経済・政治・国際

2020年3月28日 (土)

苦境半年・回復2年

薄々こうなるだろうとは思っていましたが、GW前半の目玉イベントであった矢沢永吉LIVEの中止が決定しました。これで新型コロナショックの影響がGWまで及ぶのは必至の情勢となりました。

それどころか、GW後の予約も閑散で、当ホテルでは5~7月の団体予約のいくつかが、秋へと変更になっている次第です。インバウンドについてはおそらくこの先数ヶ月ほぼゼロになること間違いありません。そして対前年の宿泊者数が半数を切るような苦境は、半年近く続くことを覚悟しなければならなくなりました。

その後は内需中心に徐々に戻ってくるものと思いますが、一定水準に戻るのは早くても2年。そこまでは何とか耐え忍ばなくてはなりません。多少の赤字覚悟で、借入をせずにやっていけるものと思っていましたが、ほぼ長期戦となることが確実になったので、万が一のために運転資金を可能な限り借入れることを決意しました。

おそらく、この見通しが正しければ、インバウンドを宛にした新参業者や、体力の乏しい同業者は経営を継続することができなくなるでしょう。なので、ここを耐えて渦中が去ったとき、最悪の供給過剰は緩和され、その先10年は安泰ならずとも事業継続は可能と踏んでいます。負ける訳にはいきません。

2020single

そんな訳で、小手先ではありますが、当ホテルではキャンセルで空室が増加した4月23日まで限定で、チェックイン12時アウトも12時24時間滞在プランを設定致しました。ホテル正面は函館朝市、昨秋から当ホテルレストランが「ラッキーピエロ駅前店」となりました。函館ならではのお食事を堪能して、ゆっくりとご滞在頂ければ幸いです。当ホテルHPからご予約可能です。今後も閑散期間中心に様々なお値打ちプランを設定して参る所存ですので、拙ブログを読んで頂いている方は、お知り合いにご紹介頂ければ幸いです(写真は当ホテルシングルルームです)。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2020年3月25日 (水)

業界疲弊

東京オリンピックの一年延期が決まり、とりあえず中止にならず一安心ということか、どちらかというと楽観ムードになっています。株式市場にも国策絡みのお金が入ったようで急反発。しかし、このままV字回復するほど”リーマン越え”と呼ばれるこのたびのコロナショックは甘くはありません。むしろ株式市場は教科書通りのリバウンド。読みが正しければ、もう一度安値を試しに行った後、3ヶ月程度の緩やかな反騰局面を迎えるのではないでしょうか。相場は病気の極致を折り込み、夏以降は実体経済の悪化を反映して再度下降局面に向かうものと思っています。

2020hako

と、いうのも我々観光業界は、かつて経験したことのないほど疲弊しています。本来なら春休み、例年なら観光客の姿が目立つはずの函館駅前も実に閑散としたものです(写真)。それもそのはず、日本国内のみならず世界中至る所で経済が止まっている状態です。この影響は今後、別の形となってマイナスの影響を与えることになるでしょう。

まずは少しでも国内客の流動が起きてくれればと思っているのですが、当ホテルの予約動向からは少なくともGW前まで、同様の状況が続きそうです。GWも中心となる日々以外は、空室も目立ち例年通りとはいかない可能性が高まっています。仮にこの状態が2~3ヶ月も続くようだと、我々の業界のみならず、バタバタと破たんするところが出てくること間違いありません。今は当社がそうならないためにあらゆる対策を練っているところです。営業戦略など考えられる状況ではありません。

個人的にも、来月参戦する予定だった青森桜マラソンが中止となってモチベーション低下。息子の野球部も春の関東遠征が中止となり、それどころか練習すら再開できない状況で、最後の夏に向けて一生に一度しかない中高の新3年生はさぞかしもどかしい思いをしていることでしょう。当ホテルにおいても、様々な競技で春合宿を予定していた複数の高校の宿泊がキャンセルとなり、今週だけでのべ200泊以上の予約が消滅しました。

苦境はまだまだ続くようです。同業の皆さん、ここは耐え忍びましょう。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年3月20日 (金)

責任逃避

昨日発表された、新型コロナ感染防止に向けた政府専門会議の見解には正直失望させられました。この3週間での感染拡大が抑えられていることから、具体的な経済活動の再開を容認するコメントを期待していたところですが、結局、更なる感染拡大の可能性を懸念し、経済活動に関しては、”主催者側”に丸投げといった印象です。

2020corona6

そりゃそうでしょう。”専門家”にとっては、経済活動の自粛を緩和することによって、万一感染者が急増したら責任問題です。一方、経済に関しては専門外。どれほど悪化しようが責任は問われません。この組織に任せていては、何ヶ月たっても、それこそ全く感染者が出なくなるか、ワクチンが開発されて使用可能になるまで、一向に経済活動にGOサインなど出ないものと思います。今こそ政治の力が必要な時です。

ところで、日本における新型コロナ感染の拡大が比較的少ないのはどのような理由でしょうか。検査を意図的に抑えているということを除けば、ネット上所説ある中、ひとつなるほどと思ったものがありました。「日本は中国や欧米諸国と違って、超富裕層が少ない代わり、低所得者層はいても貧困層は圧倒的に少ない」から、というものです。日頃から最低限の衛生が保たれているので、諸外国とは異なり、特別な事情以外クラスターが発生しにくいのではないでしょうか。潜在的な感染者は発表されているものよりはるかに多いとは思いますが、感染による死者については発表とは大差ないはずです。

この一月ほどで、新型コロナウイルスの性質は分かってきたものと思われます。そろそろ、ある程度の感染拡大を容認し、重篤者増加防止に重点をおきながら経済活動再開へと舵を切れないものかと思うのは、素人考えでしょうか。まずは、最近複数出てきている既存の薬の有効性が証明されたり、ワクチンの開発が成功したなどのポジティブサプライズを期待したいところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年3月17日 (火)

三割高下へ向かえ

私が証券会社に入社したのはバブル絶頂期の1988年。ブラックマンデーを乗り越えて、日経平均株価は史上最高値を更新するバラ色の時代でした。程なく、運用部門の子会社に出向し、ファンドマネージャーの見習いをしていた1989年大納会の日に、日経平均は38916円という空前の最高値を記録しました。その後は皆さんご存知の通り、失われた20年とも言われる長期下落相場が続いた訳ですが、当時は誰もそんなことになろうとは思ってもいませんでした。

年が明けて1990年になると、相場は前年とは一転して下げに転じました。新聞紙上では下値の目途は3万何千円だと”専門家”が語り、上司もここが絶好の買い場だと幾度となく叫びましたが、全くその通りにはならず、入社以来見たことが無い下げ相場が続きました。新人類と呼ばれていた私はそこで誰も信用できないと思い、自分で国内外の株式相場のみならず、あらゆる相場の歴史を図書館などに通って調べました。

すると、いくつか共通点があるということに気付きました。どのような相場も一本調子に上昇した後、上昇したはるかに短い期間で急落する場面を繰り返すこと。当時はまだバブルという言葉はありませんでしたが、バブル的上昇相場が終焉する初動の下げパターンは極めて類似した動きになること。そして、成熟したマーケットではその初動の下げが高値から30%程度となることが極めて多いことです。なぜ、このようになるかはおそらく群衆心理というのは、恐怖に対面した時、常に同じような行動をとらせるからだと自分なりに理解していました。

1990年4月、日経平均株価は3万円の大台を割り込んだあと、更に1日で2000円近い急落に見舞われました。静まり返ったトレーディングルームで、ファンドマネージャー見習いだった私は「ここが買い場だ!」と心の中で叫びました。その日の終値、28002円。史上最高値から28%の下落。相場はその翌日から4ヶ月ほどの反騰局面となりました。そして私はそれから約10年、超弱気のファンドマネージャーとして兜町に席を置いていました。

2020nyd

なぜ今日、こんな話を書いたかというと、本日のNYダウは史上最大の2997ドル安。新型コロナの影響で景気後退が鮮明化する中、先行きが見えない状況です。しかし、今日のNYダウの終値20118ドルというのは、先月つけた史上最高値29568ドルから32%下落した値。また、日経平均株価の直近高値24115円から30%下げた値は16880円。その値を下回っている今日の株価は目をつぶってでも買えと言うつもりだったのですが、書いている間に相場は反騰しているようです。

三割高下へ向かえ。見事な格言だと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年3月12日 (木)

自粛過剰?

選抜高校野球大会が中止となってしまいました。無観客でも大会が開催されれば、娯楽に対する極端な自粛ムードを和らげるきっかけになると思っていたので残念でなりません。また、その昔は高校球児で、現在も高校球児の息子を持つ親の立場から、出場を決めていた選手とその関係者の無念は如何ほどかと思うと胸が痛みます。

2020nikkei2

年初に記した懸念が、思わぬ形で現実になっています。我々観光業界は、先が見えない惨憺たる状態で、特にその依存度が高い当市は全国的にも注目を集めているようで、昨日も日本経済新聞の一面にその惨状が記されていました(写真)。唯一の救いは、リーマンショックを超えるような景況感の悪化による投機資金の急速な収縮が、函館市内の無尽蔵のホテル建設ラッシュに歯止めをかけてくれそうなことです。おそらくこの先、インバウンドの増加を当て込んで、近年、俄かに進出してきた民泊や、コンドミニアムなどの簡易宿所は経営が成り立たなくなり、早々に撤退してゆくことでしょう。

もっとも多少供給過多が改善されるからといって安心できるものではありません。この状態があとひと月も続けば、資金に余力のない中小事業者も経営の危機に見舞われかねません。かく言う当社も、万一に備えて、かつて借入れたことのない運転資金を調達すべきか検討しているところです。それほどこのコロナショックの影響を深刻に受け止めています。怖いのは病気そのものよりも、それに過剰に反応する人の心理です。

仮に病気の終息が見えても、インバウンドが戻り始めるのは半年後。昨年並みに戻るのには2年を要すると覚悟しています。逆に病気発症件確認数が緩やかのまま、自粛期間がさらに引き伸ばされるようなことがあれば、その影響はGWにまで及び、桜とビッグアーティストのライブで一息つけることが叶わなくなる可能性も出てきます。それどころか五輪消滅も本格的に議論されることになるでしょう。そうなればこの観光都市はそれこそ緊急事態です。今はそれくらいのことまで覚悟しなければならないと思っています。

世の中もこのコロナショックの影響が尋常ではないことを察し始めたようで、今日も株価が大幅に下落しています。さらなる値下がりが危機感となって、有効な対策が講じられることを願うところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年3月 7日 (土)

価格崩壊

2週間程前まで1泊1万円を下らなかった首都圏中心部の大手ビジネスホテルの料金が、今や5000円前後が当たり前。ホテルによっては3分の1程度まで値下げするところも散見されるようになってきました。地方都市とは異なり、新型コロナの影響といっても一定の需要が見込まれる首都圏中心部。稼働率が3割程度の落ち込みでも、価格が半値となれば売り上げは約3分の1。インバウンドの消滅に加え、自粛要請で国内観光需要も急減、更に出張すら控える風潮が蔓延し、当月、利益を出せる宿泊施設は極わずかでしょう。

2020htl

当地、函館のような地方観光都市は更に顕著で、元々低い宿泊単価が更に低下。今やシングル3000円台が当たり前で、2000円台のビジホも現れました。当業界、規制も談合も無い中、市場原理で無秩序な価格競争が繰り返されます。もちろん、客不在の中、いくら下げても埋まることはありません。体力のあるところは無意味な値下げをするくらいなら、一時的な休業を模索するところですが、おそらくこの状態が長引くと、確実に廃業や経営破たんが続出することになるでしょう。

今週になって、国民全体が新型コロナウイルスの生活に与える影響が尋常ではないことに気付き始めたものと思います。そしておそらく来週、先々に対する不安がピークに達するのではないかと。日経平均株価は2万円を割って更に一段安、オリンピック開催の有無が現実的に取りざたされるようになり、あるいは大型倒産などがきっかけになるかもしれません。逆にそうならないと、一旦落ち着くようなことも無いと思っています。

これは個人的見解ですが、来週、新型コロナウイルスの恐怖が陰の極を迎え、その後は経済対策や病気に対するグッドニュース、過度な自粛を疑問視する声なども出始めて、少し落ち着きを取り戻すのではないかと見ています。最も事はこれで終わりではなく、夏以降は世界的な景気後退に対する懸念が再燃し、再度深刻度が増していくのではないかと思っていますが。

あくまでも楽観的な見通しで、そうなってくれればGWとオリンピックで当地当業界もとりあえず一息つけるのですが。逆に、じりじりと不安が募る展開が続くようであれば、宿泊部門の一時休業なども本気で考える必要性も出てくるかもしれません。そんなことにはならないよう祈るのみです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2017年12月14日 (木)

ビットコインバブル

Bitcoinビットコインと聞いて、利用したことがある人はわずかでも、初耳という人はほとんどいないと思います。この仮想通貨の直近一年余りのチャートが左の通り。少しでも相場に精通している人から見れば、バブルという言葉が思い浮かぶに違いありません。

ビットコイン相場は今月に入って一段高、月初から2倍以上となり、先週円換算で1ビットコイン250万円台の空前絶後?の高値を付けた後、半値近くまで急落するなど乱高下を続けています。昨年と比較すると一時20倍以上。こんなもの最早通貨ではなく、投機ゲームの対象、史上最大のバブルと呼ばれている17世紀のオランダのチューリップ相場と同じだと思っていたら、それを越したという記事をネット上で見つけました。

バブル相場は必ず弾けます。そして行って来いの過程で、ほんの一握りの勝者と圧倒的多数の敗者を生みます。これから我々はその姿を目の当たりにすることになるでしょう。

幸い、まだビットコイン相場は株式市場のように成熟しておらず、特に日本では参加者も限られています。だからこそ、これだけの乱高下となる訳ですが、既にこれだけの認知度、全く無視できるものではないはずです。これから訪れる急落&長期低迷の過程で、一時的にせよすべての市場を含めた資金の逆流が起こる可能性も秘めています。もちろん、目下好調を続ける日米の株式相場も含めて。

意外な形で世界経済は曲がり角を迎えているのかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年5月 7日 (金)

ブラックサーズデイ ~懲りない投機マネー~

1929年10月24日(木)、ニューヨーク株式市場はGM(ゼネラルモーターズ)株の急落をきっかけに全面安となりました。この日は当日中に銀行による買い支えが行われたため急速に値を戻し、落ち着きを見せました。大暴落のイメージが強いブラックサーズデイですが、株式市場の暴落は翌週以降、あくまで世界恐慌のきっかけとなった1日としての位置付けです。

2010年5月6日(木)、ニューヨークダウはP&G(プロクターアンドギャンブル)株の大幅安を発端に、一時1000ドル近く急落、その後急速に値を戻し347ドル安で取引を終えました。原因は誤発注ともコンピューター取引による影響とも取りざたされていますが、投機的な動きが加熱していなければ、このような変動は起こりません。ギリシャの混乱に代表される、ソブリンリスク(外国国債投資へのリスク)の問題が懸念される中、来週にかけて、世界の株式市場はどのような動きをみせるのでしょうか。

Nydow

1929年のブラックサーズデイは、上昇しつづけ加熱していた株式市場の転換となる初動の下げ。一方、今回の急落は、2007年に高値を付け、2008年秋の暴落を経た後の戻り相場で起こっている動きで、根本的にシチュエーションが違います。しかし、明らかな共通点は先程も記した投機熱。リーマンショックを忘れたかのような、株、原油、金の短期上昇は、新興国の経済回復だけでは説明がつきません。

調べてみると、1929年のアメリカや1989年の日本の株式市場など、相場の大転換となる暴落は波動の高値から安値まで約3年を要しているケースが非常に多いことがわかります。バブルがはじけて大きく下げた後、国家レベルでの対策で一度は持ち直しますが、投機熱が冷め切らない中での対策は、再度の引き締めが必要になります。今回の指標は、中国上海株式市場。2007年秋に高値を付けた同市場は、暴落を経て他国に先駆け翌年秋以降に反騰、このたびもニューヨークダウより早く戻り高値を形成し、現在下げを加速しつつあります。

この秋、世界の株式市場は再度安値を試しにいく可能性があると考えています。その過程で、当然ながら様々の問題が浮上し、日本経済にも少なからぬ影響が及ぶでしょう。回復基調にあり、好材料の多い今年の函館観光も、手放しで楽観はできないと思っています。

函館のホテルにもその資金が入っていた、日本を代表する投資ファンドグループ「ダビンチ・ホールディングス」の行き詰まりは、我々業界や地域経済にとって小さなニュースではありません。リスクに無頓着なお金が注入されたことにより、足元の環境に関係なく宿泊施設が増加し、目先の資金繰りに心配が無いため、利益が出なくても低価格競争が繰り広げられている異常な世界が正常に戻らない限り、この度の不況は終了しないと思います。

相場は当たるも八卦、外れるも八卦。しかし、変化は確実に起こります。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村