« 金哲彦氏ランニングクリニック | トップページ | ランスマ♪函館マラソン特集 »

2016年5月27日 (金)

イッツ エンターテイメント

昨日、函館では2年振りとなるプロ野球公式戦が開催され、私も仲間の始球式を見届けることを口実に観戦してきました。

Dsc_03091始球式を行ったのは私が所属する函館商工会議所青年部有志で作る「函館はやぶさPR隊」。どうなることかと思いましたが、新幹線の被り物をして全身白タイツ姿のオヤジ軍団は見事に満員の観衆の心を掴み、大きな笑いを誘っていました。後でテレビ中継を確認すると、笑っていたのは観衆だけではなく、日ハムの栗山監督や選手も思わず吹き出しているようでした。

この始球式を含め、プロ野球は試合前も試合中も、観客を楽しませる工夫が数年前と比較しても数段レベルが上がっているように感じられました。最早、プロ野球は単なるスポーツ観戦の域を超えてエンターテインメントの世界です。だからこそ、平日の昼間にもかかわらず、地方球場を満員の観客で埋め尽くすことになるのでしょう。

残念ながら老若男女とはいかず、ご年配の方や主婦層とみられる方々が多かった印象です。ただこれも、広い層のファンを獲得している証拠。言わせてもらえば、年に一度のプロ野球開催、是非とも子供たちに見せてあげたい。週末の、そして出来れば2連戦に戻してもらえるよう働きかけていきたいと思います。

スポーツというのは、観光と同等もしくはそれ以上に地域を活性化する力があります。残念ながら、まだそのことに気付いていない人が函館には多いように思えます。特にプロスポーツは大都市、大企業の専売特許であるかのごとく、積極的に利用していこうという発想が欠けている。ここを変えていくのも、我々民間団体のやるべきことだと思っています。

ところで気になったのは、昨日のオーシャンスタジアム。若干席は余ったようですが、見た目はほぼ満員。当日券でネット裏を買うつもりでいたのが既に完売。1塁側内野席も完売で、内野で余っていたのも3塁側の一部のみでした。にもかかわらず、主催者側の発表した入場者数は約10700人。オーシャンスタジアムの定員は約2万人のはず。もし、これが本当であれば、今までの開催した際の観客数が嘘なのか、あるいはオーシャンスタジアムの定員が、実はこの程度なのかということになります。だとしたら、週末開催どころか、今後の開催も危ぶまれることになりかねません。真相を知りたいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

« 金哲彦氏ランニングクリニック | トップページ | ランスマ♪函館マラソン特集 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/63691191

この記事へのトラックバック一覧です: イッツ エンターテイメント:

« 金哲彦氏ランニングクリニック | トップページ | ランスマ♪函館マラソン特集 »