« 営業再開 ~「カー旅応援」宿泊駐車無料~ | トップページ | どうみん割自館枠~予約受付について~ »

2020年6月22日 (月)

ようやく球春

日本で一番早く夏の甲子園の予選が始まることもある南北海道函館支部。例年であれば3年生にとって、最後の大会が開催されようとする時期で、今年の当初の日程では各校練習試合を組める最後の週末のはずでした。その昨日、一昨日、函館地区のほとんどの高校は、昨秋以来、今年最初の対外試合を行うことになりました。

息子が所属する野球部も一昨日が実に約9ヶ月ぶりの練習試合となりました。本来であれば、春休みの本州遠征を筆頭に数十試合の練習試合と春の公式戦をこなしているはずが、新型コロナのせいで貴重な期間を失ってしまいました。幸いなのは高野連の英断で、甲子園は無くなっても最後の大会が担保され、高校野球を続けられる期間が1ヶ月ほど伸びたことです。親にとっても、応援寿命がひと月伸びたことは嬉しい誤算です。

2020base

さて、その練習試合。対戦相手は優勝候補の昨秋支部代表校。一方、当方は寮生を抱える特殊事情もあって、本格的な全体練習を再開できたのがわずか1週間前ということで、まともに試合になるかという不安すらありました。蓋を開けてみると、初回こそ不安定な立ち上がりでしたが、打線は相手エースを捉え5回まではほぼ互角。投手交代後相手打線に捕まり、攻守においてこちらのミスも重なって大差がついてしまいましたが、安打数ではこちらが上回り、良くも悪くも昨年来の課題が浮かび上がった試合となりました。

幸い当校シードされることが決まっており、夏の初戦まで1ヶ月余り。鍛え直す期間は残されています。南北海道大会で勝利するのがチーム発足以来の大目標。そのためには函館支部の壁を突破しなければなりません。代表決定戦で当たる確率の高いチームも当校と対戦したチームと練習試合を行っていましたが、好投手を擁し間違いなく力のあるチーム。抽選で決まる初戦も含め、親の入場が許された夏の大会は手に汗にぎること必至です。

これからひと月余り、プロ野球とともに本業の苦境を忘れられる私にとって最高のエンターテイメントが復活しました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

 にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 営業再開 ~「カー旅応援」宿泊駐車無料~ | トップページ | どうみん割自館枠~予約受付について~ »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館高校野球」カテゴリの記事