« 大宮発宇都宮停車北海道新幹線 | トップページ | 雪積もる街並み »

2018年12月27日 (木)

最強寒波来襲

この冬の函館は、大雪に悩まされた昨年とは異なり比較的少雪。今月上旬に一度まとまった降雪があったものの、この雪はその後の暖気で消滅し、イブ前日の日曜日には乾いたアスファルト上をジョギングすることもできました。このまま暖冬となってくれればうれしいのですが、そんなに甘くはありません。

2018kanpa2今朝、目を覚ますと外は昨日と打って変わって銀世界。出社時は吹雪でホワイトアウト状態。道行く車はいずれも点灯走行せざるを得ない状況でした。それもそのはず、12月としては最強クラスの寒波が日本列島を覆い、季節は一気に真冬へと進みました。午前10時現在、函館の気温は氷点下7.6度、この24時間で15cm以上の積雪を記録しました。

寒さのピークは今日とのことですが、寒波は年末まで居座るようです。この雪はいよいよ根雪になりそうです。昨年より1ヶ月ほど遅れて、白い日常が始まりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 大宮発宇都宮停車北海道新幹線 | トップページ | 雪積もる街並み »

函館の気候」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大宮発宇都宮停車北海道新幹線 | トップページ | 雪積もる街並み »