日記・コラム・つぶやき

2021年9月25日 (土)

コロナより怖い供給過剰

専門家の予想とは裏腹に、新型コロナの感染者は全国的に急速に減少し、ようやく発信力がある方達から緊急事態宣言などの人流抑制策に対する懐疑的な意見が聞かれるようになりました。冷静に様々なデータを分析していれば、素人目にもこのウイルスは多少の対策とは関係なく、ウイルスの事情で増減を繰り返していることがわかるはずです。

季節の影響を受けるであろうこのウイルスは、これから冬にかけて再流行することも十分考えられますが、ワクチン接種が急速に進んだ我が国では、次の山は低くなり重症化率も低下、仮にウイルスの事情で感染力がさらに強くなったとしてもそれと反比例して毒性は弱くなるものと考えられます。日本医師会に対する批判の声も相まって、この先、緊急事態宣言などは発せられないだろうと思う次第です。コロナによる経済活動の停滞はこの冬をボトムに、来春くらいからは急速に回復に向かうものと予測しています。

一方、我々の業界は一筋縄にはいかないものと覚悟しています。当地に限ったことではありませんが、インバウンドで賑わっていたころに計画された宿泊施設が、このコロナ禍の大底に次々と完成し、大都市や観光地を中心に宿泊施設の供給過剰が顕著になっています。この函館駅周辺においても、コロナ前の3年前と比較して規模の大きなホテルが7棟も増加、さらに間もなく完成する施設や建設中のものもあるというところです。

2021htl

仮に宿泊需要が急速に回復したとしても、供給数が倍増したとすると、既存施設はコロナ以前の半数、新設優位なこの業界では更に下回ることでしょう。加えて、国内需要は様々な施策で回復したとしても、インバウンドが回復するには更に時間を要するものと覚悟しなくてはなりません。国内経済が回復すると、今行われている金融面での支援策は打ち切られることでしょう。そのような中、借りたお金は返さなくてはなりません。仮に収支トントンとなったところで、手元資金は減少の一途です。

自然災害やパンデミックによる落込みは必ず回復に向かいます。しかし、受給バランスが崩壊すると簡単に事は治まりません。供給に見合った需要の回復が期待できない以上、正常な状態に戻るには供給数の減少、すなわち淘汰以外にはあり得ません。

宿泊業界、これからが本当の経営手腕が試されるところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年9月18日 (土)

チャイナリスク

コロナ禍が生んだ世界的な金融緩和策は、実体経済を無視して株式市場への資金流入を招きました。コロナショックの急落から1年半、日経平均株価は約30年振りの高値を記録しています。年初来高値に面合わせ程度の日経平均はともかく、一部市場全体を表すTOPIXは、数ヶ月のもみ合いを経て明確に高値を更新しており、相場の教科書的には一段高を期待できる動きとなっています。

2021topix

昨年来、このジャブジャブの金余りの下、バブルが発生するとすればむしろこれからと感じ、私のわずかな個人資金の多くを株式市場に投じていましたが、ここから刈り取りとなるはずの昨今、想定したより早く不穏な空気が漂いはじめました。

総裁選オンリーのテレビニュースではほとんど報じられていませんが、ここ数日、一般紙でも扱われはじめたのが、中国の大手不動産会社「恒大集団」の経営危機問題です。中国の不動産バブルについてはかなり以前から懸念されていましたが、ソフトランディングを目指した国策の下、危機は表面化しておりませんでした。ところがここにきて、習近平による肥大化した民間企業をターゲットとした引き締め施策により、借入れに依存していた同社のリスクが顕在化。破綻は既に確定的で、国や地方政府による公的資金注入などによる金融システム危機回避が焦点になっているようです。

中国の一企業の倒産に過ぎないという楽観的な見方もあるものの、これが世界的な資金逆流のシグナルになる可能性も否めないと思っています。日本の1990年代と同じく、中国の生産年齢人口は減少に転じています。そのような中、高止まりしている不動産価格はいずれ是正されることは必至であり、これがきっかけで暴落と言わずとも下落傾向が鮮明となれば、今や世界の景気の下支え役となっている中国経済が大きく落ち込むリスクを孕んでいます。

仮にそうなったとしたら、様々な面で中国に依存している日本経済、そして株式市場に与える影響は軽微であるとは思えません。それが来月になるか来年になるか、あるいは杞憂にすぎないかはわかりません。コロナの次のリスクはチャイナリスクかと懸念している次第です。

多くの人に読んで頂くため参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年8月31日 (火)

ワクチン接種のその先

函館ホテル旅館協同組合による1回目の職域ワクチン接種を昨日実施致しました。申請から2ヶ月半、当初予定より2ヶ月弱遅れての接種開始です。モデルナ製ワクチンの不純物混合やその接種後に死者が出るなどネガティブな報道は気になるところですが、少なくとも一定期間感染や重症化が抑えられることはデータ上証明されています。観光業界に従事する接種希望者には安心感が与えられ、当地を訪れる宿泊客に対しても良いイメージに繋がるのではないかと思うところです。

2021waku3

かく言う私も接種して参りました。腕に対して直角に打つ筋肉注射に少しばかり恐怖を感じていましたが、痛みは普通の注射と同じ程度でほぼ想定内。1日経過した現在も多少患部にしこりを感じる程度で通常の動作に何の支障もありません。既に国民の半数が接種済みで、私の周囲でも多くの知人が受けたその経験談からは、1回目は気にする必要はないとのこと。2回目はやはり大小様々な反応があるようで、同年代男子で多かったのは、厳しい筋肉痛が2~3日続いたというもの。4週間後の2回目は少々気になるところです。

私の持論では、この病気は日本人にとって恐るるに足りない病であり、無理にワクチンを打つ必要もないものかと思っているのが正直なところ。ただ、一般の人より多少飲酒量が多く、少々血圧が高くなってきたのが気になる以外は、極めて健康体の50代半ばの中年ランナーがコロナで逝くのも、接種後の何らかの作用で死に致るのも宝くじに当たるような確率です。ならばこの壮大な治験の対象者になるのも悪くないと思った次第です。

今月、この職域接種と合わせ、国内ではワクチン接種が加速すると思われます。そうなれば、高齢者の感染が大きく減少したように第5波と呼ばれる感染の波は、まだ油断ならないと叫ぶ専門家の意見とは裏腹に、急速に落ち着いていくのではないでしょうか。一方、季節性の傾向が強いこのウイルスはこの冬再拡大する可能性も指摘されています。今こそ、デメリットのほうが多い人流を抑える政策から、医療体制を充実させることで重篤化を抑える方向に転換し、経済を立て直すチャンスとなるのではないでしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年8月27日 (金)

緊急事態宣言の無意味

北海道に3度目の緊急事態宣言が発令されました。これがどれだけ意味の無いものか、どう書き記そうか思案していたところ、私などが語るよりはるかにわかりやすく的を射たコラムに出会ったので、紹介させていただきます。是非多くの人に読んで頂きたい。

新型コロナ医療崩壊の原因は開業医の不作為だ(東洋経済オンラインより)

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年8月21日 (土)

職域接種再開

ワクチンの供給不足(政府の見込違い?)により、一時中断していた新型コロナワクチンの職域接種が再開されることになりました。

函館ホテル旅協同組合では、6月中旬に体制を整えて職域接種の申請をしたものの、わずか1日違いで延期の対象となってしまい、申請の翌々週に実施する予定だった接種を見送らざるを得なくなってしまいました。その後、厚労省から通達が来たのが7月下旬のこと。8月30日の週からワクチンの供給が可能になるとのことだったので、早速8月30日に接種できるよう準備を進めました。過去に梯子を外された経験から、それでも戦々恐々としておりましたが、一昨日、ワクチン保管用の冷凍庫が届けられ、まずは一安心したところです。

2021waku2

一方、我が家には函館市から私宛にワクチンの接種券が届けられました。当市では55歳以上の接種も開始されるようです。同年代の市民より早くワクチンを打てると思っていたのが、ほとんど変わらなくなってしまいました。ただ、職域接種のワクチンはモデルナで、市民対象となるのはファイザー製です。ある医療関係者から聞いたところによると、モデルナ製のワクチンの有効性が高いということで、今世界ではモデルナワクチンの奪い合いが始まっているとのこと。その真偽はともかく、組合理事職の私は当然ながら前者を選択します。

さて、これでようやく函館ホテル旅館協同組合加盟施設のスタッフは1ヶ月後には2度のワクチン接種を完了することができます。接種を終えれば感染しない訳ではないようですが、少なくとも一定期間感染率も重症化率も大きく押さえ込まれることは証明されています。全国各地からお客様を迎え入れる生業のものとして安心して務めることができると同時に、お客様にも安心感を与えることができるものと思います。

また、職域接種は当組合のみならず、6月中に申請したすべての企業団体に実施される見込みです。来月は日本のワクチン接種比率が一段と向上するものと思います。重症化率、致死率が抑えこまれれば、もう人流抑制策など不要となり、後は医療体制の根本を変えれば、インフル並の扱いで良くなるのではないでしょうか。いよいよ出口が見えてきました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年8月14日 (土)

インフルエンザ

もしインフルエンザが新型コロナと同等の扱いだったら、その流行期には1日あたり数十万人単位の新規感染者が公表され、死者も数百人に及ぶことが報道されると思います。しかし、人々は新型コロナのようにインフルエンザを恐れることはありません。それは、仮に自分が罹ったとしても、近くの町医者に行けば特効薬を施され、短期間で直ることを知っており、亡くなる方がいるといっても、それは高齢者や何らかの疾患をかかえている人の、いわゆる最後の一滴であるケースがほとんどとの認識があるからです。

2021corona6

デルタ株の感染力が高いといっても、インフルエンザの比ではなく、致死率や重篤化する人の比率も従来より大幅に低下しています。それでも、感染者数が増えれば、重篤化する人の数も増えて医療が逼迫するというのが、大方の”専門家”と呼ばれる方達の見解となっていますが、ならばどうすれば良いのでしょうか。人流を多少抑えたところでこの病気の感染が抑えられないことは、専門家でなくとも多くの国民は承知しています。たとえ緊急事態宣言下であっても、感染拡大地からの人の流れが無くならないことは、我々宿泊業界に携わるものでなくとも感じ取ることができるでしょう。

1年前とは異なり、国内でもワクチン接種が進み、この病気に対する治療方法も確立されてきました。インフルエンザと同じように、町医者での診察や薬の投与が可能となれば、重篤化する患者は大幅に減るに違いありません。無症状の感染者を隔離する必要など全く無くなり、極一部重篤化する患者の病床も、日本であれば問題なく確保できるはずです。新型コロナはやっかいな感染症であっても、ペストやエボラ出血熱のような恐ろしいものではありません。一部の政治力のある慎重論者の声を押し切り、政府もようやく感染症法の緩和に動きだしたようです。対策が人流の抑制から、医療体制の抜本的な改革に変わった時、元の世界へ急速に戻っていくことでしょう。

あと,半年の辛抱だと思っています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年8月 3日 (火)

昨年以下

例年であれば港まつりが開催され、観光客の入込みも最盛期を迎えるはずの8月ですが、想定以上の閑散状態が続いています。これは函館に限ったことではありませんが、オリンピックが無観客となり、タイミング悪くデルタ株による新型コロナ感染者の再拡大で人流抑制策がとられたことで、夏休みモードとは程遠い状況となりました。昨年の今頃はGOTOトラベルや自治体の観光施策によって悪いながらも盛り返し基調でしたが、施設の供給過剰も相まって、施設のランクにかかわらず繁忙期とは思えない価格破壊が生じている我々宿泊業界です。

81

新型コロナの感染者数は首都圏を中心に増加が目立っているとはいえ、高齢者へのワクチン接種が進んだことで重症化率や致死率は大幅に低下しています。ゴルフの松山選手が感染後に復帰してオリンピックでメダル争いをしたように、感染者のほとんどが軽症か無症状。もしすべての人を検査したら、感染者の半数は無症状なのではないかという説もあるほどです。若者も重症化するリスクもあると一部メディアや専門家が煽っていますが、実数を見ると極めて少数。最早、普通のインフルエンザレベルと捉えて良いのではないでしょうか。

総理が自宅療養を基本とすべきと言ったのもごもっともなことで、なぜこの病気を感染症5類に分類出来ないのでしょうか。早く感染防止策一辺倒から、ウィズコロナが当たり前の世の中にしなければ、我々業界のみならず我が国いつまでも浮上のきっかけはつかめません。良くはならないものの昨年を大底と考えていましたが、更に厳しい現実です。ワクチン接種が進み、国民のマインドが変わるまで、少なくともあと半年、底辺が続くものと考えなくてはなりません。

多くの人に読んでもらうため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年7月26日 (月)

無観客五輪開幕

前代未聞の無観客オリンピックが開幕しました。世論調査では五輪開催否定派が多数を占めていたにもかかわらず、テレビの視聴率は好調で、盛り上がりに欠けるかと心配していた競技も、少なくとも視聴者感覚ではいつも通りの熱戦が繰り広げられています。日本選手やチームの活躍が目立つ中、せっかくの観戦のチャンスを逃してしまった日本人の損失は如何ほどのものか。

2021olim

かく言う私も無観客でなければオリンピックを観戦する権利を得ていたひとりでした。妻と大学に進学して家を離れている二人の息子達と東京で合流し、柔道の予選などを観戦する予定でしたが、やむなくすべてキャンセルです。ちなみに4人分のチケット代と交通費、宿泊費併せて20万程。これに当地での飲食などを含めると更にウン万円ほど消費する予定でした。このような家族も世の中数万世帯もあったのではないでしょうか。幸いこの金額は使わずに済み、また戻ってくるわけですが、だからといって他に旅行をすることもなく、我が家的には地元で多少贅沢なものを食し、ソファーを買い換え、残りは貯蓄に回るものと思います。

最も損失を被るのはオリンピック開催の地東京です。900億と言われるチケット代のみならず、本来その何倍も落とされるはずの観客の消費が消え去るのです。東京都民はこれでも無観客となって良かった思っているのでしょうか。

オリンピックが無観客となる一方で、全国的に夏の甲子園の予選は多くの観客の下、地域によっては鳴り物入りの応援で盛り上がっています。肝心の本番はオリンピックの影響か、身内のみの入場となるのも皮肉な話です。日本人は新型コロナ対策を履き違え、せっかくの景気回復のチャンスを失っています。そのツケを払わされる時、この愚かさに気づくのではないでしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年7月21日 (水)

早くも夏バテ!

今年の北海道の夏は様相が違うようです。函館でも今日で4日連続の真夏日。近年、温暖化のせいなのか函館でも真夏日が増え、最高気温が30度前後の日が続くことも珍しくはなくなったとはいえ、問題はまだ7月中旬だということです。北海道で暑さが不快に感じるのは、例年せいぜい2週間程度。しかし、今年は早い段階で太平洋高気圧が北に張り出し、関東のような高温多湿が続いています。この分では、あと1ヶ月ほど真夏が続くのではないでしょうか。

2021natu

本来、夏が一番好きな季節である私も年齢とともに暑さによる体力消耗が早くなってきました。例年この時期、月間200㎞ほど走るのが習慣となっていたのですが、この暑さに加え1年半以上マラソン大会が無かったこともあり、ランニングへのモチベーションも上がってきません。心拍数を上げるきついトレーニングはもちろん、一度に10㎞以上の距離を走ることも少なくなり、気がつけば以前のようなペースで走ることができなくなってしまいました。

五十路を過ぎて、加齢による衰えというものを身に染みて感じています。中高生のうちは1年単位で記録が劇的に伸びるのとは逆に、中高年は年々遅くなるのもやむを得ないことではあるのですが。ゆっくり長い距離であれば、もっと走れると思っていたのが、最近は股関節が耐えられなくなり、そろそろランニングも引退を考えなくてはならないと思うこのごろです。

元々、あと1回函館マラソンを走ってフルはやめようと思っていたところに、コロナで2年伸ばし。どうもこのブランクが42㎞を走りきる体力を奪ったようです。今後はファンランに徹し、還暦までに47都道府県走破を当面の目標としたいところです。いよいよ本格的にゴルファー転向かな!?

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年7月13日 (火)

洗脳日本

80代の母曰く、「デルタ株は若い人も重症化するらしいねえ、クワバラクワバラ・・・」。確かに、テレビのニュースやワイドショーばかりを見ているとそう思うのもやむを得ないかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか。

ネットで調べると、国内外の新型コロナウイルスの感染状況の客観的なデータを見ることができます。確かに国内では感染者数は増加傾向にありますが、感染者に対する重症化率や致死率はむしろ低下傾向です。それもそのはず、重症化しやすい高齢者のワクチン接種が進み、全体としては重症化する人の割合は減るはずです。また、高齢者の感染者も減少しているため、その分、低年齢層の感染者の割合も増加しています。これはむしろ良いニュースではないでしょうか。

それでは、若年齢層の重症化率は上昇しているのでしょうか。より詳しくデータ分析をしている方もいるので引用させてもらいました。

2021corona5

それによると、人口約1400万人の東京都のうち50代は195万人。確かに今回の感染拡大過程で50代の重症患者は倍増しました。その数トータル20名。10名ほど増えました。40代は223万人。重症患者は増えたかもしれませんが、全部併せて10名以下です。増えた減ったと言える数でしょうか。全くばかげた扱いです。

こんなことを毎日毎日大きく扱うことで、日本人は洗脳されてしまっています。プロ野球は良くてオリンピックはだめなのかという全うな理論で観客を受け入れる宮城県知事は批判され、サッカー感染者数に占める首都圏在住者の比率も示せずに無観客開催とした北海道知事に違和感が沸かないのもおかしな話。北海道にも毎日、数千、あるいは万という単位の人達が首都圏と往来しているのです。もし、有観客にして感染者が増加したら誰が責任をとるのかと言ったコメンテーターがいましたが、そんなことを言っていたら世の中何もできなくなってしまいます。

今の日本、やっていることがおかしいと冷静に分析しているのは、むしろ路上飲みをしている若者の方かもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

より以前の記事一覧