函館の気候

2022年8月20日 (土)

雨の8月

この夏、東日本や西日本に記録的猛暑をもたらしている太平洋高気圧は北日本には届かず、代わりに低気圧や前線が津軽海峡付近に停滞することが多くなっています。とは言え冷夏というほどではなく、道南函館はこれまで真夏日こそわずか3日と少ないものの、気温は平年を上回ることも多く、概ね平年並みでしょうか。

2022ame2

平年並みといかないのが降水量。先日、知人から「函館に来て20年近くになるけど、こんなに雨が続くのは記憶に無い。」と言われました。確かに、人生の4分の3近くを函館で過ごしている私も、8月にこんなに雨が降ったという記憶はありません。それで調べてみました。

函館の月間降水量、一番多いのは意外にも8月で(私は9月だと思ってました)、平年値は156.5㎜。今月はまだ10日以上残して400㎜超と、軽く平年の2倍を超えています。過去、月間単位で最も降水量が多かったのは1965年9月で506㎜。この月は台風が渡島半島に上陸して記録的な大雨をもたらしました。8月の過去月間最高は、1981年の430.5㎜。函館では観測記録が残る約150年!で、月間降水量が400㎜を超えたのはこの2回しかないのです。

そして今月、既に月間400㎜を超えている今も雨が降り続いています。場合によっては8月の観測史上最高、もう一度大雨があれば過去最高の月間降水量を記録することになるかもしれません。確かに記憶に無いような今月の雨な訳です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年8月 9日 (火)

線状降水帯?

昨夜の雨は、比較的降水量が少ない函館では滅多に経験することが無いような激しさでした。地盤が良い(らしい?)丘の上にある自宅に既に帰宅していた私は雨音に驚いていた程度でしたが、激雨時に運転していた人達に聞くと、街の中心部の所々では冠水し、川の水位も見たことのない高さにまで達し、恐怖すら覚えたとのこと。

2022ame

それもそのはず、自宅から直線距離で3㎞ほどの函館空港では午後8時頃までの1時間に81㎜、函館地方気象台でも64㎜と、いずれも1時間あたりの降水量としては観測史上最大とのことでした。その時間帯の雨雲レーダーを確認してみると、函館近郊に集中して次々と強い降水帯が流れ込んでいるいるのがわかります。これを最近よく聞く線状降水帯と言うのでしょうか。

大きな災害をもたらす線状降水帯は内地(函館では本州以南のことをこのように呼ぶことがある)のものだと勝手に思っていましたが、気温の上昇とともに、当地でも当たり前のこととなるのでしょうか。そういえば、昨日の蒸し暑さは、梅雨末期に東京などに出張したときに体感するのと変わりないものでした。

そう遠くないうちに、函館でも酷暑日や熱帯夜が記録されるかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年6月28日 (火)

梅雨入り?

今朝の情報番組では、首都圏の猛暑の話題一色でしたが、東日本が梅雨明けしたからといって梅雨前線が消滅した訳ではありません。北上した梅雨前線は本日、道南地方に接近し、函館は朝から厚い雨雲に覆われています。

2022tenki2

北海道には梅雨が無いと言われていますが、それは津軽海峡を境に梅雨が無いということを気象庁?が勝手に決めているだけで、青森県と十数キロしか離れていない函館の6月は、道内他地域とは異なり雨の日が少なくありません。俗に”蝦夷梅雨”と呼ばれるものは、オホーツク海高気圧の影響で、”やませ”が吹いて肌寒く、曇りや霧雨のひが続くイメージですが、函館の場合、今年のように太平洋高気圧の勢力が強い場合、本州の本格的な梅雨のような天気が続くこともあります。

今年はその当たり年になるのか、それとも東日本同様早い夏が訪れるのか。開催中の夏の高校野球支部予選は順延となり、週末の函館マラソン時の天候も気になるところです。今のところ、マラソン当日、極端な暑さにはならなそうなのは救いでしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年5月23日 (月)

「どうみん割」再々延長

只今、総会シーズン。昨年まで、書面やリモートで済まされていた会議がリアルで行われるようになり、出張が増加。加えて、所属団体の会合を仕切らなければない立場だったりで、長期間ブログを更新できずにおりました。昨日日中、久々に市内をジョギングしてみると、つい先日まで咲いていた桜が消え去っていたのは当然ながら、新緑の季節も通り過ぎて、ツツジが見頃となっていたのはショートタイムマシンに乗ったような気分でした。

2022tsutsuji

さて、東京出張中だった先週末、突如予告もなく「どうみん割」の6月末までの延長が発表されました。思ったほど予算が消化されていないせいなのか、国がGOTOトラベルを再開したくないためか、ブロック割の継続でお茶を濁している感が否めません。我々、宿泊業界にとって有り難いことではありますが、大票田の首都圏を取り込めず、対象となる東北地方についてもワクチン3回接種が壁になり十分な恩恵を受けられていないのが現状です。マスクへの対応同様、我が国トップのリーダーシップを持たない迷走には、不信を募らせるばかりです。

ともあれ、道民及び東北在住の方は、必要書類の提出により宿泊金額が概ね半額となり、「北海道応援クーポン」一人一泊2000円が提供される「どうみん割」の恩恵を6月末まで受けられることになります。函館では6月中旬から中央競馬も始まります。当ホテルではまだ対象予算も余っており、当ホテルウェブサイトに加え、お電話(0138-23-4561)においても、「どうみん割」対象のご予約を受け付けています。

気候も良くなる道南のこれからの季節、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年4月29日 (金)

なるか本格回復~GW突入~

コロナ禍となって、3度目のGWになりました。コロナ前と比較すると客室が埋まるまで時間を要しましたが、当ホテルでは今日から5月4日までの6日間、ほぼ満室となりました。昨年、一昨年とは明らかに異なり、ようやくコロナの呪縛から解き放たれるのではないかと期待を抱いている所です。

2022sakura3

一方、道内の同業者に聞くと函館は恵まれているようで、GW期間を通じての予約動向はコロナ前の7割程度のところが多いようです。函館は「はこだて割」が全国を対象にGW期間も利用可能だったことに加え、ソメイヨシノの満開時期と重なったこともプラスに働いたと考えられます。いずれにせよ、これをきっかけに”人流抑制”などという政策は過去のものとし、観光や大規模イベントが当たり前の普通の生活に戻ってほしいものです。

今日は少し肌寒いものの、桜にとっては延命となり、GW後半まで持ちこたえるのではと良い方に考えましょう。明日は気温も上がり、GW前半では一番の観光日和となりそうです。道南函館は、GW期間、極端な天候の崩れはなさそうで、この間、当地を訪れる多くの観光客の皆様には良い思い出を持ち帰ってくれるものと祈念しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年4月22日 (金)

2022桜咲く

昨日、函館五稜郭公園内にあるソメイヨシノの標準木が花をつけ、開花宣言がなされました。2月にウェザーニュースが予想した通り、昨年より1日遅いものの観測史上2番目に早い開花となりました。下の画像は本日朝、五稜郭タワー向かいのソメイヨシノ。ここは日当たりが良く、例年標準木より早く開花し、満開となります。既に7分咲きにくらい?

2022sakura2

以前は、5月開花も多かった函館の桜ですが、近年は4月開花が当たり前。見頃もGW後半だったものが、前半が定着しつつあるようです。今後も高めの気温が続くようで、来週初には早くも見頃を迎えそうです。

道南に本格的な春がやってきました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年3月17日 (木)

地震・戦争・雪・コロナ

我々業界にとって、百害あって一利もない蔓延防止措置がようやく解除されようとする中、ウクライナでの戦争が混迷を極め、東北ではまさかの大地震。まん防期間においては最も予約が入っている3月の連休を前に、地震による交通障害を理由としたキャンセルも出ています。さらに、連休初日は2月の大雪を彷彿させるような気圧配置で、大荒れの予報・・・。

2022hakodate

よくもこう悪材料が続くものだと脱力しているところですが、逆に考えれば、これがゴールデンウィークなどの繁忙期ではなくて良かったと思うべきなのかもしれません。そして、これだけ悪材料が揃うのも稀なこと。まん防が明ければ「はこだて割」や「どうみん割」が復活し、一気に明るくなることを信じましょう。

何度も言うように我々業界は平和が大前提で成り立っています。あらゆる災害が早く落ち着きますように。そして、直接被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年3月11日 (金)

春の兆し

日曜日の朝に湿った雪が積もった後は、比較的暖かい日が続き、函館の本日13時現在の積雪は週初の半分以下の17㎝になっています。このままいくと更に雪融けが進み、来週中には根雪終了となるものと思われます。市内の幹線道路は既にアスファルトは乾燥しており、道南はようやく春を感じられるようになりました。

2022haru

先月は、まん延防止措置に加え、道内大雪による交通網の乱れで、当ホテルは開店休業状態に陥りましたが、足下は少しずつながら客足も回復しています。特に先々の予約については平時に近い水準まで回復してきました。まん防明けには、高校生の春合宿の予約やその問い合わせも相次ぎ、昨年とは明らかに異なる感触を得ています。

今後、まん防が延長などされることなく、また仮にコロナ第7波というものが来たとしても、お門違いな人流抑制策をとることさえしなければ、我々観光業界の長い冬も終焉に向かうのではないでしょうか。仮に再度まん延防止措置や緊急事態宣言を要請するようなことがあれば、道政に対し業界団体を上げて抗議行動を取らなければならないと考えています。

一方、ウクライナでの戦争で様々なものが値上がりし、我々業界にも今後様々な影響が出てくるものと思われます。この争いが良い方向で落ち着き、平和な世界が戻った時こそ、本当の春が訪れるのかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年2月16日 (水)

今年の桜も早い!?

本日、ウェザーニュースより今年の桜開花予想が発表されました。それによると、函館五稜郭公園のソメイヨシノの開花は平年より10日も早い4月21日。もっとも、昨年の桜開花も4月20日と過去2番目に早く、近年は4月中の開花が当たり前となっています。ちなみに、先日ウェザーマップ社が発表した函館の桜開花予想は4月25日で満開は29日頃とのこと。

2022sakura

それを知ってか、例年であればゴールデンウィークの予約は5月の連休から埋まっていくのですが、今年はいまのところ前半4月29、30日の連休に集中しています。

昨晩からの降雪で、函館市内は今年最高の積雪を記録し、一面雪に覆われていますが、あと2ヶ月もすれば桜の季節が訪れるわけです。尚、GW中の人気が集中する日は今月中にも満室となることが予想されます。コロナも収束し、観光需要が例年以上に高まるものと予想される今年のGW。ご予約はお早めに。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2022年2月15日 (火)

今夜は暴風雪!

期待せずに動向を見守っていましたが、陽性者の減少が顕著になってきたにもかかわらず、道はマンボウの延長を要請するようです。やるべきことが違うだろうと、言いたいことは山ほどあるのですが諦めましょう。これで当面、会議会合が中止となり、当然宿泊客も超閑散。折角なのでオリンピックを楽しむことにします。

元々、この時期道南地区は最閑散期。雪祭りが中止となった札幌地区や、流氷シーズンのオホーツク地域の同業の痛手は我々の比ではないでしょう。マンボウ明けには、少なくとも全国民対象に「はこだて割」が復活すると思われますので、来月中旬以降、雪融け早い函館に多くの観光客が押し寄せることを期待します。

2022tenki

さて、首都圏の降雪や札幌の大雪がニュースとなる中、函館の積雪はほぼ平年並み。まとまった降雪もわずかで、今年は楽だと思っていたらそんなに甘くはないようです。今日の午後から明日にかけて、低気圧が津軽海峡付近に停滞し、道南地方中心に大荒れとなる予報です。明日の朝はいつもより早起きして、雪掻きを覚悟しなければなりません。

コロナに天気に国際情勢と、悪材料重なる今が大底なのかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧