函館イベント情報

2022年12月30日 (金)

展望2023

今年も残すところあとわずか。この1年、当地観光業界を振り返ってみると、未だコロナ前の状況には遠く及ばないものの、過去2年と比較すると明らかに復調の気配を見せ、特に全国旅行支援が始まった10月以降は目に見えて活気が戻ってきたように感じられます。年末を迎えている函館駅前も、帰省客以外で賑わう姿は実に久しぶりではないでしょうか。(写真は数日前の函館駅前。外国人の姿も目立つようになってきました。)

2022eki

年初にも記しましたが私の経験上、良い時も厳しい時も続いて2年。絶対水準に関係なく、大底から少しでも回復傾向が見えると、心理的にはものすごく良くなったように感じられるものです。インバウンド、特にFITと呼ばれる個人旅行が戻るのは当面先と覚悟しておりましたが、外国人宿泊客のすべてがFITである当ホテルでは、今月全客数の約1割ほどまで回復してきました。私の予想は良い方に外れました。中国の感染拡大により香港からの航空便の運航が規制されるとの報道があった直後、年末年始のインバウンド予約数件がキャンセルになるなど、まだコロナ禍を引きずる側面はあるものの、世界を見渡せば、この渦中にあるのは日本と中国だけの様相です。来年、更に悪化するようなことは無いものと信じます。早ければ2年以内にコロナ前の水準、全客数の3割程度までインバウンドは回復してくるのではないでしょうか。

少々気になるのは世界の景気。コロナに起因した過剰流動性は、世界各国の金利引き上げによって逆流し始めています。これは来年間違いなく実体経済に影響を与えるはずです。景気低迷程度の表現に治まれば、抑制され続けてきた国内観光需要への影響は軽微でしょうが、恐慌クラスの落込みとなったら話は別です。リーマンショックからの回復期に東日本大震災が襲ったように、回復の足かせになる可能性も否定できません。

それでも最悪期は脱しているはずです。今年、北海道ではインターハイの全国大会が行われ、一部競技は当地でも開催されます。併せて比較的大きなコンベンションも予定されている夏場は、ここ数年にない賑わいをみせるものと予想しています。これらのイベントがコロナで中止に追い込まれるようなことはもう無いでしょう。来年は、V字回復とはいかないまでも、試練の中にも回復基調を辿る、そんな1年を想定しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月22日 (木)

【はこだて割&全国旅行支援】併用プラン

本日より全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE!割」の1月10日から3月31日宿泊分の予約受付が開始されました。割引率が従前の40%から20%に下がり、北海道応援クーポンは電子化されて一人平日2000円、休前日1000円の提供となります。

2022doumin10

しかし、当ホテルでは1月10日から1月31日に限り、はこだて割との併用プランを設定し、対象となるプランは60%OFFで提供しております。例えば、シングルルーム素泊まりの場合、宿泊客のメリットが最大となるよう税込5000円とし、併用割引を適用すると2000円で泊まることができ、平日であれば2000円分のクーポンが付くので実質無料です。

割引適用には、従来通り新型コロナワクチン3回接種済証もしくは陰性証明と本人確認の提示が必要です。宿泊日数は最大3泊まで。当ホテルで販売している「函館市プレミアム付商品券」を利用すると、泊まるとプラスにもなる大盤振舞いです。

おそらく、税金を導入したこのような宿泊優遇は今後二度と無いものと思われます。個人的には少々疑問を感じておりますが、使わない手はありません。ご予約は当ホテルウェブサイト経由限定で、素泊まりと函館朝市提携店舗での朝食付プランを用意しております。この間、ビジネス及び観光で函館にお越しの予定のある皆様、もちろん函館市民も歓迎です。ご予約を心よりお待ち申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月 1日 (木)

冬襲来

今朝、目を覚まして窓の外を見ると一面の銀世界。一昨日の最高気温が18℃もあったのが嘘のような変りようです。月替わりとともに、突然、本格的な冬がやってきました。もっとも、この地に住んでいるとこれも珍しいことではなく、毎年、積雪とともに冬の訪れを感じることになります。

2022xmas3

函館の12月といえば「はこだてクリスマスファンタジー」。今日はオープニングに相応しく、雪の舞う中ツリーが点灯されることになりそうです。過去2年間は新型コロナのため、名物でもあったスープバーを行っていませんでしたが、今年は規模は縮小されるものの無事開催に至りました。ステージイベントは今年も中止にはなりますが、温かいスープを嗜みながら、ツリーの点灯と花火を楽しんではいかがでしょうか。

はこだてクリスマスファンタジーは今日からクリスマスまでの25日間、金森ベイエリアにて開催されます。詳しくは公式ウェブサイトにて。尚、当ホテルでも、スープバー前売り券を販売しております。お泊まりのお客様は事前購入がお得です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年11月25日 (金)

延長!全国旅行支援

本日午前中、報道発表とほぼ同時に通達があり、全国旅行支援(北海道はHOKKAIDO LOVE割)が延長されることを伝えられました。

2022doumin8_20221125135701

従来、12月20日宿泊分までだったものが、12月27日まで割引が適用されます。また、日程は未定ながら、割引率等を減額した上で、年明けにも再開することが決まったようです。コロナ感染の拡大で予約が伸び悩み、予算が余ったせいなのかわかりませんが、とりあえず我々業界としてはありがたいことです。

一部に便乗値上げをしている施設があるとの批判もありますが、当ホテルの場合、利用者のメリットが最大となるよう、特に平日素泊まりの場合、ほぼすべての客室で一人当たりの単価を税込み5000円とし、2000円の割引と3000円のクーポンにより実質無料で宿泊可能です。おそらく、これほどの宿泊支援は年内が最後。幸い、予算の追加申請が通り、当ホテル分の全国旅行支援枠はまだ十分に余裕がございます。

一部宿泊予約サイト経由でもまだ予約可能ですが、当ホテルウェブサイト経由もしくはお電話でご予約の場合、確実に全国旅行支援の特典が得られます。尚、割引適用にはワクチンの接種証明(3回)もしくはPCR等での陰性証明と本人確認の提示が必要です。

12月は週末を含めまだ客室にも余裕がございます。全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE !割」を利用して「はこだてクリスマスファンタジー」をご覧になっては如何でしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年11月 7日 (月)

紅葉ピーク!函館市内

現在、函館市内は紅葉の見頃を迎えています。

2022mommiji3

昨日、自宅から徒歩圏内にある紅葉の名所「香雪園」まで散歩に出かけました。園内の紅葉は今が正にピーク。桜でいえば年に数日しかない満開といったところでしょうか。鮮やかな黄色や赤に、針葉樹の緑が混ざる絶景は今しか観ることができません。

2022momiji2

桜の開花が早くなっているのと同様、気候の変化でかつては10月下旬にピークを迎えていたように思う市内の紅葉の時期も、少し遅くなっている気がします。香雪園で行われていた「モミジフェスタ」も、実は昨日が最終日。最高の見頃の中、夜間のライトアップが終わってしまうのももったいないように思えます。今後は開催時期の変更も検討しなければならないかもしれません。

2022momiji1

あと数日は楽しめそうな函館市内の紅葉。市内の見所は少なくありませんが、特に香雪園の紅葉は、五稜郭公園の桜同様、全国の名所に劣らない価値のあるものと信じて疑いません。市民も、今函館を訪れている観光客の方も、足を伸ばしてみては如何でしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年10月24日 (月)

キハ281系ラストラン

全国旅行支援が始まって、一番最初に満室となったのが先週土曜日。割引が開始されて2週間後の週末あたりが、丁度予定を立てやすいのであろうと勝手に思っていました。私は、とあるイベントを侮っていました。

日曜日の昨日、函館⇔札幌間の特急に「スーパー北斗」として長年使用されてきた”キハ281系”が、老朽化によって最後の走行となるということで、私は見送りの旗振り役としてイベントに協力することが決まっていました。かつて、札幌までの鉄路が3時間を切っていたころにはよく利用していた振り子列車で、仕事とは別に多少は感慨深いものもありました。

2022kiha2

驚いたのは、そのために訪れた函館駅の混み具合です。旅行支援が始まったとはいえ、これはコロナ前の繁忙期の姿です。よく見ると、多くの人達はカメラを持って何かを写しています。列車の発着を示す電光掲示板です。そこでようやく気が付きました。このイベントのために人が集まっているのだと。

2022kiha

撮り鉄でも乗り鉄でもない私にとって余りにも認識不足だったのは、このようなイベントは彼らにとって大変貴重な機会であり、想像以上に集客力があるものだということです。ホームには更に多くの人達が列車にカメラを向けており、8両編成に設定された”最終列車”は満員御礼。聞くところによると、到着する札幌駅のホームは危険を感じるほどの鉄道ファンが集まっていたとのことです。

こんなことなら、ラストランイベントを数回に分けて行ったら良いのに・・・と思うのは都合良すぎか。マラソンもそうですが、コアなファンはいるものです。ふうむ。新たな集客イベントが、私の頭の中に浮かんだところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年9月17日 (土)

再開【はこだて割】予約受付開始

いつ始まるかわからない「全国旅行支援」に先駆け、函館市内の宿泊施設では、全国民を対象に宿泊価格が最大半額となる【はこだて割】の予約受付が開始されました。

2022hakowari3

年末年始を除く11月1日から来年1月31日までが対象で、最大3泊までが適用となります。尚、【はこだて割】適用には新型コロナワクチン接種済証(3回)もしくはPCR検査等の結果通知書、及び宿泊者全員分の本人確認(免許証、保険証など)の提示が必要です。チェックイン時に記入して頂くものもあり、少々(いやけっこう)お手数をおかけしますがお許し下さい(函館市に改善を求めましたが、受入れられませんでした・・・)。詳しくは【はこだて割HP】で。

当ホテルにおいても、ホテル公式HP予約限定で受付を開始しています。シングルルームのルームチャージが2200円(税込)になるなど大変お得です。助成金額の上限は5000円ですが、当ホテルでは一部のプランを除き、すべての室タイプが半額の対象となるよう設定しています。各施設に与えられた予算に限りがあるため、到達次第終了となります。予約はお早めがお薦めです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年9月 2日 (金)

3年振り開催「はこだてグルメサーカス」

この週末、道内でも有数のグルメイベント「はこだてグルメサーカス」が2019年以来、3年振りに開催されます。コロナの余波で出店数こそ減少するようですが、函館市内だけでなく、函館と関わりのある北海道内外の有名店が、駅前グリーンプラザを中心とした会場に軒を連ねます。

2022gurume

当初は市民が集まる食のイベントでしたが、回数を重ねるにつれ知名度も上がり、観光イベントとしても定着しつつあるところ、この2年間は新型コロナの影響で中止を余儀なくされていました。そんな訳で、コロナ前はこのイベント開催時は道外からの参加業者や観光客で当ホテルはいつも満室だったものが、今年は少々空きも目立ちます。また、企業、学校単位ではまだ様々な制限が掛けられているようで、当ホテルでもスポーツ関係の遠征で確保していた客室が直前になってキャンセルになったりしています。

ただこれに限らず、コロナの感染が治まらない中でも全国各地で多くのイベントが開催されるようになっているのは、ようやくこの国も脱コロナに向けて動き出している証拠です。当ホテルでも個人客中心にこの夏、以前の7割程度まで客足が回復してきました。明日からのグルメサーカス、幸い天候にも恵まれそうです。市民に限らずまだ遅くはありません。是非、この週末、函館にお越しになり、全国のグルメを堪能して下さい。詳しくは「はこだてグルメサーカス公式HP」で。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年8月 6日 (土)

回復途上

3年振りの開催となった函館港まつりの期間中、函館駅周辺は雨で花火大会が順延となった初日も含め、本当に久しぶりに多くの人で賑わいました。一方、当ホテルの8月の入込は、ほぼ満室となったのが花火大会開催予定だった1日と土曜日の今日、この先では8月11日から13日といったところ。コロナ前の例年であれば、8月1日から15日まではほぼ100%に近い稼働率となるため、比較すると7割程度の入込みでしょうか。

2022minato

昨年、一昨年の夏、そしてGW明けがあまりにも低い稼働だったため、それに比べると大夫戻ってきたという感覚ではありますが、まだまだ回復途上。7月中旬くらいまでは、8月中の予約は順調にみえていたのですが、第7波と言われる感染拡大が報道されるようになると途端に予約の伸びが止まりました。7月末に予定されていた大学の陸上大会も急遽中止となり、大量のキャンセルも発生して少々意気消沈しているところです。

函館に限らず、この夏多くのイベントが再開され、今日からは夏の甲子園も鳴り物入りの応援で開催されています。コロナに対する世間の感覚も一頃とは異なり、怖れるばかりではなくなってきました。不安を煽る報道は続きますが、多くの人達の周辺に感染者が増え、そのほとんどすべてが風邪以下の軽症なので当然の結果でしょう。

後は多くの国々が既に取り入れているように、政治がこのウイルス性の風邪を特別なものではないとの判断を下せば、7割程度の回復が10割へと戻ると思うのですが。今の政権には不信感しかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年7月 1日 (金)

函館マラソン 3年振り開催へ

2022函館マラソンが明後日に迫りました。市内各所には交通規制の看板が掲げられ、市内をランニングする市民ランナーも目立って増えています。

2022hm

過去2年間、新型コロナの影響で中止となった函館マラソンは、3年前にエントリーしているランナー限定で、フル・ハーフ併せて7000名で開催されます。私もフルにエントリーしておりますが、50代の2年半のブランクは大きく、ただでも加齢によって走力が落ちていることに加え、長い距離を走るトレーニングを行っていなかったため、限々まで参戦するか否かを迷っていましたが、ここにきて腰痛を発症。とても走れる状態ではなくなり、やむなく?応援に回ることにしました。

おそらく、同じような中年ランナーも少なくないとみられることから、通常15%ほどいる不参加のエントリーランナーは今大会、30%程、5000名程度で開催されるものと予想されます。それでも、久々の函館マラソン。オリンピアンをはじめ、多くのエリートランナーも参加する日本代表する市民マラソンのひとつとして知名度も上がってきました。この開催をきっかけに1万人のマラソン大会へと規模を拡大してほしいものです。

今回はコロナ対策として、ハーフとフルの発走時刻を30分ほど空けて行います。これにより例年問題となっていた、フル序盤の混雑は避けられそうです。また、それに伴いトータルの競技時間が延長され、フルの制限時間も5時間半まで伸びました。来年以降はさらなる時間延長も検討され、これによって完走が目標の市民ランナーも参加しやすくなるものと思います。

本州のような酷暑になるようなことはないものの、開催日の予想最高気温はこの時期としては高めの25℃、夏日予想です。マラソンとしてはやや過酷な条件ですが、参加される方は、十分水分補給をして、数少ない夏マラソンを楽しんで下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧