« 5%還元致します | トップページ | インバウンド激減!? »

2019年10月10日 (木)

混乱続くキャッシュレスポイント還元事業

消費増税と同時に始まったキャッシュレスポイント還元事業は、当初より分かりにくかったり、対象店舗の還元内容が間違っているなど様々な問題が報道されておりました。この事業が始まって10日程経ちましたが、その混乱が治まった訳ではなく、当社もその例外ではありませんでした。なので、前回のブログで発信した以上に、当ホテルが還元対象となっていることをもっと大々的にPRしたかったのですが、今のところ少し自粛している次第です。

2019cash3_20191010162201

と、言うのもこの事業が発表された直後に、対象施設となり得る当ホテルでは、3つの決済事業者に対しすぐに登録申請を行いました。すると、消費税増税直前の9月下旬に、経産省から3つのIDで同じキッドが同数届きました。当然、3つの事業者からの認可が下りたものだと思っていましたが、そのうち2つはIDが異なれど同じカード会社のカードが還元の対象となるというものでした。悪評高い対象店舗検索アプリで当ホテルを調べてみると、地図の当ホテル上にはすごい数のピンが刺さっており、いずれのピンも同じカード会社のもの。

これは混乱を招くと思い、さっそく経産省が開設したコールセンターに問い合わせてみました。ところが電話先の担当者は、カード事業の詳細を理解しておらず、全く埒があきません。少し突っ込むと決済事業者(カード会社)に問い合わせてくださいとの一点張り。仕方がないので、店舗検索アプリだけは何とかしてくれと頼んで電話を切りました。

具体的には次の通りです。当ホテルではほぼすべてのクレジットカードと交通系カードが使用できますが、決済事業者は大きく2つに分かれています。一つは三菱UFJニコス系列で、こちらはVISAを始めとした国内外でシェアの高いほとんどのカードと、SUICAなど交通系カードが対象となります。一番使用頻度が高いので7月下旬、一番最初に申請しました。もうひとつはJCB系列で、こちらはJCBの他、アメックス、ダイナースクラブが対象になります。経産省から届いたキッドに使用できる旨が記されたのはJCB系列で、これが二つ送られてきました。3つのうちもう一ヶ所は特殊な決済手段で、これは問題ありません。

不安になり、三菱UFJニコスの担当者に連絡してみると、経産省との間では審査の最終段階になっているとのこと。しかし、消費増税に間に合う段階で申請しているし、実際に登録したIDでキッドが届いていると尋ねたら、担当者も困惑するばかり。この方に責任は無いことは分かります。結局もう少し待ってみてくれということで渋々納得している次第。

おそらく、三菱UFJ系列のカードも還元対象となっているとは思いますが、万が一ということもあるのでお客様には絶対とは言い切れません。おそらく似たような状況にある施設が日本全国至る所にあるのだと思います。経産省の対応が待たれます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

« 5%還元致します | トップページ | インバウンド激減!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ホテルニューオーテからのお知らせ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30