日記・コラム・つぶやき

2022年9月 8日 (木)

愚策!これでは増えないインバウンド

政府は昨日、入国者数の上限を5万人にするなど新型コロナの水際対策を緩和しました。テレビニュースなどでは、緩和を歓迎する声や、逆に外国人観光客が増加することによる不安の声までも取り上げていましたが、我々宿泊業界の反応は全くもって異なります。

2022inbound

コロナ前、当ホテルに宿泊していた外国人の大半は個人旅行です。添乗員を伴わないパッケージツアーを解禁したところで、その恩恵はほとんどありません。しかも今更ワクチンの3回接種に加え、ビザ取得が必要とならば、どれだけの外国人が日本に行こうと思うでしょうか。

同業の宿にリピーターの外国人から次のようなメールが届いたようです。翻訳したものの一部を紹介します。

「今日、ようやくガイドツアーなしの新しいルールの詳細が判明しました。これが短期観光ビザの人が入国できる唯一の方法だなんて馬鹿げています。11月7日の我々の出発までに日本が正気に戻るとは思えないので、1月30日のメルボルン⇒成田便にフライトを変更しました。あとは、その時までに国境の状況がまともになっていることを祈るのみです。・・・(中略)・・・もしかしたら、1月・2月の日程が4月・5月にまた延期になるかもしれないね。ため息が出ます。」

これが現実です。政府はこれで観光業界が納得できると思っているのでしょうが、この程度の緩和をしたところで多少増加するのはビザ取得条件のビジネス客と、富裕層の国内観光客の海外旅行。ゴールデルートと呼ばれるところにはわずかながらのメリットはあるかもしれません。一方、地方の観光都市など全く恩恵を受けないでしょう。

それにしても現政権は何をやるにしても小出し小出し。功罪はあるにしても、何事も強引にすすめた安倍・菅政権が懐かしくすら思えます。いつになるか分かりませんが、感染症2類を5類にするタイミングで、入国制限の完全撤廃が来る日を待つしかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年8月25日 (木)

まさかの休刊「ボクシングマガジン」

そういえば今月、まだボクシングマガジンを読んでいないと思い、”楽天マガジン”で読もうとしたところ発売されているはずの9月号が見つかりません。ネットで検索してみると、何と8月号を最後に休刊になっているではありませんか。

2022box6

私がボクシングマガジンを読み始めたのは小学校3年生くらいから。学生時代は本屋で立ち読みし、ここ数年は毎月購入するなど、50年近くに渡ってほぼ見逃したことのない月刊誌でした。最近、楽天マガジンに掲載されることになったのを機に、ネット購読するようになったのですが、それからわずかの期間で休刊になるとは。毎月、千円を超える雑誌を数百円の月額使用料で他の雑誌とともに読めるようになったことで、喜んでいたのもつかの間、休刊になるくらいだったら書店販売に徹してくれたほうが良かったのに。

ボクシングファンというのはかなりコアで、好きな人はほぼマニアレベルです。私のように毎月ボクシングマガジンを楽しみにしていた人も少なくないはず・・・いや、少ないけど好きな人は毎月読んでいたはず。だからこそ65年以上続いた専門誌です。

最近は井上尚也選手が世界的にも評価され、今や知らない人がいないくらいのスターとなったことでボクシング人気も再燃、専門誌にとっても追い風と思っていたのですが現実は厳しいようです。一部マニアが熟読する専門誌に限らず、多くの雑誌が安価にネットで購読できるようになり、気付けば市内の書店も少なくなりました。これも時代の流れなのでしょうか。

ボクシングマガジンにはボクシングに限らず、本の読み方、文章の書き方の基礎を学んだといっても大袈裟ではありません。大変残念ではありますが、これからは残されたボクシング専門誌「ボクシングビート」を購入することになりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年8月16日 (火)

インフレ序章

私がインフレを経験したのは今から50年も前の幼少時代。ソフトクリームの値段が2倍、3倍になっていくのを目の当たりにし、子供ながらに物の値段は上がっていくものなんだと感じていました。

2022bukka

今世紀に入り、日本では物の値段は全く上がっていません。これは世界的に見て極めて異例なことです。加えて、昨今の円安で”日本の物”の安さが際立っています。これは当然是正される方向に向かいます。

このところエネルギーや食料の価格上昇が際立っていますが、当ホテルにおいてもリネン関係等の値上げ要請が始まり、今月請求が来た電力料金は、過去にないくらい高額で驚いていたところです。また、このたび最低賃金が大幅に引き上げられましたが、秋以降、様々な物やサービスの値段に少なからぬ影響を与えることは必至です。

世界的には一頃より原油価格が落ち着き、ウクライナ戦争の影響も織り込みつつあるように見えますが、基本的にトレンドは変わらないと見ています。資源に限りがある中、世界の人口は増え続けているからです。

加えて日本には前述した通貨安という特殊な事情があります。現在、国内においては土地の値段が底堅い動きとなっています。これは自国通貨からみた日本の不動産の異常な安さに気付いた外国人投資家が動き始めている証左でしょう。これは不動産に限ったことではありません。円安に歯止めがかからない以上、物価の上昇を止めることはできません。小手先のガソリンや小麦の価格抑制策など一時凌ぎにしかなりません。今の日本政府、そして日本銀行にはその手立てが無いのです。金利を上昇させるという選択肢を持ち得ていないからです。

インフレは決して悪いことばかりではありませんが、今の日本においては大きなマイナスインパクトとなるものと考えます。多くの人が経験していない急激なインフレ、あるいは意図しない金利上昇は一時的にせよ日本経済に大打撃を与えるのではないかと思うところです。

アフターコロナも決して楽観できるものではありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年8月 6日 (土)

回復途上

3年振りの開催となった函館港まつりの期間中、函館駅周辺は雨で花火大会が順延となった初日も含め、本当に久しぶりに多くの人で賑わいました。一方、当ホテルの8月の入込は、ほぼ満室となったのが花火大会開催予定だった1日と土曜日の今日、この先では8月11日から13日といったところ。コロナ前の例年であれば、8月1日から15日まではほぼ100%に近い稼働率となるため、比較すると7割程度の入込みでしょうか。

2022minato

昨年、一昨年の夏、そしてGW明けがあまりにも低い稼働だったため、それに比べると大夫戻ってきたという感覚ではありますが、まだまだ回復途上。7月中旬くらいまでは、8月中の予約は順調にみえていたのですが、第7波と言われる感染拡大が報道されるようになると途端に予約の伸びが止まりました。7月末に予定されていた大学の陸上大会も急遽中止となり、大量のキャンセルも発生して少々意気消沈しているところです。

函館に限らず、この夏多くのイベントが再開され、今日からは夏の甲子園も鳴り物入りの応援で開催されています。コロナに対する世間の感覚も一頃とは異なり、怖れるばかりではなくなってきました。不安を煽る報道は続きますが、多くの人達の周辺に感染者が増え、そのほとんどすべてが風邪以下の軽症なので当然の結果でしょう。

後は多くの国々が既に取り入れているように、政治がこのウイルス性の風邪を特別なものではないとの判断を下せば、7割程度の回復が10割へと戻ると思うのですが。今の政権には不信感しかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年7月30日 (土)

山は動くか・・・人流抑制不要の声

このたび市内会社経営者が、新型コロナに関し政府が行っている人流抑制策に疑問を呈し、反対の意を唱える署名活動を行いました。結果1500筆を超える署名が集まり、私も微力ながら協力させて頂きました。そしてその署名を昨日、道と函館市に対し提出して参りました。

202207302

度重なる感染の波を経て、いくつかの事実が明らかになっています。オミクロン株においてPCR陽性判定者(感染者と呼ばれている)の99%が無症状か軽症であること。当初言われていた接触感染は皆無に近いこと。また、このたびの第7波で明らかになりつつあるように、ワクチン接種による感染予防効果は極めて乏しいこと。しかし、それらに対する政府の対策は、極めて不合理としか言いようがありません。

特に人流と感染の関係については、昨年夏の感染拡大とその収束において、また、第6波時における人流抑制策をとった都道府県と行わなかった都道府県の比較において、全く相関性がみられませんでした。また、クラスターの主流が高齢者介護施設や学校、家庭であり、飲食店などでのクラスター発生は全体の5%以下でしかありません。にもかかわらず、最も効果的な感染防止策は、未だ人流抑制と言われています。

この明らかにおかしな対策にもかかわらず、メディアで報じるのは感染症の専門家の偏った声で、人流抑制の”被害”を受けている業界については「かわいそうにな」程度の扱いでしかありませんでした。世の中も、たとえ間違っていても感染防止策こそ正義といった風潮で、国も自治体の首長の多くも、政策の検証すら行わず、従前の対策を繰り返すばかりです。

そこでとったのがこのたびの行動です。おそらく、新型コロナ対策について、民間団体として署名活動を行い行政に提出したのは初めてではないでしょうか。署名提出の際には人流抑制策の回避の他、指定感染症2類を5類への変更、過去に行った様々な対策の効果の検証を国に申し入れてほしいことなどを要請しました。

我々に限らず人流抑制策により多大な損失を被っている業界は少なくありません。このたびの行動が全国に広がり、この病に対する国民の認識と対策が大きく変わり、少しでも早くコロナ前の世界に戻ることを願って止みません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年7月23日 (土)

今こそチャンス2類⇒5類

巷では第7波と呼ばれる感染拡大が猛威を振るっているようです。さすがに私の周りでも感染したという人が増えてきました。しかし、聞くところによるとその症状は風邪かそれ以下。発熱したとしても1日か2日で、多少咳が長引く程度。のどのイガイガで終了したという人も少なくありません。私の知る限り重篤化したという人は誰一人存在しません。

問題なのは、検査で陽性になると10日間も家で軟禁状態にされること。いたって健康状態であってもかかわらずです。更に家族や周囲の人達が濃厚接触者に認定されると、その人達も7日間の拘束。それが嫌で、自ら感染した可能性を感じても、敢えて検査など受けなかったという人も一人二人ではありません。

確かに第1波のときは、得体の知れない病でもありました。しかし、今は死に至る病ではありません。プロ野球選手がこれだけ感染して、一人でも重篤化した人がいるでしょうか。少なくとも若年層にとって、何らかの疾患を持つ人を除いては風邪と同等に扱って良いレベルです。感染力が強いことばかりが強調されていますが、デルタ株に比べ、いやオミクロン初期と比較しても、極めて弱毒化しているのです。

このたびの感染者の急増は、ワクチン接種が感染防止に何ら役立っていないことを証明したようなものです。面白いデータを見つけました。私がフォローしているフェイスブックで知ったのですが、浜松市は市内の感染者について詳細なデータを公表しています。下図はワクチンの接種回数別に感染者数をカウントしたものです(クリックで拡大)。それによると、3回接種しようが4回しようが、ワクチンの接種回数と感染者数の比率に明確な差異は見られません。国のデータでは2回接種までしか公表していませんが、これは何かを隠匿する意図があるのではないかと疑ってしまいます。重篤化する人が少ないのも、ワクチン効果なのかウイルスの弱毒化が主因なのかも分からないのに、国もメディアもワクチン接種を薦めるのには違和感しか感じません。

2022hamamatu

医療体制を健全化し、かつ経済をコロナ前の状態に戻す為にも、今こそ感染症2類を5類に変更する好機です。これは持論ですが、コロナの治療費は無償化する必要もありません。そうすれば、軽症者が病院に行くことも無くなり、まして発熱したくらいで救急車を呼ぶ人もいなくなるはずです。PCRも有料化、ワクチンも無理に薦めず、打ちたい人だけ打てば良い。普通の病気と同じ扱いにすべきです。ワクチン接種でボロ儲けしている、専門家を抱えた一部医療関係者は猛反対するでしょうが。トップには決断してほしいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年7月 8日 (金)

オレオレ詐欺未遂

80代の私の母親に電話が掛かってきたのは、ちょうど北海道新聞の特殊詐欺の記事を読み終わったころといいます。日赤病院の医師から「息子さんが急に声が出なくなったということで診察したところ、膿がたまっていたので緊急手術で除去しました。明日、再度精密検査を行いますが、もしかしたら癌かもしれません。」とのこと。そして、ガラガラ声の私(役)に変わり、容体が良くないこと、そしてこのことは誰にも言わないでという話をしたそうです。嫁に言わなくても良いのかと問うと、「精密検査の結果が出てから自分から連絡する」と言ったそうです。

2022sagi2

この時点で既におかしい話ですが、母は私が癌かもしれないということで既にパニック状態となっていました。その後、私(役)から再度電話があり、日頃大変お世話になっていて、このたびも病院まで動向してくれた○○建設の○○社長が、急遽本日中に現金が必要になったとのこと(このくだりは母の話からもはっきりしません)。それで、今、家にどれくらいお金があるか、すぐに下ろせる預金はどれくらいあるか私(役)に聞かれると、母はご丁寧にも家にある現金と、複数の定期預金の金額をすべて話したそうです。

簡単に話すとこんなところですが、○○社長役が電話に出て、丁寧な挨拶をしたり、私の携帯電話が一時紛失して見つかったもののロックされている状態だと病院の警備係から連絡があったりと、かなり手の込んだ劇場型だった模様です。

結局、完全に騙されている母は近くの銀行にお金を下ろしに行ったのですが、その銀行では一定金額以上を引き出す高齢者がいた場合、警察を呼ぶマニュアルがあったということで、最初に近くの交番のお巡りさんが、程なく中央署の担当刑事がやってきて事情を聞かれたようです。そこでも自分は騙されていないと言い張ったようですが、担当刑事が日赤病院に連絡をして、そのような患者はいないと聞いて、ようやく我に返ったとのことです。

その後、刑事さんが私の実家である母の家に同行して、また家の周りを張り込んで犯人からの連絡を待ったのですが音沙汰無し。既に気付かれたものと諦めたようです。

私の母は、普段、自分は騙されることはないと思っていたようですが、このたびの件ですっかり自信を無くしたようです。様々な詐欺が身近に迫ってきました。我が家も不信な事象に対する対策マニュアルを検討するところです。皆様もお気を付け下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年6月25日 (土)

現場混乱 国の観光躍起策

準備を進めていたはずのGOTOトラベルが行われることなく、国はブロックごとの宿泊支援を小出しに延長。国主導の観光躍起策を実施したとたん、コロナ感染が再拡大すると参院選に響くためというのがもっぱらの見方。一方、観光業界を敵に回すのも良くないということで、この中途半端な宿泊支援が続けられています。

2022doumin4

毎度、対象期間終了の1週間前になって再延長の繰り返し。特に今回は厳しいながらも繁忙期入りしており、「どうみん割」はじめ各地ブロック割りの対象期間が延長された7月1日から14日の間は、既に割引無しでの予約が進んでいます。季節料金の変わる時期でもあり、急な方針転換には各施設混乱を記しています。

一方、混乱しているのはブロック割を主催している自治体も同様で、予算さえ追加されれば問題無いというほど単純ではないようです。どうみん割の場合、所定の割引に加え、地域内で利用できる「ほっかいどう応援クーポン」が配布されるのですが、度重なる延長によりクーポンが足りなくなり、施設によってはクーポンが枯渇し配布できていないところがあるようです。

当ホテルでも7月14日まで延長するとクーポンが足りなくなることが目に見えていたため、再配布を申請しようとしたところ電話が繋がらず、それどころか、渡島振興局からクーポンが余っていないか問い合わせが来る始末。幸い後日、増刷により再配布の連絡が来て、当ホテルではクーポンが渡せなくなる事態は避けられそうになりました。

宿泊支援策をして頂くのは有り難いことですが、支援される側のことよりも選挙のことの方が大切と考えるこの国のトップはどうも信頼おけません。7月15日以降には全国を対象とした宿泊支援策を再開するとのことですが、いつ発表するかさえ決まっていません。これも選挙に利用するつもりでしょうか。既に予約が進んでいる中、我々業界は混乱するばかり。回復基調の国内観光に水を差すことにならないよう願うばかりです。

尚、当ホテルではお電話もしくは公式HP経由の予約について、対象のお客様にはどうみん割を適用致します。既に予約済みのお客様についても、柔軟に対応致しますのでご連絡頂ければ幸いです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年6月14日 (火)

フィッシング詐欺

当ホテルのメールアドレスは、当然のことながら公に開示しています。なので、ビジネス上有用なメール以外にも、日々セールスや怪しいメールも含め、莫大な数が送信されてきます。大半は迷惑メールとして削除していますが、先般、フィッシング詐欺と思われるメールにあわや引っ掛かるところでした。

2022sagi

上記メール(クリックで拡大)は、「えきねっと」を装ったフィッシング詐欺メールです。普段、この手のメールはすぐに見抜けるものですが、このたび引っ掛かりそうになったのは、同じJR系列のアプリ「モバイルSuica」の公式なお知らせで、同じような処理をしたばかりだったからです。「モバイルSuica」では、登録しているメールアドレスが間違っていないか確認するだけのものだったのですが、「えきねっと」を装ったメールから「えきねっと」ログイン画面を装ったURLに移行すると、姓名など基本情報を入力後、カード番号やセキュリティーコードを入力する画面に移ります。

これが実に巧妙に出来ていて、「えきねっと」公式サイトと全く変わらない画面となっています。幸い、カード番号まで入力するのはおかしいのではないかと、ここで手を止め、メール画面に戻ったところ、よくよく読むと文章には明らかに違和感があり、送信メールアドレスの末尾が.cnとなっているではありませんか。

もし、カード情報を入力して送信していたら、まんまと引っ掛かっていた訳です。自分は大丈夫だと思うことなかれと、思い知らされた一件でした。皆様もお気を付け下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年6月 8日 (水)

日本の至宝

小学校3年生の頃からボクシングマガジンを読み始め、当時はすべての階級の世界チャンピオンの名前を無駄に覚えていました。50年近くボクシングマニアを続けている私が言えることは、井上尚弥選手は日本の歴史上最強のボクサーで、現在のすべての階級において1番なだけではなく、世界のボクシング史上10指に入るスーパーボクサーに違いないということです。

2022box5

ボクシングファンであれば誰もが知るところではありますが、全盛期は過ぎたとはいえ、今回2ラウンドで散ったドネア選手は決して弱い選手ではありません。井上選手以外の日本のバンタムウェイトの選手に相手になるような選手など皆無なのは当然ながら、他の世界ランカーで彼とまともに戦える選手を探すのが難しいレベルの伝説のボクサーです。

それでも、今の井上選手なら早い決着もあるのではと思っていましたが、想像を超えていました。もし4団体統一戦が実現するなら、それは容易に達成できるであろうし、上の階級の強者との戦いも楽しみでしかありません。こんなスーパーボクサーが日本人で、これからもその戦いを観ることができることはボクシングマニアにとってどれだけ幸せなことか。いつか、この日本の至宝を生観戦したいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧