« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月

2022年12月31日 (土)

2023迎春

2023nennga

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年12月30日 (金)

展望2023

今年も残すところあとわずか。この1年、当地観光業界を振り返ってみると、未だコロナ前の状況には遠く及ばないものの、過去2年と比較すると明らかに復調の気配を見せ、特に全国旅行支援が始まった10月以降は目に見えて活気が戻ってきたように感じられます。年末を迎えている函館駅前も、帰省客以外で賑わう姿は実に久しぶりではないでしょうか。(写真は数日前の函館駅前。外国人の姿も目立つようになってきました。)

2022eki

年初にも記しましたが私の経験上、良い時も厳しい時も続いて2年。絶対水準に関係なく、大底から少しでも回復傾向が見えると、心理的にはものすごく良くなったように感じられるものです。インバウンド、特にFITと呼ばれる個人旅行が戻るのは当面先と覚悟しておりましたが、外国人宿泊客のすべてがFITである当ホテルでは、今月全客数の約1割ほどまで回復してきました。私の予想は良い方に外れました。中国の感染拡大により香港からの航空便の運航が規制されるとの報道があった直後、年末年始のインバウンド予約数件がキャンセルになるなど、まだコロナ禍を引きずる側面はあるものの、世界を見渡せば、この渦中にあるのは日本と中国だけの様相です。来年、更に悪化するようなことは無いものと信じます。早ければ2年以内にコロナ前の水準、全客数の3割程度までインバウンドは回復してくるのではないでしょうか。

少々気になるのは世界の景気。コロナに起因した過剰流動性は、世界各国の金利引き上げによって逆流し始めています。これは来年間違いなく実体経済に影響を与えるはずです。景気低迷程度の表現に治まれば、抑制され続けてきた国内観光需要への影響は軽微でしょうが、恐慌クラスの落込みとなったら話は別です。リーマンショックからの回復期に東日本大震災が襲ったように、回復の足かせになる可能性も否定できません。

それでも最悪期は脱しているはずです。今年、北海道ではインターハイの全国大会が行われ、一部競技は当地でも開催されます。併せて比較的大きなコンベンションも予定されている夏場は、ここ数年にない賑わいをみせるものと予想しています。これらのイベントがコロナで中止に追い込まれるようなことはもう無いでしょう。来年は、V字回復とはいかないまでも、試練の中にも回復基調を辿る、そんな1年を想定しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月27日 (火)

根雪が消えた!?

函館地方気象台が観測している函館市の積雪深が本日1㎝まで減少しました。函館空港や近郊の大沼の観測点では既にゼロとなっており、明日もも高めの気温が続くようなので、間もなく函館の観測点の積雪も無くなることでしょう。

12月に入って1日に10㎝以上の降雪があった日が実に6度。12月19日には一時積雪深が40㎝を超え、この時期としては当地でも珍しいほどの大雪となりました。市内は全面雪に覆われ、幹線道路ですら道幅が狭くなるほどだったので、これは間違いなく根雪となるものと誰もが思ったに違いありません。事実、根雪初日の平年日は過ぎており、12月の中旬以降にこれだけの積雪があれば根雪となるのが普通です。

2022huyu2

ところが、北陸地方での大雪が報じられているころ、どういう訳か道南には暖気が入り、その後も平年を上回る気温が続いています。気が付けば町中の雪はすっかりと融け、除雪による雪山を除いては路面状態も一月前に戻っています(写真は本日の当ホテル前)。

今年は大雪と覚悟した直後の気候変動。偏西風の蛇行により、この冬西日本の気温は平年より低くなり、北陸地方の雪が多くなるという長期予報は今のところあたっているようです。北日本は平年並みとのようですが、ちょっとした風向きで雪雲が流れ続けることが多い昨今。いったいどうなることやら。明後日以降はまた寒波がやってくる模様。一度消えた積雪も、記録上は根雪継続として残ることになるのかもしれません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年12月22日 (木)

【はこだて割&全国旅行支援】併用プラン

本日より全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE!割」の1月10日から3月31日宿泊分の予約受付が開始されました。割引率が従前の40%から20%に下がり、北海道応援クーポンは電子化されて一人平日2000円、休前日1000円の提供となります。

2022doumin10

しかし、当ホテルでは1月10日から1月31日に限り、はこだて割との併用プランを設定し、対象となるプランは60%OFFで提供しております。例えば、シングルルーム素泊まりの場合、宿泊客のメリットが最大となるよう税込5000円とし、併用割引を適用すると2000円で泊まることができ、平日であれば2000円分のクーポンが付くので実質無料です。

割引適用には、従来通り新型コロナワクチン3回接種済証もしくは陰性証明と本人確認の提示が必要です。宿泊日数は最大3泊まで。当ホテルで販売している「函館市プレミアム付商品券」を利用すると、泊まるとプラスにもなる大盤振舞いです。

おそらく、税金を導入したこのような宿泊優遇は今後二度と無いものと思われます。個人的には少々疑問を感じておりますが、使わない手はありません。ご予約は当ホテルウェブサイト経由限定で、素泊まりと函館朝市提携店舗での朝食付プランを用意しております。この間、ビジネス及び観光で函館にお越しの予定のある皆様、もちろん函館市民も歓迎です。ご予約を心よりお待ち申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月15日 (木)

「函館市プレミアム商品券」販売&利用開始のお知らせ

1冊1万円で千円券が12枚、1万2千円分の商品券が付いた「函館市プレミアム商品券」。市民向けに好評だったこの商品券が、函館市内一部ホテルの宿泊客向けにも販売されることとなり、当ホテルでも明日12月16日(金)よりフロントにて販売、同時に宿泊料金の支払いにも使用できるようになります。

2022cu

同商品券は、市内のコンビニや量販店、飲食店等で使用でき、滞在中の飲食やお土産などの買い物に有効に利用できるだけではなく、購入後にホテルの宿泊料金にも使用可能なため、そのまま宿泊料の割引にもなります。特に、全国旅行支援が実施されている現在、例えば4名1室20000円のお部屋は割引適用で12000円。先にプレミアム商品券を購入して宿泊代金に充てると1万円でお泊まりでき、更に平日であれば12000円分の北海道応援クーポンが貰えてしまうので、実質無料どころかプラスとなります。もちろん、宿泊料金が半額となるはこだて割との併用も可能。お得すぎるこのシステムには我ながら少々疑問も感じておりますが、利用しない手はございません。

尚、同商品券の購入は当ホテルご宿泊のお客様のみ、1回の宿泊(連泊を含む)に対しお一人1冊に限らせていただきます。市内で使えるお店はこちらから。有効期間は来年の6月15日までの半年間となりますので、ビジネス等で複数回来館予定のお客様にとっても魅力的な商品券です。

当ホテルにお泊まりの際は、是非購入の上、有効にご利用下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

2022年12月 7日 (水)

ネット中継

善戦むなしくベスト16敗退となった日本代表のカタールW杯。日本戦こそ地上波でのテレビ中継で観戦することができましたが、全試合視聴可能なのは、ネットTVのABEMAです。無料で観れることもあって、私を含め多くの人達が利用しているものと思われます。

サッカーに限らず、人気のスポーツコンテンツは今後この流れが加速しそうです。W杯サッカーこそこのたびは無料で視聴することができましたが、次回以降は有料での入会が条件となるかもしれません。今回の無料放送は、入会を促すCMと考えた方が良いでしょう。既にその流れができつつあるのがボクシング。

2022box7

来週行われる世界バンタム級タイトル統一戦、井上尚弥選手とポール・バトラー選手の試合は地上波では放映されず、dTVと光TVの独占配信です。井上尚弥選手は世界のすべての階級の中でもトップクラス、サッカーでいえばブラジルやフランス代表クラスの選手です。地上波で放映されれば高視聴率間違い無しのところですが、試合の価値はそれを遙かに凌駕しているのでしょう。このたびこそ、お試しで無料視聴可能ですが、この先は何らかの月額課金サービスか、ペイパービュー方式により1試合限定で料金を支払う形でしか観ることができなくなるかもしれません。

ボクシングマニアの私としては見逃すわけにはいかず、dTVのお試し配信に登録しようとしたところ、どうも以前に1度やっていたようでやむなく一月限り入会することにしました。まあ、PPV方式で数千円かかるよりは月500円なら安いものと思うしかありません。

世の中キャッシュレス化も進み、TVも有料が当たり前と、昭和とは隔世の時代となってきました。昭和生まれのおじさんは、必死についていくしかありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年12月 2日 (金)

ジャイアントキリング2

早朝3時50分に起きるため、昨夜は晩酌の時間を早め、そして量を増やし21時前に就寝しました。もちろんW杯、VSスペイン戦を観るためです。正直、予選突破は相当厳しいだろうと思っていました。しかし、日本代表が本気のスペイン代表と戦う姿など、この先、訪れることがないかもしれません。たとえ敗色濃厚でも見逃す手はありません。

結果はご存じの通り。戦前、ドイツにこそ付け入る隙があると思っていたものの、私の中の優勝候補ブラジル、スペイン、フランスの壁は簡単には越えられないものと思っていました。この勝利は、4年前のロスタイムの逆転弾も、29年前のドーハの悲劇も私の記憶から消し去るほどの衝撃があったといっても過言ではありません。

2022wc2

2点目の肝となった三苫選手のセンタリング。もし、VARというシステムが無かったら疑惑のゴールとして語り継がれていたかもしれません。まだ物議を醸しているようですが、テニスやバレーボールのように陰を写し出すシステムとなっていたら、ぐうの音出ないことでしょう。これぞ奇跡のセンタリングです。

日本が勝ち進まなくても好勝負は観るつもりでいましたが、大きな楽しみが残りました。決勝トーナメントでベルギーにリベンジしたいところでしたが叶わなかったようです。しかし、前回準優勝のクロアチアも相手に不足無し。16年前に分けた相手を下し、ブラジル相手に3度目のジャイアントキリングなどしたものなら、今月の睡眠時間は相当少なくなるだろうと勝手に心配しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

2022年12月 1日 (木)

冬襲来

今朝、目を覚まして窓の外を見ると一面の銀世界。一昨日の最高気温が18℃もあったのが嘘のような変りようです。月替わりとともに、突然、本格的な冬がやってきました。もっとも、この地に住んでいるとこれも珍しいことではなく、毎年、積雪とともに冬の訪れを感じることになります。

2022xmas3

函館の12月といえば「はこだてクリスマスファンタジー」。今日はオープニングに相応しく、雪の舞う中ツリーが点灯されることになりそうです。過去2年間は新型コロナのため、名物でもあったスープバーを行っていませんでしたが、今年は規模は縮小されるものの無事開催に至りました。ステージイベントは今年も中止にはなりますが、温かいスープを嗜みながら、ツリーの点灯と花火を楽しんではいかがでしょうか。

はこだてクリスマスファンタジーは今日からクリスマスまでの25日間、金森ベイエリアにて開催されます。詳しくは公式ウェブサイトにて。尚、当ホテルでも、スープバー前売り券を販売しております。お泊まりのお客様は事前購入がお得です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »