« 最近行く店(3) | トップページ | 最近行く店(4) »

2017年12月28日 (木)

函館のスポーツ

2017la昨日、函館ラサール高校フィフティーンが2年ぶりに花園のグランドに立ちました。前回出場した時とは異なり、長男が通う学校とあって思い入れも自然と強くなり、インターネット中継にかじりついて試合を見ていました。惜しくも敗れてしまいましたが、点差以上に勝機十分。ほぼ互角の戦いを展開しながら、前半終了間際と後半開始直後に、小さなミスからトライを許したことで流れを持っていかれたのが残念でした。ただ、2年生中心の若いチームだけに、来年以降がより楽しみです。

団体スポーツで、函館の高校が全国の舞台に駒を進めることができない中、毎年北海道の頂点を争っている函館ラサール高校ラグビー部は異色の存在です。プロスポーツチームが無い函館にとって、地元の高校が全国の舞台に出ると俄然盛り上がり、地元愛も強くなるもの。残念ながら、函館では高校レベルでも様々なスポーツ分野で有能な生徒の”流出”が多く、これが若年人口の減少、さらには地域衰退の一因になっているものと考えます。昨今、国策レベルで観光と並んでスポーツに力を入れようとしています。この街も、その流れに遅れることなく、スポーツインフラを整備し、公私問わず学校レベルでスポーツに力を入れる施策をとることが、これからの函館に必要なことではないかと思っています。

2017fuzokuそんなことを考えていた昨日、地元紙函館新聞の一面に嬉しい記事が載りました。次男の所属していた中学校の野球部が中体連で3年連続決勝に進んだことを称える記事です。今年は残念ながら準優勝だったため、結果以外記事になることはなかったのですが、意外な形で大きく扱ってもらえ、我家では親子共々、夏の興奮を思い出すことになりました。

この結果は、当事者達だけのことではなく、これによって、昨今、一部地域では定員割れを起こし、その存続問題が議論されている国立大学附属学校への関心を高めると同時に、教育関係者にもその存在意義を示すひとつの材料にもなります。スポーツの力は決して小さいものではないのです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 最近行く店(3) | トップページ | 最近行く店(4) »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館中学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近行く店(3) | トップページ | 最近行く店(4) »