« 函館マラソン当日は夏日? | トップページ | 速報2017中体連函館地区軟式野球 »

2017年7月 3日 (月)

熱走!函館マラソン

Dsc_1461フル・ハーフ同時開催となって2回目となる2017函館マラソン。初開催だった昨年は運営側の責任者として裏方に回ったため、今回が念願のフル初出走となりました。裏方とランナーとでは景色が違って見えるのか、あるいは昨年と違って好天のため実際にそうだったのか、会場周辺の人の数が昨年以上に多く感じました。

仲間たちと談笑した後、競技場内の待機ゾーンへ。今年はフルとハーフでスタート時間に差を付けるなど、不慣れに荒天という特異な条件が重なって、不手際を指摘された昨年の反省から、様々な点で運営上の進化が見られました。先にスタートしたハーフも全く混乱なく、フルに出走するランナーも、それぞれ指定の場所で落ち着いて待機。創設に1から関わった大会出走ということで、感慨に浸るのかと思ったのとは裏腹に、このレースだけは失敗するわけにはいかないと緊張感が勝ってのスタートとなりました。

陸連登録ということでスタートロスはほぼゼロ。最初の1kmが4:23と、他の大会同様アドレナリンが出て、練習ではゼイゼイハーハーとなるはずのペースもきつくありません。想定ペースは4:40/km。これを陸橋が続く30km手前まで維持して、後は如何に落ち込みを抑えられるか。タフなコースと承知しているので、自己ベストは初めから狙わず、3時間30分以内での完走が目標です。

5km通過が22:54と想定通り、8km過ぎから空港手前の第一折り返しまでの約2kmの上り坂も4:50/km以内にまとめて10km通過も46分台と理想の展開です。その後小刻みなアップダウンも4:40~4:50/km程度で一見順調。しかし、このアップダウン、足には相当負担が掛っていました。練習コースのひとつではあるのですが、このコースをこのペースで走るのは初めてでした。徐々に疲労が溜まる下半身に、このペースどこまで維持できるのか不安になりました。

それが的中したのが、津軽海峡と並行して走る漁火通り。昨日はやや強い西風。海岸線はかなり強烈な向かい風となり、遂に19kmまでの1kmで5:00/kmを超えてしまいました。こんなに早く5:00/kmを超えるのは、これもタフなコースに失速した5年前の下関海響マラソン以来です。ここでペースアップできなかったのは、逆風のせいではなく、既に足にお釣りが無かったから。ラン仲間のY君に声を掛けられ抜かれたものの、既に追う力もなく、目標をサブ4に下方修正(弱)。ここからアンダーサブ4ペースの5:30/km以内で走れれば、今までのお釣りで大失速は避けられるとの計算で、ハーフ以降は普段のJOGペース。

気分は滅入りながらも、救われたのは周りの応援でした。地元開催ならではで、沿道から多くの知り合いに直接名前を呼んで応援してもらい、そのたび一瞬だけペースが上がりました。また、都市型マラソン特有の切れ目のない応援に加え、昨年と比較しても大幅に増えた、吹奏楽や踊りなど趣向を凝らした演出は、ランナーの力になるだけではなく、走る側にとっての楽しみにもなりました。思えば出走したランナーは約7000人ですが、ボランティアや沿道の応援を合わせるとはおそらくその倍以上。「函館で出来る訳はない。」と言われていたフルマラソンが、今、函館を代表する一大イベントとなっていることを実感すると、「念ずれば出来る」ものだと初めて走りながら感慨に浸りました。

2017hakomara2一方、足は着々と限界に近付き、ここからが勝負と当初想定していた国道5号線を跨ぐ陸橋手前で、早くも6:00/km台に突入。残り12km、巴大橋の往復を考えるとリタイヤもチラつきましたが、「さすがに言い出しっぺの私が途中でやめるわけにはいかねえ。」と、あとは気力だけ。巴大橋では、楽勝サブ3ランナーが対面で歩き出す姿を見て、想定していたより相当タフなコースであることを実感。私も2度と6:00/kmを切ることなく、完全失速状態。仲間が待つ第10エイドの緑の島だけ少し元気なふりをして、大会名物冷やし塩ラーメンを注入。最高気温が25℃を超え、日差しが体力を奪う中、巴大橋の復路は「歩けば楽になるぞ!」との悪魔のささやきとの闘い。

幸いだったのは、足が痙攣しそうでしなかったこと。止まらなかったので、後半大失速した割には3時間47分台とサブ4は堅守。結果に満足は無かったものの、終わってみれば楽しいフルマラソンでした。ゴール後は精魂尽き果て、スローモーションのように大の字にダウン。こんなに体力を消耗したフルマラソンは初めてだったかもしれません。創設に関わった私が言うにも何ですが、想像以上にタフなコース。ただ、平坦な高速コースだけがマラソンコースではありません。応援が途切れない都市型マラソン、海が見える道路や橋、有名な観光地を通る景観、函館ならではの食材が提供されるフードエイド、そして夏の日差しの中、前半、中盤、30km過ぎの後半にアップダウンがあるハードなコースはマラソンランナーのM性を擽ります。タフなコースであるとともに、とても魅力あるコースであることを自ら走って実感しました。

来年は今年のリベンジ。足を後半まで持たせるための対策を練り、50代フルの部での上位進出を狙いたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 函館マラソン当日は夏日? | トップページ | 速報2017中体連函館地区軟式野球 »

JOG&マラソン大会」カテゴリの記事

函館にフルマラソン」カテゴリの記事

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/65488744

この記事へのトラックバック一覧です: 熱走!函館マラソン:

« 函館マラソン当日は夏日? | トップページ | 速報2017中体連函館地区軟式野球 »