« 新型コロナウィルスの影響 | トップページ | 矢沢永吉 IN 函館アリーナ »

2020年2月15日 (土)

消えた外国人観光客

今週、観光関連の全国大会があり、5年ぶりに金沢に行ってきました。会議当日に函館を出ては開始時間に間に合わなかったため、前日、最終便で東京に入り前泊しました。到着した羽田空港。いつもと明らかに気配が異なるのは、通常なら国内線ターミナルとはいえ、2~3割程度いるはずのアジア系外国人はほぼ皆無。遅い時間のせいかとも思いましたが、翌朝の電車内も空港もほぼ日本人。思えば久々の感覚でした。

予定通り少し早く金沢入りできたので、昼食とお土産購入を兼ねて向かったのは、人気観光スポットのひとつ近江町市場。ここを歩く観光客もほぼ日本人ばかりで、国内客オンリーの観光地はむしろ新鮮に感じました。金沢の同業の話だと、春節は目立ったキャンセルなどはなく、例年通りだったものの、この先が心配されるとのことでした。

2020omityo

新型コロナウイルスの観光への影響は確実に広がっています。首都圏でこれほどインバウンドが減っていては地方に回ってくるはずもありません。追い打ちをかけるように国内の感染者も各地に現れはじめました。春節に多くの感染者が入国している訳ですから、これも当然の成り行きです。東京でもうひとつ気になったのが、マスクを付けている人が意外と少なかったことです。朝の満員電車でも、せいぜい半数かそれ以下でした。空港で地方から東京を訪れている旅行者よりはるかに少ない印象です。気にかけていないのか、マスクが品薄なのかわかりませんが、パンデミックの条件が整っているといっても過言ではありません。

当ホテルも例に漏れず、この時期半数以上を占めるはずのインバウンドが消滅して大苦戦中。観光業界にみならず、新型コロナウイルスとの戦いは長く尾を引くものと感じた金沢出張でした。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

« 新型コロナウィルスの影響 | トップページ | 矢沢永吉 IN 函館アリーナ »

函館観光」カテゴリの記事