日記・コラム・つぶやき

2022年12月30日 (金)

展望2023

今年も残すところあとわずか。この1年、当地観光業界を振り返ってみると、未だコロナ前の状況には遠く及ばないものの、過去2年と比較すると明らかに復調の気配を見せ、特に全国旅行支援が始まった10月以降は目に見えて活気が戻ってきたように感じられます。年末を迎えている函館駅前も、帰省客以外で賑わう姿は実に久しぶりではないでしょうか。(写真は数日前の函館駅前。外国人の姿も目立つようになってきました。)

2022eki

年初にも記しましたが私の経験上、良い時も厳しい時も続いて2年。絶対水準に関係なく、大底から少しでも回復傾向が見えると、心理的にはものすごく良くなったように感じられるものです。インバウンド、特にFITと呼ばれる個人旅行が戻るのは当面先と覚悟しておりましたが、外国人宿泊客のすべてがFITである当ホテルでは、今月全客数の約1割ほどまで回復してきました。私の予想は良い方に外れました。中国の感染拡大により香港からの航空便の運航が規制されるとの報道があった直後、年末年始のインバウンド予約数件がキャンセルになるなど、まだコロナ禍を引きずる側面はあるものの、世界を見渡せば、この渦中にあるのは日本と中国だけの様相です。来年、更に悪化するようなことは無いものと信じます。早ければ2年以内にコロナ前の水準、全客数の3割程度までインバウンドは回復してくるのではないでしょうか。

少々気になるのは世界の景気。コロナに起因した過剰流動性は、世界各国の金利引き上げによって逆流し始めています。これは来年間違いなく実体経済に影響を与えるはずです。景気低迷程度の表現に治まれば、抑制され続けてきた国内観光需要への影響は軽微でしょうが、恐慌クラスの落込みとなったら話は別です。リーマンショックからの回復期に東日本大震災が襲ったように、回復の足かせになる可能性も否定できません。

それでも最悪期は脱しているはずです。今年、北海道ではインターハイの全国大会が行われ、一部競技は当地でも開催されます。併せて比較的大きなコンベンションも予定されている夏場は、ここ数年にない賑わいをみせるものと予想しています。これらのイベントがコロナで中止に追い込まれるようなことはもう無いでしょう。来年は、V字回復とはいかないまでも、試練の中にも回復基調を辿る、そんな1年を想定しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月 7日 (水)

ネット中継

善戦むなしくベスト16敗退となった日本代表のカタールW杯。日本戦こそ地上波でのテレビ中継で観戦することができましたが、全試合視聴可能なのは、ネットTVのABEMAです。無料で観れることもあって、私を含め多くの人達が利用しているものと思われます。

サッカーに限らず、人気のスポーツコンテンツは今後この流れが加速しそうです。W杯サッカーこそこのたびは無料で視聴することができましたが、次回以降は有料での入会が条件となるかもしれません。今回の無料放送は、入会を促すCMと考えた方が良いでしょう。既にその流れができつつあるのがボクシング。

2022box7

来週行われる世界バンタム級タイトル統一戦、井上尚弥選手とポール・バトラー選手の試合は地上波では放映されず、dTVと光TVの独占配信です。井上尚弥選手は世界のすべての階級の中でもトップクラス、サッカーでいえばブラジルやフランス代表クラスの選手です。地上波で放映されれば高視聴率間違い無しのところですが、試合の価値はそれを遙かに凌駕しているのでしょう。このたびこそ、お試しで無料視聴可能ですが、この先は何らかの月額課金サービスか、ペイパービュー方式により1試合限定で料金を支払う形でしか観ることができなくなるかもしれません。

ボクシングマニアの私としては見逃すわけにはいかず、dTVのお試し配信に登録しようとしたところ、どうも以前に1度やっていたようでやむなく一月限り入会することにしました。まあ、PPV方式で数千円かかるよりは月500円なら安いものと思うしかありません。

世の中キャッシュレス化も進み、TVも有料が当たり前と、昭和とは隔世の時代となってきました。昭和生まれのおじさんは、必死についていくしかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年12月 2日 (金)

ジャイアントキリング2

早朝3時50分に起きるため、昨夜は晩酌の時間を早め、そして量を増やし21時前に就寝しました。もちろんW杯、VSスペイン戦を観るためです。正直、予選突破は相当厳しいだろうと思っていました。しかし、日本代表が本気のスペイン代表と戦う姿など、この先、訪れることがないかもしれません。たとえ敗色濃厚でも見逃す手はありません。

結果はご存じの通り。戦前、ドイツにこそ付け入る隙があると思っていたものの、私の中の優勝候補ブラジル、スペイン、フランスの壁は簡単には越えられないものと思っていました。この勝利は、4年前のロスタイムの逆転弾も、29年前のドーハの悲劇も私の記憶から消し去るほどの衝撃があったといっても過言ではありません。

2022wc2

2点目の肝となった三苫選手のセンタリング。もし、VARというシステムが無かったら疑惑のゴールとして語り継がれていたかもしれません。まだ物議を醸しているようですが、テニスやバレーボールのように陰を写し出すシステムとなっていたら、ぐうの音出ないことでしょう。これぞ奇跡のセンタリングです。

日本が勝ち進まなくても好勝負は観るつもりでいましたが、大きな楽しみが残りました。決勝トーナメントでベルギーにリベンジしたいところでしたが叶わなかったようです。しかし、前回準優勝のクロアチアも相手に不足無し。16年前に分けた相手を下し、ブラジル相手に3度目のジャイアントキリングなどしたものなら、今月の睡眠時間は相当少なくなるだろうと勝手に心配しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年11月28日 (月)

一喜一憂

例年であればこの時期、プロ野球も終了し帰宅後に見たいテレビも無くなり、時間を持て余すことが多くなるのですが今年は違います。W杯サッカーが開催され、ゴールデンタイムにライブ中継が楽しめます。しかもネット無料配信があるため、PC観戦も可能。嫁に「サッカーばかり」と愚痴られることなく独自の世界にのめり込んでいます。

しかもこのたび、日本代表が格上のドイツに勝利したことで、我が家のみならず日本の景気が良くなるのではないかと思うくらいの盛り上がりを見せていました。これはベスト8どころか、4,2、1まであるのではないかと。しかし、W杯はそんなに甘くはありません。日本がドイツに勝つ確率以上に、コスタリカに足下をすくわれる可能性があることを忘れてはいけませんでした。W杯予選で日本が守りを固めた格下の相手に苦杯を喫する典型的な戦いで、その熱は急速に下がって今日を迎えています。

2022wc

深夜に起床して観たスペインVSドイツ戦は、同じサッカーでもレベルが数段違っているように見えました。そのドイツに日本が勝てたのだからスペインだってと思いたいところですが、同じ格上でもフィジカル優位で攻めてくるドイツやイングランドに対しては付け入る隙はあるものの、日本が目指すポゼッションとスピードに、テクニックを兼ね備えたスペインやブラジルには極めて分が悪いことは、専門家でなくとも理解しています。

ただ、純粋なサッカーファンとしては、日本戦に限らず日々国の代表が本気で戦う姿をLIVEで観ることができるこのたびのW杯は、毎日が至高の時間です。ひところと異なり、ほぼすべての国の代表選手の多くが、欧州のトップリーグに所属しており各国の力量は確実に縮まっています。モロッコがベルギーを下したように、まだまだ番狂わせも起こりそう。それが日本だっら、本当に景気が回復するかも知れないと思いつつ、今週は盛り上がりたいところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年11月18日 (金)

世界は今・・・

全国旅行支援が始まり、我々観光業界は久々に活気を取り戻し、当ホテルでも10,11月についてはコロナ前の2019年同月の売上水準に並ぶ勢いとなっています。しかし、これはあくまで一過性。新型コロナ第8波の拡大が報じられるようになると、一頃の予約の勢いは止まり、感染拡大を懸念したキャンセルの増加も目立ち始めるようになりました。

日本はいつまで同じ事を繰り返すのか。世界は既に脱コロナ状態となっていることをご存じでしょうか。日本のマスク着用率の異常さは、他都市の様子を伺うと一目瞭然です。今は便利なもので、直接現地に赴かなくても、ライブカメラでリアルタイムに世界の様子を知ることができます。

2022dab

上の画像はアイルランドの首都ダブリンのバーの様子でしょうか。誰もマスクをつけず、至近距離で会話をしている様子が伺えます。下はタイの観光地。マスク不要の多くの外国人観光客で賑わっています。店内の現地スタッフの多くも同様です。

2022thai2

海外では感染が治まっているかというとそうではありません。日本のように詳細な数がカウントされているかどうかは別として、既に報じられている通り、新たな変異株の比率が日本以上に広まっています。欧米の先進国ではワクチンの接種が進んでいるから安心感があるのではと思う人もいるかと思われますが、これも大きな誤解です。

2022waku

上のグラフを見れば一目瞭然ですが、人口あたりのワクチン接種率は世界でもトップクラス。にもかかわらず、国民は内外問わずマスクを着用し続け、感染者数の増加に日々怖れおののいているのです。これこそ洗脳に他なりません。

我々業界が本格的に立ち直るためには、旅行支援の継続より、新型コロナが風邪レベルの病状になったことを国が認め、過剰な対策をやめるよう宣言することが必要です。感染症2類を5類にすることを要望するより、現政権中枢の退陣を求めたほうが早いのではないかと思う今日この頃です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年9月29日 (木)

最高のエンターテイメント

我らが北海道日本ハムファイターズ。今年は始めからあまり期待はしておりませんでしたが、パ・リーグ断トツの最下位に沈んでしまいました。例年であれば、終盤になって下位に低迷するチームには興味を失ってしまうものですが、今年は最後まで、BS、CS,DAZNを通じてテレビ中継を見続けました。

新庄BIGBOSSの采配により、若手選手が台頭。おそらく、他チームだったら1軍に名を連ねることすら無かったであろう、ドラフト8位、9位の新人がチームの中核をなし、高い潜在能力を持ちながら力を発揮できなかった選手を我慢強く使い続けることで結果が出始めました。チームの成長を感じることで、勝敗以上の魅力を感じた年でした。

更にPLAYだけでなく、「きつねダンス」が全国区になるなど、魅せる部分では12球団トップクラスだったのではないでしょうか。極めつきは昨日の札幌ドーム最終戦。試合終了後のセレモニーは、満員の観衆が帰ることなく”新庄監督”の脱BIGBOSS宣言を見届けました。古いファンからすれば、ヤリすぎの声が上がるのも無理のないところですが、日ハムファンとしては十分楽しませてもらいました。

2022bb5

思えばファイターズ人気が北海道に根付いたのは、大リーグから日ハムに移籍した新庄選手が、当時のプロ野球の常識を覆す派手なパフォーマンスで、野球に興味の無かった人達まで引きつけ、更には結果までも残した成果でした。今、そのときと同じ匂いを感じつつあります。来年の我らが北海道日本ハムが楽しみでなりません。

昨日の日ハム試合後のセレモニーを観て、日本人にとってプロ野球は最高のエンターテイメントだと改めて感じました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年9月 8日 (木)

愚策!これでは増えないインバウンド

政府は昨日、入国者数の上限を5万人にするなど新型コロナの水際対策を緩和しました。テレビニュースなどでは、緩和を歓迎する声や、逆に外国人観光客が増加することによる不安の声までも取り上げていましたが、我々宿泊業界の反応は全くもって異なります。

2022inbound

コロナ前、当ホテルに宿泊していた外国人の大半は個人旅行です。添乗員を伴わないパッケージツアーを解禁したところで、その恩恵はほとんどありません。しかも今更ワクチンの3回接種に加え、ビザ取得が必要とならば、どれだけの外国人が日本に行こうと思うでしょうか。

同業の宿にリピーターの外国人から次のようなメールが届いたようです。翻訳したものの一部を紹介します。

「今日、ようやくガイドツアーなしの新しいルールの詳細が判明しました。これが短期観光ビザの人が入国できる唯一の方法だなんて馬鹿げています。11月7日の我々の出発までに日本が正気に戻るとは思えないので、1月30日のメルボルン⇒成田便にフライトを変更しました。あとは、その時までに国境の状況がまともになっていることを祈るのみです。・・・(中略)・・・もしかしたら、1月・2月の日程が4月・5月にまた延期になるかもしれないね。ため息が出ます。」

これが現実です。政府はこれで観光業界が納得できると思っているのでしょうが、この程度の緩和をしたところで多少増加するのはビザ取得条件のビジネス客と、富裕層の国内観光客の海外旅行。ゴールデルートと呼ばれるところにはわずかながらのメリットはあるかもしれません。一方、地方の観光都市など全く恩恵を受けないでしょう。

それにしても現政権は何をやるにしても小出し小出し。功罪はあるにしても、何事も強引にすすめた安倍・菅政権が懐かしくすら思えます。いつになるか分かりませんが、感染症2類を5類にするタイミングで、入国制限の完全撤廃が来る日を待つしかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年8月25日 (木)

まさかの休刊「ボクシングマガジン」

そういえば今月、まだボクシングマガジンを読んでいないと思い、”楽天マガジン”で読もうとしたところ発売されているはずの9月号が見つかりません。ネットで検索してみると、何と8月号を最後に休刊になっているではありませんか。

2022box6

私がボクシングマガジンを読み始めたのは小学校3年生くらいから。学生時代は本屋で立ち読みし、ここ数年は毎月購入するなど、50年近くに渡ってほぼ見逃したことのない月刊誌でした。最近、楽天マガジンに掲載されることになったのを機に、ネット購読するようになったのですが、それからわずかの期間で休刊になるとは。毎月、千円を超える雑誌を数百円の月額使用料で他の雑誌とともに読めるようになったことで、喜んでいたのもつかの間、休刊になるくらいだったら書店販売に徹してくれたほうが良かったのに。

ボクシングファンというのはかなりコアで、好きな人はほぼマニアレベルです。私のように毎月ボクシングマガジンを楽しみにしていた人も少なくないはず・・・いや、少ないけど好きな人は毎月読んでいたはず。だからこそ65年以上続いた専門誌です。

最近は井上尚也選手が世界的にも評価され、今や知らない人がいないくらいのスターとなったことでボクシング人気も再燃、専門誌にとっても追い風と思っていたのですが現実は厳しいようです。一部マニアが熟読する専門誌に限らず、多くの雑誌が安価にネットで購読できるようになり、気付けば市内の書店も少なくなりました。これも時代の流れなのでしょうか。

ボクシングマガジンにはボクシングに限らず、本の読み方、文章の書き方の基礎を学んだといっても大袈裟ではありません。大変残念ではありますが、これからは残されたボクシング専門誌「ボクシングビート」を購入することになりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年8月16日 (火)

インフレ序章

私がインフレを経験したのは今から50年も前の幼少時代。ソフトクリームの値段が2倍、3倍になっていくのを目の当たりにし、子供ながらに物の値段は上がっていくものなんだと感じていました。

2022bukka

今世紀に入り、日本では物の値段は全く上がっていません。これは世界的に見て極めて異例なことです。加えて、昨今の円安で”日本の物”の安さが際立っています。これは当然是正される方向に向かいます。

このところエネルギーや食料の価格上昇が際立っていますが、当ホテルにおいてもリネン関係等の値上げ要請が始まり、今月請求が来た電力料金は、過去にないくらい高額で驚いていたところです。また、このたび最低賃金が大幅に引き上げられましたが、秋以降、様々な物やサービスの値段に少なからぬ影響を与えることは必至です。

世界的には一頃より原油価格が落ち着き、ウクライナ戦争の影響も織り込みつつあるように見えますが、基本的にトレンドは変わらないと見ています。資源に限りがある中、世界の人口は増え続けているからです。

加えて日本には前述した通貨安という特殊な事情があります。現在、国内においては土地の値段が底堅い動きとなっています。これは自国通貨からみた日本の不動産の異常な安さに気付いた外国人投資家が動き始めている証左でしょう。これは不動産に限ったことではありません。円安に歯止めがかからない以上、物価の上昇を止めることはできません。小手先のガソリンや小麦の価格抑制策など一時凌ぎにしかなりません。今の日本政府、そして日本銀行にはその手立てが無いのです。金利を上昇させるという選択肢を持ち得ていないからです。

インフレは決して悪いことばかりではありませんが、今の日本においては大きなマイナスインパクトとなるものと考えます。多くの人が経験していない急激なインフレ、あるいは意図しない金利上昇は一時的にせよ日本経済に大打撃を与えるのではないかと思うところです。

アフターコロナも決して楽観できるものではありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年8月 6日 (土)

回復途上

3年振りの開催となった函館港まつりの期間中、函館駅周辺は雨で花火大会が順延となった初日も含め、本当に久しぶりに多くの人で賑わいました。一方、当ホテルの8月の入込は、ほぼ満室となったのが花火大会開催予定だった1日と土曜日の今日、この先では8月11日から13日といったところ。コロナ前の例年であれば、8月1日から15日まではほぼ100%に近い稼働率となるため、比較すると7割程度の入込みでしょうか。

2022minato

昨年、一昨年の夏、そしてGW明けがあまりにも低い稼働だったため、それに比べると大夫戻ってきたという感覚ではありますが、まだまだ回復途上。7月中旬くらいまでは、8月中の予約は順調にみえていたのですが、第7波と言われる感染拡大が報道されるようになると途端に予約の伸びが止まりました。7月末に予定されていた大学の陸上大会も急遽中止となり、大量のキャンセルも発生して少々意気消沈しているところです。

函館に限らず、この夏多くのイベントが再開され、今日からは夏の甲子園も鳴り物入りの応援で開催されています。コロナに対する世間の感覚も一頃とは異なり、怖れるばかりではなくなってきました。不安を煽る報道は続きますが、多くの人達の周辺に感染者が増え、そのほとんどすべてが風邪以下の軽症なので当然の結果でしょう。

後は多くの国々が既に取り入れているように、政治がこのウイルス性の風邪を特別なものではないとの判断を下せば、7割程度の回復が10割へと戻ると思うのですが。今の政権には不信感しかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧