« 観るスポーツ・するスポーツ | トップページ | なるか観光振興大賞 ~函館マラソン~ »

2017年8月28日 (月)

そろそろFUNRUN?

2017hokkaidom2スタート時の気温が約25℃とはいえ、空気が乾燥しており気温ほど体感的に暑くは感じません。また、空には雲も多く、日差しが途絶える時間もあって、過去7回走った北海道マラソンの中では走りやすい条件であったことは間違いありません。しかも、天気予報によると風は北西。すなわち、苦しくなる新川通の折り返し後は追い風となり、後半の足が持続する風向きです。

このところ、年2回走ってきたフルマラソンはほぼサブ3.5(3時間30分以内)。それが、今年の函館マラソンでは久々に大失速し、3時間47分台。これが加齢による衰えではなく、単にコースがタフだったことを証明できる条件でのスタートでした。

定員を18000人(フル)まで拡大したせいか、号砲からスタートライン通過まで例年より10秒以上かかる40秒余り、混雑で最初の1kmも昨年比1分近く遅い5分50秒台。約2分のスタートロス。ただ、その後は4:40~50/kmで、無理ないフルのペースとなりました。昨年までは序盤4:30/kmを切ることもあったのですが、ここは無理に上げず、後半意識。実はこれ函館マラソンの時も一緒でした。

北海道マラソン独特の5kmから続く緩やかな下りをこのペース維持。例年よりkmあたり10秒ほど遅いものの、後半粘れば挽回できると信じ、19km過ぎの新川通りに入りました。思えばこの10秒も加齢による衰えなのかもしれません。

さて、新川通りに入ってからが北海道マラソン。この単調な直線をいかに粘れるかが勝負です。ところが、この新川通りの往路は向かい風。事前に分かっていたことですが、この向かい風に早くも心が折れました。これも函館マラソンと同じ。海岸通りの向かい風に、km5分を超えてきたのも19kmから。新川通りでは1km頑張ったものの、21kmのまでのラップでついに5分を超えました。トップランナーと違って、フルで1度ペースが落ちると挽回できるものではありません。折り返して追い風になってもkm5分台のペース維持が精いっぱい。例年5:00/kmが維持できなくなる30km過ぎからはついに6分台に突入。ん?これも函館マラソンの時と一緒!

そんな訳で、巴大橋のアップダウンも無いのに、ずるずるペースダウン。「歩いてもいいんだよ」という、悪魔の囁きを遮るのが精一杯。ついには7分台のLSDペースにまで落ち込み、タフなコースの函館マラソンのタイムも下回ってのゴール。昨年より20分以上遅い3時間51分台。北海道マラソンのサブ3.5も4年連続で途絶える大会セカンドワースト。後で家に帰って5kmごとのラップを調べると、スタートロスを除くと函館マラソンとほとんど同じ。これが今の実力か?

函館の時との違いは、精魂尽き果ててのゴールではなく、心肺の疲労度が少ない中、足だけが動かない状態だったこと。後半の足さえ持てば、フルのタイムはもっと縮まると考えていたのですが、加齢による衰えは心肺機能より足にくるのかもしれません。年とともに落ちていくタイムは、少しづつではなくガクンとくるものなのか。少し自信が無くなりました。

今年、フルマラソンはあと2回。ある程度練習して同じような結果なら、そろそろタイムを狙うのはやめて、観光がてら完走を楽しむファンランへ転向を視野にいれなければならないと感じた8度目の北海道マラソンでした。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 観るスポーツ・するスポーツ | トップページ | なるか観光振興大賞 ~函館マラソン~ »

JOG&マラソン大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/65720311

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろFUNRUN?:

« 観るスポーツ・するスポーツ | トップページ | なるか観光振興大賞 ~函館マラソン~ »