« 清宮GET | トップページ | VO2MAX »

2017年10月31日 (火)

ついに開眼!?~へぼゴルファー~

仕事も含め様々な立場で要職についた関係で、昨年来多忙を極めていた流れも漸くピークを過ぎた感もあり、更新が滞っていたこのブログも再度マメに書き始めようかと思っています。

さて私、ゴルフを始めて約30年。一時期、2度と3桁を叩かないと確信した直後にシャンクという重い病気にかかり、大きく後退。その後、ブランクを作った後は、お付き合い程度に月1ゴルファー。ここ函館では12月から3月下旬は降雪でプレーできないため、せいぜい年間6~7回。そんな訳で、ここ数年は百飛び台がアベレージ。少しトラブルと百獣(110)を軽く超えてしまうことも珍しくありませんでした。

子供の頃から体育が得意で、大学まで一応体育会野球部。スポーツに関しては人並み以上という自負はあったのですが、このゴルフに関しては明らかにドがつく素人。30年もやっているのに、28年前とスコアは変わりません。劣等感というより、既にプライドはありませんでした。しかし50歳を過ぎ、それなりの立場の、しかも相当な腕前の方々と回るようになると、迷惑を掛けるのは仕事にもマイナス。また、コンペでいつもブービーメーカー争いでは面白くありません。

そこで、今年は心機一転?、仕事とランニングの合間を縫って、練習場へ行く機会を増やしました。独学ながら様々な本を読み、ネットの動画も参考にするうちに、練習場では明らかに以前とは異なる精度で当たりが出始めました。しかし、月1ペースでコースに出ると、その成果が現れません。むしろ二十数年ぶりに120を超えるスコアが出るなど、改善の兆しすら見えませんでした。

R45きっかけは、アプローチで使用していたプロギアR45という、いわゆるチッパーをゴルフバッグから外したことでした(左写真:※クラブが悪いのではありません。悪いのは私の技術です)。下手くそゴルファーの私は、寄せが苦手だったため、とりあえずグリーンに乗せやすいこのクラブを使用していたのですが、重さもグリップも他のクラブとは異なるこれを使用することで、バランスが崩れているのではないかと勝手に思ったからです。その代わり、30~50ヤードの距離をSWやPWで寄せる練習を増やし、おそらく一番効果抜群だったのは、近くの練習場にある70ヤードの目印を的に、PWで狙う練習を繰り返したことです。これにより、うまくいかない時は体が早く開くことに気付き、そのためには軸を安定させると同時に、インパクト直後まで顔の位置がボールの前方に出ないことを意識しました。過去の開眼もどきと違うのは、意識する場所が手足ではないため、余計な力が入らず再帰性が高まっているんだと、これも勝手に思っています。

これで70ヤード以内の距離に自信がつくと、他のクラブも安定的に当たり始めました。先月、本当にうまくなったかどうか確信の持てないまま2ヶ月ぶりに回ったプライベートゴルフで久々に、アウトインともに40台で100以内。そして、先日、強風の中行われたプチコンペでは、40台ペースで回っていた前半、ラスト2ホールで強風に煽られ、池ポチャとOB2発で1ホール12打叩くなど以前と変わらぬスコアとなってしまったものの、悪かったのはこの2ホールだけ。後半は44と十数年ぶりのハーフアンダーボギーで、これは本当に開眼したのだと確信しました(たぶん)。4~6月の4ラウンドのハーフの平均が55を超えていたやつが偶然出せるスコアではありません。

いつかこんなことにならないかなと願ってましたが、独学でもゴルフも突然うまくなることもあるもんです。今年、雪が積もらなければあと1回。次のラウンドでも、同じように回れたら、来年の楽しみが一つ増えることになりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 清宮GET | トップページ | VO2MAX »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 清宮GET | トップページ | VO2MAX »