« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月27日 (火)

今年の夏も暑い!?

一昨日、平年よりも高い7月中旬並みの気温の中、函館マラソンは開催されました。秋に行われるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に向けての調整に最適ということで、特にハーフの部には、オリンピアンの一山麻緒、前田穂南両選手や、一山選手の夫で日本記録保持者の鈴木健吾選手の他、招待選手以外にも日本のトップランナーが集い、市民マラソン大会としては毎年大変豪華な顔ぶれとなります。

2023hm4

さて、ランナー達にとっては、やや厳しい条件ながらも、完走率は95%超と過去2番目の高さになった模様です。昨年は当地の7月上旬としては珍しく真夏日に近くなり、完走率が極端に落ちたため、今年は開催日を1週早めました。当地も年々気温が高くなっていることを実感しており、暑さが本格化するこれからの季節は夏バテ対策も考えなくてはなりません。

2023tenki3

先日発表された長期予報によると、現在スーパーエルニーニョなるものが発生しているらしく、そうなると日本の夏は高温傾向となるとのことです。今のところ、猛暑は西日本中心のようですが、油断なりません。真夏日が珍しかった函館も、その数は明らかに増加傾向で、”熱中症は内地の話”ではなくなってきました。

この夏、北海道ではインターハイが行われます。選手は、北海道だからといって油断せずに、熱中症対策の準備を怠らないようにして下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年6月19日 (月)

間もなく2023函館マラソン

本年の函館マラソンまであと1週間となり、コースにもなっている漁火通りではランナー達の姿が目立ってきました。私もかつてはここを定番のトレーニングコースとしていましたが、コロナ渦中に腰を痛めてしまい走ることができなくなってしまいました。コロナ前まではハーフだったころを含め、ほぼ毎年参戦していましたが、今年はエントリーすることもなく、エイドの手伝いに回る予定です。

2023hm3

さて、その函館マラソン、コロナ禍での中断と(昨年は3年前のエントリーランナーのみの対象)エントリー料金の値上げなどから、正直、定員に到達するのは難しいのではないかと思っていたのですが、募集期間中に8000名の定員に達しました。今年行われている多くの大会では、定員に未達だったり、募集期間を延長することが目立っていたのですが、改めて当大会の人気を認識しました。今後は創設時の目標のひとつ、1万人規模の大会に向けて取組むことになるでしょう。

コロナの影響で、国内の市民マラソン大会は2年余りに渡って中止を余儀なくされました。この間、私のように怪我や加齢、そしてモチベーションの低下から走ることを諦めた同胞も多いものと予想されます。特に過酷なトレーニングを要するフルマラソンは、大会無くして走力を維持することは困難です。その影響からか、フル・ハーフ同時開催で、例年4000名づつのエントリーがあった当大会の今年のエントリー状況はハーフが1000名以上上回る結果となりました。

エントリー料金(ハーフ6500円、フル12000円)によるところもあるとは思いますが、1万人大会にするためには、フルマラソンエントリー増加が課題となります。全国でも数少ない街中完結のフルマラソン、そして毎年魅力度No.1を争う観光都市函館をPRすることが必要です。創設に関わったものとして、今後も大会の発展に尽力していくつもりです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年6月13日 (火)

函館山ハイキング

腰を痛めて、日課だったジョギングができなくなったので、今年から休日は妻とウォーキングをしています。自宅の近郊は歩き飽きたので、先日、意を決して?、函館山を登ってみることにしました。

マラソンのトレーニングで自動車道を駆け上がったことは何度もあるのですが、登山道を登ったのは小学校以来かもしれません。登山道入口に車を置き、旧登山道と書かれたコースを登ってみました。天候が良かったせいか、小さな子供からお年寄りまで、こんなに多くの人達が函館山登山?をしているとは驚きでした。更に意外だったのは、トレーニングしているランナーも多く、不覚にも私が知らないランニングコースでもありました。

2023mth3

2023mth8

2023mth4

2023mth5

整備された登山道とはいえ、山登りになれていないおじさんおばさんには結構つらく、汗かき腰をさすり山頂まで。この後、ほぼ平らな千畳敷コースを山の右から左へ。千畳敷と呼ばれる芝生で一休みした後、細い獣道のような七曲がりコースを下山。意外とこの下りが一番辛かった。

2023mth6 

2023mth7

車道に着くと、最後は一般道を通って再び登山道入口へ。約2時間、普段のウォーキングとは異なる筋肉と体力を使い、下半身は硬直状態。でも、久しぶりに長距離を走り終えたような爽快な気分にもなれました。

2023mth1

市民は毎日目にしている函館のランドマーク。お薦めのハイキングコースです(最後の案内図はクリックすると拡大します)。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年6月 5日 (月)

ネットでスーツ!?

衣替えの季節となり夏物のスーツを出したところ、少々痛みが目立っているものもあったので、1着オーダーで作ろうかと思案していました。近隣のデパートは廃業しており、何処に頼もうかとネットで検索していたところ、スーツもネットで販売していることを知りました。しかも、一流ブランドの生地を使用しているスーツが、おそらくフルオーダーした場合の半額程度で買えるではないですか。

2023zegna

幸い私の今の体型はJIS規格のAB6がジャストフィットしているので、調整する必要もありません。販売しているものが実は値段なりのものだったとしても、この価格なら授業料と思い、初めてスーツをポチッとしてみました。届いたスーツを着てみてビックリ。この生地でオーダーしたら、間違いなく倍の値段はするだろうという代物でした。裾上げだけは専門店でやってもらい1着完成。

お得感が強かったので、更にもう1着購入してしまいました。それにしても、いろいろなものがネットで買えるようになったものです。デパートの経営が成り立たなくなる訳です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »