新幹線開業

2017年3月29日 (水)

新幹線開業1年

Dsc_1255北海道新幹線が開業して丸一年が経過し、一昨日は様々なメディアでその効果が論評されていました。その評価は概ね、1.道南・函館を中心にそれなりの開業効果はあったが全道への波及効果は小さい、2.在来線時に比べ輸送人員は1.6倍となりJR北海道の当初想定を上回ったが、乗車率は然程高くはなく、北陸新幹線と比較すると物足りない、3.夏場の繁忙期に比べ観光オフシーズンの冬期の落ち込みが大きく早くも息切れの兆候が見られる、と、いったところでしょうか。

ここからは私の感想です。新幹線開業効果は予想を大きく上回りました。様々な席で開業効果を問われた時、私は隠すことなくこのように答えています。

「昨年、金沢の同業経営者に北陸新幹線の開業効果を聞いたところ、毎日盆暮れが続いている感じだと言われました。函館の場合、現駅に新幹線が乗り入れるわけではないので、そこまではいかないだろうと思っていましたが、特にゴールデンウィーク(GW)以降、GWが終わらずにずっと続いている感じで、10月まで稼働率は100%に近い状況が続きました。11月以降、オフシーズンになると確かに落ち着きましたが、比較的好調だった昨年と比較すると大幅な伸びは継続し、特に増加率で見るなら分母の小さい1月が1番です。開業1周する3月は、昨年、開業前も開業準備の利用や最後の在来線に乗る観光客で好調だったこともあり、マイナス予算を組んでいましたが、どうやら当月も前年を上回ってきそうです。」

確かにこのオフシーズン、湯の川地区の大型館などでは前年比で落ちているところもあると聞いていますが、これは新幹線開業効果が薄れたというより、中国の複数の都市との定期便が運休したことで、これに乗ってきていた団体客が無くなったことが大きいと思います。外国人観光客が減ったとも言われていますが、羽田や成田経由で新幹線を利用して、また台湾との間で結ばれたLCCでやってくるいわゆる外国人個人観光客はむしろ大幅に伸びていると思われ、特に函館駅周辺の比較的低価格帯の宿泊施設はその恩恵を被っているものと思われます。もちろんこれも新幹線開業効果と言えるでしょう。

今のところ、この先数か月の予約状況も悪くはなく、昨年がピークとしても、函館の観光業界”良い”と言える状況は今年も続くのではないかと見ています。流れが変わるとしたら2年後。何度も書いていますが宿泊客室の供給数が一気に増加します。現実的に開業効果が薄まった時に供給数が増え、オリンピック以上に景況感が悪化して、外国人観光客が減少する何らかの悪材料が発生したら・・・、今のうちから準備しておく必要があるかもしれません。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2016年6月 8日 (水)

新幹線開業の恩恵

毎年のことですが、6月上旬は全道、全国で理事職を務める組織の総会が集中し、函館を離れる時間が長くなります。昨日までの5日間も東京3日、札幌2日、週末はまた東京出張が控えています。

Dsc_0350ところで、新幹線開業で思わぬ恩恵を得ることができました。所属団体の総会が土曜日東京であり、翌日曜日の午前中に会議。いつもならその後少々時間を潰して、午後の便で函館に帰るところですが、たまたまこの日、東京ドームで日ハムVS巨人戦のデーゲームがあるではないですか。14時開始の試合に、従来なら函館への最終便は17時30分羽田発で、都内を15時過ぎには出なければならないので、ほとんど観戦することは叶いません。しかし、新幹線が開業した今、東京発新函館北斗行最終列車は19時20分発。お蔭でビール片手に大谷の投打にわたる活躍を満喫することができました。不覚にも日本投手史上最速の163kmは飲み過ぎてトイレに向かう途中で、現場に居合わせながら目撃することができず、ネットのニュースで、あのどよめきの意味を知ることになりました。

Dsc_0354帰りはほろ酔い気分で一度は乗ろうと思っていた東京発のグランクラス。組織から出る規定の旅費からはるかにオーバーするものの、都知事とは異なり自腹を切って快適な旅。既に3ℓほどビアが注入されているため、飲み放題も全く元はとれませんが、札幌からの特急指定席より疲れずに帰宅することができました。

さて、今週末の東京出張も翌日午前中に予定が入っていたため、従来なら欠席しなければならないところ日帰りが可能になりました。これが恩恵かというと???な気もしますが、東京からの新幹線利用は当初想定していたより増えることになりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年5月10日 (火)

今年は八戸から

北海道新幹線が開業したこともあり、今年出場するマラソン大会は極力新幹線で行ける場所にしようと思っています。その第一弾、八戸うみねこマラソン(ハーフ)を一昨日走ってきました。

Dsc_0277さて、1か月前。新幹線を使うと特急時代よりかなり割高に感じる料金も、JR北海道のホームページ経由で購入する「北海道お先にネットきっぷ」を利用すると、新函館北斗⇔八戸間は35%割引とかなりお得。と、いうことで無料登録を済ませ、切符の発売日と同時に申し込んだものの、八戸までの往路は日中の時間帯は満席なのか発売されておらず、取れたのは夜8時半過ぎの盛岡行き。しかも残り座席わずかの表示でした。

しかし、乗ってみるとかなりの空席があり、GWにかかっているとはいえピーク越えのこの日、他の列車が発売日当日に満席になっているとは思えません。この割引切符、かなり限られた数しか販売されていないものと推測します。青函区間、平時の乗車率が25%程度ということなので、この切符を有効にPRすることがその向上につながると思うのですが。敢えて苦言を申すと、料金検索や予約にたどり着くまでも利用者目線に立ったシステムとは思えませんでした。

さらに、函館ライナーに乗って8時過ぎに新函館北斗のホームに着き、ホームにあるキヨスクでBEERでも買おうとしたところ、電気が点いて中が見えているにもかかわらず、自動ドアが開きません。どうやら8時閉店で、中ではレジのお金を計算している様子。あと30分営業時間を延ばせばこの新幹線に乗る人も利用できるのに。百歩譲って、せめて8時営業終了の表示があれば、多くの人が入ろうと試みようとはしなかったはず。私以外に、自動ドアが故障しているのかと思って開けようとした人が最低20人はいました。さらに閉口してしまったのは、新幹線に乗ると「この列車には車内販売はありません。自動販売機もありません。」というアナウンス。「それは函館駅で言ってくれ」と思ったのは私だけではないはずです。サービス業に身を置くものとして、JRとの付き合いは深いものの、これはないんじゃないのといつか言うつもりです。

Dsc_0288さて、そんなこんなで八戸ハーフ。過去、マラソン大会で経験したことがない風速15メートルを超す強風の中、折り返しまでの往路はフォローの風に乗って絶好調。折り返し後、風向き変われと念じても届かず、アゲインストに苦しみ結果1時間35分台と私にとって平凡な記録に終わりました。しかし、函館マラソンPRユニフォームを着て挑んだわたしは、地元の新聞社の取材を受け、翌日記事として函館フルマラソンを紹介するに至り、ある意味大いに成果を上げることができました。

新幹線の運営体制に不満をもったものの、移動は極めて快適。八戸まで1時間半。東北が一段と近くなったのは間違いありません。函館マラソンは運営側に回るため走れない私は、函館マラソンの翌週、今度は新幹線に乗って青森ハーフを走る予定です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年4月26日 (火)

新幹線開業1ヶ月

Dsc_0054北海道新幹線が開業してちょうど1ヶ月が経過しました。観光関係者による開業効果の印象は施設によってかなりばらつきがあるようですが、話を聞く限り、それは個人個人の期待値に対する格差のようです。実際の数字は、この両日メディアで報道されている通り、新幹線の乗車率は27%程度ながら、前年の津軽海峡線の利用者数と比較すると倍増になっているとのことです。

私の印象はほぼ予想通り。ただ、ホテルの入込に関しては想像を超えていました。おそらく最初の1週間はかなりの入込となるものの、その後はGWまでは基本的に閑散期。小さな分母に対し2~3割伸びる程度と考え、料金も対前年でそれほど上げずに対応しました。結果はほぼ倍増。駅前&個人客中心ということで、開業効果の恩恵を他よりは受けやすいと考えていたものの嬉しい誤算です。

新聞報道ではGWはどこも満室で、新幹線効果の恩恵を十分に受けきれていないような書き方がされていましたが、それは誤った印象を与えます。函館のGWは新幹線が来ようが来まいが毎年満室。函館の問題点はそこではなく、オンシーズンとオフシーズンの格差が余りにも大きいことです。それが、昨今のインバウンド増加と新幹線効果で縮小することによって、当地の観光業界に取って大きなメリットとなるのです。

もっとも、GWはともかく先々の予約も順調です。この時期GWが満室となっているのは当然ですが、既に3ヶ月くらい先まで土曜、休前日はほぼ満室、8月前半も埋まりかけているということこそ新幹線効果と言えるのだと思います。

一方、この先、函館観光は半永久的に安泰だとは微塵にも思っていません。今から5年前、東日本大震災があった年、九州では九州新幹線鹿児島ルートが開通し、空前の観光客入込がありました。それから、わずか5年。今、熊本を中心とした震災で、当地の観光業界は逆に大打撃を受けているのです。そう、観光というのは水ものなのです。

当地もいつ同じようなことが起こらないとも限りません。いや、たとえそうなっても、新幹線開業で増加した観光客入込が一過性で終わらぬよう、常に知恵を絞っていかなければなりません。

最近、様々な会合での挨拶の際、こんな話をさせて頂いております。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年4月 5日 (火)

今年の函館の桜は・・・

先般、旅行会社が行った国内絶景ランキングで堂々日本一に輝いたのは「五稜郭公園の桜」。おそらく桜の見どころとしては、国内更なる絶景スポットはあるはずですが、これも新幹線効果、函館が注目されている証拠でしょう。もちろん、満開の五稜郭公園の桜は絶景に数えられて不思議ではありません。北海道では間違いなくNo.1のソメイヨシノ”群生地”だと思います。

2016sakura1
さて、例年GWが見頃となる五稜郭公園の桜、どうやら昨年に引き続き開花も満開も早まりそうです。昨年は過去2番目に早い4月21日に開花し、GWには残念ながら葉桜になってしまいましたが、今年もウェザーマップ社の予想では平年より1週間程早い4月23日の開花で、満開が4月28日。予想通りならGW前半が見頃のピークで、5月のGW本番もかろうじて花を見れるといった感じ。しかし、この春、体感的にも現実的にも暖かく、この調子で行けば昨年並みの早い開花となるかもしれません。

一部、メディアの論調で新幹線効果は一服、あるいはまちまちといった伝わり方がされていますが、おそらくそんなことはありません。本来年度替わりの4月上旬は、厳冬期に次ぐ閑散期。当ホテルでは平日の稼働率が50%を切るのが普通なのですが、今年は目に見えて、というより倍増しています。GWは例年通り既に完売状況ですが、今年はその前後1週間もほぼ満室状態となっています。桜開花が早まることを材料に、GW前の来館をアピールしたいところですが、今年はその必要も無さそうです。

今年がピークは覚悟の上。ただ、当地にとって良い傾向であることは間違いありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年3月31日 (木)

相乗効果

今月は北海道新幹線開業というビッグイベントがあったこともあり、怒涛のように過ぎ去ってはや晦日。当ホテルにとってもお陰様で多忙な中で年度末を迎えることになりました。

Dsc_0224さて、新幹線開業ばかりが注目されている昨今の函館ですが、それだけではありません。昨年、函館アリーナとともにオープンした函館フットボールパークは、今年雪融けが早かったこともあって、3月上旬からフル稼働状態。人工芝のピッチには、春先から雪の無い中でサッカーができる環境を求めて全道各地から小、中、高のサッカーチームが遠征に来ています。

広い北海道、当然宿泊も伴う訳で、本来オフシーズンといえる函館の春先に、経済効果をもたらしていることは間違いありません。今月、来月と函館の宿泊施設の稼働率は対前年大幅に伸びるはずですが、必ずしも新幹線開業だけの影響だけではないのです。

この函館フットボールパークや函館アリーナに、新幹線開業による利便性が加わり、各年代、様々な競技の全国大会が開かれれば、これぞ相乗効果。函館に大きなメリットをもたらすことになります。当初は批判の声も聞こえていましたが、合併特例債の大変有益な使われ方だったと確信しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年3月26日 (土)

3.26 in 函館駅

函館にとって歴史的な日を函館駅で過ごしました。お出迎えイベントへの協力です。函館駅及びその周辺にこんなに人がいるのを初めて見ました。しかも99%日本人(これも久しぶり)。

ちなみに私は今日、新幹線を見ていません。

以下、本日も多忙につき写真のみ。

Dsc_0167
Dsc_0168
Dsc_0178
Dsc_0169
Dsc_0175
Dsc_0187
Dsc_0185
Dsc_0190_2
Dsc_0202
多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年3月25日 (金)

開業日前日

3251
午前中、ブルーインパルスの試験飛行がありました。

3255
函館朝市前は、1日中各局のテレビ中継車で賑わっていました。

3253
駅周辺では、開業イベントの準備が進められています。

3252
本来なら、低層階の商業施設がオープンするはずだった函館駅前の高層マンションはようやく地上部の工事が始まったばかり。杭打ち工事が難航したと聞いています。

3254
当ホテルも北海道新幹線開業を歓迎します。

多忙につきこんな程度でお許し下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年3月19日 (土)

開業時のイベント

北海道新幹線開業まであと1週間となりました。函館では、新幹線開業を記念して様々なイベントが企画されています。その目玉となるのが、開業当日と翌日に行われる「つながるニッポン祭り」です。

Dsc_0138
メイン会場は函館駅に隣接する駐車場跡地で、八戸のせんべい汁や宇都宮の餃子、広島のホルモン焼きなど、日本全国土地土地の名産が軒を連ねる食のイベントが繰り広げられます。特に仙台から鹿児島まで、普段函館市民が口にすることができない全国の有名ラーメン店10店舗が出店するのが惹かれるところです。また、函館からも市内有名店が、スペシャルメニューを用意して出店するとのこと。当日は、当然のことながら既に関係者や一番列車での観光客で市内宿泊施設は満室のため、これは既に来ることが決まっている方、および市内近郊の日帰り可能な方へのお知らせです。

また、当日、天候が良ければ開港150周年の時に実現しなかったブルーインパルスの祝賀飛行も予定されています。26日15時から20分程度の予定です。この他にも、駅前では郷土芸能でのお出迎えなど様々なパフォーマンスが行われる他、駅構内では私も参戦しますが、函館ライナーでお越しになった観光客の皆様へ、様々な記念品が入った手提げ袋を配布する予定です。

メイン会場に限らず、駅周辺では様々な振る舞いものが提供されるようなので、この函館での一大イベント、市民の方も是非函館駅に向かい、賑わいを演出していただければと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

2016年3月15日 (火)

駅ナカ改装オープン

半年以上にわたり、改装工事が行われていた函館駅内部の商業スペースが、新幹線開業を前に本日全面オープンしました。デパートなどと直結していない函館駅内部の物販スペースは、如何せん貧弱な印象がありましたが、新装なったその内部は一見、ここはデパ地下かと錯覚する作り。初めからこうしておけば良かったのにと思うほど、限られたスペースを有効に使っているように感じられました。

Dsc_0141
2階に書店とレストランを集約。JR系列会社直営のレストランは廃止され、函館の有名ラーメン店「あじさい」と、函館初出店?となる「TULLY’S COFFEE」、さらには北の食材を提供すると思われるプチ居酒屋が入り、数は少ないながらも観光客の待ち時間の要求に応えられるものだと思います。

Dsc_0142
Dsc_0145
Dsc_0144_2
同じく2階には大小様々なコインロッカーのスペースも設けられ、函館駅は機能的に一新しました。このような投資が行われるのも新幹線開業効果。金沢とは比較するべくもありませんが、函館駅周辺も少しづつ良い方向に変わりつつあります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

より以前の記事一覧