« 早くも夏バテ! | トップページ | 昨年以下 »

2021年7月26日 (月)

無観客五輪開幕

前代未聞の無観客オリンピックが開幕しました。世論調査では五輪開催否定派が多数を占めていたにもかかわらず、テレビの視聴率は好調で、盛り上がりに欠けるかと心配していた競技も、少なくとも視聴者感覚ではいつも通りの熱戦が繰り広げられています。日本選手やチームの活躍が目立つ中、せっかくの観戦のチャンスを逃してしまった日本人の損失は如何ほどのものか。

2021olim

かく言う私も無観客でなければオリンピックを観戦する権利を得ていたひとりでした。妻と大学に進学して家を離れている二人の息子達と東京で合流し、柔道の予選などを観戦する予定でしたが、やむなくすべてキャンセルです。ちなみに4人分のチケット代と交通費、宿泊費併せて20万程。これに当地での飲食などを含めると更にウン万円ほど消費する予定でした。このような家族も世の中数万世帯もあったのではないでしょうか。幸いこの金額は使わずに済み、また戻ってくるわけですが、だからといって他に旅行をすることもなく、我が家的には地元で多少贅沢なものを食し、ソファーを買い換え、残りは貯蓄に回るものと思います。

最も損失を被るのはオリンピック開催の地東京です。900億と言われるチケット代のみならず、本来その何倍も落とされるはずの観客の消費が消え去るのです。東京都民はこれでも無観客となって良かった思っているのでしょうか。

オリンピックが無観客となる一方で、全国的に夏の甲子園の予選は多くの観客の下、地域によっては鳴り物入りの応援で盛り上がっています。肝心の本番はオリンピックの影響か、身内のみの入場となるのも皮肉な話です。日本人は新型コロナ対策を履き違え、せっかくの景気回復のチャンスを失っています。そのツケを払わされる時、この愚かさに気づくのではないでしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 早くも夏バテ! | トップページ | 昨年以下 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事