« 来るものは来る | トップページ | 観光入込客数推計 »

2018年12月 1日 (土)

凌雲中跡地利用に一言

もう10日ほど前のことになりますが、国有地である旧函館凌雲中グランドが函館市に売却され、市は当面駐車場として整備するとの報道がありました。グランドが国有地だったということも初耳でしたが、駐車場として利用するという考えには大変失望しました。

確かに隣接する千代台公園は複数のスポーツ施設を抱えながら駐車場が不足していることは否めませんが、駐車場を作るのであれば、廃校となった凌雲中学校の校舎部分を解体して利用すればかなりのスペースが確保できるはずです。一方、グランドは運動公園の一部として多種多様な利用方法が考えられます。

以前も記事にしましたが、現在、千代台のテニスコートは10面しかなく、最低16面必要とされる全道レベルの大会が誘致出来ない状況にあります。凌雲中のグランドはテニスコートにも隣接し、新たにコートを作るには最適の場所にあるといえます。テニスは幅広い年齢層に楽しまれ、また、硬式と軟式があって、それぞれに小中高大社会人シニアと全道全国レベルの大会が存在します。その一部を函館に持ってくることができるだけで、大変大きな経済効果を期待できることは、フットボールパークや函館アリーナの建設効果をみれば明らかです。あ~もったいない。

2018ryouun2
また、千代台公園内にあるオーシャンスタジアムにはサブグランドがありません。凌雲中のグランドに接するところにかろうじてキャッチボール程度が可能なスペースがありますが、この部分を凌雲中グランド方向に拡大し、第2球場とは言わなくとも少年用野球場くらいのスペースは確保できます。各種競技のウォーミングアップに使える他、少年野球大会やソフトボールなどにも利用されるでしょう。テニスコートプラス6面&サブグランド拡張しても、まだまだ駐車場スペースは確保できるはずです。

人口減少が続く函館で今必要なのは如何に交流人口を増やしていけるか。そして空洞化する都心部を如何に活性化させていけるか。市の中心部にある千代台公園は、その整備方法によって両者の有効な解決策になりうるのです。国有地売却と言う絶好のチャンスを、短絡的に駐車場整備に利用してほしくはありません。同意できるかたは、是非声を上げて下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 来るものは来る | トップページ | 観光入込客数推計 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来るものは来る | トップページ | 観光入込客数推計 »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31