« やはりラニーニャの冬は・・・ | トップページ | 謹賀新年 »

2020年12月29日 (火)

どうなる来年

大変な1年が間もなく終わろうとしています。ホテル経営に関わって約20年、いや社会人となって三十有余年、証券会社時代はバブルの崩壊に始まり、1990年代後半の金融危機、この業界に入ってはSARSの流行、リーマンショックに東日本大震災と幾度も厳しい局面を迎えましたが、今回の新型コロナの影響はその比ではありません。今から思えば、業界にとって有珠山噴火や胆振東部地震による観光客の落込みなど比較対象にならない出来事のように感じます。正に100年に一度クラスの危機を私たちは体現しているのかもしれません。

2020lst

新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大した時、この影響が収束するまで少なくとも2年は擁するものと覚悟しました。混乱が顕在化してからまだ1年足らず。従って、ワクチン接種が始まって経済もV字回復に向かうであろうと予測しているように見える株式市場とは裏腹に、まだ当面、世の中の混迷は続くものと予想しています。

日本国内に目を向けると、混迷の度合いが深まるか否かは東京オリンピック開催の可否にかかっていると思います。仮に開催できるとしても、完全な形では行われないであろうとは誰もが感じているところでしょう。いずれにせよ、年前半にマインド的に落ち込む場面があるのではないでしょうか。

一方、人の流動の大底は今年だと思っています。ただ、V字に回復することはなく戻りは期待はずれの緩やかなものになりそうです。今年は様々な制度で手元資金に逼迫する企業はそれほど多くはないものの、特に我々観光業界に属する企業は支出超過が続きます。緩やかな戻りでは支出を補うことができず、資金繰りに窮する会社が今年以上に増えるものと思います。経済指標が対前年で上向く中、今年のような過度な救済策は取られず、体力の乏しいところは撤退を余儀なくされるのではないでしょうか。

世界的な財政支出の誇張による金余りで予想外にもバブルの様相を呈している株式市場も、どこかで曲がり角を迎えることになるでしょう。それが皮肉にも新型コロナ収束のタイミングかもしれないし、このような局面によくある全く別の悪材料かもしれません。それに伴う金融不安の発生が、再度の正念場になるのかもしれません。

兎に角、試練はもう1年続くものと心しています。何が起ころうと自らが淘汰されぬよう新たな年に挑んでいくしかありません。こんなことを書きながら何ですが、皆様、良いお年をお迎え下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« やはりラニーニャの冬は・・・ | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

函館観光」カテゴリの記事