« 需給バランス | トップページ | 函館は元気です »

2018年9月12日 (水)

甲子園への道

胆振東部地震から間もなく1週間が経過しようとする中、函館はほぼ普段の日常を取り戻しています。本州との導線が太いせいか、道内他地域より物資の流入も安定し、交通網にも乱れはありません。今週以降に行われるイベントや学会、大会も中止になることなく、予定通り行われそうです。

2018base2地震と雨による順延で2日程遅れはしましたが、高校野球の秋季大会函館支部予選も昨日から開催されています。夏の南北海道大会先発出場メンバー中、バッテリーを除く7名が残る息子が所属する野球部は、夏に続く全道大会を狙う優勝候補の一角です。しかし、2校の出場枠を決める抽選で、我がチームのブロックはこうも偏るものかと思うくらいの優勝候補勢ぞろい。甲子園を目指して、支部予選初戦から息を抜けない戦いとなりました。

厳しいレギュラー争いの中、一桁番号を頂いた1年生の次男坊ですが、事実上投手交代の際の守備要因、もしくは代打の切り札といった10番目の野手。それでも試合に使ってもらえるので、ベンチ外だった夏以上に観る方もテンションが上がります。

初戦の相手は春も夏も当たり1勝1負だった実力校。このたびも接戦となり、試合終盤代打で出場した息子は切り札炸裂とはならず延長戦へ。両校チャンスにあと1本が出ず、促進ルール突入直前の延長12回裏、押し出し四球での辛勝という結果でした。夏のチームがほぼ残る当方に対し、好投手はじめ大きくメンバーが変わる相手に対し、少々気の緩みがあったのかもしれません。それにしても、真剣勝負のトーナメントの初戦というのは難しいものだと感じた次第です。

高校野球で普通の学校が勝ち進む可能性が高いのは、有力校もチームが完成していない秋の大会。うまくいけば21世紀枠というご褒美で、甲子園も夢ではないと本気で思って臨んでいる今大会。そんな夢も、初戦で途絶えてもおかしくない戦いでした。トーナメントはまさしく紙一重。一方、このような試合をものに出来るチームが、トーナメントを勝ち上がっていけるものだとポジティブに考えています。

これから当たる相手はすべて優勝候補。不幸中の幸いで、順延のお蔭で出張と重なっていた次の試合も観戦することができるようになりました。たかが高校野球。本業の先行きが懸念されるなか、最高の気分転換になっていることは間違いありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 需給バランス | トップページ | 函館は元気です »

函館イベント情報」カテゴリの記事

函館高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 需給バランス | トップページ | 函館は元気です »

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30