« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

8月の客室販売開始

R308本日、午後12時30分より当ホテル全室タイプ8月分の予約受付を開始致します。尚、大型ライブにより集客の見込まれる8月24~26日につきましては、本日に限り当ホテルHP経由のみの受付とさせていただきます。誠に勝手ながら、オーバーブッキング防止のため、ご了承いただきたくお願い申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年3月27日 (火)

2018函館の桜は?

2018sakura1昨日出張で訪れた東京は桜色。至る所で満開の桜が人々の目を楽しませていました。少し前まで雪の話題がメインだった日本列島ですが、一転、記録的なスピードで今年の桜前線は北上しています(写真は昨日、両国横綱町公園で撮ったソメイヨシノ)。

函館もここ数日は暖かく、連日最高気温は二桁を記録しています。3月下旬のこの時期、この気温が続くのは大変珍しいことです。記録的大雪がうそのように、函館での桜開花ももしかしたら記録的に早くなるのかもしれません。

そんなことを考えて調べてみたら、昨日複数の気象機関が最新の開花予想を発表していました。函館五稜郭公園の桜開花予想は概ね4月25~26日。平年より4~5日早い予想ではありますが、4月の1ヶ月予報を見ると、北海道は平年より高めの気温となる確率が高いとのこと。ここ数年、函館では4月中の開花が続いており、場合によっては記録的に早い開花となる可能性も低くはありません。

ちなみに、函館で最も開花が早かったのは2002年の4月18日。この年はGWには葉桜になっていたと記憶しています。例年であればGW後半に満開を迎える函館の桜ですが、今年のピークが早まるのはほぼ間違いないでしょう。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年3月24日 (土)

8月の客室販売について

1年の中で最繁忙月で、函館港まつりの他、今年はビッグイベントも予定されている8月。当ホテルでは、既に電話やメールなどで空室の問い合わせを頂いておりますが、一部日程につきましては旅行商品用に提供している客室以外はまだ販売を開始しておりません。

R311当ホテルでは8月の全日程、全客室タイプの先行予約受付を、当ホテルHPにて、3月30日(金)より開始致します。尚、一部日程ではイベント開催に伴う旅行代理店への客室提供により、既にシングルルームの在庫がほとんど無い日もございますのでご了承下さい。尚、当日はオーバーブッキングを防ぐため8月のご予約は当ホテルHP経由のみと致しますことご容赦願います。

販売開始は当日昼頃を予定しております。即完売となる日もあると思いますが早いもの勝ちです。拙ブログおよび当ホテルHPをご覧になった極わずかの方への朗報です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年3月19日 (月)

根雪終了?

観測史上最速の根雪初日を記録し、観測史上最大の降雪を記録するなど百年に一度と言ってもよい程の大雪だった函館のこの冬。今月も月初にまとまった降雪があり、70cmを超える積雪で至る所で車が立ち往生するほどだったのですが、その後の暖気で雪融けが一気に進み、ついに今日観測地点の積雪がゼロになりました。

2018neyuki
今後、まだ雪が降ることはあっても、道南函館では根雪の定義である10日続いての積雪を記録することはほぼ考えられないので、本日が根雪終了日となる可能性が高いものと思われます。一時は、今月中にこの雪が融けるとは思えなかったのですが、終わってみれば平年より1週間弱遅れただけの根雪終了になりそうです。

学校のグランドの多くは雪が消え去り、後は乾くのを待つだけ。昨日は函館フットボールパークの人工芝の上で、道内他地区からサッカー遠征に来たとみられる学校などが、練習試合を行っていました。いよいよ函館にも本格的な春がやってきました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年3月17日 (土)

改装着々

リニューアル工事を開始して約1ヶ月が経過しました。最初に4階テナントスペースを会議室に改装すると同時に、ランドリースペースを新設。既存の会議室を約50㎡、リビングと寝室の二間を擁する定員6名の和室にリニューアルする工事です。

既に会議室とランドリースペースは完成済み。新会議室は運用も開始しております。デスクと椅子を一新し、ロの字形式では最大24名、スクール形式では同40名ほどが利用できるミーティングルームとしました。料金は従来通り2時間まで4320円。以後、1時間延長ごろに1080円と比較的リーズナブルな価格設定としております。ご利用の際は、お電話もしくはメールにてお問合せ、お申し込み下さい。

2018kaigi_2

2018rand

ランドリースペースも、最新の全自動洗濯機を導入し完成済み。配管等の微調整後、来週より運用開始の予定です。一般的な選択と乾燥で料金は400円。洗剤は自動投入なので購入の必要はありません。以前からご要望があったもので、スポーツ合宿や長期滞在の際の利便性が向上します。

2018renu

客室の工事も佳境に入り、間取りが出来上がってきました。今後は内装工事がメインとなり、順調にいけばあと1週間ほどで完成。客室備品等を導入後、4月初旬からの稼働を目指しております。純和室の雰囲気で高級感を出しながらも、価格は極力抑え、複数世代での家族旅行や修学旅行、スポーツ大会や合宿でもご利用頂ければと思っております。詳細は、完成次第このブログでお伝え致します。

函館最初の本格的ビジネスホテルとして誕生したホテルニューオーテは、年々進化し、今年も少し生まれ変わります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年3月12日 (月)

進む雪融け

3月初めの時点では、本当にこの雪は融けるのだろうかと思うほどだった大雪の函館。しかし、明けない夜は無いというのと同様に、必ず春はやってくるものです。先週の暖気と雨で雪融けが進み、例年よりは残雪が目立つものの、季節の移り変わりを感じられるようになりました。

さて、平年であれば函館の根雪終了となっている現時点ですが、幹線道路は乾いて走りやすくはなっているものの、観測値ではまだ40cmを超える積雪があります。今年、この積雪が無くなるのは何時になるのか、過去積雪が多かった年の3月と比較してみたのが下のグラフです。

2018sekisetu2
月初時点では、雪が多かった年の中でも最大の積雪深だった今年ですが、先週の雪融けにより、積雪ゼロが月末以降にずれ込んだ年よりは少なくなりました。明日以降、再度暖気が入ってくる予報なので、雪融けが加速した1981年や2005年に近いパターンとなることが予測されます。と、なると過去最高の降雪量を記録した今年の雪の消滅は思ったよりは早く、3月20日過ぎくらい、平年より少し遅い程度になるのかもしれません。

雪融けが進むと私の体は敏感に反応します。嬉しい反面、辛い季節がやってくるのです。そうスギ花粉。昨日あたりから急にくしゃみが増え始め、目のかゆみも出始めました。早くサクラの季節にならないかな~。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2018年3月 8日 (木)

2018GLAY野外ライブIN函館

かなり前から聞かされ、口止めされていたのですが、本日の北海道新聞函館版に抜かれていたので記します。
 
2018glay 今年8月25、26日の2日間、函館「緑の島」において函館出身のグレイティストバンド「GLAY」の野外ライブが開催されます。前回2013年に開催されて以来2回目、このたび「緑の島」はライブ用に前回から改修されているため、2日間で5万人以上の集客が見込まれます。また、新幹線も開業しているため、青森や仙台あたりからも日帰り可能。前回以上の盛り上がりとなることでしょう。
 
当ホテルでは、既にスポンサーの旅行代理店に当日の客室の多くをを提供しており、残ったネットでの自社販売は後日このブログでお伝えします。3名1室以上の客室が中心となります。
 
GLAYの聖地函館へのお越しを歓迎申し上げます。
 
多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。
 
↓↓↓
 

2018年3月 3日 (土)

累積積雪量史上最多更新

時間の問題だとは思っていましたが、昨日、函館のひと冬の累積積雪量が過去最多となりました。この統計を取り始めたのが1953年ということですから、少なくとも過去65年で最も雪が降ったことになります。確かに私の歴史を紐解いても、高校までの18年に函館に戻ってから18回の冬を合わせても、これだけ何回もドカ雪に見舞われたのは初めてだと実感しています。

今までの1位は1983~84年にかけての冬で、ちょうどこの時私は受験生。猛吹雪の中、共通一次試験を受けたり、3月後半にもまとまった降雪があり、自宅の窓ガラスが落雪で割れた記憶もあるので、雪の多さが印象に残っている冬でした。

函館は元々、道内では雪の少ない地域。少ない年は、幹線道路が乾いたままで、スタッドレスタイヤの摩耗を気にするような冬もあります。積雪深は積もっても30cm程度というのが平年地ですが、どういう気象の変化か、このところ数年おきに明らかに雪が多い年が訪れています。

2018yuki3それにしても今年は異常。昨日は北陸地方のような湿った重たい雪で、除雪されていない脇道では多くの車が走行不能となっていました。かく言う私も、住宅街にある実家に立ち寄ろうとした時、完全に脱出不能に陥り、幸い雪かきをしていた近所の方と高齢の母親の救助のもと、30分近くかけてようやく難を逃れた次第でした(写真は雪に埋まって動けなくなった瞬間のもの)。

3月もまだ上旬。これから暖かくはなりますが、まだまだ雪も降る日もあるでしょう。この冬の函館は、降雪量の記録を大きく塗り替えるに違いありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »