函館のスポーツ

2018年5月28日 (月)

有終の美

2018volley2新人戦は僅差で全道大会出場を逃したものの、春季大会で準優勝し、第二シードで迎えたおそらく長男にとって最後の大会となるであろう高体連高校バレー。今年度の函館地区男子高校バレーの勢力図は、1校の力が頭ひとつ抜け出し、それに続く3校が実力均衡で他校を引き離している状況です。バレーボールは他競技と比べ番狂わせが起こりにくい種目で、地区に2校割り当てられる全道大会出場枠は、事実上力の抜けた1校と、次点3校のうち一つになるであろう戦いでした。

小学生のとき、地域で強豪のひとつに数えられたサッカークラブのゴールキーパーだった長男は、中学進学でサッカー部どころか運動部にも所属しませんでした。練習の厳しさと、ポジション故のプレッシャーから、中学では文科系のクラブに入ることを初めから決めていたようです。しかし、元々スポーツが嫌いでも苦手でも無かった長男は、文化部では物足りなかったらしく、高校進学と同時に選んだのが、全く経験したことのないバレーボールでした。

函館市内に男子バレー部がある中学校が少ないことから、高校から始める子がほとんど。同じ中学校出身者を含む同期6名も、高校からバレーを始めることもこの競技を選んだ理由のひとつのようです。一方、指導者は熱心で、市内でも常に上位争いをしており、1年次の高体連では地元開催だった全道大会にも出場しています。

そんな長男も最終学年では中心選手となり、試合に出場するようになり、サッカー、野球に続き、息子のスポーツ観戦にバレーボールが加わりました。

予選を順調に勝ち上がり、4チームによる決勝リーグとなった昨日、”全道”を目指す熱い戦いが繰り広げられました。第二シードとはいえ、優勝候補筆頭を除く2校との力の差はわずか。しかし、このたびのチームは勝ちたい気持ちが強く、第三、第四シードとあたった最初の2試合とも、第一セットを接戦でものにした後は、意外なくらいあっさりと次セットをものにし、早々に全道大会出場を確定させました。

優勝候補には完敗したものの、目標を達成し選手も親も大満足のようでした。思えば長男が全道大会に出場するのは、上の学年に連れて行ってもらったものを除けば、サッカーで一番最初の全道に繋がる大会だった小学校4年生以来。私が子供のスポーツに熱くなったのもこの時が最初でした。それから時を経て、違う競技かつ高校最後の大会で上のステージに進めるとは、子も親も何と幸せなことか。

力の差がある全道の舞台で勝ち星を上げることは極めて難しいとは思いますが、来月、小樽で行われる長男の試合は、しっかりと目に焼き付けてこようと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年5月19日 (土)

二度目の高校野球

高校時代の思い出といえば、甲子園を目指して連日白球を追いかけた野球部でのことが大半を占めます。と言っても、大した選手でもなく、甲子園どころか函館支部の壁さえ超えられなかったのですが、2年の夏の支部大会決勝で両校全校応援、テレビ中継がある中、その夏甲子園に出場した高校と戦った試合は、人生のハイライトとして消えることはありません。

その後も野球は続けましたが、多くの球児と同様高校野球が自身の頂点、良くも悪くも多くのメディアに取り上げられ、大勢の人達に見守られる中試合をすることなど、一般人にはなかなか経験できるものではありません。観る側になっても母校の戦いが気になり、こちらに戻ってきてからは時間があれば試合を観戦にいくことが楽しみになりました。夢は甲子園で母校の応援をすること。そこに自分の息子がいたら、それはもう言うことはありません。

残念ながら私の母校へは進学しなかったのですが、小学校から野球を続けていた次男がこのたび高校の硬式野球部に入部しました。小中学校時も楽しませてもらいましたが、甲子園という大目標が存在し、将来のスーパースター達と同じ舞台で戦う高校野球は親にとっても思い入れが違います。

2018bbチームは1年生から積極的に使う方針らしく、息子も練習試合で出してもらえるので、早くも観戦を楽しませてもらっていました。2,3年生で20人ほどいるので、最初の春季大会にベンチ入りすることはないだろうと思っていたら、18人中6人も入った1年生の中に息子の名前があり、感激より驚き。しかし、シード校の一角で、いきなり北海道の甲子園、円山球場へのチャンスかと観に行った初戦は完敗。我々のときもそうでしたが、函館支部の壁は決して低くはありません。当然、息子が試合に出ることはありませんでしたが、親子共々初公式戦、高校野球デビューとなりました。

現在の函館支部の各チーム、突出した力のある学校はなく、7~8校が高いレベルでどこが全道大会に駒をすすめても不思議ではありません。この春の戦いも上位校同士はいずれも接戦を繰り広げています。”我がチーム”も客観的に見て、レベルの高い子達が揃っており、特に守備力は支部1,2を争えるものと思います。好投手も擁し、上を狙える世代とは思うのですが、そこは他の上位校も同様。1年の中での本番である夏の予選まで一月余り。息子とともに、ベンチ入り、レギュラー争い、そして試合と、一喜一憂するであろう私にとって2度目の高校野球が今始まったところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年5月 6日 (日)

高校スポーツ佳境

多くの高校生にとって、部活動は概ね2年と2~3ヶ月。高体連の予選が終わるとほとんどの3年生は引退し、大学受験などに備えます。夏以降まで続けるのは、全国大会に出場するか、その道で上を目指す一握りの生徒達のみです。

我家の二人の息子も早いもので高校生となりました。3年の長男はバレーボール、同じ高校に進んだ次男は予定通り硬式野球部に入りました。進学校ながらスポーツにも力を入れており、両部活とも市内では常に上位を争っています。私の高校時代とは異なり、今や公立私立問わず夏休みやゴールデンウィークなどは遠征が当たり前。本州や道内各地の強豪校と練習試合を行っています。このGWも長男のバレーボール部は札幌遠征、次男の野球部は弘前に遠征に行っていました。

2018volleyつい先日始めたばかりと思っていた長男の高校バレーも長くてあと一ヶ月余り。長くてというのは、今月末行われる高体連函館地区予選で2位以内に入ると、来月行われる全道大会に進めるためです。春季大会では準優勝し、函館開催でひと枠多かった一年次の高体連以来、久々に”狙える”位置にいます。私は順当にいけば、市内ベスト4による決勝リーグが行われる日にエントリーしていたマラソン大会をキャンセルし、息子のチームの応援に切り替えました。スポーツ強豪校ではない北海道の高校生にとって、部活で全道大会を賭ける試合を行うこと自体、一生の思い出になるはずです。

2018ba次男はついに夢の甲子園を目指す舞台に足を踏み入れました。監督の方針で、1年生でも練習試合には使われているようで、日々新しい経験をしているようです。チームも市内強豪校のひとつとして常に上位争いをしており、まずは父が果たせなかった全道の舞台へ駒を進めてほしいものです。最初の春の大会が今週末から始まります。息子がベンチに入ることはないとは思いますが、これから2年余りで6回行われる大会は従来に増して熱が入るものに違いありません。拙ブログでも、新たに「函館高校野球」のカテゴリーを作り、チームと父の喜怒哀楽を綴っていこうと思います。

子供たちのスポーツの集大成を見届ける季節になりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年5月 3日 (木)

市民マラソン大会10選 函館マラソンが8位に!

2018hm3昨日の函館新聞でも紹介されていましたが、先週土曜日の日本経済新聞の”付録版”、「NIKKEIプラスワン」の人気企画、【何でもランキング】において、函館マラソンが市民マラソン大会ランキングの8位にランクインするという、嬉しいニュースが舞い込んできました。

これは国内数あるフルマラソン大会の中から、初級者でも楽しめるという観点で32大会をリストアップ。ここに選ばれるだけでも光栄の限りなのですが、この中から先日プロランナー転向を表明した川内優輝選手ら11名の専門家により複数の基準からランキングしたもので、函館マラソンはちばアクアマリンマラソンらと並んで8位タイに選ばれました。

ちなみに1位は東京マラソン、2位は大阪マラソン、3位神戸マラソンと大都市のビッグ大会が並び、その他ランクインした大会もマラソンランナーなら誰でも知っているような有名大会ばかりです。組織票的なものは皆無で、極めて客観的に選考された中での10選に入るほど、函館マラソンが知名度を得ているとは正直考えていませんでした。

2018hm4
記事では開催当初から力を入れていたフードエイドや観光地を巡るコース設定を評価する川内選手のコメントが記載されており、創設に関わった多くの仲間たちの努力が報われたようで、大変うれしく感じている次第。これに満足することなく、名実ともに日本を代表するフルマラソンの大会に成長できるよう、今後とも内から外から協力していきたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年4月10日 (火)

函館マラソン定員到達

2018hm2_2少し前に情報は伺っていたのですが、今年の函館マラソン、定員の8000名にほぼ到達し、エントリー期間終了を3日ほど残し、本日16時にエントリーを締め切ることになりました。出走を迷っている方、ぎりぎりにエントリーをしようと思っていた方は忘れずに本日中に申し込んでください。

定員到達に時間がかかったのは、決して人気が無いからではなく、昨年同様宿泊施設の確保が難航し、遠方からのランナーが中々エントリーできなかったためと思われます。主催者側で昨年より多く用意した客室は、エントリー開始間もなく消化され、その後は追加で用意した客室やネットなど提供されると同時にエントリーが増えるといった状況で、今のところ中央競馬開催時のこの時期に行われるのであれば、この定員がMAXだろうと考えられます。

もっとも、我々宿泊業界としては懸念材料でもあるのですが、新規ホテルの開業により函館市内の宿泊客室数は、今後2年間で1500から2000室は増加すると言われております。その際には、当初の目標であった1万人規模の大会へと成長させていかなくてはと、創設に関わったものとして、また宿泊業を営むものとして思っている次第です。

ランネットによる日本のマラソン100選に選ばれた本大会。日本を代表するマラソン大会へ向けて次のチャレンジが始まります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年2月19日 (月)

2018函館マラソンエントリー開始

2018hm外まだ雪深く、今年は本当に春が来るのか疑いたくなる2月後半の函館ですが、初夏に行われる函館マラソンのエントリーが本日より開始されます。フル・ハーフ合わせて8000名。3度目ということで、知名度も上がってきたものと思われます。

昨今、マラソン大会過多説も浮上し、中止となる大会がニュースになるなどしておりますが、フルマラソン、しかも街の中心部を走る大会は未だ希少価値があり、更に夏に行われる大規模大会はここと北海道マラソンのみ。函館マラソンは今後、1万人規模の大会を目指してまだまだ拡大していく考えです。

昨年はコンベンションと重なったことから、宿を確保できないことを理由に定員到達に時間がかかったため、今年は主催側で昨年の倍となる客室を確保し、先週より斡旋を開始しています。しかし、特にシングルルームは既に残室わずかということで、遠方の方はエントリー開始時に先着順となる宿泊付きでのエントリーをお薦めします。詳しくは公式HPで。

私もオリンピックに夢中になってわすれることがないよう21時のエントリー開始時刻にはPCに向かってようと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年2月 5日 (月)

プロスポーツ観戦文化

私が子供のころ、函館のような地方都市ではプロスポーツはテレビで観るもの。しかし、現在、その底辺が広がったこともあり、函館でも毎年1試合ながらプロ野球が開催され、残念ながら競技場がJ1基準に満たないためコンサドーレの試合を観ることはできませんが、かつてはJリーグも年に1試合の開催がありました。また、3年前に函館アリーナが完成したことで、屋内スポーツのフットサルとバスケットボールのプロフェッショナルチームの試合を観戦できるようになりました。

2018levangaそのうち年に1度、1節2試合が行われるレバンガ北海道のバスケットボールのBIリーグ戦が、この週末函館アリーナで行われました。注目はその観客数。土曜日が2320名。そして私も観戦した昨日は2815名です。おそらく座席数は固定席以外に設置した客席も合わせて3000余り。昨日はほぼ満席に見える観客数でした。昨年の試合は両日とも1700名程だったので、大幅に伸びています。

これは、Bリーグが着実に浸透していることに加え、bj時代の一昨年から続けて開催されていることで、リピーターが確実に増えているのだろうと実感できます。日本のプロスポーツの中ではややマイナーなバスケットボールですが、生で観る迫力は、初めての人はサプライズを感じるはずです。また、会場ではアルコール含め飲食も可能とするなど、エンターテインメント性を高めるためリーグもチームも努力しており、ゲーム以外の演出もプロの試合ならではです。

私が昨年まで所属していた函館商工会議所青年部は、プロスポーツによる地域活性化を図るため、特にレバンガ北海道との関係を密にしています。このたびも小学生を試合に招待するなど、スポーツ観戦文化の定着に尽力していることも観客数増加に一役買っているに違いありません。また、観客には対戦相手であったアルバルク東京を応援する一角があり、レバンガを応援するために札幌など道内各地から観戦に来たというファンも少なくないと聞いています。

プロスポーツ開催は、地元の経済にも少なからぬ好影響を与えます。まずは、地域にプロスポーツ観戦の文化を定着させ、いずれこの街にも何らかのチームをという気運が高まったとき、私自身もう一役買わせていただければと考えてる次第です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年1月15日 (月)

紙一重

この週末、長男が出場した高校バレーの新人戦(1,2年生による大会)函館地区予選を観戦しに函館アリーナに行っていました。

函館には男子バレー部がある中学校が少なく、また良くも悪くも長身選手を集めるようなバレーの私学強豪校が存在しないため、息子のように高校からバレーを始めても試合に出て、あわよくば全道大会に駒を進めることも夢ではありません。その長男の学校は市内4強の一角。この年代、やや実力が抜けている1校を除く上位3校の力量はほぼ互角で、2校に与えられる全道大会出場は十分手の届く位置にありました。

2018vo土曜日の予選は危なげなく3戦全勝。順当に勝ち上がってきた4つのシード校によって争われる日曜日の決勝リーグも、初戦で第2シードの学校を破り、思いもしなかった競技での全道大会出場が目の前に迫ってきました。好調なチームは格上の第1シード校との第1セットも接戦の末制し、高校バレーの世界では珍しい番狂わせのムードが漂った時に落とし穴が待っていました。チームの主力の一人が着地の際にバランスを崩し捻挫。その後の試合に出れなくなり、わずか8名で今大会に臨んでいる当チーム、普段練習したこともないフォーメーションで戦わざるを得なくなりました。

1勝1敗で迎えた最終戦は勝った方が全道大会へ進める大一番。どんな競技でも高校時代、一般の学校で地区大会を勝ち上がり上のステージに行けるとなると、一生の思い出となるはずです。そんなチャンスが巡ってきた両校の戦いは白熱した試合となりました。第1セットはお互い何度もセットポイントを迎えた末、30-28で落とし、次のセットも大接戦の末の25-23。ここ一番のミスで自滅したような惜しい負け方でした。この僅かな差は勝ちたい気持ち、追い込まれた時の紙一重のメンタルの差であったように思えます。

息子が所属するチーム、客観的に見て全道大会どころか地区1位を十分狙える力があると分かりました。高校スポーツの世界は短いもので、ほとんどが2年と2ヶ月程度。多くの3年生が引退する最後の大会”高体連”は4ヶ月後。もう一度、全道大会を掛けた手に汗握る高校バレーが観れそうです。子供のスポーツは最高の親孝行だと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年12月28日 (木)

函館のスポーツ

2017la昨日、函館ラサール高校フィフティーンが2年ぶりに花園のグランドに立ちました。前回出場した時とは異なり、長男が通う学校とあって思い入れも自然と強くなり、インターネット中継にかじりついて試合を見ていました。惜しくも敗れてしまいましたが、点差以上に勝機十分。ほぼ互角の戦いを展開しながら、前半終了間際と後半開始直後に、小さなミスからトライを許したことで流れを持っていかれたのが残念でした。ただ、2年生中心の若いチームだけに、来年以降がより楽しみです。

団体スポーツで、函館の高校が全国の舞台に駒を進めることができない中、毎年北海道の頂点を争っている函館ラサール高校ラグビー部は異色の存在です。プロスポーツチームが無い函館にとって、地元の高校が全国の舞台に出ると俄然盛り上がり、地元愛も強くなるもの。残念ながら、函館では高校レベルでも様々なスポーツ分野で有能な生徒の”流出”が多く、これが若年人口の減少、さらには地域衰退の一因になっているものと考えます。昨今、国策レベルで観光と並んでスポーツに力を入れようとしています。この街も、その流れに遅れることなく、スポーツインフラを整備し、公私問わず学校レベルでスポーツに力を入れる施策をとることが、これからの函館に必要なことではないかと思っています。

2017fuzokuそんなことを考えていた昨日、地元紙函館新聞の一面に嬉しい記事が載りました。次男の所属していた中学校の野球部が中体連で3年連続決勝に進んだことを称える記事です。今年は残念ながら準優勝だったため、結果以外記事になることはなかったのですが、意外な形で大きく扱ってもらえ、我家では親子共々、夏の興奮を思い出すことになりました。

この結果は、当事者達だけのことではなく、これによって、昨今、一部地域では定員割れを起こし、その存続問題が議論されている国立大学附属学校への関心を高めると同時に、教育関係者にもその存在意義を示すひとつの材料にもなります。スポーツの力は決して小さいものではないのです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年12月11日 (月)

ハンデ克服

北海道など雪国と呼ばれる地域では、冬期間の3~5ヶ月程度、外で球技を行うことが難しくなります。サッカーやラグビーなどは雪上で行うことも可能ですが、土や芝生の上で行うそれとは異なることは容易に想像できます。これが「雪国のハンデ」と言われる所以で、甲子園など屋外スポーツの全国大会で、北海道など積雪の多い地域から上位進出が少ない理由とされてきました。

この”常識”を最初に覆したのは駒大苫小牧高校の甲子園2連覇だと思います。雪国出身ではない指導者が、従来の常識に捉われず積雪のある中でも外で野球の練習を行い、結果を残しました。

2017baseこの流れは、様々な技術的進歩も加わって、雪国の様々な球技に広がっています。昨日、”スノーターサー”を履いて雪上JOGをしていると、雪に埋まったグランドから金属バットで硬式球をはじく心地良い音が聞こえてきました。見ると近年、北海道大会常連となっている函館工業高校野球部が、守備をつけてティーバッティングを行っているところでした。ボールを追う野手の足元はおぼつかない所もありますが、我々の高校時代には考えられなかった光景です。近年、市内の高校などでビニールハウスを設置してマシンによる打撃練習や、投球練習を行う光景は珍しいものではなくなっています。

2017foot2函館フットボールパークの横を通ると、人工芝グランドの一面がきれいに除雪されており、そこでは市内の高校が普通にサッカーの練習を行っていました。道内他地域に比べれば、雪も少なく気温も高い当地です。雪国のハンデも克服しやすい条件が揃っています。スポーツ後進地域ではありますが、このアドバンテージを生かして、全国レベルで活躍できる学校、チームが増えてほしいものです。

スポーツは地域活性化の重要な要素のひとつです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧