« 紙一重 | トップページ | 荒天 »

2018年1月19日 (金)

最近行く店(5)

私のカレーの好みはサラサラ系よりネットリ系。なので、札幌発祥と言われブームにもなったスープカレーは自分の口には合わないと思い、北海道民ながら長い間食べたことはありませんでした。しかし、函館にもスープカレーの有名チェーン店が次々と進出し始め、その評判も上々だったことから初めて口にしたのが数年前。思いの他、イメージとは異なる美味さで、あくまで自分の中では”カレーライスのカレー”とは別カテゴリーながら私のメニューに加わりました。

さて、そのスープカレー。函館で検索してみると、常に最上位に名を連ねるのは、数多くの有名チェーン店を差し置いて地場の単独「吉田商店」。その存在はかなり前から知ってはいたものの、当ホテルからの微妙な距離感もあって訪れたのはつい最近。いろいろな意味で感心させられました。

2018yoshida2新川町、合同庁舎近く。最近、このブログでも紹介したとんかつ専門店「さい藤」の並びにこの店はあります。さい藤を訪れた際、わりと広い敷地の専用駐車場があることがわかり、今度来ようと決心しました。人気店にはそれなりの理由があるものです。初来店の際、その駐車場に入庫しようとして気付いた最初の気配り。既に数台駐車してあった数台の車のフロントガラスに「従業員の車です。前に止めてもいいですよ。」という張り紙が。従業員の車を端の方に置いたり、従業員の車同士縦列にさせたりする光景は良くみられますが、このような対応をしてくれた方がホスピタリティを感じるものです。

昼は11時30分開店で、既に何度か訪れている私は大体開店と同時に入店しているのですが、いずれも開店前に店の前で待っている人を見ています。さらに、開店と同時に次から次へと入店してくる老若男女。さすが人気店です。店の中は昭和30~40年代を意識したようなレトロなつくり。学校の机といすを利用した2~4人掛けのセットも悪くありません。更に細かく言うときりがないので書きませんが、メニューをはじめテーブルに置かれた様々な小物に一味感じる工夫が見られます。

2018yoshida前置きが長くなりましたが肝心のスープカレー。辛さは10段階で、3番目から追加料金。この3番目(真辛)でもかなり辛く、辛いのが苦手ではない私でも4段階目(地辛)が限界という辛さです。スタンダードはチキンカレーですが、種類、トッピングともそこそこ豊富。ライスは黄色いターメリックライスで大盛でも30円増し。このたびは、海の恵みシーフードカレーライス中盛(追加なし)を選択しました(写真)。

人気の最大の要因はやはりスープでしょう。辛さの奥に、しっかりとダシの効いた旨味が潜んでいます。これ、ラーメンにしてもいいんじゃないかと思うほど、癖になるようなコクがあります。経営の随所に工夫が見られ、HPも充実しているので、値段等詳しいことはそちらをご覧下さい。スマホのアプリもチェーン店並みの工夫が見られます。味以外にも経営者として勉強させられるところが多々ある店です。もちろん私のランチのレパートリーに加わりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 紙一重 | トップページ | 荒天 »

函館おいしいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙一重 | トップページ | 荒天 »