日記・コラム・つぶやき

2021年3月 2日 (火)

函館の新型コロナ収束!?

函館では先週、市立函館病院の新型コロナ入院患者がゼロになり、今度は軽症の宿泊療養者もいなくなりました。昨日まで7日連続で市内新規感染者も確認されておらず、これを収束と言わず何と呼ぶのでしょうか。

2021corona

もちろんメディアで伝えられているように、リバウンドや第4波など不安を煽る声もありますが、これでも尚、緩むなと言う気でしょうか。ちなみに函館市は緊急事態宣言が発せられておらず、飲食店の時短制限など掛けられておりません。当ホテルは一定期間臨時休業したものの、それに対する補助金などはありません。

過去のパンデミックの事例からみて、これからも感染の波は来るかもしれません。ただし、感染の山は次第に低くなり、いずれ完全に終息するのがパターンです。変異によって致死率が高くなるケースも考えられますが、ファクターX=類似ウイルスによる抗体を保有しているといわれる日本人への影響は軽微でしょう。感染の波は、緊急事態宣言を出そうが出すまいが、ロックダウンしようがしまいが関係なく、ウイルスの事情によって起きるもので、最低限の対策下であれば大差は無いことはいずれ証明されるはずです。

この2ヶ月ほど、専門家が想定していたより国内での感染者の減少ペースははるかに大きくなりました。一説には濃厚接触者を追わなくなったり、PCR検査のCT値の基準を下げた結果とも言われていますが、例えその通りだとしてもそれが本来の姿と言えます。多くの偽陽性者のせいで経済が止まり、感染者よりはるかに多くの国民が苦しんでいたのです。

医師会のトップの皆様方には、二酸化炭素測定器の設置とか他業界に口出しするより先に、感染者数が落ち着いている間に新型コロナに対する医療体制を整えることに力を注いでほしいものです。・・・と、影響力のある方に言ってほしいと思う次第です。

ともかく、今、函館は安全です。道内で一番早く春を迎える函館へ、免疫力を高めに来て下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年2月11日 (木)

異論!新型コロナ対策

先日、たまたま知り合いの医者のFBを発見し、新型コロナ対策について持論を展開されていたので興味深く読ませて頂きました。一部医療関係者や評論家が強調している論調とは異なり、医者の立場から、今、国や自治体がとっている新型コロナ対策に異論を唱えているものでした。

その中で、昨年12月以降、非常事態宣言エリアとそれ以外の地域の新型コロナ新規感染者数を比較したグラフが紹介されていたのですが、びっくりするほど類似する波形を描いていました。メディアでは様々な評価がなされていますが、このグラフからは非常事態宣言は全く効果が無いものと言わざるを得ません。

2021pcr1

また、テレビのニュースやワイドショーで連日目にする専門家が、いかにも正論のように語る新型コロナ対策とは対局をなす専門家の動画も紹介されていたので、シェアさせていただきます。

2021pcr

長い動画ですが、要約するとこんな感じです。

○欧米に比べ、新型コロナによる日本人(東アジアを含む)の感染者数や死者数が少ないのは、従来の風邪すなわち土着のコロナウイルスによる免疫ができていたことに加え、感染初期に弱毒の新型コロナが流行したため、多くの日本人に免疫ができたため(いわゆるファクターX)。

○新型コロナウイルスの抗体の半減期は36日。なので抗体検査による集団免疫の検証は無意味。一方、一度感染すると基礎免疫により感染しにくくなる。既にワクチンを打っているのと同様の効果がある。

○ステイホームは逆効果。特に年配者は様々な病気に対する抵抗力を失うことになる。

また、特に腑に落ちたのはPCR検査についてです。一部メディアではPCR検査を増やすことがすべての解決に繋がるようなことを囃し立てていますが、これを見るといかに間違っているかがわかります。これも要約すると・・・

○PCR陽性者=感染者ではない。

○PCR検査は唾液などに含まれるウイルスの断片を2→4→8→・・・と増殖させて、一定の倍数(CT値)でウイルスの有無を判断する検査法。日本の場合CT数は45。1個のウイルスであっても陽性となる。発症したり感染させるリスクがあるウイルス数は1万~10万個の場合。台湾のCT数は35程度(1000個程度のウイルスで陽陰判定。台湾に感染者が少ない一因)。日本の場合、圧倒的多くの偽陽性者を生むことになる。

○新型コロナが2類感染症に指定されていることで、偽陽性者も隔離しなくてはならないため、欧米に比べ感染者数が数十分の一にもかかわらす、医療崩壊が懸念されている。現在の医療危機は行政ミスによる人災である。

他にも我が意を得たりと思う話が紹介されていますが、私が記しても説得力が無いので、興味がある方は、下記リンクをクリックして下さい。

動画1

動画2

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年1月27日 (水)

マネーストック

全くの私見ですので、無視してもらってかまいません。

今、世界で何が起こっているか考えてみると、新型コロナという病気に対し、人類が必要以上に恐れおののいてしまい、平時の活動が滞っているとでも言いましょうか。それを落ち着かせるために、日本に限らず、世界各国の政府はお金を供給し、困っている人たちを一時的に救おうと必死です。

経済全体に供給されているお金の総量のことをマネーストックと言います。私が金融機関で働いていたころはマネーサプライと呼ばれていました。このコロナ禍で、全世界的にマネーストックの伸び率が異常値を示しています。理由は前述した通りですが、その結果何が起こるのでしょう。供給された通貨は目的通りに使われるとは限りません。

今朝のワイドショーのテーマにもなっていた、コロナ対策として国から自治体交付されたお金が、全くコロナとは関係のないことに使われているのもその一例でしょう。コロナ対策であったとしても、交付金を通じて各自治体が行っているイルミネーションや宿泊補助などの集客策の是非が、全く議論すらされないのもおかしな話です。感染拡大下、GOTO再開が異常なまでに批判されているにもかかわらずです。メディアの誘導もあって、世間の感覚が麻痺しているのだと思います。・・・これは余談です。

2021nk2

世界の株式市場は昨春、コロナショックで急落した後、予想外にV字回復し、多くの市場では目に見える経済不況の中、コロナ前の株価を上回りその勢いはまだ衰えておりません。これをバブルと呼ぶ専門家もいますが、マネーストックの異常な伸び率からみると、バブルはむしろこれからかもしれません。私が経験してきた中で、株価がピークを迎えるときは、普段興味が無い人まで関心を示すものですが、まだそこまでに至っていないように感じられます。

我々の業界をはじめ、先が見えない厳しさを体現しているところが多い一方、お金の供給量が増加すると必ず潤うところが出てきます。今の半導体業界が正にそのような状況です。需要に供給が追いつかないなど、この不況下、関係ない業界にいると全くピンとくるものではありません。

この1年、私たち観光業界は引き続き厳しい年となるものと覚悟しておりますが、マーケットはコロナを他所に意外高を演じ、コロナとは全く関係ない事象で弾けるのかもしれません。目先、貧富の差がより拡大するのは確実でしょう。せめてもの対策として、一度その比率を落とした私のわずかな株式投資金額を、昨年後半倍増させました。当たるも八卦。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年1月23日 (土)

ゴルフブーム!?

コロナ禍でゴルフがブームになっているといいます。

スキー同様、ゴルフ慣れが深刻になっていた若年層で新たに始める人が増え、アルペンは業績を上方修正してまさかの最高益更新。思えば、春先、函館では初めて練習場で順番待ちというのを経験しました。我々の業界でも、多くの施設が苦しむ中、いち早く前年並みに回復したのがゴルフ場でした。

ステイホームが叫ばれて運動不足でストレスがたまり、近場でしかも感染リスクが小さい外で出来るスポーツに脚光が当たったようです。かく言う私もブームを牽引していたようで、昨年は各地のマラソン大会が中止になったことで、スポーツの軸足はゴルフになっていました。業界団体のコンペはことごとく中止にはなったものの、同業の仲間は基本的に暇な一年。プライベートでのプレーが増えました。

それだけではありません。特に冬になると家にいる時間が増えたことで、ゴルフレッスンのYOUTUBEを見ることが多くなりました。少し前までは、本格的なレッスン動画は有料でなければ見れなかったものが、広告収入というビジネスモデルが確立されたためか、”企業秘密”的な技術をわかりやすく説明してくれるものが増えています。お陰で、私の頭の中の引き出しは積み上がり、妄想の世界ではシングルの域に達しています。

それだけだったら良かったのですが、様々なクラブの試打する動画を見たのをきっかけに道具に興味を持つようになり、そうなるとどうしても欲しくなってしまいます。今、ネットで何でも簡単に買えてしまうのが良いのか悪いのか。始めに数世代前のドライバーが安く売っていたので、この値段なら失敗しても良いかと買ったのが始まり。練習場で試してみると今使っているのより確実に20ヤードも飛距離が伸びました。

と、なると苦手なフェアウウェーウッドも欲しくなりポチッ。更には10年近く使っているアイアンも進化しているはずと検索してみると、シニア向けぶっ飛び系アイアンという評価が目にとまり、もう我慢が効きません。

2021golf

・・・と、いうわけで頭の中だけの技術と、一度も試していないフルチェンジのクラブで雪解けを待ち焦がれる今日この頃。飲食の支出が減った分、私の財布はゴルフ業界に貢献しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年1月11日 (月)

5G

3年以上使っているスマートフォンの電池の減り方が早くなってきたため、久々に機種変更することにしました。携帯電話を持ってから一度も変えていない会社のHPを覗いてみると、新機種の大半は5G。地方の普及には時間が掛かると聞いていましたが、普及エリアを確認してみると何と自宅が入っているではありませんか。最初に使えるようになると思っていた当ホテルのある函館駅周辺は、意外にもまだ対象にはなっていないものの3月末までには対象地域になるとのこと。ならば私も5G。時代に遅れる訳にはいきません。

2021sumaho

以前は店頭に預ければ新機種が使えるようになったのを、今は自前でデータなどの引き継ぎをしなくてはなりません。正確には店頭でやってもらうには別途手数料が発生します。新機種はオンラインショップで購入し、届いた新機種と既存のスマホとの間で引き継ぎ作業。2台並べるだけで様々なデータが移されることに驚き、既に時代に大きく取り残されていることを実感しました。

これで新機種が直ぐに使えるようになる訳ではなく、様々なアプリは各々自力で移さなくてはなりません。その作業に現在悪戦苦闘中。それぞれアカウントやパスワードが必要で、それをメモった(はずの)手帳の文字を追うアナログ作業。新機種の開通までにはまだまだ時間がかかりそうです。

ところで、私が5Gを使って何が変わるのか良く分かっていません。通信速度が飛躍的に速くなるとのことですが、ゲームをしない私がスマホで行うことは短い通話とLINE、ネットで情報を得ることとたまにYOUTUBE動画、後は写真を撮ってインスタを更新するくらい。速度的に困っていることはありません。でも、きっと何か新しいことができるのでしょう。

とにかく時代に遅れる訳にはいきません。道具だけでも・・・。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年1月 8日 (金)

厳しい冬

函館では今年になって一度も、昨年末から数えると10日以上、気温がプラスになっていません。北海道の南端の都市がこのような状況ですから、北海道全体が10日以上冷凍庫状態と言って過言ではありません。

2021kion

水道管が凍結したり、破裂して水浸しになったことがニュースになっているようですが、私の周辺でも珍しいことではなく、臨時休業中の当ホテルでも館内の室温を低めに設定したせいか、ボイラーへの給水管が凍結してあわやカラ炊き寸前。自宅でもストーブが停止したと思ったら、原因は排気口の凍結。排気口の上に乗った雪が融けたのは良かったのですが、排気の熱より外気の冷たさが勝るという、今まで経験したことのない事態に見舞われています。

真冬日が続くのはともかく、道南函館で最低気温が氷点下10℃を下回る日がこれだけ続くのは中々無いこと。暖冬だった昨年とは一転、経営環境とともに厳しい冬になっています。

ところで先日、テレビのニュースで専門家が語ったことが気になりました。コロナウイルスが最も活性化するのは気温が5℃から15℃の間であるとのこと。なるほど、関東以西、しかも乾燥した太平洋側での感染拡大が目立つ訳です。一方、札幌を中心とした感染拡大がひと頃より落ち着いているのは、GOTO停止や時短営業などの対策が奏功したというより、寒すぎてウイルスが活動できなくなったため?

まだまだ厳しい冬は続きそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2021年1月 5日 (火)

自助

GOTOトラベルの停止とは無関係に全国的に新型コロナの感染が拡大し、首都圏では緊急事態宣言の発動にまで至ることになりました。冬に風邪が流行るように、風邪の仲間である新型コロナも必然的に気温の低下とともに再流行しています。旅行の移動による感染拡大なんかより、人口密度の高い地域での”密”の多さの方がよっぽど危険であることが証明されたと言ったら怒られてしまうでしょうか。

2021goto

市中感染が広まってしまっている以上、最強クラスの寒波が何度も襲ってくるこの冬、簡単には感染拡大は収まらないでしょう。むしろ検査を増やせば増やすだけ感染者が顕在化し、今の制度では医療体制も対応する保健所の機能もオーバーフローしてしまうことは目に見えています。この病を指定感染症から外すか、昨年春先のように意図的にPCR検査を抑制しない限り、この中途半端なパニックは収まらないものと考えます。

今回、緊急事態宣言が発せられても、道内はもちろん首都圏においても我々宿泊業界はじめ、飲食業界以外には休業要請されることはないと思います。それは同時にセットとなる財政的支援を受けられないことを意味します。予算も無尽蔵にあるわけではないのでやむを得ないことでしょうが、GOTOトラベルの停止が延長され、経済活動が一段と冷え込むと、地方の観光業界も緊急事態を宣言されていると同等です。

最早、国や自治体に頼ることなく自らの危機は自らで守る自助の段階に入っていることを覚悟しなくてはなりません。自助の先に公助はありません。このようなことも想定して、当ホテルは休業を選択しています。この特別な時代、自主的な休業は恥ずべきことではないと考えました。あらゆる手段を使って生き残っていかなくてはなりません。試練はまだ1年以上続くものと想定しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

2020年12月29日 (火)

どうなる来年

大変な1年が間もなく終わろうとしています。ホテル経営に関わって約20年、いや社会人となって三十有余年、証券会社時代はバブルの崩壊に始まり、1990年代後半の金融危機、この業界に入ってはSARSの流行、リーマンショックに東日本大震災と幾度も厳しい局面を迎えましたが、今回の新型コロナの影響はその比ではありません。今から思えば、業界にとって有珠山噴火や胆振東部地震による観光客の落込みなど比較対象にならない出来事のように感じます。正に100年に一度クラスの危機を私たちは体現しているのかもしれません。

2020lst

新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大した時、この影響が収束するまで少なくとも2年は擁するものと覚悟しました。混乱が顕在化してからまだ1年足らず。従って、ワクチン接種が始まって経済もV字回復に向かうであろうと予測しているように見える株式市場とは裏腹に、まだ当面、世の中の混迷は続くものと予想しています。

日本国内に目を向けると、混迷の度合いが深まるか否かは東京オリンピック開催の可否にかかっていると思います。仮に開催できるとしても、完全な形では行われないであろうとは誰もが感じているところでしょう。いずれにせよ、年前半にマインド的に落ち込む場面があるのではないでしょうか。

一方、人の流動の大底は今年だと思っています。ただ、V字に回復することはなく戻りは期待はずれの緩やかなものになりそうです。今年は様々な制度で手元資金に逼迫する企業はそれほど多くはないものの、特に我々観光業界に属する企業は支出超過が続きます。緩やかな戻りでは支出を補うことができず、資金繰りに窮する会社が今年以上に増えるものと思います。経済指標が対前年で上向く中、今年のような過度な救済策は取られず、体力の乏しいところは撤退を余儀なくされるのではないでしょうか。

世界的な財政支出の誇張による金余りで予想外にもバブルの様相を呈している株式市場も、どこかで曲がり角を迎えることになるでしょう。それが皮肉にも新型コロナ収束のタイミングかもしれないし、このような局面によくある全く別の悪材料かもしれません。それに伴う金融不安の発生が、再度の正念場になるのかもしれません。

兎に角、試練はもう1年続くものと心しています。何が起ころうと自らが淘汰されぬよう新たな年に挑んでいくしかありません。こんなことを書きながら何ですが、皆様、良いお年をお迎え下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年12月18日 (金)

変遷加速、慣例・習慣

世の中の慣例や習慣というものは、時代時代によって移り変わっていくものです。ところで、このコロナ禍、様々な分野においてそのスピードが加速しているように見受けられます。


象徴となっているのがリモート何とかに代表されるデジタル・テクノロジーの世界ですが、アナログな我々の業界でいうと店舗型旅行センターの終焉といったところでしょうか。北海道では数年前まで主要駅には当たり前のようにあった「ツインクルプラザ」という駅併設の旅行センターが、あと数ヶ月で完全に無くなります。旅行の個人化とインターネットの普及によって、店舗で旅行商品を購入する人が年々減少し、将来的な閉鎖が決まっていたのですが、新型コロナによる旅行需要の減少でその撤退が前倒しとなりました。


東日本でも「びゅうプラザ」と呼ばれる駅併設の旅行センターの閉店が相次いでおり、「駅に行けば旅行の予約ができる」という少し前までの当たり前の世界が消えゆくことになります。大手旅行代理店においても街中の旅行センターの撤退が相次いでおり、今後旅行の組み立ては携帯端末でおこなうことが慣習となることでしょう。もう、なっているか。


身の周りのことでいうと、最近目立って届いているのが次のようなお知らせです。


2020nennga


年賀状による挨拶を今後は行わないという連絡が来たのは1社や2社ではありません。思えば私の息子たちは、メールやラインなどで年始の挨拶を行っているようで、年々はがきのやりとりが減少し、今やこれがスタンダードになのかもしれません。各社これもコロナ禍、冷静に節約できるものを考えての決断なのかとも思う次第です。日本独特の年賀状文化も消えゆくことになるのでしょうか。


当社では当面賀状による挨拶を行う予定で、本日はお歳暮の発送も行ったところです。デジタル庁が出来る時代、そろそろアナログな発想を転換しないとついていけなくなるのかと迷う今日この頃です。


多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。


↓↓↓


 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2020年12月11日 (金)

GOTO停止は混乱を招くだけ

新型コロナ感染者数が全国的に拡大し、GOTOトラベルが悪者のように一部メディアが煽っていますが本当にそうでしょうか。元々、風邪の一種である新型コロナは気温の低下とともに再拡大するであろうと言われていました。それが現実になったのと、時を追うごとに民間事業者も加わってPCR検査数が増えていることで感染者数が顕在化しているのが最大の要因と思われます。

2020goto8

GOTOによって人の移動が増えたことで感染者が増加したのも一因かもしれませんが、感染者が増加しているのは大都市中心であり、地方に拡大していると言っても、観光地が目立って増加しているデータはどこにもありません。一時期、観光客の回復が目立った当市は、全国指折りの観光地でありながら、北海道内において人口比で見ても極めて少ない感染者数です。ヨーロッパでは日本より遙かに厳しいロックダウン政策を行っていながら、日本とは桁が違う数で新規感染者や死者が増加している国も少なくありません。

たとえGOTOが無くとも人の移動はあった訳で、燻っていたウイルスが冬とともに拡大したと言って間違いないでしょう。GOTOのみを悪者扱いにするような印象操作には憤りを覚えるところです。

とはいえ、感染拡大など無視して積極的に旅行をして下さいと言う気は毛頭ありません。GOTOを停止するまでもなく、感染拡大報道と道による自粛要請で、当ホテルのみならず市内の観光、宿泊施設はとっくにGOTOや道民割施行前の閑散状態に戻っています。本来、稼ぎ時であるはずの市内飲食業界などは我々以上に厳しい状況でしょう。今は人を呼ぶより体力を温存することが最大の経営戦略だと思うところです。

GOTOが事実上機能していない中で、制度そのものを停止してしまうと、我々業界も既に予約している方たちも、そして取り消し作業を行う事務方も大混乱になることを想定している方はいらっしゃるのでしょうか。制度を維持したまま、移動を控えるように言うのは矛盾しているようで合理的な策であるのです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧