« 猛暑今日まで? | トップページ | 職域接種再開 »

2021年8月14日 (土)

インフルエンザ

もしインフルエンザが新型コロナと同等の扱いだったら、その流行期には1日あたり数十万人単位の新規感染者が公表され、死者も数百人に及ぶことが報道されると思います。しかし、人々は新型コロナのようにインフルエンザを恐れることはありません。それは、仮に自分が罹ったとしても、近くの町医者に行けば特効薬を施され、短期間で直ることを知っており、亡くなる方がいるといっても、それは高齢者や何らかの疾患をかかえている人の、いわゆる最後の一滴であるケースがほとんどとの認識があるからです。

2021corona6

デルタ株の感染力が高いといっても、インフルエンザの比ではなく、致死率や重篤化する人の比率も従来より大幅に低下しています。それでも、感染者数が増えれば、重篤化する人の数も増えて医療が逼迫するというのが、大方の”専門家”と呼ばれる方達の見解となっていますが、ならばどうすれば良いのでしょうか。人流を多少抑えたところでこの病気の感染が抑えられないことは、専門家でなくとも多くの国民は承知しています。たとえ緊急事態宣言下であっても、感染拡大地からの人の流れが無くならないことは、我々宿泊業界に携わるものでなくとも感じ取ることができるでしょう。

1年前とは異なり、国内でもワクチン接種が進み、この病気に対する治療方法も確立されてきました。インフルエンザと同じように、町医者での診察や薬の投与が可能となれば、重篤化する患者は大幅に減るに違いありません。無症状の感染者を隔離する必要など全く無くなり、極一部重篤化する患者の病床も、日本であれば問題なく確保できるはずです。新型コロナはやっかいな感染症であっても、ペストやエボラ出血熱のような恐ろしいものではありません。一部の政治力のある慎重論者の声を押し切り、政府もようやく感染症法の緩和に動きだしたようです。対策が人流の抑制から、医療体制の抜本的な改革に変わった時、元の世界へ急速に戻っていくことでしょう。

あと,半年の辛抱だと思っています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 猛暑今日まで? | トップページ | 職域接種再開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事