« 雨の北海道マラソン? | トップページ | 台風10号接近中 »

2016年8月29日 (月)

続く限界への挑戦?~30th北海道マラソン~

数日前まで出ていた雨マークがうそのように、北海道マラソン当日の朝は雲ひとつない青空。予想最高気温も27℃と、冷涼小雨への期待は水泡に帰しました。ただ、幸いだったのは空気が爽やかな秋の気配。スタート時の気温も18℃と、25℃超えていることも珍しくない道マラとしては比較的走りやすい環境だったと思います。

そんな訳で、昨年同様Cブロックからのスタート。スタートライン通過まで約30秒、直後の混雑を受け入れて、大集団の中最初の1kmはウォーミングアップ。キロ6分はかかっているんだろうなと思った手元のGPSウォッチの1km通過は4:57。最初のゆっくりスタートを考慮するといったいどれくらいの速さで走っているんだろうと思った2km通過のラップはやはり4分20秒台。大会で、毎回思うことではありますが、私にとって練習でキロ4分20秒台はほぼ全力。10kmも続けられません。しかし、大会になるといろいろな脳内物質が出るせいか、全く楽走できてしまいます。近々の練習内容から今年は厳しいかもと思っていましたが、ほぼ例年通りのペースで入れました。

こうなると、4km過ぎからの緩やかな下りは快ペース。予定通り4:25~4:50/km、アベレージ4:40/kmを刻みます。昨年と異なったのは、25km過ぎの新川通りの折り返し後、辛くなるところで緩やかながら追い風になったこと。目論見通り30kmまでペース維持に成功しました。本当はあと2~3kmこのまま行きたかったのですが、このペースで走ると必ずやってくる30kmの壁。今回はこの壁を克服することを諦め、受け入れることを視野に置いていました(弱)。31kmのラップが5分を超えたところで、落ちても何とか5分30秒以内を維持に方向転換。急にペースが落ちたので体感的に6分台になったと感じていましたが、ラップはその後も5分20秒前後。

Dsc_0681後で知ったのですが、35km通過は一昨年出した大会ベストを上回っていました。このまま行けば結構良いタイムが出ると思いながらも、足はかなり限界。金哲彦さんにもらったマグネシウムサプリが効いて足が痙攣しないことを信じてペースを維持していましたが、残り5km通過時点で、ラストキロ6分ペースでも3時間半を楽に切れるとわかり、精神が妥協(弱弱)。特に残り3kmは抜かれっぱなし。止まらないことだけを意識して、足はきつくてもスタミナ的には少し余力を残してのゴール。それでも北海道マラソン7回出場のうち2番目、トータル11回のフルマラソンでも3番目に良いタイムでゴールできました。

正直、ラストもうひと頑張りしていれば、自己ベストは無理でも大会ベストは狙えた感じでした。五十路にして、ロング走を増やし、縄跳びを取り入れ、合法ドーピング?といった科学の世界にも足を踏み入れることで、まだまだフルマラソンでは自己ベストを狙える手応えを感じました。そして何よりあとは苦しくなったときのメンタルが重要であることも。

一時はファンランの世界に移行しようかとも思いましたが、まだまだ自分の限界に挑んでみたいと思います。次のフルは11月の筑波マラソンです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

« 雨の北海道マラソン? | トップページ | 台風10号接近中 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/64127263

この記事へのトラックバック一覧です: 続く限界への挑戦?~30th北海道マラソン~:

« 雨の北海道マラソン? | トップページ | 台風10号接近中 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31