« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月28日 (月)

有終の美

2018volley2新人戦は僅差で全道大会出場を逃したものの、春季大会で準優勝し、第二シードで迎えたおそらく長男にとって最後の大会となるであろう高体連高校バレー。今年度の函館地区男子高校バレーの勢力図は、1校の力が頭ひとつ抜け出し、それに続く3校が実力均衡で他校を引き離している状況です。バレーボールは他競技と比べ番狂わせが起こりにくい種目で、地区に2校割り当てられる全道大会出場枠は、事実上力の抜けた1校と、次点3校のうち一つになるであろう戦いでした。

小学生のとき、地域で強豪のひとつに数えられたサッカークラブのゴールキーパーだった長男は、中学進学でサッカー部どころか運動部にも所属しませんでした。練習の厳しさと、ポジション故のプレッシャーから、中学では文科系のクラブに入ることを初めから決めていたようです。しかし、元々スポーツが嫌いでも苦手でも無かった長男は、文化部では物足りなかったらしく、高校進学と同時に選んだのが、全く経験したことのないバレーボールでした。

函館市内に男子バレー部がある中学校が少ないことから、高校から始める子がほとんど。同じ中学校出身者を含む同期6名も、高校からバレーを始めることもこの競技を選んだ理由のひとつのようです。一方、指導者は熱心で、市内でも常に上位争いをしており、1年次の高体連では地元開催だった全道大会にも出場しています。

そんな長男も最終学年では中心選手となり、試合に出場するようになり、サッカー、野球に続き、息子のスポーツ観戦にバレーボールが加わりました。

予選を順調に勝ち上がり、4チームによる決勝リーグとなった昨日、”全道”を目指す熱い戦いが繰り広げられました。第二シードとはいえ、優勝候補筆頭を除く2校との力の差はわずか。しかし、このたびのチームは勝ちたい気持ちが強く、第三、第四シードとあたった最初の2試合とも、第一セットを接戦でものにした後は、意外なくらいあっさりと次セットをものにし、早々に全道大会出場を確定させました。

優勝候補には完敗したものの、目標を達成し選手も親も大満足のようでした。思えば長男が全道大会に出場するのは、上の学年に連れて行ってもらったものを除けば、サッカーで一番最初の全道に繋がる大会だった小学校4年生以来。私が子供のスポーツに熱くなったのもこの時が最初でした。それから時を経て、違う競技かつ高校最後の大会で上のステージに進めるとは、子も親も何と幸せなことか。

力の差がある全道の舞台で勝ち星を上げることは極めて難しいとは思いますが、来月、小樽で行われる長男の試合は、しっかりと目に焼き付けてこようと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年5月19日 (土)

二度目の高校野球

高校時代の思い出といえば、甲子園を目指して連日白球を追いかけた野球部でのことが大半を占めます。と言っても、大した選手でもなく、甲子園どころか函館支部の壁さえ超えられなかったのですが、2年の夏の支部大会決勝で両校全校応援、テレビ中継がある中、その夏甲子園に出場した高校と戦った試合は、人生のハイライトとして消えることはありません。

その後も野球は続けましたが、多くの球児と同様高校野球が自身の頂点、良くも悪くも多くのメディアに取り上げられ、大勢の人達に見守られる中試合をすることなど、一般人にはなかなか経験できるものではありません。観る側になっても母校の戦いが気になり、こちらに戻ってきてからは時間があれば試合を観戦にいくことが楽しみになりました。夢は甲子園で母校の応援をすること。そこに自分の息子がいたら、それはもう言うことはありません。

残念ながら私の母校へは進学しなかったのですが、小学校から野球を続けていた次男がこのたび高校の硬式野球部に入部しました。小中学校時も楽しませてもらいましたが、甲子園という大目標が存在し、将来のスーパースター達と同じ舞台で戦う高校野球は親にとっても思い入れが違います。

2018bbチームは1年生から積極的に使う方針らしく、息子も練習試合で出してもらえるので、早くも観戦を楽しませてもらっていました。2,3年生で20人ほどいるので、最初の春季大会にベンチ入りすることはないだろうと思っていたら、18人中6人も入った1年生の中に息子の名前があり、感激より驚き。しかし、シード校の一角で、いきなり北海道の甲子園、円山球場へのチャンスかと観に行った初戦は完敗。我々のときもそうでしたが、函館支部の壁は決して低くはありません。当然、息子が試合に出ることはありませんでしたが、親子共々初公式戦、高校野球デビューとなりました。

現在の函館支部の各チーム、突出した力のある学校はなく、7~8校が高いレベルでどこが全道大会に駒をすすめても不思議ではありません。この春の戦いも上位校同士はいずれも接戦を繰り広げています。”我がチーム”も客観的に見て、レベルの高い子達が揃っており、特に守備力は支部1,2を争えるものと思います。好投手も擁し、上を狙える世代とは思うのですが、そこは他の上位校も同様。1年の中での本番である夏の予選まで一月余り。息子とともに、ベンチ入り、レギュラー争い、そして試合と、一喜一憂するであろう私にとって2度目の高校野球が今始まったところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年5月11日 (金)

新緑の季節

2018sta桜の開花がピークを迎えた頃から肌寒い天候が続いていた函館ですが、今日ようやく平年並みの気温に戻りました。気温が低くても季節は着実に進んでおり、函館では桜の花びらが散ると同時に、落葉広葉樹の木々が新芽を付け始め、街に黄緑色が目立ち始めます(写真は今日の函館駅前)。

四季の移り変わりを視覚ではっきりと感じられるのは、日本の中でも北海道が突出しているのではないかと、一度離れてみてつくづく感じているところです。そしてこれから北海道は過ごしやすい季節に向かっていきます。

明日から気温は平年並みか高く推移する予報となっており、道南函館も春から初夏への足音を早めることでしょう。雪に覆われていた函館山も茶色になり、そして今うっすらと緑がかってきました。山の色が濃い緑色になると北国の短い夏が始まります。これからが当地の本格的な観光シーズンです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年5月 6日 (日)

高校スポーツ佳境

多くの高校生にとって、部活動は概ね2年と2~3ヶ月。高体連の予選が終わるとほとんどの3年生は引退し、大学受験などに備えます。夏以降まで続けるのは、全国大会に出場するか、その道で上を目指す一握りの生徒達のみです。

我家の二人の息子も早いもので高校生となりました。3年の長男はバレーボール、同じ高校に進んだ次男は予定通り硬式野球部に入りました。進学校ながらスポーツにも力を入れており、両部活とも市内では常に上位を争っています。私の高校時代とは異なり、今や公立私立問わず夏休みやゴールデンウィークなどは遠征が当たり前。本州や道内各地の強豪校と練習試合を行っています。このGWも長男のバレーボール部は札幌遠征、次男の野球部は弘前に遠征に行っていました。

2018volleyつい先日始めたばかりと思っていた長男の高校バレーも長くてあと一ヶ月余り。長くてというのは、今月末行われる高体連函館地区予選で2位以内に入ると、来月行われる全道大会に進めるためです。春季大会では準優勝し、函館開催でひと枠多かった一年次の高体連以来、久々に”狙える”位置にいます。私は順当にいけば、市内ベスト4による決勝リーグが行われる日にエントリーしていたマラソン大会をキャンセルし、息子のチームの応援に切り替えました。スポーツ強豪校ではない北海道の高校生にとって、部活で全道大会を賭ける試合を行うこと自体、一生の思い出になるはずです。

2018ba次男はついに夢の甲子園を目指す舞台に足を踏み入れました。監督の方針で、1年生でも練習試合には使われているようで、日々新しい経験をしているようです。チームも市内強豪校のひとつとして常に上位争いをしており、まずは父が果たせなかった全道の舞台へ駒を進めてほしいものです。最初の春の大会が今週末から始まります。息子がベンチに入ることはないとは思いますが、これから2年余りで6回行われる大会は従来に増して熱が入るものに違いありません。拙ブログでも、新たに「函館高校野球」のカテゴリーを作り、チームと父の喜怒哀楽を綴っていこうと思います。

子供たちのスポーツの集大成を見届ける季節になりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年5月 3日 (木)

市民マラソン大会10選 函館マラソンが8位に!

2018hm3昨日の函館新聞でも紹介されていましたが、先週土曜日の日本経済新聞の”付録版”、「NIKKEIプラスワン」の人気企画、【何でもランキング】において、函館マラソンが市民マラソン大会ランキングの8位にランクインするという、嬉しいニュースが舞い込んできました。

これは国内数あるフルマラソン大会の中から、初級者でも楽しめるという観点で32大会をリストアップ。ここに選ばれるだけでも光栄の限りなのですが、この中から先日プロランナー転向を表明した川内優輝選手ら11名の専門家により複数の基準からランキングしたもので、函館マラソンはちばアクアマリンマラソンらと並んで8位タイに選ばれました。

ちなみに1位は東京マラソン、2位は大阪マラソン、3位神戸マラソンと大都市のビッグ大会が並び、その他ランクインした大会もマラソンランナーなら誰でも知っているような有名大会ばかりです。組織票的なものは皆無で、極めて客観的に選考された中での10選に入るほど、函館マラソンが知名度を得ているとは正直考えていませんでした。

2018hm4
記事では開催当初から力を入れていたフードエイドや観光地を巡るコース設定を評価する川内選手のコメントが記載されており、創設に関わった多くの仲間たちの努力が報われたようで、大変うれしく感じている次第。これに満足することなく、名実ともに日本を代表するフルマラソンの大会に成長できるよう、今後とも内から外から協力していきたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »