函館のスポーツ

2017年8月25日 (金)

観るスポーツ・するスポーツ

今年の北海道のスポーツシーン。昨年とは打って変わって盛り上がりに欠けています。歓喜の優勝を果たした我らが北海道日本ハムファイターズは2連覇どころかぶっちぎりの最下位争い。コンサドーレ札幌は、ある意味応援しがいがあるもののJ1残留争い。夏の甲子園も南北代表が初戦で敗れ、注目の清宮擁する早実も予選敗退とあって、盛り上がりに欠けると思いきや、こちらは隠れていた大物、広陵中村選手が頭角を現したことで、昨年並みに楽しめました。

プロスポーツは今一つながら、実は今年の北海道、中体連では白老白翔中学が全国制覇、少年野球でも札幌のチームが高円宮杯で全国の頂点に立つなど、軟式野球での活躍が目立ちます。我家的にも、次男が選抜チームで全国大会出場の可能性を残しており、プロスポーツ以上に観戦の楽しみが残っています。

2017hokkaidomさて、スポーツは観るだけが楽しみではありません。自称オヤジアスリートの私は明後日、連続8度目となる北海道マラソン参戦。走るたびに記録を伸ばしていた数年前とは異なり、五十路とともに衰えを実感する今日この頃。しかし、FUNRUNに転向するにはまだ早いと、常に大会ベストを目指して頑張る所存。懸念は、こんなに8月が涼しかったにもかかわらず、明後日の札幌は普通に晴天夏日。暑さ対策不十分なまま、後半の足がもつかどうか。苦しみを楽しんでこようと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年8月 3日 (木)

Kボール東日本大会

函館港まつりが開幕し、本格的な夏祭りシーズンを迎えている函館。例年であれば私も何らかの所属団体で参加したり、お手伝い等々で多忙な時期であるのですが、今年は毎年依頼されている「わっしょい函館」の審査員もお断りさせていただくなど、いつもの夏と違うパターンの行動をとっています。

Dsc_1492と、いうのも中学野球Kボールの東日本大会がここ函館で行われており、函館選抜チームに選ばれた息子が連日試合に出ることになりました。選ばれただけで御の字で、代打要員か、リーグ戦なのでたまに出してもらえるかと思っていた息子は、部活とは違うポジションながら外野の一角で使われるようになり、送迎だけのつもりが観戦するはめに!?。まぁ、義務ではないのですが、楽しませてもらってます。

私も詳しく知らなかったのですが、Kボールという特殊な軟式球を使う中学の東日本大会は毎年函館でこの時期行われており、今年で10回目。道内各地の選抜チームの他、関東・東北の選抜、もしくは予選を勝ち上がってきた全11チームが4日間で各6試合。日程の関係で変則ながらリーグ戦を行い順位を決めます(今年の場合)。

息子が所属する函館選抜は、編成間もないこともあり、勝敗より選手の適正を試す采配のようで、大きく負け越してしまいました。しかし、エース格が投げるとほぼ無失点。首都圏の体格の大きいハイレベルなチーム(毎年Kボール出身のプロ野球選手が出るとのこと)とも互角の戦いをしており、戦績ほど弱くはありません。客観的に、実力的には出場チームの中でも上位の力を持っていると思います。

ところで、道内外からやってきている対戦チームのスタンドには、その親御さんとみられる観客が必ずその一角を占めていました。4日間のリーグ戦、函館および近郊以外の8チーム、選手・コーチ約20名とその親御さん達が宿泊を伴ってやってくる訳ですから、それなりの経済効果を伴う大会であるといえます。何もこの観光トップシーズンに・・・と言うことなかれ。再来年、当地の宿泊キャパが大幅に増加したときこそ、このようなスポーツコンベンションの重要性に気付くというものです。

さて、本番は来月行われる全国大会の北海道予選。これには現函館選抜に数名の渡島選抜メンバーが加わって参戦します。息子がポジションを死守できるか、そして有能な選手たちに、野球の全国大会に連れてってもらうことが出来るか。今年、思わぬ楽しみが増えました。市外で行われる週末の練習は、ゴルフの誘いを断って送迎役に徹しています。北海道予選は来月、これも函館で行われます。野球の中ではマイナーなKボールではありますが、函館は北海道の聖地となっているようです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年7月26日 (水)

地方球場の収容人員

何時のころからか、プロ野球でも正確な観客数を発表するようになりました。以前であれば、東京ドームなら5万人、甲子園なら6万人など、ほぼ満員の時はその球場の収容人員の上限が当たり前でしたが、実数を発表するようになるとその数値に到達することはありません。まあ、そんなものかという感じでした。

違和感を覚えたのは昨年の函館オーシャンスタジアムでのプロ野球。ほぼ満席に見えた実際の入場者数は1万1千人足らず。オーシャンスタジアムの収容人員は2万人のはずです。いくら何でもその半数あまりではないだろうと感じました。これは有料入場者数だけをカウントしているのか、もしくは収容人員を水増ししているのか、どちらかだろうと思いましたが、それ以上深く考えませんでした。

今年のプロ野球函館開催。今年は新幹線でアウェイからも来やすくなった東北楽天イーグルスが対戦相手ということもあって、前売り段階からチケットは完売。TVで見る球場も立錐の余地もない満席に映りました。ところが発表になった入場者数は今年も1万1千人足らず。これにはTVの解説者も違和感を唱えていました。私も、これは公表されている球場の収容人員が間違っている、いや水増しされた数字だと確信しました。

昨日、釧路で9年ぶりに行われたプロ野球公式戦。ニュースでは満員御礼が伝えられていましたが、その数11500人。調べてみると釧路市民球場の収容人員は18000となっています。これも明らかにおかしい。共通するのは函館も釧路も外野席が芝生であること。しかも両球場とも内野席より外野席の収容人員が多くなっています。面積は小さいのに。

Dsc_1482函館オーシャンスタジアムで調べてみると、固定席がある内野の席数は8000余り。公表されている内野の収容人員は9000ですが、立ち見もカウントすれば情状酌量の余地はあります。一方、芝生とはいえ、どうみても内野席より面積の少ない外野席の収容人員が1万1千人。先日、この球場に集まった観客全員が入れる数です。どんな計算をしているのか。

おそらく水増しというより、共通する独特の計算方法があるのかもしれません。知っている人がいたら教えて下さい。しかし、いずれにせよ実際に入った数が定員ということであれば、球団が地方球場で行う主催試合を制限するのもわからなくもありません。札幌ドームであれば、空席が多くても2万人近い数字は確実なのですから。座席数、照明設備など野球場に限らず充実させてほしいものですが、函館のような地方都市ではどうにもならないものなのでしょうか。

スポーツは人口減少が進むなか、数少ない成長産業です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年7月18日 (火)

Kボール

函館を含む道南地域の中学野球では、中体連終了後、軟式野球部に所属していた中学3年生を対象に選抜チームを作り、KWBボール(通称Kボール)という硬式球と同じ大きさ重さの軟式球を使った大会に参戦する流れが出来ています。これは、高校でも野球を続けたい子供たちが、スムーズに軟式から硬式に移行するための活動の一環で、複数の全国大会や中2以下のU-14のカテゴリーができるなど、近年、全国的に急速に普及しています。

道南地域では例年、函館選抜、渡島選抜、桧山選抜という3チームが結成されていましたが、今年は秋に行われる全国大会の予選に出場するチームのひとつが函館・渡島選抜になりました。このため、函館選抜のセレクションを受けるつもりでいた息子は、狭くなった登竜門に怖気づき、受けるのをやめると言い出しました。

人間どれだけプレッシャーのかかる経験をするかでその器が決まるというのが私の持論。ここは野球云々ではなく、人としてこういうチャンスに背を向けてはいけないと親として説得。落ちても恥ずかしくないから受けろということで、半ば強引に受けさせることにしました。

セレクションに来ていたのは約30名。練習を見ると、一目に突出した身体能力がある子がいる反面、やや落ちるなと見える子もいたため、20名と聞いていたメンバーに、もしかしたら引っかかるかなと思ったのが正直な感想。しかし、セレクション終了後に息子に聞くと、ここには既に夏の全国大会出場が決まっている渡島選抜の選手が来ておらず、加えて軟式野球連盟の全道大会出場が決まっている中学校の選手もいなかったということ。事実、コーチからは集まった半分以下の選手しか受からないと言われたそうです。

なので、自宅に合格を知らせる電話が鳴った時は、我家は息子がドラフトで選ばれたかのような盛り上がりでした。「挑戦しないやつは、何の結果も得られない。」と言った私のことばが、多少なりとも説得力を持ったでしょうか。

Dsc_14902そんな訳で、一旦終了するかと思っていた息子の野球観戦は、この夏も続くことになりました。7月下旬から8月初めにかけて、函館で道内および関東・東北地区から11チームが集まって恒例の東日本大会が行われます。9月には全国大会につながる北海道予選がこれも函館で行われ、勝てば10月に千葉で全国大会に出場できます。道内、選抜チームは決して多くないので、野球で初全国が見えてきました。昨年は函館選抜が出場しており、息子の部活の先輩たちも活躍しました。親の楽しみが増えた半面、息子の学力低下が気になる今日この頃です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年7月 8日 (土)

夢の続き

昨夏、新チームを結成してから、練習試合を含めほとんど負け続き。中体連を2連覇したチームとはほど遠く、チームスローガンの「3連覇挑越」が霞んでいた次男所属の中学野球部。ひと冬越えて、2年生投手が成長したことで試合を作れるようにはなってきましたが、中体連に出場する市内16チームのうち、実力は客観的に見て”中の下”といったところでしょうか。

過去2年は、様々な運にも恵まれて歓喜を味わわせて頂けましたが、どんなに一生懸命練習しても、あるいは優勝候補であったとしても、半分の学校は初戦で終わるトーナメント。部活動の最後の夏はある意味残酷です。最後の練習試合も大敗し、今年は初戦敗退の覚悟も決めて観戦した息子の最後の中体連でした。

わずかな望みは昨年に続く強いクジ運。決まったトーナメント表は、優勝候補と目されるチームがすべて反対側の山に集まり、初戦の相手は数少ない練習試合で勝ち越している相手。新チームになって一度も勝っていない相手と当たるであろう2回戦を凌げば、「ひょっとすればひょっとするぞ」という期待感も微かに持っていましたが・・・。

もちろん1回戦の相手も実力的には互角。ピンチにひとつミスが出ていたら大敗してもおかしくない展開でした。1、2回戦ともに初回に先制され、毎回塁上にランナーを貯める苦しい展開。いずれも6回表(中学野球は7回戦制)までは同点かつ押されている試合でした。しかし、いずれも6回裏に勝ち越し点をあげ、2年生の継投で辛うじて逃げ切る辛勝。ともかく、新チーム結成後、コールド負けを含め、練習試合でも勝っていないチームを最後の大会で破る番狂わせを演じました。

このチーム、両校全校応援の雰囲気に臆するどころか、アドレナリンが出て実力以上の力を出すタイプの子達が多いようです。昨年、一昨年と同じ舞台を経験しているアドバンテージもあるのかもしれませんが、先週までこんなに打線がつながるチームではありませんでした。極め付けは準決勝。初回先制点を奪われるのは3試合連続。その後ピンチとチャンスを繰り返し、1,2回戦と同じ展開となりました。客観的には面白い試合ですが、観戦する親の寿命が縮むような試合です。

14993073565285回裏、何度も凌いできた2アウト満塁で痛恨の失策で走者一掃となったときは、さすがに終戦を覚悟しました。2点差の最終回、連打でチャンスを作って1アウト満塁。ここでこの大会5割を超す打率の息子の一打が平凡なレフトフライに終わった時が2度目の敗戦覚悟。しかし、この大会から4番に起用された中学スタートの3年生が追い込まれた後、起死回生のレフト前タイムリー。ネット裏の親達はもう狂喜乱舞。さらに、相手エラーも重なって、最終回2死からの大逆転となりました。ドラマはここで終わりません。その裏、2死2,3塁。一打同点のピンチにライトを襲ったライナーを、守備固めに起用された1年生がスーパーダイビングキャッチで試合終了。私の寿命は確実に3年縮まりました。

この勢いで3連覇となれば出来すぎで、優勝候補筆頭の相手に3連投+ダブルヘッターとなった決勝に我々投手陣のお釣りは無く、ケガで投球練習すらできなかった3年生エースを投入も実らず大敗。それでも途中までは互角の戦いを見せるまで、このチームは成長していました。正直、選手も親も、優勝よりもこの決勝の舞台に3年連続進出したことで満足していたのが真の敗因だったのかもしれません。

半分のチームが1試合で終わってしまう中、この弱小チームの3日間4試合は、子供達そして親にとっても一生消えない思い出となるはずです。1年生からベンチ入りさせてもらっている息子は中体連函館地区12連勝。1年次は全道大会にも連れてってもらえ、すばらしい経験をさせてもらいました。残念ながら3連覇と2度目の全道は叶いませんでしたが、高校でも野球を続けると言っています。息子とともに甲子園を目指す親の夢は叶いそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年7月 7日 (金)

2017中体連軟式野球最終結果

遅くなりました。
 
2017tyut
※画像をクリックすると、拡大します。
2017tyuut2
 
多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。
↓↓↓
 

2017年7月 5日 (水)

速報 2017函館地区中体連軟式野球ベスト4

明日、準決、決勝です。

Dsc_1473
※画像をクリックすると拡大します。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年7月 4日 (火)

速報2017函館地区中体連軟式野球1回戦結果

本日、順延となった4試合が行われました。

Dsc_1469
※画像をクリックすると拡大します。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年7月 3日 (月)

速報2017中体連函館地区軟式野球

各会場、第3、4試合は明日に延期になりました。
分かる範囲で速報します。
20172
※ 画像をクリックすると拡大します。
 
多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。
 
↓↓↓
 

熱走!函館マラソン

Dsc_1461フル・ハーフ同時開催となって2回目となる2017函館マラソン。初開催だった昨年は運営側の責任者として裏方に回ったため、今回が念願のフル初出走となりました。裏方とランナーとでは景色が違って見えるのか、あるいは昨年と違って好天のため実際にそうだったのか、会場周辺の人の数が昨年以上に多く感じました。

仲間たちと談笑した後、競技場内の待機ゾーンへ。今年はフルとハーフでスタート時間に差を付けるなど、不慣れに荒天という特異な条件が重なって、不手際を指摘された昨年の反省から、様々な点で運営上の進化が見られました。先にスタートしたハーフも全く混乱なく、フルに出走するランナーも、それぞれ指定の場所で落ち着いて待機。創設に1から関わった大会出走ということで、感慨に浸るのかと思ったのとは裏腹に、このレースだけは失敗するわけにはいかないと緊張感が勝ってのスタートとなりました。

陸連登録ということでスタートロスはほぼゼロ。最初の1kmが4:23と、他の大会同様アドレナリンが出て、練習ではゼイゼイハーハーとなるはずのペースもきつくありません。想定ペースは4:40/km。これを陸橋が続く30km手前まで維持して、後は如何に落ち込みを抑えられるか。タフなコースと承知しているので、自己ベストは初めから狙わず、3時間30分以内での完走が目標です。

5km通過が22:54と想定通り、8km過ぎから空港手前の第一折り返しまでの約2kmの上り坂も4:50/km以内にまとめて10km通過も46分台と理想の展開です。その後小刻みなアップダウンも4:40~4:50/km程度で一見順調。しかし、このアップダウン、足には相当負担が掛っていました。練習コースのひとつではあるのですが、このコースをこのペースで走るのは初めてでした。徐々に疲労が溜まる下半身に、このペースどこまで維持できるのか不安になりました。

それが的中したのが、津軽海峡と並行して走る漁火通り。昨日はやや強い西風。海岸線はかなり強烈な向かい風となり、遂に19kmまでの1kmで5:00/kmを超えてしまいました。こんなに早く5:00/kmを超えるのは、これもタフなコースに失速した5年前の下関海響マラソン以来です。ここでペースアップできなかったのは、逆風のせいではなく、既に足にお釣りが無かったから。ラン仲間のY君に声を掛けられ抜かれたものの、既に追う力もなく、目標をサブ4に下方修正(弱)。ここからアンダーサブ4ペースの5:30/km以内で走れれば、今までのお釣りで大失速は避けられるとの計算で、ハーフ以降は普段のJOGペース。

気分は滅入りながらも、救われたのは周りの応援でした。地元開催ならではで、沿道から多くの知り合いに直接名前を呼んで応援してもらい、そのたび一瞬だけペースが上がりました。また、都市型マラソン特有の切れ目のない応援に加え、昨年と比較しても大幅に増えた、吹奏楽や踊りなど趣向を凝らした演出は、ランナーの力になるだけではなく、走る側にとっての楽しみにもなりました。思えば出走したランナーは約7000人ですが、ボランティアや沿道の応援を合わせるとはおそらくその倍以上。「函館で出来る訳はない。」と言われていたフルマラソンが、今、函館を代表する一大イベントとなっていることを実感すると、「念ずれば出来る」ものだと初めて走りながら感慨に浸りました。

2017hakomara2一方、足は着々と限界に近付き、ここからが勝負と当初想定していた国道5号線を跨ぐ陸橋手前で、早くも6:00/km台に突入。残り12km、巴大橋の往復を考えるとリタイヤもチラつきましたが、「さすがに言い出しっぺの私が途中でやめるわけにはいかねえ。」と、あとは気力だけ。巴大橋では、楽勝サブ3ランナーが対面で歩き出す姿を見て、想定していたより相当タフなコースであることを実感。私も2度と6:00/kmを切ることなく、完全失速状態。仲間が待つ第10エイドの緑の島だけ少し元気なふりをして、大会名物冷やし塩ラーメンを注入。最高気温が25℃を超え、日差しが体力を奪う中、巴大橋の復路は「歩けば楽になるぞ!」との悪魔のささやきとの闘い。

幸いだったのは、足が痙攣しそうでしなかったこと。止まらなかったので、後半大失速した割には3時間47分台とサブ4は堅守。結果に満足は無かったものの、終わってみれば楽しいフルマラソンでした。ゴール後は精魂尽き果て、スローモーションのように大の字にダウン。こんなに体力を消耗したフルマラソンは初めてだったかもしれません。創設に関わった私が言うにも何ですが、想像以上にタフなコース。ただ、平坦な高速コースだけがマラソンコースではありません。応援が途切れない都市型マラソン、海が見える道路や橋、有名な観光地を通る景観、函館ならではの食材が提供されるフードエイド、そして夏の日差しの中、前半、中盤、30km過ぎの後半にアップダウンがあるハードなコースはマラソンランナーのM性を擽ります。タフなコースであるとともに、とても魅力あるコースであることを自ら走って実感しました。

来年は今年のリベンジ。足を後半まで持たせるための対策を練り、50代フルの部での上位進出を狙いたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧