« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月27日 (月)

インバウンドの恩恵(2) ~季節変動の解消~

当地を訪れる外国人観光客は3~4年程前から急激に伸び始めました。当初、有難い話ながら、浮き沈みの激しいインバウンド需要の増加は、沈んだ時の落ち込みを考えると手放しに喜べるものでもありませんでした。しかし、国策ともいえる外国人観光客の受け入れは、今や当地に限らず、既に無くてはならないものになっています。もちろん、過去に何度も経験したように、自然災害や国際紛争、パンデミックなど大きな悪材料が発生した場合における変動の大きさは覚悟しなければなりません。それでも、インバウンドの増加は日本の人口減少を補う大きなトレンドと見るべきでしょう。私は流れを少々過小評価していました。

さて、下のグラフは今から12年前、当ホテルの月別宿泊客数を表したものです。グラフのオレンジの部分は外国人の宿泊者数です。この頃、当ホテルの外国人比率は通年で10%程度。それでも業界平均は上回っていたと思います。敢えて極端だった年のものを示しましたが、当ホテルに限らず夏と冬の観光客入込の差が激しいのが函館観光業界の難点です。ピークである8月の宿泊者数に対し、最閑月の1月は人員ベースでその5分の1程度。室稼働で言えば100%近い8月に対して1月は30%台(シングル比率が高くなるため稼働率は人員ほど下がらない)となるのが常態化していました。函館の観光業界は5月から10月まで稼いだものを11月から翌4月にかけて吐き出すのが普通で、そのどちらが大きいかで黒字か赤字が決まるようなものでした。

2005inb
一方、次のグラフは昨年度の当ホテルの月別入込客数です。新幹線開業年度の”特殊な値”、また、客室構成や定員も変わっているので少し割り引いて見る必要はありますが、シーズナリティの改善は明らかです。そして、その要因も一目瞭然、外国人観光客の増加です。昨年は通年で外国人比率が30%を超え、一昨年からは1,2月のその比率は日本人を上回るようになっています。

2016inb
函館を訪れる外国人観光客の多くは東南アジア圏。雪の降らない地域が多いので、北国の冬、雪が非日常となります。函館がもっとも閑散となる時季が、外国人観光客が一番行ってみたい季節になるのです。特に旧正月が1月に始まった昨年度は、私がこの業界に入って初めて1月が最閑月ではなくなりました。ちなみに昨年度、室稼働ベースでは5~10月はほぼ100%に近く、70%を下回る月はありませんでした。

もし、外国人観光客の増加が無ければ、北海道新幹線開業による観光客の増加はここまで多くは無かったでしょう。そして、2年目に至るまでの持続力は無く、極めて一過性だったかもしれません。

さて、チャンスとピンチが常に同居するのがビジネスの世界。良いことが長く続くほど世の中甘くありません。何度も記していますが、これから函館には大型ホテルが何棟も建ち、我々の業界は再度過当競争の世界に晒されようとしています。当然のことながら、上に示したようなデータは業界関係者にとってはインプット済みのこと。よく「どうして新幹線開業直前にあまりホテルが建たなかったのに、開業効果が無くなるころに沢山進出して来るの」と聞かれますが、大手が進出して来るのは新幹線が開業したからではなく、外国人観光客の増加によって季節変動が小さくなったことで、函館でも通年利益が出せる見通しが立ったからに他なりません。

これからまた、厳しい戦いが始まります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年11月24日 (金)

インバウンドの恩恵(1) ~バンコク線就航~

知っていても口外しても良いかどうか微妙となる立ち位置が増えてしまったこともあり、拙ブログの記事もつまらなくなっていると思う今日この頃。年に一度くらいは、私にしか書けないことをネタにしてみようと思います。自社のことなら良いでしょう。長くなりそうなので、2回に分けることにしました。

さて、その内々に聞いていたことのひとつ、来年夏にも海外LCC、タイ・アジアXが函館⇔バンコク線を新規就航させるとの記事が本日北海道新聞に掲載されていました。今後、宿泊施設が大幅に増加し、競争の波が襲いかかる我々函館の宿泊業界にとって明るいニュースです。

下グラフは昨年度、函館市に宿泊した外国人の国別比率を表したものです。

2016hakoinb
函館の場合、唯一毎日定期便が就航している台湾からの宿泊客が圧倒的に多く、続くのがこれも昨年は定期便が就航していた中国からの宿泊客で、この”二国”で8割方を占めます。これは、他の道内観光地と比較してもかなり偏った比率だと思いますが、それだけ定期便就航の影響は大きいということです。

一方、次のグラフは昨年度、当ホテルに宿泊した外国人の国別比率を表したものです。

2016htlinb
函館市への入込外国人の半数以上の台湾を差し置いて、中国と並んでタイがトップです。この他にも函館では少数派のシンガポール、マレーシア、香港といったところも一定の比率を占めています。この差はいったい何なんでしょうか。

これは、当ホテルは小規模施設で海外からの団体客を受け入れていないため、定期便に乗って団体で来函する台湾や中国からの多くのお客様を受け入れられないためです。一方で、東南アジア諸国は東アジアの国々より個人、家族単位で動くことが多く、FITと呼ばれるこの個人旅行客が、当ホテルのような安価で利便性の良い立地に位置する当ホテルなどの施設に、ネット経由で予約してより多く宿泊しているという訳です。彼らの多くは成田や羽田、あるいは千歳空港から入国し、新幹線やJRを利用して来函しているものと思われます。ちなみに、一昨年までは台湾からの宿泊客の比率は上位5位にも入らないほど少なかった(函館市的には昨年度とほぼ同率のはず)のですが、昨夏のLCC就航以降大きく伸ばし始めました。

バンコクとの間に就航するのはLCC。個人旅行客が大半を占めると思います。タイ国民にとって、函館は比較的知名度も高く、日本国内でも人気の観光地であると聞きます。函館にとっても、当ホテルにとってもバンコク線就航は大変有難いニュースです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年11月20日 (月)

冬到来

2017yuki前日まではゴルフもプレーできる環境だったのですが、一晩明けると一面の銀世界(写真は昨日の函館フットボールパーク。雪上サッカーとなっていました。)。最もこの時季の函館ではよくあることです。昨日、この冬初めて本格的な積雪がありました。予報で覚悟をしていたものの、思った以上の降雪で、タイヤ交換をしていなかった私の車は移動不可。止む無く、本日は久々にバス通勤することになりました。モバイルスイカが使えたことに少し感動したりして。

現在も雪は降り続き、一時積雪も10cmになりましたが、これが根雪となることはないでしょう。週半ばには一時的に気温も上がり、市内の雪も一旦は消えそうです。例年であれば、その後寒暖を繰り返し、12月半ばころから本格的な雪の季節となるのが函館です。函館の根雪の平年値は12月15日とのことです。早くタイヤ交換しなければ・・・。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年11月14日 (火)

岡山マラソン

2017okayama1岡山市を訪れたのは二十数年ぶり。その時の印象をわずかな記憶を辿って思い出すと、一定の人口規模を擁するものの一地方都市のイメージ。中心部からやや外れた駅前は人通りも然程多くは無く、近くの商店街は衰退しているようにも見えました。ところが、今回は駅の賑わいは名実ともに政令指定都市。整備された地下街は札幌のそれと遜色も無く、衰退する地方都市の面影は全くありません。隣接する倉敷市と合わせれば100万都市。商都と観光都市を上手く分業して発展したのではないかと勝手に想像しています。同じ県庁所在地でも、前々日訪れた前橋市とは雲泥の差と言ったら失礼でしょうか。前橋市も隣接する高崎市と合わせるとそれなりの都市圏を形成しますが、歴史的にも政治的にもこの両市はうまくいっていないと聞きました。

2017okayama3さて、岡山マラソン。今年で第3回目ということですがその規模1万6千人。函館マラソンの倍の規模です。交通の便が良い上、西日本と北海道では人口密度も違います。この規模ながら抽選制をとっており、同じく抽選で日程が近い神戸マラソンと掛け持ちエントリーをして、こちらのみ”当確”を頂きました。前日のホテルは取れませんでしたが、新幹線のひとつ手前の兵庫県相生市駅前のホテルに宿泊し、相場的に新幹線の往復代を含めても割安に旅費を抑えることが出来ました。

先月は松本マラソンを走った後、30km走2本を含め月間300kmを走破。今年走った3つのフルマラソンで30kmはるか手前で失速したことから新たな筋トレを取り入れたことが良かったのか腰痛も治まり、久々体調万全で臨めました。天候も曇天無風、気温も15℃前後と、これ以上無い程の好条件。コースも概ね平坦で、久々良い記録が出るのではないかと期待してスタートを切りました。

結果は今年のいつものレースと大差なく、18km過ぎに左ふくらはぎに軽い痛みを感じたところで、5:00/km超え。もう無理しないことにしようと、後はジリ貧。結局、今年最初に走った函館マラソンとほとんど同タイムの3時間47分台。今年は4本フルマラソンを走りましたが、概ね3時間40分台。過去3年間、年2回のペースで走ったフルはほぼ3時間20分台だったので、平均20分のダウンです。年齢的な衰えか、それとも走り過ぎ?

確かに、最近フルを走った後のダメージは大きく、練習を重ねてもこれ以上タイムが伸びないような気がしてきました。そりゃ五十路も超えれば落ちて当たり前か。そんな訳で、タイムを求めて走るのは来年の函館マラソンを集大成にしようかと思っています。約12年走り続けて、函館フルマラソンを創ることも出来たので、私の一つの使命も一区切りというところでしょうか。

2017okayama2ただ、函館マラソンの発展のためにも、今後も日本各地のマラソン大会をファンランするつもりでいます。今回も、大会後の飲食ゾーンの賑わいなど、参考になるところが多々ありました。県内外の有名店の出店があり、およそマラソンとは関係ない家族連れなども運動公園内に足を運んでいるようで、単なるマラソン大会だけでなく、大きな食のイベントを兼ねているようでした。さらにゴール地点となった陸上競技場が立派なこと。Jリーグのホームスタジアムにはこれくらいの設備が必要なのでしょう。函館も面積的に微妙ながら、凌雲中跡地に陸上のサブトラックを創り、現陸上競技場を1種公認の条件を満たすと同時に、現競技場に照明とスタンドを増設して、J1開催の基準も満たし、コンサドーレの第二ホーム、将来的には地元Jチームを誘致できるように出来ないかと、勝手に妄想していました。

今年の大会参戦はこれで終了。来年は、人生最初で最後のウルトラマラソンになるであろう(河口湖71km)を皮切りに、函館マラソンに備え30kmと10kmの大会に出て、再度最後のサブ3.5を目指す予定です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年11月 7日 (火)

小春日和

立冬の今日、函館の11時現在の気温は18℃と、この時期としてはめったにないくらい暖かく穏やかな気候です。これを小春日和と言うのでしょう。心地良いので、昼食は駅前の商店街まで足を延ばしてみました。

20171107函館駅前は、好評だった駅前の花壇が片付けられ、冬のイルミネーションの準備が進められていました。この季節外れともいえる気温もどうやら明日まで。一雨降った後には寒気が入り、気温は一気に平年並みを下回ってくるとのこと。暦から少し遅れて、函館は冬の入口へと突入しそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2017年11月 4日 (土)

VO2MAX

VO2MAXという文字列を見て、何かわかるひとは相当持久系スポーツにのめり込んでいる方でしょう。漢字で表すと最大酸素摂取量となり、簡単に言うと人が体内に酸素を取り入れる能力を数値化したもので、この値が大きい程持久力が高いと言えます。従来、この数値を測定するためには専門的な機器で行う必要があったのですが、今やGPSウォッチで推定することが可能になりました。

20171021先般購入したガーミンFA630Jにはその機能が備わっており、早速試してみました。何度か計測したところ、私の値は概ね52~54。この値、トリセツに載っている表によると、私の年齢では極めて優秀な値とのこと。そりゃ、フルマラソンを走るオヤジはそうそういないことを考えると、ある意味当たり前。興味深いのは、この数値からフルマラソンをはじめ、一定距離の走破タイムが推計できることです。

私の場合、10kmが41分台、ハーフが1時間31分台、フルで3時間11分台と”予想”されています。確かに、平坦なところを死ぬ気で走れば、10km41分台はあり得ないこともなく、ハーフ1時間31分台なら数年前まで実際出していたタイム。ただ、フルの3時間11分台というのはかなりハードルが高いという思う一方で、まだこの年齢の私でも可能性があるのかと希望も見えてきました。

この機能によって走力の向上も目に見えることで、加齢による衰えを感じる今日この頃、再び意欲も沸いてきました。来週は岡山マラソンを走る予定です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »