函館の気候

2024年4月18日 (木)

明日にも開花宣言!?函館の桜

本日4月18日14時過ぎ、会議の後に五稜郭公園に足を伸ばしてみました。公園内の桜のほとんどはつぼみの状態でしたが、日当たりの良い場所では、ソメイヨシノが咲きはじめており(下画像)、開花宣言も間近と思われます。

2024sakura9

札幌では、ここ数日夏日を記録するなど函館を上回る気温となったこともあって、12年振りに函館より早く開花宣言がなされましたが、当地も明日も好天の予報で気温も平年より高いことから、かなりの確率で明日にも開花宣言がなされるのではないでしょうか。

公園内には既に多くの観光客が訪れており、わずかに咲いているソメイヨシノをバックに写真を撮っている風景が見られました。見頃はもう少し先となりそうですが、今週末、当地を訪れる予定の皆様には朗報となるでしょう。

追伸:本日午後、函館でも開花宣言が発表されました

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年4月 1日 (月)

桜迷走、早いの遅いの?

記録的な暖冬で、今年も開花が早くなると思われていたソメイヨシノ。ところが一転、3月は寒の戻りがあって、東京の桜開花は、近年では珍しく平年より大きく遅れての開花となっています。

当地、函館五稜郭公園の開花予想も、当初発表よりは全体的に遅くなっていますが、各社まだばらつきがあるようです。本州方面とは異なり、北日本の開花予想は平年より早くなる見込み。概ね、4月19日から25日ころの予想となっていますが、どうなることか。

2024sakura2

2024sakura3

4月の気温は平年より高めとなる予報が出ており、今週から来週にかけての予想の更新で大きく変わる可能性もあります。

2024sakura4

いずれにせよ、当地の桜の見頃は、ゴールデンウィーク前となりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年3月 2日 (土)

3月の雪

この冬、根雪が無かった函館が一晩で一面の雪景色となりました。この時期にしては強い寒気が入ったため、3月独特の重い雪ではなく、真冬の雪が積もりました。3月上旬にまとまった雪が降ることは、決して珍しいことではないのですが、乾いたアスファルト路面に慣れていた今シーズン、久々に車の運転に気を遣いました。

2024yuki2

思えば本格的な雪掻きは、わずか3回。この先の天気予報を見てみると、気温は平年並みに戻り晴天が続きそうなので、おそらくこの雪が今シーズン最後の積雪となるのではないでしょうか。この雪が融けると、道南も春へと季節が進みそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年2月14日 (水)

春霞はPM2.5!?

この時期の函館では大変珍しく、2日連続の10℃超えとなった本日。函館山はうっすらと霞んで見え、積雪が無い風景と合わせて、桜が咲く直前4月頃にみられる春到来を思わせる景色となりました。しかし、この春霞と呼べそうなものは決してそんな嬉しいものではなく、近年、中国大陸から飛んでくる有害物質、いわゆる黄砂、PM2.5であることを知りました。

2024pm252

2024pm25

黄砂がこの時期飛ぶのもかなり珍しく、確かに良くも悪くも春の風物詩です。本来なら最も積雪が多くなるはずの2月中旬、もしかしたらこのまま本当に春到来の予感さえしてしまいます。予報を見ると、明日こそ雪のマークが見えますが、今週末は再度の最高気温10℃超え。例年、当地では2月も下旬を迎えると一気に雪融けが進むので、記録上はともかく、体感根雪が無かった冬となりそうです。

そしておそらく今月は観測史上最も気温が高い2月となるのではないでしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年2月10日 (土)

やはり暖冬 どうなる桜?

2月も中旬を迎え、日が長くなるのを感じられるようになりました。例年であれば、一年で一番寒い(はずの)時期を乗り越え、積雪はちょうど今頃がピークに減り始めるといったところです。ところが今年の函館駅前は、一部除雪後の雪が見られる程度でとても2月の景色ではありません。

2024ekimae

函館地方気象台の積雪は10㎝というところですが、同じ函館市内でも函館空港の積雪は2週間以上ほぼゼロが続いており、函館市内の体感は明らかに後者と言えるでしょう。週間予報を見てみると、来週半ばの最高気温は連日の10度超え。その通りとなれば、この時期としてはあまり記憶にありません。例年、当地では2月下旬から一気に雪融けが進むのですが、雪が無い今年はこのまま春が訪れるのでしょうか。

2024tenki

さて、この記録的暖冬となれば、桜の開花も相当早まるのでしょうか。過去最速の開花となった昨年より、さらに暖かい気温が続いているので、その記録を抜くのではないかと思っていたところ、気象各社が発表している予想を見てみると、実はそうでもありません。もちろん、まだ先の話で、各社ばらつきはあるものの、いずれも昨年より遅い開花を予想しています。何でも、冬が暖かいと「休眠打破」が遅れ、開花もその分おそくなるとのこと。

2024sakura1

例年よりは早いものの、概ね4月中旬から下旬の開花予想となっています。最も早い予想を打ち出しているのが、上記ウェザーニュースで4月17日。平年よりはかなり早いものの、昨年よりは3日遅く、ここ数年では然程驚かない時期の開花です。このところGW前に見頃を迎えることが多く、当ホテルでもGW前の予約が例年よりも多く入っている状況ですがどうなることやら。各社の発表に合わせ、随時拙ブログで情報発信して参ります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年2月 5日 (月)

真冬のアクティビティ

道内他都市と比較して降雪量が少ない函館。特に、数年に一度は今年のように極端に少雪となる年もあるため、雪を利用したイベントが育たず、ウィンタースポーツも盛んではありません。道民目線からは過ごしやすいとよく言われるものの、観光都市としての弱点でもあります。

しかし、少し足を伸ばせばスキー場もあり、冬のアクティビティを売りとしている地域もあります。市内から車でわずか30分の場所にある七飯町大沼地区。函館より標高が高く降雪量も多い、国定公園にも指定されている風光明媚な地域です。

この時期としては気温が高く、穏やかな天候だった1週間前の日曜日、冬はゴルフの練習場にも行かず暇な休日を送っていた我が夫婦は、これではいかんと、”意を決して”冬の娯楽に挑戦することにしました。年齢的にスキーやスケートは無理だったので、目指したのは大沼地区にある蓴菜沼。氷上のワカサギ釣りです。

2024turi

思えば息子達が小さかったころは年に一度は行っていた記憶があるので、十数年ぶりの挑戦です。到着すると既に多くの人達が楽しんでおり、我々も道具フルセットに遊漁料合わせて1人1400円を支払い、屋外の釣り場へ向かいました。しかし、穏やかと思っていた天候も、さすがにこの時期は風が冷たく、すぐに釣れそうにもなかったことからビニールハウス内の釣り場に移動しました。そう、ここは外より釣果は落ちるものの、ストーブもあって温かく、食事をとることも可能です。

粘ること3時間。前日はハウス内でも入れ食いとなる時間があったそうなのですが、この日は回遊がみられず。多くの釣果を報告し、当地の冬もこんな楽しいことがあると記すつもりが、2人の釣果はわずか1匹。これではつまみにもならないとリリースして帰りました。それでも家でゴロゴロしているよりは充実した気分。以前訪れていた時はいつも数十匹は釣れていたので、こんなことは珍しい方だと思います。

大沼地区ではワカサギ釣り以外にも、多くの冬のアクティビティが楽しめます。道南の冬の集客に、自治体を超えた連携と情報発信が課題と感じています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年1月22日 (月)

一転大雪!

今年は記録的な少雪になるかもしれないと書いた翌日、この冬、微妙に当地を避けていた雪雲が断続的に渡島半島南部を襲い、1日足らずで30㎝近くの積雪となりました。早速、訂正しなければなりません。

昨日午後、私用のため外出した頃にはみぞれ混じりだったものが、2時間後に帰宅する頃には湿った雪が積もりつつありました。レーダーを見るとまだ雪が続きそうだったので、暗くなってから今年最初の本格的雪掻き。今朝、起きてみると昨夜の雪掻きが全くの無意味だったことを示す一面の雪景色。腰痛と闘いながら2度目の雪掻きを敢行しました。

2024yuki

昨日まで乾いたアスファルトだった当ホテル前の道路は湿った雪で覆われています。現在降っているものは既に雨ですが、これだけ積もってしまうと融けきらず、明後日以降の寒波でツルツル路面になることを注意しなくてはなりません。函館市内は、よく見る1月下旬の光景となりました。世の中、思い通りにはならないものです。

お陰様で、昨年末購入した当ホテルの除雪機は、初稼働となりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年1月20日 (土)

記録的少雪?

1月も下旬となりましたが、函館市内に積雪はほとんどありません。正月明けならともかく、この時期に雪が見当たらないのはかなり珍しいことだと思います。同じ北海道内でも札幌や旭川など、道央や道北では平年より多い積雪となっています。一方、青森や秋田の豪雪地帯と言われている地域も今年は積雪が少なく、この現象は暖冬の暖気を受けやすい渡島半島以南に限られたことのようです。

道南函館は数年に一度の割合で極端に雪が少ない冬があれば、逆に大雪となる年もあり、それが近年顕著となっているように感じられます。下のグラフは、ここ十数年で雪が少なかった年と多かった年の日々の積雪を比較したものです(クリックで拡大)。

2024sekisetu

少なかったのは2020年と2007年。いずれも最も積もっても20㎝に至らず、2月が終わる頃には雪が無くなりました。根雪とよばれる期間があったかどうかも微妙です。それにしても4年前も今年のように少雪だったとは、記憶も曖昧なものです。コロナでそれどころでなかったか。

一方、多かったのは2018年と2012年。平年より多めの積雪から、2月に入って更に急増しました。思い起こせば6年前、脇道で車がスタッグして動けなくなり、たまたま近くで雪掻きをしていた人に助けてもらいました。次乗る車は4WDにしようと誓ったものです。尚、2012年の最深積雪91㎝は、函館の観測史上最高記録です。

平年であれば、函館の積雪は最も多い時期で30~40㎝程度。2月中旬をピークに積雪期間は12月中旬から3月上旬までの3ヶ月程度です。予報では明日以降、雪のマークが目立つものの、最高気温も高めに推移するため、積もってもまた融けるのではないでしょうか。このまま行くと今年は少雪の年、しかも記録的になるかもしれません。

当ホテルでは雪に備え除雪機を2台購入したのですが、シートを被ったまま新品未稼働状態です。個人的には楽で良いのですが・・・。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2024年1月 4日 (木)

平穏祈願

仕事始めとなった本日、恒例の函館市年賀会に行ってきました。会場までの道には雪が無く、3月上旬かと思わせるような穏やかな天候でした。

2024sinnenn

正月のこの時期、雪がほとんど無いのは7年振り。調べてみると今世紀になって4回目です。7年前は1月中旬から根雪期間となりましたが、冬期間を通じて少雪の年でした。道南函館では6~7年に1度くらいの割合でほとんど積雪が無かったり、積雪期間がひと月程度の年があります。今年は道北の日本海側の大雪がニュースにもなっていたので、道外の知り合いからは雪の被害を心配する声も頂いているのですが、当地は暖冬少雪を体感しています。

今年は元日から北陸の地震に、あり得ないような航空機事故など不穏な空気が漂っており、海外では悲惨な戦争が続けられる中、私の周囲が至って平和であることが、如何に貴重なことであるか思い知らされています。災いが無い世の中になることを祈るばかりです。本年も宜しくお願い申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年11月11日 (土)

Winter Again

少し遠くで昼食を取ろうとハンドルを握ると、今日の函館駅周辺は11月中旬にしては多くの人出が。それもそのはず。本日から2日間、函館アリーナではGLAYのライブが開催されます。彼らの聖地函館とあって、全国から多くのファンが駆けつけているのです。観光オフシーズン入りとなるこの時期、我々観光業界にとって大変有り難いイベントです。

ところで、昼食後の帰り道、今年初の雪がちらつき始めたと思ったら、急に辺りが暗くなり吹雪状態に。予報ではちらつく程度ということだったので、「聞いてないよ~」。雪が積もったら、ノーマルタイヤじゃ帰れないと一瞬不安になりました。幸い吹雪状態は続かず、道南ではまだ積もることは無さそうですが、ついこの間まであんなに暑かったのに、やはり来るものは来るようです。

2023huyu

ところでGLAYの歌を聴きに全国から集まったファンにとっては、「生まれた街のあの白さを」一瞬でも感じることが出来て良かったのかもしれません。きっと歌うんだろうな、あの曲。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧