« プチプロスポーツリーグの可能性 | トップページ | 5日連続の真夏日 »

2018年7月31日 (火)

元祖!函館の三大ソウルフード

函館にはラッキーピエロやハセガワストアの焼き鳥弁当など、全国的にも有名になった地元グルメが存在しますが、我々の年代(4~50代)の地元ソウルフードといえば、必ずこれらが上がってくるのではないでしょうか。数ヶ月前からインスタグラムを始め、よく行く店の料理を映しているうちに思い立ちました。

2018soul3まずは「まる金」の焼きそば。現在、松風町のけいりん場外車券場の建物に入っている焼きそば専門店で、函館市民であれば少なくとも耳にしたことがある歴史ある店だと思います。基本、薄味で、お好み焼きのごとくテーブルに置かれた青のりやソース、マヨネーズ等で自分好みの味に仕上げます。物凄く美味いというわけではありませんが(失礼?)、定期的に食べたくなる何かがあります。焼きそば一筋で、長年営業を続ける地元民に愛されるお店です。

2018soul2比較的知名度も高いかもしれません。金森倉庫近くにある「カリフォルニアベイビー」。ここの”シスコライス”も間違いなく函館のソウルフードです。バターライスに太目のソーセージ2本、これに独特のケチャップソースがかかった一品は、ここ以外で食べることができません。久々に函館に帰ってきたある知り合いが、最初に食べたいと思ったのは塩ラーメンでもイカでもラッピでも焼き鳥弁当でもなくシスコライスだと言ってました。

2018soul13つ目は、以前このブログでも紹介したことのある「元祖小いけ」のカレーライス。詳細は以前記したので省きますが、これら私的に推す函館の三大ソウルフードの共通点は、函館でしか食べれない、似た味が他に無い(真似できない?)、そしてまた食べたくなる麻薬のようなものが入っている?ことでしょうか。

函館に何度もやってきて、塩ラーメンや海鮮ものなど定番のものを食べなれた方、もしくは函館市民でありながらまだ食べたことの無い方は、一度このアウトロー?を巡ってみて下さい。必ず何れかに、もしくは全てに嵌るはずです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« プチプロスポーツリーグの可能性 | トップページ | 5日連続の真夏日 »

函館おいしいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プチプロスポーツリーグの可能性 | トップページ | 5日連続の真夏日 »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31