧な説明を続けると言いながら、私が彼らから説明を受けたのは今回が初めて。誰がリークしたか、次の道議会で導入の方向が決まるとの新聞報道があった後です。渡島振興局に限らず、各地での説明会では多くの反対意見が出されているようです。宿泊税には他にも多くの問題点がありますが、既に長くなっているのでここでは記しません。

来月の道議会で簡単に可決するほど甘くはないはずです。姿勢拝見です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年5月 2日 (木)

新緑の季節

このゴールデンウィーク、函館は好天に恵まれています。平日の一昨日、霧雨が降ってやや肌寒い日がありましたが、連休は前半もそして後半の予報も晴れマークが続いています。気温も平年より高めで、最高気温は20度近く。暑くも寒くもない快適な気温です。

2024gw

GW後半は、さすがに桜の見頃とはなりませんが、毎年桜が散ると、桜に限らず市内の木々は新芽を付け始めます。例年であればこの光景はGW空けとなるのですが、今年は桜同様10日以上早く新緑の季節を迎えています(写真は本日の函館駅前)。

この新緑の季節は、当地にとって一番快適な季節だと思っています。GW後半、お越しの方は恵まれた天候の下、函館観光を楽しんで下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年4月27日 (土)

GW突入

消滅可能性都市となったらしい函館市の”人口”が1年で一番多くなるGWとなりました。特に前半の連休は、最高気温が20度前後と暑くなく寒くもなく、快適な晴天に恵まれそうです。

2024sakura10

市内のソメイヨシノも今、正に満開見頃を迎えています。代表的な五稜郭公園のみならず、函館市内には数多くの見頃スポットもあるので、この連休にお越しの予定の方は、是非足を伸ばしてみては。上の写真は市内「桜ヶ丘通り」の桜のトンネルです。昨日、外国人観光客が写真を撮っている姿も見受けられました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年4月18日 (木)

明日にも開花宣言!?函館の桜

本日4月18日14時過ぎ、会議の後に五稜郭公園に足を伸ばしてみました。公園内の桜のほとんどはつぼみの状態でしたが、日当たりの良い場所では、ソメイヨシノが咲きはじめており(下画像)、開花宣言も間近と思われます。

2024sakura9

札幌では、ここ数日夏日を記録するなど函館を上回る気温となったこともあって、12年振りに函館より早く開花宣言がなされましたが、当地も明日も好天の予報で気温も平年より高いことから、かなりの確率で明日にも開花宣言がなされるのではないでしょうか。

公園内には既に多くの観光客が訪れており、わずかに咲いているソメイヨシノをバックに写真を撮っている風景が見られました。見頃はもう少し先となりそうですが、今週末、当地を訪れる予定の皆様には朗報となるでしょう。

追伸:本日午後、函館でも開花宣言が発表されました

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年4月11日 (木)

函館舞台「名探偵コナン」明日公開

函館を舞台とした人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版が明日から公開されます。そのタイトルは「名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)」と、正に函館のPRアニメの様相です。

2024konann

残念ながらその分野に疎い私は、その効果が如何ほどか知り得ませんが、「名探偵コナン」は日本国内のみならず全世界的な人気アニメとのこと。様々なアニメやドラマの舞台となった地域が聖地化し、多くのファンが訪れているようですが、コナン効果はレベルが違うと言う関係者もいます。

その期待の高さか、人気俳優の大泉洋氏を起用したCMで映画をPRし、函館市内でもラッピング電車やバスで機運を高めています。我々業界としてもイベントなどで便乗したいところですが、さすが人気アニメということでその金銭的ハードルが高く、簡単に利用できないようです。

いずれにせよ、函館観光にとってプラスとなることは間違いありません。果たして聖地巡礼ブームになるか否か・・・。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年4月 1日 (月)

桜迷走、早いの遅いの?

記録的な暖冬で、今年も開花が早くなると思われていたソメイヨシノ。ところが一転、3月は寒の戻りがあって、東京の桜開花は、近年では珍しく平年より大きく遅れての開花となっています。

当地、函館五稜郭公園の開花予想も、当初発表よりは全体的に遅くなっていますが、各社まだばらつきがあるようです。本州方面とは異なり、北日本の開花予想は平年より早くなる見込み。概ね、4月19日から25日ころの予想となっていますが、どうなることか。

2024sakura2

2024sakura3

4月の気温は平年より高めとなる予報が出ており、今週から来週にかけての予想の更新で大きく変わる可能性もあります。

2024sakura4

いずれにせよ、当地の桜の見頃は、ゴールデンウィーク前となりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年3月28日 (木)

実現可能!新幹線函館駅乗り入れ

正式発表前にリークされたようです。本日の北海道新聞一面に、北海道新幹線が函館駅に乗り入れる場合の整備費が160億円台になるとの試算が記事になりました。

2024sinkannsen

以前、新函館北斗⇔函館駅間を三線軌条に整備した場合、80億円程度で整備可能と予測する識者がいることを拙ブログで紹介しました。今回、コンサルタント会社により、線路に加えて函館駅のホームや踏切などの整備の必要性が公表されていたため、資材の高騰も加味してこの程度は想定の範囲内でした。更に、同コンサルタント会社が試算した経済波及効果は年間120億円。いずれもフル規格の新幹線が現函館駅に乗り入れた場合の試算です。これが正しければ、新幹線函館駅乗り入れに反対する理由はありません。

このような記事が出るたびに、一部経済界や議員が反対しているとの声が合わせて記載されますが、少なくとも私の周囲では老若男女90%以上が、新幹線の函館駅乗り入れを切望しています。複雑な人間関係の中、やむを得ず疑問視する声を上げざるを得ない人はいるものの、このような試算が公表される以上、街の空気は一変するものと思われます。

必ずしもスイッチバックで函館⇔東京間直通でなくとも問題ありません。函館⇔札幌間が新幹線で直通となるだけで、新函館北斗駅でライナーに乗り換える場合との比較で、その経済効果は格段の差となるはずです。仮に函館ライナーが3セクとなれば、函館はJRの無い街になるのです。本州方面に行くには新幹線同士の乗り換えを受入れましょう。

大泉市長の掛け声の下、これから我々観光業界のみならず、地元経済界が後押しをして民意を盛り上げ、JRや道、そして国政を動かしていかなければなりません。私も使命感をもって取組みたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年2月 5日 (月)

真冬のアクティビティ

道内他都市と比較して降雪量が少ない函館。特に、数年に一度は今年のように極端に少雪となる年もあるため、雪を利用したイベントが育たず、ウィンタースポーツも盛んではありません。道民目線からは過ごしやすいとよく言われるものの、観光都市としての弱点でもあります。

しかし、少し足を伸ばせばスキー場もあり、冬のアクティビティを売りとしている地域もあります。市内から車でわずか30分の場所にある七飯町大沼地区。函館より標高が高く降雪量も多い、国定公園にも指定されている風光明媚な地域です。

この時期としては気温が高く、穏やかな天候だった1週間前の日曜日、冬はゴルフの練習場にも行かず暇な休日を送っていた我が夫婦は、これではいかんと、”意を決して”冬の娯楽に挑戦することにしました。年齢的にスキーやスケートは無理だったので、目指したのは大沼地区にある蓴菜沼。氷上のワカサギ釣りです。

2024turi

思えば息子達が小さかったころは年に一度は行っていた記憶があるので、十数年ぶりの挑戦です。到着すると既に多くの人達が楽しんでおり、我々も道具フルセットに遊漁料合わせて1人1400円を支払い、屋外の釣り場へ向かいました。しかし、穏やかと思っていた天候も、さすがにこの時期は風が冷たく、すぐに釣れそうにもなかったことからビニールハウス内の釣り場に移動しました。そう、ここは外より釣果は落ちるものの、ストーブもあって温かく、食事をとることも可能です。

粘ること3時間。前日はハウス内でも入れ食いとなる時間があったそうなのですが、この日は回遊がみられず。多くの釣果を報告し、当地の冬もこんな楽しいことがあると記すつもりが、2人の釣果はわずか1匹。これではつまみにもならないとリリースして帰りました。それでも家でゴロゴロしているよりは充実した気分。以前訪れていた時はいつも数十匹は釣れていたので、こんなことは珍しい方だと思います。

大沼地区ではワカサギ釣り以外にも、多くの冬のアクティビティが楽しめます。道南の冬の集客に、自治体を超えた連携と情報発信が課題と感じています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年12月25日 (月)

想定以上と誤算と・・・2023年度

年齢を重ねるごとに時の経過が早く感じるのは誰もが一緒のようですが、気が付けば今年もあっと言う間に年の瀬を迎えています。本格的な脱コロナ初年度、宿泊業の立場から改めて今年を振り返ってみたいと思います。

2023yakei

新年度となった4月、新型コロナが5類に引き下げられるのを前に、明らかに前年とは雰囲気が異なっていました。桜が早く開花したことに加え、当ホテル的な特需もあって、単月で早くもコロナ前の入込みを上回りました。政府は敢えて5類引き下げをGW後に設定したようですが、それとは関係なくGWは活況。その後、多少浮き沈みはありながら、新年度を前に回復を見込んで立てた今年度予算を上回って推移していました。やや、誤算だったのは、思ったほどインバウンドが回復してこないこと。クルーズ船の寄港が順調で、市内では外国人の姿が目立って増えはしたものの、彼らは宿泊しません。なので、市内有名観光施設や飲食店ほど,我々の業界はその恩恵を受けてはいません。

一方、トップシーズンは医学系学会やインターハイといった大型コンベンションが相次ぎ、平日でも市内全体が満室となることも多く、単価上昇とともに想定を上回る売上を計上できました。また、当ホテル的には特需的な要素もあって、シングルルームの稼働が好調に推移しました。これは、人手不足により、一部客室数が多いホテルで全客室を販売できない状況もあった影響ではないかと推測しています。逆に当ホテルの特徴でもある、1室4名以上の定員を擁する広い客室の稼働は、インバウンドが戻らないこともあって思ったほど伸びていません。これには、コロナ禍中に建設された複数のホテルが、インバウンド需要を見越して同様の客室を増やしていることに影響されている部分もあると思っています。

更なる誤算は、11月以降、オフシーズンになっても一向にインバウンドが増えてこないことです。函館空港の国際線は少しずつ増えてはいるものの、今のところ団体客が中心で個人旅行の需要まで受入れられる状況ではありません。他施設の状況を聞いても、インバウンドの団体を受入れている比較的大きな施設の一部にはコロナ前並にインバウンド比率が高まっているところもあれば、当ホテルのように少ないままのところも多いようです。それでも、皆無に近かった前年度と比較すれば何十倍にもなるのですが。

そんな訳で、クリスマスファンタジーが開催された当月まではそこそこの稼働を維持することができたものの、”本格的オフシーズン”となる1月2月の予約動向は寂しい限りです。早くコロナ前レベルまでインバウンドが増えてくれなければ、年度を通してコロナ前に戻るのは難しいかと考えるところです。

様々なものの値上がりを考慮すると、先々に不安を覚えるところではありますが、戻り基調は不変です。より良い来年に期待して年を越したいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年12月16日 (土)

やっと・・・函館駅にも交通系カード

今日の函館新聞の記事です。来年春のダイヤ改正に合わせ、函館駅の改札で、ようやくSUICAなどの交通系カードが使えるようになるとのことです。

2023suica

函館の経済界では、北海道新幹線開業当時から函館駅での交通系IC導入を要請していましたが、JR北海道では莫大な費用がかかるとのことで見送られてきた経緯があります。一方で、函館市内では国からの補助があったとはいえ、函館バスや市電での交通系カードの利用が可能となっていたことから、もっと早くできたのではという思いが強いのが事実です。

北海道新幹線で新函館北斗駅に着くと、函館駅への乗継ぎの際、「えきねっと」などでスマホ決済にしていると、一旦改札を出て”函館ライナー”の切符を改めて購入しなくてはなりませんでした。何度も利用している函館市民であれば理解できていても、初めて新幹線を利用して函館に向かう人が如何に戸惑うか、想像に難くありません。なにせ、新函館北斗の駅には始めから交通系カード対応の自動改札機が備わっているのですから。

何はともあれ、函館駅もようやく全国の主要駅の仲間入りができることになります。尚、函館駅のみならず函館⇔新函館北斗間の各駅にも交通系カード対応の自動改札機が設置されるとのこと。新幹線札幌延伸を前に、並行在来線となる各駅にこれだけの投資をしてくれるのだから、現函館駅への新幹線乗入れも満更ではないのかな?

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧