« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月27日 (木)

変るか!函館

俳優の大泉洋の実兄が立候補し、現職市長と対決することで全国的にも注目を集めた函館市長選挙。私は両氏とも公私に渡り交流があったものの、選挙に関わってはいけない立場だったため、SNSを含め沈黙を保っておりましたが、大泉潤氏の圧勝は目に見えていました。もっとも、工藤前市長の3期12年に渡る功績は疑いの余地はなく、地方都市の厳しい環境下で、氏でなければ実現できなかった政策は数多く、一市民として感謝と尊敬の念を抱いることも事実です。

ところで、二人の公約において決定的な差となったのは北海道新幹線の現函館駅乗入れ問題です。端から無理と決めつけていた工藤氏に対し、大泉新市長は、乗入れの可能性を調査する予算を組むことを公約に掲げていました。私はその公約の根拠となるセミナーに参加しており、将来の函館のために、是が非でも実現しなければならない課題だと胸に刻んだことは、以前、拙ブログでも記しております。

2023senkyo

本日の北海道新聞の記事で新市長も示唆していますが、新幹線の函館駅乗入れはミニ新幹線だけではなくフル規格でも不可能ではありません。新函館北斗⇔函館駅間を高架ではなくライナー並の速度で走らせる上で掛かる費用は同等です。むしろその方が、新規の車両製造の負担も無く、話としては進めやすいのではないかと思う次第です。函館⇔札幌間をフル規格で往復させ、函館と東京方面への移動は新幹線同士での乗り換えにするほうが現実的ではないかと思うところです。

そしてもう一つ考えなくてはならないのは、もし新函館北斗⇔函館駅間が並行在来線扱いで3セク移行となった場合の影響です。函館駅はJRの駅ではなくなり、電化された保線の負担は如何ほどか。明治以降、交通の要衝として栄えた函館は、鉄道不毛の地としてさらなる衰退を余儀なくされるのではないでしょうか。

山を動かすには市民の熱意と国の力も必要です。新市長の手腕に期待しているところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年4月19日 (水)

エスコンフィールド北海道

この前の日曜日、朝から小樽で会議の予定が入りました。朝一の丘珠便を使えばギリギリ間に合うと思ったら、ビジネスユースが少ない日曜にこの便は無く、また、早朝から車を運転する気力など持ち合わせていません。なので、札幌に前泊することにしました。と、この日は日本ハムファイターズのホームゲームがあるではないですか。無事、チケットも取れたので、初エスコンフィールドとすることにしました。

2023escon1

札幌駅から約20分、北広島駅からは徒歩を選択してさらに20分。札幌ドームよりはやや不便なものの、初めてということもあって苦にはなりません。北広島高校グランドの隣に、この場所には似つかない巨大な建物が現れました。14時の試合開始ですが、せっかくなので12時前に入場して、球場内の見学と場内で昼食をとることにしました。しかし、考えることは皆同じのようで、場内のレストランや店舗はどこも大混雑。いろいろな場所も見たかったのですが、そんな余裕も無さそうです。人だかりが出来ていたダルビッシュと大谷選手が描かれた壁画の写真を撮って、列に並んで広島風お好み焼きを食べることにしました。

2023escon5

2023escon2

そう、この球場は従来のスタジアムとは異なり、食べ物のテイクアウトだけではなく数多くのレストランや飲食スペースが設けてあります。20分以上並んで、場内で生成されているというクラフトビールとおいしいお好み焼きを頂いたのですが、後で考えると別の手段をとった方が良かったことに気付きました。

2023escon3

スタンドは基本3階建て。しかし、そこそこ傾斜があり、これも他のスタジアムと違いスタンド後方でも決して遠く感じることはありません。また、札幌ドームのように前方に座っても長い階段を上る構造にはなっていません。試合が始まってしばらくすると、チケットを取ったとき、ほぼ満席だったはずの私のブロックに多くの空席があることに気付きました。その理由は間もなく分かりました。場内には魅力的な飲食スペースが多数あり、また、至る所にテレビが配置されており、飲み食いしながら試合の行方を知ることができることから、そちらで過ごす人も少なくありません。

2023escon4

また、この日は日ハムの見せ場がほとんど無く、コールドゲーム的な一方的な展開となったこともあって、スタンドよりも場内の飲食スペースが賑わっているようでした。かく言う私も、試合後半には、テレビで紹介されていた「七つ星横丁」で居酒屋モード。当然のことながら、試合中はどこの店舗も極端に並ぶ必要はありません。ここに限らず、本物の居酒屋的な店舗もあって、そこに腰を据えるひとも少なくありませんでした。このスタジアムには他にも様々な娯楽施設があるようで、今までの野球場とは明らかに異なるボールパークの様相です。

2023escon7

もう一つ特徴的だったのは、ここでは一切現金は使えません。カードやスマホ決済が必須で、通路から遠い席だった私は売り子からビールを買うために、横に並ぶ観客に現金ではなくスマホをリレー形式で渡してもらい支払いを済ませました。また、開幕時に言われていた、行き帰りの混雑も、追加の対策がされたせいかほとんどストレスもなく、帰りはスムーズに駅までの連絡バスに乗り、駅のホームも然程混むことなく帰路につけました。

2023escon6

早くも最下位に沈む日ハムの不甲斐ない戦いに、エスコンフィールドも空席が目立ち始めているようですが、野球観戦以外にも楽しめるこのボールパークは、一度足を運ぶ価値のある場所です。私も何度もリピートすることになるでしょう。後は、もっと頑張れ北海道日本ハムファイターズ!

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2023年4月14日 (金)

史上最速桜開花

本日、函館の標準木となっている五稜郭公園のソメイヨシノが数輪の花を咲かせ、開花宣言がなされました。平年より2週間、過去最速だった2002年の4月18日よりも4日も早い開花です。

2023sakura2

日当たりの良い場所では既に桜の開花を確認していたので時間の問題と思っていましたが、記録的な早さとなりました。この分だと来週半ばには見頃を迎え、GW突入の頃には葉桜と少しさみしい気もしますが、我々宿泊業界にとっては、GW前からピークが始まる嬉しい誤算です。

函館は例年より早く、本格的な観光シーズンを迎えることになりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2023年4月13日 (木)

黄砂強烈

稀ではありますが、北海道に黄砂が飛来することもあり、函館でも何度か体現しました。しかし、昨日のそれは今まで経験したことがないような強烈なものでした。

2023kousa1

気象庁が公表している黄砂情報を見ると、昨日の黄砂は北日本に進み、特に津軽海峡付近がMAXを表す赤い色になっているではないですか。昨日の函館は晴天ながら煙に覆われているように”モヤって”おり、普段は間近に見える函館山も霞んでいる状況でした。先月来、極力マスクを外している私も、外を歩くと喉がいがらっぽくなり目にも違和感を感じたことから、外出時に限りマスクを着用しました(画像は昨日午後、当ホテル屋上から見た函館山)。

夜に会合も無く、通常であれば打ちっぱなしにでも寄るところですが、さすがに体に良くないと思いとどまりました。今朝、過去に例のないほど車に砂が付着しているのを見て、その判断は正しかったと確信。黄砂は西日本特有のものと思っていましたが、近年の気候変動で道民も油断なりません。

2023kousa2

ある人が言っていました。「黄砂にミサイルと、北海道には厄介なものばかり降ってくる」と。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年4月11日 (火)

桜の恩恵

予想通り日に日に桜の開花予想日が早くなり、ここ道南函館でも北海道の主要地点ではトップを切って、今週末にも桜の開花宣言がなされそうです(画像は昨年の五稜郭公園の桜)。

2022sakura4

例年であれば、ちょうどGWに桜の見頃を迎える函館ですが、今年は一週間以上早まりそうで、当ホテルの予約もGWの前週の週末あたりからGWの終盤までほぼ満室に近い状況となっています。これは例年には見られない傾向で、コロナ禍前以上の活況となっています。ちなみにこの間、インバウンドの予約はごくわずかで、ほぼ国内観光客。まだ日本人が海外旅行を控えているとはいえ、正に桜の恩恵、うれしい誤算です。

更に誤算といえば、今年は統一地方選挙の年。例年、人の動きが鈍り、正直ただでも閑散期である4月中旬は期待していなかったところ、特需要因もあってそれなりの稼働となり、これまでの3年間とは雲泥の差となっています。

ようやく本格的に脱コロナが見えてきたところ。この先、電気料金をはじめとした様々な物の値上がりが経営を圧迫する中、天変地異などまさかの悪材料が現れることなく、入込みだけは継続してほしいと願うところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2023年4月 3日 (月)

最暖3月

人生の約4分の3、40年以上函館の3月を経験してきて、これだけ暖かい3月を経験したことは無かったので、おそらく観測史上最高を記録すると思っていたらその通りとなりました。函館の3月の平均気温は平年値の1.9℃に対し今年は5.3℃。3.4℃も高く、観測史上最高です。そしてこの平均気温は仙台の3月の平年値とほぼ同等というから驚きです。

温暖化で、特に春と秋が高温傾向となっていることは耳にしていました。確かに、過去、函館の3月の平均気温の高かった年のランキングを調べてみると、ベスト10のうち7回までが今世紀に入ってから記録しています。150年ものデータの蓄積がある函館の気象台の記録です。

2023tenki2

今年は函館に限ったことではありませんが、この分だと桜も最速での開花も予想されます。直近の各社の予想では、過去最速と並ぶ4月18日の開花予想が増えてきました。ちなみにこの先の気温傾向をみてみると、道南地方はかなり高い状況が続くとの予報も出ています。寒いよりは暖かい方が好みではありますが、この先、函館でも雪が積もらない冬や3月中の桜開花が現実になるのではないかと考えると、少し複雑な心境にもなる次第です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »