« インフレ序章 | トップページ | まさかの休刊「ボクシングマガジン」 »

2022年8月20日 (土)

雨の8月

この夏、東日本や西日本に記録的猛暑をもたらしている太平洋高気圧は北日本には届かず、代わりに低気圧や前線が津軽海峡付近に停滞することが多くなっています。とは言え冷夏というほどではなく、道南函館はこれまで真夏日こそわずか3日と少ないものの、気温は平年を上回ることも多く、概ね平年並みでしょうか。

2022ame2

平年並みといかないのが降水量。先日、知人から「函館に来て20年近くになるけど、こんなに雨が続くのは記憶に無い。」と言われました。確かに、人生の4分の3近くを函館で過ごしている私も、8月にこんなに雨が降ったという記憶はありません。それで調べてみました。

函館の月間降水量、一番多いのは意外にも8月で(私は9月だと思ってました)、平年値は156.5㎜。今月はまだ10日以上残して400㎜超と、軽く平年の2倍を超えています。過去、月間単位で最も降水量が多かったのは1965年9月で506㎜。この月は台風が渡島半島に上陸して記録的な大雨をもたらしました。8月の過去月間最高は、1981年の430.5㎜。函館では観測記録が残る約150年!で、月間降水量が400㎜を超えたのはこの2回しかないのです。

そして今月、既に月間400㎜を超えている今も雨が降り続いています。場合によっては8月の観測史上最高、もう一度大雨があれば過去最高の月間降水量を記録することになるかもしれません。確かに記憶に無いような今月の雨な訳です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館市情報へ
にほんブログ村 

« インフレ序章 | トップページ | まさかの休刊「ボクシングマガジン」 »

函館の気候」カテゴリの記事