« どちらが正しい? | トップページ | 長い夏 »

2019年8月26日 (月)

ラストイヤー

小学校3年生から野球を始めた次男坊も、あっと言う間に高校2年生。多くの球児とともに、来年の夏の大会まで1年足らずが集大成の一年になります。中学(軟式)、高校(硬式)、大学(準硬式)と本格的に野球に取組み、社会人となっても草野球、朝野球、更に現役?引退後も息子の野球観戦が一番の楽しみだった私にとっても、真剣に野球と向き合う最後の1年となりました。

2019bb2

寮生が半数近く占める息子の野球部は、夏休みは強制的に寮を出されるため全体練習がままならず、また、監督が代わったこともあって例年実施されていた遠征や合宿も行えず、新チームの本格始動は大きく遅れていました。しかし、怪我人が続出しベストメンバーも揃わない中、実施された練習試合は今のところ全勝。まだ公式戦登板が無い新エースが成長し、中盤まで試合を作り継投というパターンですが、怪我人続出の災いが転じて3番手、4番手の投手にも目途が立ってきたことで、連戦対応も可能になってきました。今年、話題になったように、今の高校野球複数の投手がいなければ勝ち上がっていけません。

守備力は市内屈指だった前チームには劣りますが、打力は前チームの主力でもあった3名に加え長打力のある子も揃い、おそらく多少の失点は覚悟の上、打ち勝つスタイルになろうと思います。息子も中心打者の一角として新チームのレギュラーを担うことになりました。

現在、市内の高校は秋の大会に向けて調整段階に入っているところです。知人や息子の情報によると、練習試合の状況から私立2校の力が抜けている模様。その下に、夏の大会出場校や夏に2年生中心だったチームが続き、当高もおそらくそのグループに入っているものと思われます。今週末に2強の一角と練習試合の予定で、どれだけ戦えるか占えるところです。

もちろんくじ運にもよりますが、函館支部2校(おそらく)に与えられる北海道大会への出場権獲得の可能性は十分にあるものと贔屓目に見て思っております。甲子園へのチャンスはあと2回。円山への道はあと3回。ラストイヤー、息子とともに楽しむつもりです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村 

« どちらが正しい? | トップページ | 長い夏 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館高校野球」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30