« 次の一手(2) | トップページ | 資材高騰 »

2018年2月 5日 (月)

プロスポーツ観戦文化

私が子供のころ、函館のような地方都市ではプロスポーツはテレビで観るもの。しかし、現在、その底辺が広がったこともあり、函館でも毎年1試合ながらプロ野球が開催され、残念ながら競技場がJ1基準に満たないためコンサドーレの試合を観ることはできませんが、かつてはJリーグも年に1試合の開催がありました。また、3年前に函館アリーナが完成したことで、屋内スポーツのフットサルとバスケットボールのプロフェッショナルチームの試合を観戦できるようになりました。

2018levangaそのうち年に1度、1節2試合が行われるレバンガ北海道のバスケットボールのBIリーグ戦が、この週末函館アリーナで行われました。注目はその観客数。土曜日が2320名。そして私も観戦した昨日は2815名です。おそらく座席数は固定席以外に設置した客席も合わせて3000余り。昨日はほぼ満席に見える観客数でした。昨年の試合は両日とも1700名程だったので、大幅に伸びています。

これは、Bリーグが着実に浸透していることに加え、bj時代の一昨年から続けて開催されていることで、リピーターが確実に増えているのだろうと実感できます。日本のプロスポーツの中ではややマイナーなバスケットボールですが、生で観る迫力は、初めての人はサプライズを感じるはずです。また、会場ではアルコール含め飲食も可能とするなど、エンターテインメント性を高めるためリーグもチームも努力しており、ゲーム以外の演出もプロの試合ならではです。

私が昨年まで所属していた函館商工会議所青年部は、プロスポーツによる地域活性化を図るため、特にレバンガ北海道との関係を密にしています。このたびも小学生を試合に招待するなど、スポーツ観戦文化の定着に尽力していることも観客数増加に一役買っているに違いありません。また、観客には対戦相手であったアルバルク東京を応援する一角があり、レバンガを応援するために札幌など道内各地から観戦に来たというファンも少なくないと聞いています。

プロスポーツ開催は、地元の経済にも少なからぬ好影響を与えます。まずは、地域にプロスポーツ観戦の文化を定着させ、いずれこの街にも何らかのチームをという気運が高まったとき、私自身もう一役買わせていただければと考えてる次第です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 次の一手(2) | トップページ | 資材高騰 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の一手(2) | トップページ | 資材高騰 »