ホテルニューオーテからのお知らせ

2019年10月29日 (火)

ラッキーピエロ函館駅前店、当ホテルに移転オープン

本日、ラッキーピエロ函館駅前店が当ホテル2Fに移転オープン致しました。

2019rappi9

当ホテルのレストランがラッキーピエロとなる訳で、当然、ラッキーピエロの朝食がついた宿泊プランも用意しております。2種類のハンバーガーもしくはオリジナルカレーの中から一つセレクトしていただき、これにサラダ、ポテト、ドリンクがついたもので、ラッキーピエロのご好意により、大変お得な価格設定となっております。

2019rappi52

店の営業は午前8時から午後11時までですが、当ホテルが発行する朝食券は昼夜問わずご利用できるため、朝早い方は当ホテル目の前の函館朝市で海鮮ものを、昼または夜に”ラッピ”を利用していただく方法もございます。メニューも豊富なので、小さなお子様がいるご家族連れも館内で安心してご利用できます。また、生ビールの提供もありますので、ビジネス利用の方も仕事終わりに軽く一杯といった利用も可能です。

2019rappi8

当ホテルは函館で、いや日本で唯一ラッキーピエロがテナントとして入るホテルになりました。朝市にラッピに、函館らしさを満喫しに、どうぞホテルニューオーテにお越し下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年10月10日 (木)

混乱続くキャッシュレスポイント還元事業

消費増税と同時に始まったキャッシュレスポイント還元事業は、当初より分かりにくかったり、対象店舗の還元内容が間違っているなど様々な問題が報道されておりました。この事業が始まって10日程経ちましたが、その混乱が治まった訳ではなく、当社もその例外ではありませんでした。なので、前回のブログで発信した以上に、当ホテルが還元対象となっていることをもっと大々的にPRしたかったのですが、今のところ少し自粛している次第です。

2019cash3_20191010162201

と、言うのもこの事業が発表された直後に、対象施設となり得る当ホテルでは、3つの決済事業者に対しすぐに登録申請を行いました。すると、消費税増税直前の9月下旬に、経産省から3つのIDで同じキッドが同数届きました。当然、3つの事業者からの認可が下りたものだと思っていましたが、そのうち2つはIDが異なれど同じカード会社のカードが還元の対象となるというものでした。悪評高い対象店舗検索アプリで当ホテルを調べてみると、地図の当ホテル上にはすごい数のピンが刺さっており、いずれのピンも同じカード会社のもの。

これは混乱を招くと思い、さっそく経産省が開設したコールセンターに問い合わせてみました。ところが電話先の担当者は、カード事業の詳細を理解しておらず、全く埒があきません。少し突っ込むと決済事業者(カード会社)に問い合わせてくださいとの一点張り。仕方がないので、店舗検索アプリだけは何とかしてくれと頼んで電話を切りました。

具体的には次の通りです。当ホテルではほぼすべてのクレジットカードと交通系カードが使用できますが、決済事業者は大きく2つに分かれています。一つは三菱UFJニコス系列で、こちらはVISAを始めとした国内外でシェアの高いほとんどのカードと、SUICAなど交通系カードが対象となります。一番使用頻度が高いので7月下旬、一番最初に申請しました。もうひとつはJCB系列で、こちらはJCBの他、アメックス、ダイナースクラブが対象になります。経産省から届いたキッドに使用できる旨が記されたのはJCB系列で、これが二つ送られてきました。3つのうちもう一ヶ所は特殊な決済手段で、これは問題ありません。

不安になり、三菱UFJニコスの担当者に連絡してみると、経産省との間では審査の最終段階になっているとのこと。しかし、消費増税に間に合う段階で申請しているし、実際に登録したIDでキッドが届いていると尋ねたら、担当者も困惑するばかり。この方に責任は無いことは分かります。結局もう少し待ってみてくれということで渋々納得している次第。

おそらく、三菱UFJ系列のカードも還元対象となっているとは思いますが、万が一ということもあるのでお客様には絶対とは言い切れません。おそらく似たような状況にある施設が日本全国至る所にあるのだと思います。経産省の対応が待たれます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2019年9月30日 (月)

5%還元致します

明日から消費税が2%引き上げられ10%となります。

一方、キャッシュレス・消費者還元事業も同時に施行され、当ホテルは既に加盟店登録を行っております。当社は資本金1000万円の中小企業に属するため、5%還元の対象店舗となります。従って、当ホテルの宿泊代金をクレジットカードまたは交通系カードでお支払い頂くと、即時5%の値引き、もしくは5%が相当ポイント還元され、実質的な消費税は現行より低い5%になります。

2019cash

期間は明日から来年6月末までの9ヶ月間です。ご注意頂きたいのは、一部予約サイトなどでの即時カード決済や、当ホテルの宿泊が含まれる旅行商品をキャッシュレスで購入してもその対象にはなりません。あくまでも、当フロントでキャッシュレス決済を行った場合のみ適用される制度です。

この制度はすべての宿泊施設に適用される訳ではありません。特に大手資本系列や、全国にチェーン展開しているホテルは対象外となるはずですので、期間限定ではございますが、この間、当ホテルを含む限られた対象施設は5%お安くお泊り頂くことができます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年9月20日 (金)

当ホテルテナント「ラッキーピエロ」オープン日時&メニュー正式決定

当ホテル2階にテナントレストランとして新たに入居する「ラッキーピエロ駅前店」のオープン日時が、10月29日(火)AM8:00に正式決定致しました。当ホテル宿泊のお客様の朝食を提供していただくため、営業開始は通常の店舗より2時間ほど早くしていただきました。当ホテルご宿泊のお客様にはラッキーピエロ様のご好意によりお得なセットメニューをご用意することも決まりました。ネット経由や旅行商品に組み込む予定ですが、オープン当初は大変混雑が予想されるため、11月からの販売開始を予定しております。

2019rappi3

メニューは現駅前店でのメニューに加え、ハンバーグステーキセット(ライス付)や焼きそばも加わります。生ビールも提供するので、当ホテルご宿泊のお客様は、外に出ずとも大人気”ラッピ”で朝昼夜問わず複数のメニューをお楽しみ頂けます。

尚、当ホテルの人気プラン「函館朝市で朝食プラン」も継続する予定ですので、朝は朝市で新鮮な魚介類、昼または夜はご当地グルメ”ラッキーピエロ”というパターンを選択されるのも良いでしょう。

この秋、当ホテルには新しい”アイテム”が加わることになります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2019年8月 1日 (木)

当ホテルレストランが「ラッキーピエロ」になります!!

今日から始まる”函館港まつり”をネタにブログを書く予定でしたが、本日の北海道新聞函館版に記事として出ていたので、こちらを優先します。

先方の都合もあるので敢えて公表せずにおりましたが、当ホテル2階テナントに10月(29日予定)より、函館の人気ハンバーガーチェーン店「ラッキーピエロ」が入ることが決定しております。現在、新規開業に向けて大規模改修工事が行われています。

棒二森屋デパート1階に入居していたラッキーピエロ函館駅前店が、同デパート閉店のため退去を余儀なくされるということで、兼ねてより20年来の知り合いである同社社長より相談を受けていたのですが、偶然当社テナントレストランが急遽閉店することになり、トントン拍子に話が進みました。当初、テナントが2階であることに懸念を抱いていたようですが、函館朝市前という立地と人通りの多さに即断されました。

広さは約100平米で、座席数も74席と現店舗の2倍以上になります。また、朝市前という特性と当ホテルレストランとしての機能も有することから、営業時間は午前7時からの予定となっております。もちろん、当ホテルの朝食プランとして独自のメニューも用意して頂く予定で、当ホテルでは人気の函館朝市での朝食プランに加え、”ラッピ”の朝食も堪能できるようになります。

2019rappi1

尚、現在当ホテルではレストラン改修中のため(写真)、朝食は提携している函館朝市「きくよ食堂」のみとなっておりますのでご了承下さい。また、工事でご迷惑をお掛けする部分もありますが、工事時間は午前10時から午後5時ころまでとし、夕方から朝の滞在時には騒音などの影響はございません。今後、工事の進捗状況や営業時間、提供するメニューなどが決まりましたら、逐次ご報告して参ります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年3月29日 (金)

函館初!ムスリム&ベジタリアン対応飲食店マップ

以前も記しましたが、函館は大変多くの外国人観光客が訪れているにもかかわらず、イスラム圏の人々や台湾などに多いベジタリアンに対応できる飲食店が極めて少なく、あったとしてもそれを知らせる手段がないことを、一部関係者、特にそのような観光客と直接接する現場の人達は問題視していました。旧知の飲食店の店主からそのような話を聞き、これは函館観光の将来に関わる問題であると確信したため、札幌はもちろん旭川にも帯広にも既にある、ムスリムやベジタリアンに対応できる飲食店のガイドマップを、最終的に函館ホテル旅館協同組合の事業予算を利用して作成することにしました。

2019musl12

そして昨日、そのガイドマップが完成し納品されることになりました。動き出して4ヶ月、このスピード感は民間団体だからできることです。ガイドマップには市内及び近郊の20店舗が掲載されています。すべて英語表記で、ピクトグラムを使用して、何に対応できるか極力分かりやすく表現しております。まだ、絶対数は少ないですが、掲載店舗に目にみえた効果が認められれば、今後、更なる拡大を考えていくことになるかもしれません。

2019musl22

15000部作成したガイドマップは本日から配布を開始し、掲載店舗や函館ホテル旅館協同組合加盟施設、函館駅観光案内所の他、札幌駅の観光案内所などにも設置してもらう予定です。既に持参した函館駅の観光案内所では大変喜ばれました。この種の問い合わせが如何に多いかという証です。また、函館大学の学生の協力も得て、函館空港と函館駅を訪れる外国人観光客に配布することも既に決まっております。ガイドマップに興味、または設置にご協力頂ける方は、函館ホテル旅館組合(0138-22-2942)にお問合せ下さい。数に限りはありますが、可能な限り対応致します。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年3月20日 (水)

人出不足&フロントスタッフ募集

我々の業界に限ったことではありませんが、人手不足が深刻なレベルに突入してきました。特に函館の宿泊業界は、フロントスタッフから営業、調理、清掃さらには委託しているクリーニング業者に至るまですべてに不足感がある中、今後次々とホテルの新規開業が予定されています。
当ホテルでもフロントスタッフに欠員が生じ、先月より新規に募集していますがほとんど反応がありません。以前であれば、正社員、パート問わず求人を出せば数日のうちに複数名の応募があり、面接によってすぐに採用が決まったものですが、時代は大きく変わってしまいました。それもそのはず、広告を出した求人誌を見ると同業者の求人の多いこと。一頃より条件もかなり良くなっているように思えます。
そんな訳で、当ホテルではフロントスタッフを募集しています。正社員、パートいずれも募っておりますが、週数日でも働けるパートの方を急募中です。時間は午前11時20分から午後7時20分まで、1時間の休憩を入れて実勤7時間。週に2日~5日ほど働ける方で、勤務日数は相談に応じます。時給は950円(UPしました)と、交通費として1日あたり500円を支給します。週5日勤務だと月14万円以上になります。仕事はフロントでの料金の徴収および接客がメインとなります。
年齢、性別不問で明るく気持ちの良い接客ができる方であれば経験も問いません。学生の休日アルバイト、お子様が成人して少し時間が出来た主婦の方、定年で時間ができたけどもう少し働きたいご年配の方etc、お気軽にご応募ください。TEL 0138-22-1101でお待ちしております。
多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。
↓↓↓

2019年2月 4日 (月)

電子決済

地方都市に住んでいると、それほど実感が沸かないかもしれませんが、公共交通機関が発達した大都市圏ではSuicaなどの交通系カードが普及し、今や自販機で切符を買うのは極めて少数派。カードが普及したことで、コンビニなどでも当たり前に使用されるようになり、今はその機能の多くがスマートフォンに組み入れられています。

私も数年前にモバイルスイカを導入し、出張の際の移動はもちろん、コンビニなどでのちょっとした買い物はすべてスマホで済ましています。年会費こそかかるものの、クレジットカードからいつでも無料で入金でき、現金を持っていなくても不安はありません。

日本の総人口の6割が住む大都市圏ではこのような状況でありながら、日本は世界の先進国の中で電子決済を利用する割合は極めて低い状況にあります。最も進んでいると言われているスウェーデンは、現金での決済比率はわずか2%。アジアの中でも韓国や中国は、電子決済が当たり前になっています。特にモバイル決済の普及率は日本の6%に対し、中国では98%になっているというから驚きです。

2019payそんな訳で、当ホテルでも遅ればせながら中国モバイル決済の2大大手、AlipayとWeChatPayが使えるようになりました。クレジットカードが当たり前で、モバイル決済は中国の内需利用に過ぎないのかと思っていましたが、そうでもなさそうです。普及に加え、モバイル決済大手が利用者のために、独自の広報や割引、特典などを行っているため、今や一定の比率を占めるようになった中国人宿泊客の更なる拡大を図るためには導入は不可欠と考えました。

ところで、何故日本ではモバイル決済が普及しないのでしょうか。日本人の現金崇拝主義もあるのでしょうが、様々な手数料の高さがネックになっていると言われています。使う側からは便利な電子決済も、我々使われる側からは、以前より下がってきたとはいえ、インバウンドの増加でその利用比率が高まっている中、手数料のコストは無視できません。業界によっては我々宿泊業界よりはるかに高いとも聞いており、加えて国内最大手は、未だ業界平均より1%以上高い手数料を取っています。

また、国内のモバイル決済に自身の銀行口座からチャージを行う場合にも手数料が発生するようで、これも普及の妨げとなっていると聞いています。日本の金融界のしきたりが世界の趨勢からの遅れを招いているようですが、東京オリンピックを前に、電子決済の普及が国策として発動されるようです。日本の決済手段は、これからわずかの間に大きく変わることになるでしょう。

そう遠くない将来、当ホテルにも国内で使用できるモバイル決済端末を導入することになろうかと思います。今は数あるグループの中からどこがメジャーになるのか見極めているところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年1月30日 (水)

ブログ10年

基本的にブログを綴るのは特別に伝えたいことがあるときか暇なとき。最近は様々な団体で要職についていることもあり、会社の仕事以外で時間を取られたり、また立場上書きたくても書けないことも増えてきたため、ペースも週1程度に頻度が落ちています。

Blog_003このブログを始めたのは今から丁度10年前のこの時期。当時は私がこのホテルの経営に関わる過去20年の中でも、最も経営的に厳しく、したがって著しく暇な年の閑散期。だからでしょうか、初めのうちは日記のごとく毎日綴っておりました。そして、この10年間で書いたブログは本日でジャスト1200本。私が人より多少勝っているところがあるとすれば、物事を継続する力があるところだと思っていますが、それにしても良く続けてこれたものだと思います。

時に批判を受けたり、我ながら稚拙な文章だと思いながらも継続してきたことで、身近な方々の中には常に読んで頂いている方も多く、またブログをきっかけに出会った人も少なくありません。また、当初の目的だった当ホテルのPRや集客にも微力ながら役立ってきたものと思っています。

10年前は、大変厳しい環境の中、まさかこの古い施設が開業来最高の売上を記録するとは思ってもいませんでした。供給過剰や生産年齢人口の減少を嘆いていましたが、世の中どのように変わるかわからないものです。外国人観光客が当ホテルを、この街を大きく変えてくれました。

本日の画像は、記念すべき第1回目のブログの記事に採用したものです。当ホテル前の景色も、現在とは異なっています。これから10年後、どうなるかは全く予想もつきませんが、来るべき再度の供給過剰期を乗り越え、当社とともにこのブログを継続して参る所存です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年1月 3日 (木)

平成31年正月に思うこと

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年も当ホテルを宜しくお願い申し上げます。

さて、新年に向けての抱負を語りたいところですが、ホテルの話となると、当地区函館はこれから大変な競争時代に突入し、特に今後3年は試練の時、明るい話はできそうにないので、個人的な話を年初のブログに綴ります。

2019gantan今年も元旦の午前中、恒例の新年10kmJOGを行いました。今年の元旦の気候は穏やかで、道路も新雪が程よく積もって、例年に比べて気持ちの良い走り初めができました。ところで、五十路を1年過ぎたころからでしょうか、徐々に感じ始めていた体力的な衰えが数字に表れるようになり、自己ベスト更新どころかフルマラソンでは平均タイムが20分近く余計にかかるようになりました。

それまで急にペースダウンする、いわゆる30kmの壁が20~25kmで来るようになり、地獄のラスト12kmがハーフの距離まで伸びました。一昨年くらいまでは、10kmやハーフマラソンなど、心肺に負荷がかかる距離は、年を追うごとに遅くなっても、フルであれば練習量を増やして後半の落ち込みを抑えれば、まだ自己ベストは狙えると思っていたのですが、そう甘くはなかったようです。この感じだと自己ベストとはいわなくても、ある程度記録を狙って走れるのはあと1~2年。年齢的に、長い距離を走るトレーニングもつらくなり、後に引きずるようになってきました。

そこで、毎年全力で挑む函館マラソンは、今年一度ハーフに戻し、全力で走るラストのハーフマラソンにしたいと思っています。キロメートルあたり5分以内で走り切れるうちに、今の年齢での限界に挑戦し、年齢別での上位を狙うつもりです。陸連登録をしてしまうと、函館マラソンの場合、一般と分けられてハードルが上がるので、新年度は長年続けてきた陸連登録をやめようかと思ってます。

その後の目標は一転ウルトラマラソンを目標に置き、トレーニング代わりのフルを1本走ったあと、どこかで100kmの距離に挑戦したいと思います。これが達成できたら、後は記録に挑むのはやめて、ゆっくり走るファンランへ。後は、60歳を超えても楽しめるスポーツ、ゴルフの比重を高めようと思うのが、私のプライベートの計画です。

もちろん今後も函館マラソンの規模拡大や、様々なスポーツでの地域活性化には一肌脱ぐつもりですが、市民ランナーとしては最終局面を迎えます。本格的に走るのをやめた頃、本業も再び上昇気流に乗れれば良いなと思う平成最後の正月でした。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30