« GLAY クリスマス函館アリーナ凱旋ライブ開催決定 | トップページ | 観るスポーツ・するスポーツ »

2017年8月22日 (火)

秋風?

20170822今年の函館は真夏が無いまま秋に向かいそうな気配ですが、当地観光動向にも涼しい風が吹きつつあることを象徴する記事が本日の北海道新聞に掲載されました。現在、函館と中国本土を結ぶ唯一の定期便で、2年余りに渡って運航を続けていた天津便が本日をもって運休するという記事です。

函館の観光業界は全国的にも突出して好調を持続していますが、絶好調の背景には新幹線開業効果とともに、インバウンドの大幅な増加による部分が少なくありません。昨今のニュースでは、新幹線開業からの反動減が話題となっているようですが、現場の体感としては、全くもって想定内のこと、いや、想定よりもはるかに少なくて安心しています。むしろ、この好調さが新たな競争を生み、2年後から本格化するであろう急激な供給過剰によるハレーションが懸念されるところです。

それを助長する可能性があると思っているのがインバウンドの動向です。函館のオフシーズンの概念を変えるほど、救世主となってきたのがアジア諸国からの急激な外国人観光客の増加。しかもそれはこの僅か3年ほどの出来事。どこの世界でも、急激な伸びがあればその反動は大きくなります。それは新幹線開業効果に限ったことではありません。

多くの人達は、インバウンドの増加が当面持続するものと思っています。だからこそ、函館に限らず国内主要都市、主要観光地でのホテル建設ラッシュ。いつの時代もバブルは繰り返されます。前途が明るい時こそ、既に変調が出ているというものです。

その一つがこのたびの中国便の運休。一気に搭乗率が落ちたわけではなく、じりじり右下がりだったと言います。大都市圏ではすでに兆候があらわれていることがニュースとなっており、しかしそれはインバウンドが地方に向かっている為と解釈されています。ほんとうにそうでしょうか。アジア圏の観光需要の増大こそがバブル的になっているのではないか。今そのように感じているところです。目立った悪材料が出ていないなかでの変調には敏感にならなくてはなりません。

国際紛争等、いつどこで何があってもおかしくない時代。そう遠くない将来、我々観光業界は厳しい局面を迎えるものと気を引き締めています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« GLAY クリスマス函館アリーナ凱旋ライブ開催決定 | トップページ | 観るスポーツ・するスポーツ »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

なにをかや言わんや。中国の訪日客は統計でも引き続き大幅に増えている。ようは、他地域と比べて函館というネームバリューが中国で飽きられているか、リピーターが減ったか、あるいは訪れるけど出入り口ではなく通過点になったか、という話だ。解釈など何通りでもあるのだから、「警戒してます」というだけでは意味がない。求められているのは正しい解釈である。

実際、道内のどんづまりで東北にバスで抜けられない函館だから、新幹線動向がよくないということは通過点になっているとは考えづらい。知名度が高いがゆえに、早めに飽きられつつあるというのが正しいかもしれない。
ただし、天津便がなくなった一方で北京便の復活という話もあるから、中国国内でも航空会社の運営が焼き畑農業のような状況にあることも考えうる。

妻の方へ視線を向けるジュール・ギュメ。モデルであるジュール・ギュメは高級地であるフォブール・サン・トレノ街で流行のドレスショップを営み、妻のギュメ婦人は画家の数少ない社交界に繋がりのある女性の友人であった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/65695939

この記事へのトラックバック一覧です: 秋風?:

« GLAY クリスマス函館アリーナ凱旋ライブ開催決定 | トップページ | 観るスポーツ・するスポーツ »