函館のスポーツ

2019年7月 8日 (月)

ファイナルハーフ

今から13年前、40歳のときに禁煙をきっかけに走ることを決意した私は、退路を断つため当時の函館ハーフマラソンにエントリーしました。若いころ一度ハーフマラソンを走ったことがあるとはいえ、今より10kg以上重かった最初の函館ハーフは2時間も切れずに撃沈。最後はフラフラになって歩くようにゴールしたのを覚えています。それが悔しくて翌年、しっかりと練習を積み、目標の1時間45分を切る1時間43分台。こうなると、もっと速く走れるのではないかと、どんどんマラソンという競技に嵌っていくのでした。

練習方法を研究したその翌年は1時間36分台。更に独学でランニングフォームなどを勉強して1時間30分台前半へ。函館ハーフではサブ90こそ達成できませんでしたが、ピークは1時間31分台。しかし、40代後半になると記録は頭打ち。そのうち主戦はフルになり、自らもハーフのみだった当大会にフルを創設する活動に没頭しました。

50歳まではフルもハーフもベストに近いタイムを維持できていましたが、51歳になった年に突如フルのタイムが平均3時間20分台が40分台へと20分もダウン。心拍数を上げるトレーニングがきつくなり、走った後のダメージも大きくなりました。トレーニングがてら走るハーフの大会も、1時間35分を超えるようになり、そろそろ全力で走るのは限界かと感じていた昨今。まだ、ある程度のペースで走れるうちに、最後に函館のハーフを全力で走ってみようとこのたび4年ぶりにハーフの部にエントリーした次第です。

2019hakomara3

フルハーフ同時開催となって4回目。オホーツク海高気圧の影響でこの時期としては冷涼な気候は過去最高のコンディション。東寄り風も、8km過ぎから、比較的強風となる海岸通りの約5kmが追い風となるハーフの部には有利に働くはずで、好記録も期待できます。目標は今の実力を鑑みて1時間35分。最初の1kmはスタートの勢いと下り坂で4分10秒台と予定通り。次の1kmで4分20秒台となるのも計算済み。3~4kmにかけては4:40/kmまで落ちるも、これは向かい風と若干の登りのせい。その後は概ね4:30/kmペースを維持しました。

10km通過は45分20秒。練習では出ないタイムですが、大会のアドレナリン効果でほぼ想定通り。この後15kmくらいまでは追い風にも助けられペースを維持できました。怪しくなったのは現ハーフコース最大の難所、青柳町折り返しまでの上り坂。一気にペースが落ちて多くのランナーに抜かれました。折り返し後、下りでペースアップしたものの、向かい風に変わってkm4分40秒台に。足が重くなり、目標に向かってペースを上げられません。18kmを過ぎるとついにkm5分オーバー。ハーフでkm5分を超えるのは余程の難コースでない限り、近年経験してません。ラスト2kmは抜かれる一方で、残念ながら目標に届かず1時間38分台。それでも年齢別の順位は思ったよりも良く、このタイムは加齢のせいだと納得しています。

走り終わった直後はダメージも大きく、ハーフでこんな状態じゃ、もうフルを全力ではしるのも無理かなと思っていましたが、一夜明けると来年はこの函館マラソンで、全力で走る最後のフルマラソンにしようと思う自分がいました。これで、ハーフマラソンを全力で走るのは生涯最後です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年7月 5日 (金)

速報 2019函館中体連野球

昨年のブログのアクセス数が多いので、出先の帰りに寄ってみました。

2019tyutairen

五稜郭 4-0 戸倉・尾札部

決勝は 本通 VS 五稜郭 現在、対戦中

追伸

2019tyuutairen2

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年7月 4日 (木)

函館マラソン2019まであと3日

フル・ハーフ同時開催となって4回目となる函館マラソンまであと3日に迫りました。7月第一日曜日開催の中では、最も平均気温が高くなる七夕の開催ということで、当日の気温が気になるところでしたが、幸い予報では平年並みかやや低めの最高気温21℃。ただ、この時期、日差しが出ると急に気温が上昇することもあるので、参加される方は熱さ対策に十分注意を払って下さい。

2019hakomara2

私はこのたびハーフへのエントリーを行いました。フルマラソンを導入した張本人であることを知る周囲は私に「何でハーフやねん」と突っ込みを入れること多数ですが、年々走力が衰える中、まだ一定のスピードで走れるうちに、思い入れのあるハーフのコースを全力で走ってみようと思いました。そして、これを全力で走る最後のハーフマラソンにしようと思っています。年齢的に心拍数を上げる走りがきつくなってきました。来年はフルに戻します。

お蔭様で函館マラソンの全国的な知名度も上がり、函館の一大イベントに成長しました。運営サイドの努力もあり、制限時間も当初の5時間から5時間半へ、そして更なる延長を目指しています。また、宿泊さえ確保できれば定員の伸びしろが確実であることもわかっており、市内宿泊キャパが大幅に増加する来年以降は、いよいよ1万人規模の大会へと検討が進められているところです。東京オリンピック選考レースとなるMGC出場予定者が10名以上も招待され、国際陸連公認コースともなった当大会。フル開催検討当初のもうひとつの夢、国際大会の選考レースにも近づいているような気もしています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年7月 1日 (月)

令和最初の夏・・・終焉

まだ、夏というには季節感に乏しい北海道函館ですが、全国に先駆けて始まった夏の高校野球函館支部予選は昨日終了し、南北海道大会へ進む3校を除いて、函館の高校球児の夏の甲子園への道は閉ざされました。

2019baseball

息子が所属する高校も、1、2回戦を快勝し、8年連続となる代表決定戦へ駒を進めたものの、昨秋延長戦で敗れた相手にまさかのコールド負け。投手が本調子ではなく、打線こそ3戦連続で2桁安打を記録しましたが要所を抑えられての完敗。支部2強と見られていたチームが別ブロックで対戦し、組み合わせ的には十分2年連続となる南北海道大会へ進めるものと考えていましたが、そう甘くはありません。息子も今大会での出番はなく、残念ながら不完全燃焼の夏となってしまいました。

ほとんどの高校球児の現役は2年と3ヶ月余り。入部してわずか1年少々で早くも最終学年となります。2年の息子もいよいよ集大成。つい先日まで少年野球をしていた子供が、いよいよ最後の夏に向けての戦いがスタートするわけです。新チームは絶対的エースが不在ながらそこそこ戦力は揃っており、伸び盛りの選手たちはどう化けるかわかりません。是非とももう一度円山球場へ、そして出来ればその先へ、私の夢もラスト1年となりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年6月18日 (火)

101回目の夏

おそらく、息子と私では時間の流れる感覚が2倍以上違うものと思います。なので、高校生の長い1年間はその半分以下。わずか数ヶ月前に昨年の3年生と夏の甲子園の予選を戦っていたのに、もう始まるのかといったイメージです。全国で一番最初に始まる101回目の夏の選手権大会函館支部予選は、早くもこの週末から開催されます。

2019bb

息子が所属する野球部は春の大会初戦でまさかのコールド負け。10番目の野手を争っている2桁番号の息子の出番もなく、あっと言う間に終わってしまいました。しかし、肘を痛めていたエースを温存しての結果だけに、選手はこれが実力だとは思っていません。優勝候補が偏った昨秋、今春とは異なり、初戦は練習試合で大きく勝ち越している相手、その先も力量互角ながら勝機は十分あると見ています。

息子の出番は微妙ですが、何とか昨年に続いて”北の甲子園”円山球場へ連れていってもらいたいものです。思えばプロスポーツより面白い、息子たちのスポーツ観戦を楽しめるのもあと1年。長男の少年サッカーに始まり約10年、残り4回の大会と子供の成長を、親も悔いなく楽しみたいと思っています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2019年6月10日 (月)

加齢との戦い ~やくもミルクロードレース~

40歳で走り始めた素人ランナーは、その後大会に参加するたびに記録を伸ばし、すっかりマラソンという競技に嵌ってしまいました。ハーフもフルも40代後半まで自己ベストを更新し続けましたが、このあたりで記録は頭打ち。51歳になって間もなく走った筑波マラソンで自己ベストに近いタイムで走ったのを最後に、ひと冬越すとハーフもフルも突如、記録が下降線を辿り始めました。

確かに、日々の練習でも心拍数が上がるトレーニングが辛くなり、10kmやハーフのタイムはもう伸びそうにないと感じていましたが、フルであればスタミナをつけて30kmから先の足を維持できればタイムはまだ更新できると思っていたのが甘くはありません。30kmの壁が25kmくらいに訪れるようになり、概ね3時間20分台で走れていたのが、何回走っても3時間40分台と突如20分も遅くなりました。これが加齢による衰えというものなのでしょう。

大会で走った後のダメージも年々激しくなり、引退の時期も近いと思う昨今。やめる前にまだキロ4分台で走れるうちに、ハーフを全力で走ってみようと、今年の函館マラソンはハーフの部にエントリーしました。トレーニングもインターバルやペース走といった心肺強化系のものを増やし、結果、10kmのトレーニングコースは昨年の平均より1分近く速く走れるようになり、1kmの全力も数年ぶりに3分40秒台を記録、最大摂取酸素量(VO2MAX)もこの1年半で最大を示すまでになりました。

2019yakumo

で、その成果を試すべく、昨日、ほぼ毎年参加している「やくもミルクロードレース」の10kmに出場しました。かつて、43分前後で走れていたのが、昨年、2年ぶり(一昨年はハーフにエントリー)に走ると45分台。再度45分以内を目論んでの挑戦です。ランニング専用ウォッチから記憶してある昨年の最初の1kmの入りは4分30秒台。突っ込みすぎないように配慮してたとはいえ、かつては4分少々で入っていました。結局、その後上げれずの凡走だったので、今年は最初からある程度飛ばしていこうと。

その1kmは4分16秒、最初の3kmは昨年より30秒のアドバンテージ。ただ、このやくもミルクロード、3kmから5kmが難所できつい上り坂となります。かつては4:40/km前後でカバーしていたのが、昨年は辛うじて5分を切るペース。そして今年は全く足がついていかず5分10秒台。ここで貯金を使い果たすと、後で知った後半5kmはほとんど昨年と変わらず、結局、昨年よりわずかながら遅いタイムでのゴールでした。

難コースとはいえ10kmを4:30/km以内で走れなくなり、これでは函館マラソンハーフの目標としている1時間35分以内も暗雲です。40代の頃の目標だったハーフサブ90(1時間30分以内)は既に夢の世界。やはり加齢には勝てないのか?

今年は函館マラソンでハーフを目一派走った後は、秋に抽選の結果待ちとなる四万十川ウルトラマラソン(60km)と岐阜県の揖斐川マラソンにエントリーしています。来年、函館のフルを目いっぱい走るのを最後に、タイムを求めるのはやめて、旅行がてらのファンラン、もしくは距離を求めてウルトラの世界に向かおうかと思っています。

まだ加齢と戦おうとしている自分がいます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2019年2月25日 (月)

函館マラソン2019エントリー開始

2019hakomaraフル・ハーフ同時開催となって4回目となる2019函館ハーフマラソンのエントリーが、本日21時よりランネットにて開始されます。この2年、宿泊施設確保難から遠方からの参加者が多いフルより、ハーフのエントリー数が多い状況となっていましたが、”お宿バブル”は当地も例外ではなく、昨年よりも大型ホテルが3棟増加しております。例年より宿が確保しやすくなっていることは間違いありません。とはいえ、500名限定の宿付き先行エントリーは分殺だったようなので、エントリーはお早めに。宿泊斡旋もJTBスポーツステーションにて同時に受付します。

さて、フル第1回大会では5時間だった制限時間は、年々伸びて今回は5時間30分。タイムに自信の無いランナーもだいぶ参加しやすくなりました。将来的には制限時間6時間、参加人数も1万人を目指しております。我々業界としては厳しい面もあるものの、市内ホテルはさらに4棟建設中。いずれ定員を増加しても遠方からのランナーも受入可能となることでしょう。

主催者サイドだった初年度を除く過去2回、フルで参戦していた私は、今年に限りハーフを走ろうと思っています。加齢のため、年々速く走れなくなってきており、kmあたり4分台で走れるうちに、ハーフを全力で走ってみようと思いました。おそらくこれが全力で走る最後のハーフになると思います。そのため、これから函館マラソンに向け、距離より心肺強化系のトレーニングの割合を増やし、自分の全盛期に近い1時間30分台前半と年代別上位を目標にします。

CS放送で取り上げられるなど、知名度も上がってきた函館マラソン。8000名の定員にどれくらいの早さで到達するか気になるところです。全国のランナー仲間の皆さん、数少ない7月の夏マラソン、そしてコースの大半が街の中心部という観光地の都市型マラソンに是非とも参戦下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年12月 1日 (土)

凌雲中跡地利用に一言

もう10日ほど前のことになりますが、国有地である旧函館凌雲中グランドが函館市に売却され、市は当面駐車場として整備するとの報道がありました。グランドが国有地だったということも初耳でしたが、駐車場として利用するという考えには大変失望しました。

確かに隣接する千代台公園は複数のスポーツ施設を抱えながら駐車場が不足していることは否めませんが、駐車場を作るのであれば、廃校となった凌雲中学校の校舎部分を解体して利用すればかなりのスペースが確保できるはずです。一方、グランドは運動公園の一部として多種多様な利用方法が考えられます。

以前も記事にしましたが、現在、千代台のテニスコートは10面しかなく、最低16面必要とされる全道レベルの大会が誘致出来ない状況にあります。凌雲中のグランドはテニスコートにも隣接し、新たにコートを作るには最適の場所にあるといえます。テニスは幅広い年齢層に楽しまれ、また、硬式と軟式があって、それぞれに小中高大社会人シニアと全道全国レベルの大会が存在します。その一部を函館に持ってくることができるだけで、大変大きな経済効果を期待できることは、フットボールパークや函館アリーナの建設効果をみれば明らかです。あ~もったいない。

2018ryouun2
また、千代台公園内にあるオーシャンスタジアムにはサブグランドがありません。凌雲中のグランドに接するところにかろうじてキャッチボール程度が可能なスペースがありますが、この部分を凌雲中グランド方向に拡大し、第2球場とは言わなくとも少年用野球場くらいのスペースは確保できます。各種競技のウォーミングアップに使える他、少年野球大会やソフトボールなどにも利用されるでしょう。テニスコートプラス6面&サブグランド拡張しても、まだまだ駐車場スペースは確保できるはずです。

人口減少が続く函館で今必要なのは如何に交流人口を増やしていけるか。そして空洞化する都心部を如何に活性化させていけるか。市の中心部にある千代台公園は、その整備方法によって両者の有効な解決策になりうるのです。国有地売却と言う絶好のチャンスを、短絡的に駐車場整備に利用してほしくはありません。同意できるかたは、是非声を上げて下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年11月13日 (火)

オーシャンスタジアム改修か?

来年度、函館でのプロ野球開催が無くなるというショッキングなニュースが流れて1週間。今日の北海道新聞には問題の根源となった函館オーシャンスタジアムの改修が検討されているとの記事が掲載されていました。

2018oshanかつては毎年開催されていたJリーグも、そして今度は一時は2日間開催されていた市民の数少ないスポーツ観戦娯楽日ハム戦も、スタジアムの問題で生で観ることができなくなってしまいました。当初の記事ではグランドレベルの問題が指摘されていましたが、伝え聞くところによれば最大の要因は収容人員。以前記事 にもしましたが、オーシャンスタジアムの収容人員は公称2万人ということになっていますが、現実的には1万2千人程度。これでは、空席が目立つ平日でも2万人近く集まる札幌ドーム開催との収益の差は歴然です。

もうひとつはナイター設備。年に1度程度のプロ野球開催のためにそこまでと言うなかれ。本州では地方球場のナイター設備は当たり前。県庁所在地クラスではプロ野球のホームグラウンド並みの球場も珍しくありません。道内でも温暖で、球場を使用できる期間が長い函館、そして交通アクセスから宿泊キャパまで問題の無いこの街なら、条件が揃えば2日間開催、プラスアルファのイベントも夢ではありません。事実、昨年球場を拡張した弘前ではプロ野球のジュニアオールスターも開催されました。

箱ものに税金を投入することに異論はあるかもしれませんが、集客力のあるもの、特にスポーツ関連施設には、自治体は可能な限り積極的に投資すべきだと思います。無駄遣いではないかとの意見も多かった函館アリーナは、現在スポーツのみならず多くのイベントが開催され、函館の交流人口増加に一役も二役も買っています。観光とスポーツ、この二つの娯楽は人口減少を補う地方都市の救世主です。

2018jfa野球場のみならず、陸上競技場もJ1開催基準にしてほしいところ。それは無理としても、芝生グランドが追加されるフットボールパークの一角に、5000名程度集客できるスタンドを建設し、JFL開催基準の設備にできないものでしょうか。そうすれば、函館にJチーム創設の機運が高まるだけではなく、小学生から社会人まで、全国クラスの大会も誘致可能となるはずです。ちなみに先日、千代台陸上競技場では、JFLの更に下、JFA地域チャンピオンずリーグの1次ラウンドが行われ、数は少ないものの全国各地からJFL昇進を掛けるチームの応援団が自らの地域のチームを応援していました。

費用がネックになることは百も承知ですが、国費の補助を得る方法は多数あるはずだし、市民が求めることにこそクラウドファンディングなどを利用しても良いのではと思う次第。まずは、函館オーシャンスタジアムを、プロ野球を開催するに相応しい立派な球場に改修し、市民も道内外のファンも集える、ランドマーク的なボールパークにしてほしいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年10月15日 (月)

2018大沼グレートラン

函館から北へ車で30分余り、大沼湖畔1週約14kmを走る大会で、ここ数年この時期フルやハーフの大会を入れていたので4年ぶりの参戦となりました。その4年前までは3年連続59分台。近年、加齢とともに明らかに走力が落ちてきたので、どれくらい衰えているかを確認するには丁度良い?大会でもありました。

2018oonuma1快晴微風、気温も15℃程度と絶好のコンディション。大迫選手の日本記録に感化され、一度は普段履きに”格下げ”していたナイキの厚底シューズを大会で初めて着装。レースモデルより少し重いので、長い距離では後半負担になりそうながら、これくらいの距離なら未知の力を出してくれるのではないかという妄想です。

最初の1kmの入りは4:05。練習では最近出せないタイムで、4年前の入りとほぼいっしょ。ナイキズームフライ効果か?と思ったのも束の間、次の1kmは4分20秒台に落ちました。4年前は4分そこそこのタイムを3kmまで維持していました。一時4分40秒近くまで落ちましたが、5km過ぎのややきつい上り坂を超えてからは概ね4分30秒/km前後。今の実力からすれば及第点です。10kmを目標のひとつだった45分以内で通過し、その後はほとんど抜かれることなく落ちてきた前のランナーを捉えていきました。

これはいいかも?と思ったものの、残りの距離とラップから60分オーバーは確実。後で確認してみると、4年前と比較して1kmあたりのラップが確実に10秒ほど遅くなっていました。ゴールは結局1時間2分。4年前より2分以上遅いゴールで、予定通り衰えを実感した次第。

ただ、実質13.9kmのコースを4:30/km以下で走りきり、今の力は出せて満足。来月エントリーしている滋賀県でのフルマラソンは、ファンランではなく、2年ぶりのサブ3.5(3時間半以内)を目標にすることに決めました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧