« ビットコインバブル | トップページ | ホテル建設ラッシュ »

2017年12月16日 (土)

最近行く店(1)

函館に戻って20年近く、出勤時の昼食はほぼ100%外食です。うち半数近くは当ホテルにテナントで入っているレストランで済ませ、残りは近隣のお店で食べています。しかし、思えば昼食をとる店は極めて限られた場所ばかり。同年代の仲間と食事の話をすると、函館市民であれば当たり前のように知っているお店を私だけ知らなかったりすることがあり、これはイカンということで、ここ数ヶ月少しだけ積極的に”新規開拓”をしています。新たな発見もいくつかあったので、数回に分けてご紹介したいと思います。

2017lunch2新規開拓といっても、ここは老舗中の老舗。函館に戻ってきたときというより、私の子供のころからあったはず。いや、もしかして私が生まれる前からあるのではと、調べてみたら同い年でした。「津軽屋食堂」。もちろん初めて入店したのではありませんが、当ホテルから少し距離があるため(と、言っても徒歩7~8分)、入ったのは十数年ぶりだったかもしれません。きっかけは、とある組織に属する転勤族の方がよく利用していると聞いたからです。

2017lunch1ここのシステムは独特で、普通に頼むと出てくるメニューもあるのですが、常連さんはおかずが複数入ったケースから2~3点選択して、別途ライスと味噌汁を頼むのが一般的。おかずは魚中心に十数種類並べられており、ものによっては温めた上出してくれます。極めて家庭的な料理です。このたび、私が選んだおかずは赤魚を焼いたものと子和え。”THIS IS 函館ごはん”という感じです。本当はニシンを頼みたかったのですが、まだ焼けていないということで変更しました。

まあ、これが脂ものっておいしいこと。”内地”の人が食べたら、さすが函館と言うに違いありません。このような組み合わせでだいたい7~800円。首都圏にあったら行列ができるはずです。観光ルートから外れていることと、地味な?店構え、さらに元々地元客相手のお店でもあるので、お客さんのほとんどは地元の方ばかり。ただ、最近はネット等で紹介されて、観光客も来ることがあるようです。穴場中の穴場。でも、函館の方であれば知っていますよね。最近、週一ペースで通っています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« ビットコインバブル | トップページ | ホテル建設ラッシュ »

函館おいしいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビットコインバブル | トップページ | ホテル建設ラッシュ »