函館イベント情報

2019年7月 8日 (月)

ファイナルハーフ

今から13年前、40歳のときに禁煙をきっかけに走ることを決意した私は、退路を断つため当時の函館ハーフマラソンにエントリーしました。若いころ一度ハーフマラソンを走ったことがあるとはいえ、今より10kg以上重かった最初の函館ハーフは2時間も切れずに撃沈。最後はフラフラになって歩くようにゴールしたのを覚えています。それが悔しくて翌年、しっかりと練習を積み、目標の1時間45分を切る1時間43分台。こうなると、もっと速く走れるのではないかと、どんどんマラソンという競技に嵌っていくのでした。

練習方法を研究したその翌年は1時間36分台。更に独学でランニングフォームなどを勉強して1時間30分台前半へ。函館ハーフではサブ90こそ達成できませんでしたが、ピークは1時間31分台。しかし、40代後半になると記録は頭打ち。そのうち主戦はフルになり、自らもハーフのみだった当大会にフルを創設する活動に没頭しました。

50歳まではフルもハーフもベストに近いタイムを維持できていましたが、51歳になった年に突如フルのタイムが平均3時間20分台が40分台へと20分もダウン。心拍数を上げるトレーニングがきつくなり、走った後のダメージも大きくなりました。トレーニングがてら走るハーフの大会も、1時間35分を超えるようになり、そろそろ全力で走るのは限界かと感じていた昨今。まだ、ある程度のペースで走れるうちに、最後に函館のハーフを全力で走ってみようとこのたび4年ぶりにハーフの部にエントリーした次第です。

2019hakomara3

フルハーフ同時開催となって4回目。オホーツク海高気圧の影響でこの時期としては冷涼な気候は過去最高のコンディション。東寄り風も、8km過ぎから、比較的強風となる海岸通りの約5kmが追い風となるハーフの部には有利に働くはずで、好記録も期待できます。目標は今の実力を鑑みて1時間35分。最初の1kmはスタートの勢いと下り坂で4分10秒台と予定通り。次の1kmで4分20秒台となるのも計算済み。3~4kmにかけては4:40/kmまで落ちるも、これは向かい風と若干の登りのせい。その後は概ね4:30/kmペースを維持しました。

10km通過は45分20秒。練習では出ないタイムですが、大会のアドレナリン効果でほぼ想定通り。この後15kmくらいまでは追い風にも助けられペースを維持できました。怪しくなったのは現ハーフコース最大の難所、青柳町折り返しまでの上り坂。一気にペースが落ちて多くのランナーに抜かれました。折り返し後、下りでペースアップしたものの、向かい風に変わってkm4分40秒台に。足が重くなり、目標に向かってペースを上げられません。18kmを過ぎるとついにkm5分オーバー。ハーフでkm5分を超えるのは余程の難コースでない限り、近年経験してません。ラスト2kmは抜かれる一方で、残念ながら目標に届かず1時間38分台。それでも年齢別の順位は思ったよりも良く、このタイムは加齢のせいだと納得しています。

走り終わった直後はダメージも大きく、ハーフでこんな状態じゃ、もうフルを全力ではしるのも無理かなと思っていましたが、一夜明けると来年はこの函館マラソンで、全力で走る最後のフルマラソンにしようと思う自分がいました。これで、ハーフマラソンを全力で走るのは生涯最後です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年7月 4日 (木)

函館マラソン2019まであと3日

フル・ハーフ同時開催となって4回目となる函館マラソンまであと3日に迫りました。7月第一日曜日開催の中では、最も平均気温が高くなる七夕の開催ということで、当日の気温が気になるところでしたが、幸い予報では平年並みかやや低めの最高気温21℃。ただ、この時期、日差しが出ると急に気温が上昇することもあるので、参加される方は熱さ対策に十分注意を払って下さい。

2019hakomara2

私はこのたびハーフへのエントリーを行いました。フルマラソンを導入した張本人であることを知る周囲は私に「何でハーフやねん」と突っ込みを入れること多数ですが、年々走力が衰える中、まだ一定のスピードで走れるうちに、思い入れのあるハーフのコースを全力で走ってみようと思いました。そして、これを全力で走る最後のハーフマラソンにしようと思っています。年齢的に心拍数を上げる走りがきつくなってきました。来年はフルに戻します。

お蔭様で函館マラソンの全国的な知名度も上がり、函館の一大イベントに成長しました。運営サイドの努力もあり、制限時間も当初の5時間から5時間半へ、そして更なる延長を目指しています。また、宿泊さえ確保できれば定員の伸びしろが確実であることもわかっており、市内宿泊キャパが大幅に増加する来年以降は、いよいよ1万人規模の大会へと検討が進められているところです。東京オリンピック選考レースとなるMGC出場予定者が10名以上も招待され、国際陸連公認コースともなった当大会。フル開催検討当初のもうひとつの夢、国際大会の選考レースにも近づいているような気もしています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2019年2月 8日 (金)

厳冬期のイベントIN函館

最強寒波の来襲で、本日正午時点で氷点下10℃を下回っている函館。朝晩に氷点下10℃を下回ることはあっても、日中でのこの気温、函館市民でもそう経験することはありません。昼休みに出掛けたいつも混んでる蕎麦屋も入店時の客は私一人、銀行のATMも全く並ばずに利用できました。あまりの寒さに市民は外出を避けているようです。

2019hanabi北国の市民も外出をはばかるような厳冬期の函館ですが、札幌雪祭りと2月の連休に合わせ、本日より真冬のイベントがピークを迎えます。今年で5回目を迎える「函館海上冬花火」は、今日、明日、明後日の3日間、夜8時より約20分間、1日あたり約2000発の花火が函館港で打ち上げられます。寒さは厳しいものの幸い雪は少ない見込みで、予定通りの打ち上げとなりそうです。ご覧になる方は”最強”の防寒でお出掛け下さい。

また、明日はこの花火に加え、元町公園にて「ひかりのガーデン」が初めて開催されます。和紙とLEDライトで作ったスカイランタン100個を打ち上げ、夜空を彩るイベントを中心に、50mものチューブスライダーや温かい食べ物も会場で提供されます。更に函館朝市では「光の夜市」と題し、夜の”朝市”が開催されます。様々なイベントや振る舞いサービスもあるようなので、寒さに負けず足をお運び下さい。当ホテルは目の前が朝市、かつ花火観覧スポットまで徒歩5分程度なので、この時期のお泊りには好都合。お蔭様で明日は満室です。

函館市民でさえ震え上がる最強寒波の中で行われる厳冬期のイベント。北海道の冬を楽しもうとしているお客様や外国人観光客にはむしろ良いのかもしれません。一方、函館市民でさえ体験したことのないような寒さの中、これらのイベントに多くの仲間が関わっています。観る方も主催する皆様も、くれぐれも防寒対策は怠ることのないようイベントを楽しんで下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年10月12日 (金)

来年のGWは10連休

私達の業界ではかなり前から話題に上っていましたが、来年のゴールデンウィークが暦上10連休となることがほぼ確実となりました。

2019gw

これは2019年に限り、皇太子が即位される5月1日を祝日とするためで、”祝日法”により祝日と祝日に挟まれた4月30日と5月1日も休日となり、土曜休日の学校や職場は4月27日から5月6日まで10日連続の休みとなります。

函館はこの時期は桜の季節。平年より余程早まったり遅れたりしなければ、満開のソメイヨシノが楽しめるはずです。地震の風評で大きなダメージを被った今年9月のマイナスを、来年のGWに少しでも取り戻せれば・・・ようやく希望の持てるニュースです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年9月12日 (水)

甲子園への道

胆振東部地震から間もなく1週間が経過しようとする中、函館はほぼ普段の日常を取り戻しています。本州との導線が太いせいか、道内他地域より物資の流入も安定し、交通網にも乱れはありません。今週以降に行われるイベントや学会、大会も中止になることなく、予定通り行われそうです。

2018base2地震と雨による順延で2日程遅れはしましたが、高校野球の秋季大会函館支部予選も昨日から開催されています。夏の南北海道大会先発出場メンバー中、バッテリーを除く7名が残る息子が所属する野球部は、夏に続く全道大会を狙う優勝候補の一角です。しかし、2校の出場枠を決める抽選で、我がチームのブロックはこうも偏るものかと思うくらいの優勝候補勢ぞろい。甲子園を目指して、支部予選初戦から息を抜けない戦いとなりました。

厳しいレギュラー争いの中、一桁番号を頂いた1年生の次男坊ですが、事実上投手交代の際の守備要因、もしくは代打の切り札といった10番目の野手。それでも試合に使ってもらえるので、ベンチ外だった夏以上に観る方もテンションが上がります。

初戦の相手は春も夏も当たり1勝1負だった実力校。このたびも接戦となり、試合終盤代打で出場した息子は切り札炸裂とはならず延長戦へ。両校チャンスにあと1本が出ず、促進ルール突入直前の延長12回裏、押し出し四球での辛勝という結果でした。夏のチームがほぼ残る当方に対し、好投手はじめ大きくメンバーが変わる相手に対し、少々気の緩みがあったのかもしれません。それにしても、真剣勝負のトーナメントの初戦というのは難しいものだと感じた次第です。

高校野球で普通の学校が勝ち進む可能性が高いのは、有力校もチームが完成していない秋の大会。うまくいけば21世紀枠というご褒美で、甲子園も夢ではないと本気で思って臨んでいる今大会。そんな夢も、初戦で途絶えてもおかしくない戦いでした。トーナメントはまさしく紙一重。一方、このような試合をものに出来るチームが、トーナメントを勝ち上がっていけるものだとポジティブに考えています。

これから当たる相手はすべて優勝候補。不幸中の幸いで、順延のお蔭で出張と重なっていた次の試合も観戦することができるようになりました。たかが高校野球。本業の先行きが懸念されるなか、最高の気分転換になっていることは間違いありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年9月 3日 (月)

函館秋のイベント情報

昨日行われた秋のバル街情報を含め、本当は先週記事にするつもりだったのが、多忙の折遅くなってしまいました。今月から来月にかけて、函館の主だったイベントを紹介します。詳細は情報源となっているHPへリンクさせますので、興味のある方はご覧になって下さい。

今週末は函館最大の食のイベントが開催されます。

9月8日(土)、9日(日) はこだてグルメサーカス2018

神社のお祭りも観光資源?。外国人にPRしたらおもしろいかも。

9月7日(金)~9日(日) 湯倉神社例大祭

9月14(金)~16(日) 亀田八幡宮例大祭

電車好きのお子様必見。連休に来函されるご家族連れには嬉しいイベントです。

9月15日(土)~17日(月) カネモリトレインフェスティバル

北海道150年を記念して五稜郭公園でライブが開催されます。

9月15日(土) 山﨑まさよしQuartet Special Live in 五稜郭

9月17日(月) スターダスト☆レビュー in 函館・五稜郭

函館市民にはすっかり浸透しています。海外では観光資源になっている文化イベント。

9月28日(金) はこだてカルチャーナイト

香雪園も今や函館を代表する観光スポットになりました。

10月20日(土)~11月11日(日) はこだてMOMI-Gフェスタ

函館アリーナの恩恵!ビッグアーティストも呼べるようになりました。

10月27日(土) Mr.Children Tour 2018-2019

この秋、函館にお越しになる皆様。日程が合えばこれらのイベントに足を運んでみて下さい。さすがにミスチルはチケット次第?

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年8月25日 (土)

GLAYライブ無事開催

台風から変わった二つの温帯低気圧の影響で、初日の開催が危ぶまれていたGLAY野外ライブは、本日14時30分過ぎから無事開催されています。始まった当初は霧雨が混じり、結構な強風も吹いていましたが、現時点では日差しも出始め、気温も適温、まずまずの条件ではないでしょうか。

2018glay8会場となっている「緑の島」の”対岸”側にある青函連絡船摩周丸が係留されている埠頭には、老若男女100名は下らない無料観覧者が聴き入っていました(写真:会場は500m以上先ですが)。折からの強風が幸い?し、音は思った以上にはっきりと聞こえており、函館駅に近い当ホテル のここ事務室でも音楽が聴き取れます。ホテル屋上にある駐車場に上ってみると、思いの外はっきりとステージを望むことができ、ちょっとした穴場かもしれません。

少し残念なのは、札幌と函館を結ぶ特急が、温帯低気圧の影響で昨日午後から本日の午前中まですべて運休となってしまいました。他の交通手段を使って来れたファンは良いのですが、GLAYライブと北海道マラソンで往復ともほぼ満席だった列車の運休は少なからぬ影響があったものと思われます。当ホテルにも数軒の当日キャンセルが発生しました。

それでも、今日だけで2万5千人近くが楽しみにしていたライブが無事開催されたのは何よりだと思います。明日は今日よりも良い天候の下、2日目のライブが行われるはずです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年8月24日 (金)

GLAYと台風(2)

天気図を気にしていると、予報は刻々と変わるものであることがよく分かります。一時は北海道に上陸することなく、日本海を北上する予報だった台風20号は函館を直撃するコースに進路を変えました。一方、一時は気にしなくて良いコースを辿るはずだった台風19号も週末の天気に影響を与えそうな気配となってきました。

2018glay7幸いなのは、台風が当地に接近する時間が当初の予報より早くなり、最も影響が出るのは今日の夕方から深夜にかけてとなりそうなこと。どうやら、多くのファンが気にしていた明日のGLAY野外ライブが開催される時間帯は、今のところではありますが雨風とも治まっている予報となっています。

関係者によると、明日の午前7時段階で函館地方に暴風や大雨の警報が出ている場合はライブが中止になるとのことでしたが、台風の通過が早まったことでこれも避けられそうです。20号通過後の19号から変わるであろう温帯低気圧と前線の居所が気になるところですが、ライブの開催自体は問題なさそうです。気温も暑すぎず、肌寒くもなく。雨さえ降らなければ、むしろ良い環境となるのではないでしょうか。

函館にとっては数年に一度のビッグイベント。訪れる数万人のファンには是非とも良い思い出を創ってほしいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年8月22日 (水)

GLAYと台風

7月末から8月初めの連続真夏日で、今年の夏は暑いと思ったのも束の間。その後は気温も下がり曇天続き。テレビで連日報道される西日本の酷暑とは裏腹に、北海道は冷夏とは言わないまでも、夏空とは縁遠くなっています。ようやく気温が回復してきたと思ったものの、これはダブル台風の影響によるもの。今朝、函館では短期的に集中豪雨があり、早朝、雨音と雷で目が覚めた市民も少なくなかったことと思います。

さて、今、私の周辺で一番の話題は、週末に迫ったGLAYライブ当日の天候。数日前から、予報では丁度当地に台風が接近しそうな様相でした。初めは台風19号が、日を追って、台風20号の動き気が気になっているところです。

2018glay6最新の予報では、20号は当初の予報より西に北に進路を移動させており、現在の予報円の中心を通った場合、GLAYライブ初日の開演時間には既に台風は通過しているはずで、すくなくとも台風本体の影響は避けられそうです。ただ、当日、朝の飛行機で当地へ向かう予定をたてている方は、台風の進路によっては欠航となる可能性も否定できないので、対策を考えていた方が良いかもしれません。

GLAYのTERUは晴れ男とのこと(前回野外ライブ2日目雨に見舞われましたが)。何とか台風を吹き飛ばし、好天の下、凱旋ライブを成功させてほしいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年8月17日 (金)

再びGLAY色に染まる街

函館出身のロックバンド、GLAYによる2度目の凱旋野外ライブまであと1週間となりました。思えば5年前、私はライブサポート委員会の委員長として多忙を極めていた一方、メンバーの一人と対面したり、当日短時間ながら舞台袖でライブを観れたりと良い思いもさせてもらいました。感覚的には2年前くらいのイメージです。このたびは特段の役割も役得もなく、純粋にライブのために当地を訪れる数万人のファンをお迎えしたいと思っています。

さて、前回同様GLAYライブを前に、聖地函館はGLAYの露出が増殖しています。

これは函館駅の巨大ポスター。

2018glay5
GLAYラッピング電車も登場。

2018glay1
2018glay3
当ホテル前「開港通り」の街路灯にはフラッグが。会場となる「緑の島」まで連なっています。

2018glay2
もちろん当ホテルでも。

2018glay4
前回と異なり、新幹線が開通していることから仙台あたりからの日帰りも可能ではありますが、函館市内に宿を取れた幸運な皆様、そして当ホテルにご宿泊されるほんの一握りの皆様、ライブとともに聖地函館を堪能して下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧