函館の気候

2017年4月21日 (金)

桜早まる

ここ数日、各機関により発表された桜開花予想によると、函館の桜開花は従来より数日早まり4月25日頃となりました。すなわち、あと数日で函館にも桜の季節がやってくることになります。

2017sakura2お隣、青森では既に満開見ごろを迎えているとのことで、ソメイヨシノの開花、見頃ともども津軽海峡を渡るのは概ね1週間ほど。今年も昨年に引き続き、函館ではGW前半から満開のソメイヨシノを観ることができそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年4月 4日 (火)

今年の桜は?

今年の桜前線。九州を差し置いて東京で開花したと思ったら、寒の戻りで満開までに10日以上。北上パターンは例年とは違うようです。九州の開花遅れも寒いからではなく、逆に春先暖かかっただからとか。今年はいつ津軽海峡を超えるのでしょうか。

2017sakura2今のところ函館の開花予想はほぼ例年並みの4月下旬。予想通りであれば、今年もGWが満開見ごろとなりそうです。ただ、雪融けも順調でここ数日急激に気温も上昇傾向。予報によると、一旦平年並みに戻った後、4月下旬は高めの気温となりそうとのこと。場合によっては今年の開花は例年より早くなる可能性もありそうです。

いずれにせよ例年の函館らしく、GWに桜を楽しむことができそうです。GWに函館観光の予定を立てている皆さん。楽しみにして下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年3月16日 (木)

積雪ゼロ

本日日中、函館地方気象台が観測している函館の積雪がゼロとなりました。函館市内の積雪が無くなるのは昨年より1週間遅く、もしこのまま根雪終了となれば平年より3日遅いことになります。

Dsc_1202この冬、函館の雪は少なく、この分だと例年よりかなり早く根雪が無くなると思っていたら、先週にまとまった降雪があり、一時的に冬に逆戻り。しかし今週に入って暖かい日が続いたことから一気に雪融けが進みました。最も市内の道路はこのところずっと乾燥しており、同じ函館でも函館空港の観測所ではかなり前から積雪ゼロを記録するなど、体感的には既に根雪は消滅していました。

除雪により路肩に積まれていた雪の山も日に日に小さくなり(写真:本日昼の当ホテル前)、間もなく函館市街地からは雪は完全に消滅することでしょう。道南の長い冬も、ようやく終わりを告げようとしています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年2月 8日 (水)

春よ来い

例年、2月10日前後になると日が長くなったと感じられるようになります。これはおそらく、函館の日没時刻が区切りの17時を超えてくるからなのだと思います。一方、暦の上では立春を過ぎても2月上旬は事実上の厳冬期。”旬”でいえば、函館で一年で一番寒いのは1月下旬。そして一番積雪量が多いのは2月中旬です。いわば今は真冬です。

Dsc_1164ところで、今年の函館は少雪で、一番雪が多いはずのこの時期でも幹線道路はアスファルトが乾いており、運転する身にとっては快適な冬となっています(写真は本日の当ホテル前)。そういえば、例年と違い自宅前の脇道に除雪車が入ったのも見たことがありません。予報によると、この先もまとまった雪は無さそうで、一番積雪量が多くなるはずの来週は、晴天で気温も高めに推移するとのこと。

現在、函館の積雪深は平年より10cm以上少ない17cm。函館空港に至ってはわずか3cmです。一方、函館からわずか二十数km、スキー場のある大沼地区は平年並みの積雪があり、気温的には極端な暖冬でもないということで、ウィンタースポーツに差し支えは無いようです。

除雪業者さんは頭が痛いところでしょうが、週末からの暖気で市街地の雪融けが進み、このまま春になってくれればと思う一市民です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年1月12日 (木)

厳寒来襲

Dsc_1122わずか2日足らずで、函館市内の景色は一変してしまいました。この冬一番の寒気が全国を覆い、例年になく少雪で春先のように穏やかな天候だった函館も、あっと言う間に例年通りの1月の景色となりました(写真は本日の当ホテル前)。

本日の予想最高気温は氷点下5℃。北海道函館といえど、ひと冬に数える程度の超真冬日です。今までが1月としては暖か過ぎただけに、いきなりの厳寒は体に堪えます。また、一昨日までは道路も全くといってよい程乾いていただけに、運転の感覚もいきなりの雪道モードに戸惑いを隠せません。

この寒さは明日までで、明後日以降はまた平年より高めの気温となる予報ですが、どうやらこの雪は、ひと月遅れの根雪となりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年1月 9日 (月)

どんど焼きと体調と

Dsc_1121年が明けて間もなく10日。正月に雪がないことは然程珍しくはない函館も、年明け1週間以上、これほど穏やかな天候が続くのはあまり記憶がありません。恒例の「どんど焼き」を行った7日も3月下旬のようなな暖かさで、雪も風もなく、首都圏のそれと変わらぬイメージでした。ところで、函館のどんど焼きは基本1月7日。子供のころから習慣だったので、これが普通だと思っていましたが、全国的には1月14~15日が通例のようです。なぜ、函館のどんど焼きが1月7日に行われるようになったのかを調べ、ブログネタしようと思っていたのですが、予定通りにいきませんでした。

と、いうのも「どんど焼き」直前の先週後半くらいから、どうも体調がすぐれず、とは言っても日常生活に支障をきたすほどでもなく、軽い頭痛とのどの痛み程度で、軽い風邪にでもかかったのかなと思っていました。ただ、家でも会社でも室温が他人より低く感じているようで、もしかして自分に微熱でもあるのかと熱を計ってみたら38度。これを機に、病人モードになってしまい、この時期の函館としては絶好のジョギング日和だったここ数日、おとなしくせざるを得ない日々を送っているところです。

思えば、元日に引いたおみくじは凶。新春の風邪は今年を暗示しているのか不安なところです。走り始めて約10年、まともに熱など出たことの無かった私も、1月余り前にインフルエンザ、そしてこのたびの発熱と、年齢とともに抵抗力が無くなってきたのか。気合いを入れなおして、新年に挑んでいきたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年1月 3日 (火)

少雪の元旦

皆様、明けましておめでとうございます。年々多忙を理由に更新頻度が落ちていますが、本年も、週2回程度を目標にブログを更新し、函館の情報を発信したいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

Dsc_1117さて、昨今、多くの”内地”の方々に「大雪で大変でしょ。」と言われ続けておりますが、元日の函館にはほとんど雪がありません。この冬は函館に降るはずだった雪も札幌で降ってしまった訳ではないでしょうが、同じ北海道でも函館近郊は極端に積雪の少ない冬になっています。私は恒例の元旦10kmJOGを行ったのですが、2日も歩道の雪が完全に消滅し、乾いたアスファルトが「走りなさい」と呼んでいるような気がして、この時期としては異例の夏靴で予定外の連闘をしてしまいました。

函館では何年に一度は、このように雪が少ない正月があります。今年は気温も比較的高く、初詣の行列も凍えることなく、毎年こうだと良いと思うところでもあるのですが、逆に言えば、この街に冬のイベントやスポーツが根付かない弱点でもあります。

調べてみると、元日にほとんど積雪が無かったのは2009年以来。その前は2007年でしたが、いずれの年も冬を通じて雪が少ない年でした。今年も、まだ数日雪の気配がなさそうで、市民にとっては”楽”な冬になるのかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2016年12月23日 (金)

この冬は?クリスマスは?

札幌など道央や道東は何度もドカ雪に見舞われ、記録的な大雪となっているこの冬。東京へ出張に出向くと、「北海道は大変だね」と良く言われますが、函館は先週末に一時的にまとまった雪が降ったものの、その後の暖気ですべて融け、同じ北海道でも渡島半島の12月は暖冬気味です。道南以外の北海道は今年何度目かの大雪となった昨日も、函館は季節外れの”大雨”警報。クリスマスファンタジーのツリーも雨に打たれ、会場は閑散としていました。

Kionラニーニャの影響で寒い冬になるのではとの予報もあり、実際、札幌市民などは実感しているところかもしれませんが、覚悟をしていた私は肩透かしをくらった感じです。さて、これから冬本番。この先を占う1ヶ月予報が昨日発表されましたが、これがまた悩ましい限り。北海道は平年より気温が低くなる確率が高いものの、東北以南は逆に暖かくなる予報となっています。札幌よりも東北が近い函館は平年並みか、それとも今月のように道南だけ暖冬が続くのか。生活する分には、この傾向が続いてほしいところですが、当地を冬に訪れる観光客は季節感も感じたいはず。

幸い?今夜から気温は急激に低下し、降るものも雨から雪に変わり、イブのファンタジー会場はホワイトクリスマスになりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2016年11月 9日 (水)

一夜にして

雪が降る予報となっていましたが、パラつく程度だろうと高をくくっていました。朝、目をさまして窓の外を見ると一面の銀世界。「聞いてないよ~」とは言えません。函館でも11月上旬の積雪は珍しいことでもありません。特に今年は道南を除く北海道の主要都市のほとんどで、例年より早い積雪を記録しています。それに、数年前にも同じようなことがあったように記憶しています。

Dsc_10702そんな訳で、その時と同じくタイヤ交換をしていなかった私は車通勤を放棄。本日の予定が大きく狂ってしまいました。ニュースによると函館でこの時期、これほどの積雪(11時現在で14cm)は25年ぶりとのこと。「ちゃんと言ってよ~!」(写真は本日昼の当ホテル前)。

この雪は数日中には融けるとは思いますが、道南函館にも本格的な冬がやってきました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2016年10月29日 (土)

香雪園の紅葉

暖かかった10月上旬までとはうって変わって、このところ急に冬の入口を感じさせる寒さがやってきました。北海道の主要都市で唯一初雪を観測していない函館ではありますが、近郊の山々にはうっすらと白いものが見られるようになり、嫌でも季節の移り変わりを感じずにはいられません。

一方、秋から冬への短い一時、道南には春の桜同様、自然界が作り出す見事な景観が現れます。函館近郊の峠を真っ赤に染める紅葉も絶景ですが、市内にも今や観光バスが何台も立ち寄る、紅葉が映える名園があります。湯の川の温泉街から車で10分ほどのところにある「香雪園」です。

Dsc_10402京都を思わせるような4万坪もの広大な日本庭園は、かつては市民の憩いの場であっても観光名所という存在ではありませんでした。しかし、ここ数年、特にこの紅葉の時季に夜間ライトアップするなど、庭園の魅力度を高めたことで徐々に観光スポットとしての知名度が高まり、多くの観光客が訪れるようになりました。現在、香雪園では「はこだてもみじフェスタ 」と称し、ライトアップの他、ミニライブや様々な体験会などのイベントが行われています(11月13日まで)。

まずは一度、この北海道では珍しい和風庭園の紅葉をご覧になって下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧