« プロスポーツ観戦文化 | トップページ | 平昌オリンピック »

2018年2月 8日 (木)

資材高騰

2018renこのたび当ホテルで客室増室を含むリニューアル工事を行うのにあたり、業者から見積書が上がってきました。ある程度覚悟はしていたものの、思ったより高額。前回、大掛かりなリニューアルを行ったのは4年前。この時も同じ業者を通じて行ったのですが、その時と比べて様々な資材が平均で2割ほど上がっていて、その業者も驚いているようでした。

理由は東京五輪にあるようで、現在五輪に絡む多くの施設の建設がピークを迎えており、もの自体が不足気味。敢えて送料を掛けて北海道まで送らなくても、都内需要でいくらでも捌けるとのこと。足元を見られているのでしょうか。

建築資材に限らず、我々の業界では食材、燃料、委託費、人件費とほとんどのものがインフレ状態です。幸い当地、当業界はここ数年恵まれた環境にあって、販売価格に転嫁できていたから良かったものの。この勢いが消費者物価指数に現れないのが不思議なくらいです。

現在、函館ではホテル建設ラッシュが起こっていますが、感覚的に当初予定よりかなり高くつくことになるのではないでしょうか。そんなことをその業者に聞いてみたら、実際、一時工事が中断したり、延期となっている事案も出ているとのこと。さらに、この”未曾有”の人出不足の中、観光客も落ち着いた函館に一気に開業することが可能なのでしょうか。他人事ではなく、単なる競争激化とは異なる未来に不安を覚えます。

損失を被るのは事業者か、投資ファンドか、既存業者か。負けるわけにはいきません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« プロスポーツ観戦文化 | トップページ | 平昌オリンピック »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

ホテルニューオーテからのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プロスポーツ観戦文化 | トップページ | 平昌オリンピック »