« 愚策!これでは増えないインバウンド | トップページ | 再開【はこだて割】予約受付開始 »

2022年9月13日 (火)

函館ラーメン裏街道

久しぶりに食の話題を一筆。

国道5号線と並行して通る「桐花通」は、おそらく観光客とは縁遠い市民専用通り。その、亀田本町と富岡1丁目そして昭和2丁目の境界が接する近辺には、個性的かつハイレベルなラーメン店が密集していることをご存じでしょうか。

中でも比較的有名なのは、通りに面する「麺屋狼煙(のろし)」。その看板ラーメン”狼煙そば”は、函館では珍しい超濃厚魚介豚骨。全国チェーン「天下一品」に代表される京都系ラーメンを食べられるのは、函館ではおそらくここだけ。その系統も好きな私は、しばしば通っている次第。

2022toka1

ある方から、「狼煙」の近くに高くても行列ができるラーメン店があると聞いたのは春先のこと。早速調べて訪れてみると、そこのラーメンは狼煙とは対局の東京系あっさり醤油の支那そばメイン。桐花通りから脇道に入った住宅街ながら、常に混んでいるこの店の名は「RAMEN ROOM18(ラーメンルームワンエイト)」。確かに麺、出汁からチャーシュー、シナチクに至るまで、明らかに他とは違う高級感。トッピングを加えると軽く千円を超えるお値段にもこれには納得。聞くところによると、ここの店主は東京の有名ラーメン店で修行の後、函館で独立出店したとのこと。ここも既に複数回足を運んでいます。

2022toka2

一方、「狼煙」のほぼ正面にあるのが担々麺専門店「麺屋彩辛」。ここ数年ブームのようで、函館にも専門店が増えてきましたが、ここの担々麺はスープに深みがあってお気に入り。太めの麺も担々麺によくマッチしていて人気の理由が分かります。好みの方は是非。

2022toka3

この「麺屋彩辛」から美原寄り、住宅街の目立たない場所にあるのが「ラーメン中華幸山(こうざん)」。この界隈では一番古くからある店で、かなり前にワンタン麺がおいしいと聞いたことがあり、一度訪れたいと思っていました。しかし、週休3日で限られた時間の営業ということで、中々足を運べずにいたのですが、つい先日初見参。おばちゃん一人でやっている店で、他のお客さんは明らかに常連ばかり。よくある昔ながらのラーメン店と思いきや、頼んだワンタン麺のレベルは一流中華料理店レベル。ついでに頼んだハーフチャーハンのレベルも高く、これはまた来店せねばと。函館の古いラーメン店に外れはありません。

2022toka4

何れの店もお薦めです。興味のある方は、是非調べて訪れて下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村

« 愚策!これでは増えないインバウンド | トップページ | 再開【はこだて割】予約受付開始 »

函館おいしいお店」カテゴリの記事