« 函館市街地1周30km走 | トップページ | 変わる駅前通り »

2017年5月24日 (水)

再来年の恐怖

北海道新幹線開業から1年。開業効果からの反動も思ったよりも軽微で、当ホテルの稼働率も開業前と比較すると高い水準を維持することができています。こんな状態が未来永劫続いてくれれば言うことは無いのですが、世の中そんなに甘くはありません。良いところには必ず商機を狙って敵が参戦し、その需要を奪い合い、それが経済のサイクルを生むことになります。すごく良い時も、逆にすごく悪い時もまっとうにやっていたらせいぜい3年。そんなこと覚悟の上です。

Dsc_13563以前から耳には入っていたことですが、函館駅前に新たにホテル進出の計画が持ち上がりました。ビジネス系の低価格、しかも280室規模です。既に大型シティホテル系2棟の建設が決定している他、既存ホテルの増築が進められているところもあります。今年も小規模ながらいくつか新規の進出もありますが、供給量が一気に増加するのは来年の後半から。これだけホテルの建設ラッシュとなるのは今から約10年前、リーマンショック直前以来だと思います。

まず、今年と来年のグリーンシーズンまでしっかり稼いで、その後来る嵐に備えなければなりません。一方、ピンチはチャンスにも変わります。ホテル客室数の供給量が増加して、何らかの悪材料が重なれば淘汰されるところも出てくるでしょう。それが、自らのところにならないよう、いや、そこを新たな投資のチャンスと捉え、今から知恵を絞らなくてはなりません。厳しいときこそ経営者の技量が試される、常にそう思ってやっています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 函館市街地1周30km走 | トップページ | 変わる駅前通り »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/65322710

この記事へのトラックバック一覧です: 再来年の恐怖:

« 函館市街地1周30km走 | トップページ | 変わる駅前通り »