« 緊急事態宣言の無意味 | トップページ | 猛暑・冷夏同居の夏 »

2021年8月31日 (火)

ワクチン接種のその先

函館ホテル旅館協同組合による1回目の職域ワクチン接種を昨日実施致しました。申請から2ヶ月半、当初予定より2ヶ月弱遅れての接種開始です。モデルナ製ワクチンの不純物混合やその接種後に死者が出るなどネガティブな報道は気になるところですが、少なくとも一定期間感染や重症化が抑えられることはデータ上証明されています。観光業界に従事する接種希望者には安心感が与えられ、当地を訪れる宿泊客に対しても良いイメージに繋がるのではないかと思うところです。

2021waku3

かく言う私も接種して参りました。腕に対して直角に打つ筋肉注射に少しばかり恐怖を感じていましたが、痛みは普通の注射と同じ程度でほぼ想定内。1日経過した現在も多少患部にしこりを感じる程度で通常の動作に何の支障もありません。既に国民の半数が接種済みで、私の周囲でも多くの知人が受けたその経験談からは、1回目は気にする必要はないとのこと。2回目はやはり大小様々な反応があるようで、同年代男子で多かったのは、厳しい筋肉痛が2~3日続いたというもの。4週間後の2回目は少々気になるところです。

私の持論では、この病気は日本人にとって恐るるに足りない病であり、無理にワクチンを打つ必要もないものかと思っているのが正直なところ。ただ、一般の人より多少飲酒量が多く、少々血圧が高くなってきたのが気になる以外は、極めて健康体の50代半ばの中年ランナーがコロナで逝くのも、接種後の何らかの作用で死に致るのも宝くじに当たるような確率です。ならばこの壮大な治験の対象者になるのも悪くないと思った次第です。

今月、この職域接種と合わせ、国内ではワクチン接種が加速すると思われます。そうなれば、高齢者の感染が大きく減少したように第5波と呼ばれる感染の波は、まだ油断ならないと叫ぶ専門家の意見とは裏腹に、急速に落ち着いていくのではないでしょうか。一方、季節性の傾向が強いこのウイルスはこの冬再拡大する可能性も指摘されています。今こそ、デメリットのほうが多い人流を抑える政策から、医療体制を充実させることで重篤化を抑える方向に転換し、経済を立て直すチャンスとなるのではないでしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 緊急事態宣言の無意味 | トップページ | 猛暑・冷夏同居の夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

函館観光」カテゴリの記事