« 今年は富山 | トップページ | 運営完璧!第1回富山マラソン »

2015年10月31日 (土)

カーボローディング

現在、富山にいます。五十路最初のフルマラソンを走るために。

ところで、プチハプニングがありました。函館空港で乗り継ぎの羽田⇒富山便のチェックインをしていなかったため、羽田までの飛行機が遅れたことで、あわや富山便に乗れないことに。羽田空港で乗り継ぎ担当係の人が「もしかしたら間に合わないかもしれません。ゲートまで1kmほどあります。」函館からの着便と富山への発便のゲートはANAターミナルの正に端から端。係はこの五十路のオヤジがあと5~6分で1㎞先のゲートまで行けるわけがないと思ったのでしょう。

オヤジランナーの心に火が着きました。片方の肩に背負っていたリュックを両肩に背負い、羽田空港の端から端へキロ4(1㎞4分ペース)ダッシュ。フルマラソン前日に、数kgあるリュックを背負いハードトレ。明日失速したらこのせいにしようと思いながら、汗だくになって無事到着。満員の富山行きANAは右も左もランナーばかりでした。

年一度、知らない土地でのマラソン前日の楽しみはもちろん食事。マラソンのエネルギー源は糖質。言い方を変えれば、みんな大好き炭水化物。普段は体重を抑えるために、我慢しているものを、直前に多めに採りなさいという”カーボローディング”。マラソンランナーの常道です(最近は異説もあります)。

Dsc_0967昼時、富山駅のマルシェで、明らかにランナー達で行列ができているレストランの中から、チェックしていたラーメン店へ。富山ラーメンの名物はブラックラーメンとのこと。その元祖という店に、5分ほど並んで入りました。まずはトリビー(とりあえずビール)。明日走るランナーばかりとあって、20名以上いる店内で昼からビールを飲んでるのは私だけでした。肝心のラーメンは太麺、しょうゆ味かと思いきや酢の味がきつく「ふ~ん」という感じ。ラーメン土地土地で違うもの。これを味わうのも楽しみのひとつです。

Dsc_0993駅近くの総合体育館でマラソンのエントリーを済ませた後、富山駅に戻り2度目の昼食。炭水化物を詰め込みます。これもチェックしていた富山ならではの白えび天丼。これは長い行列があるだけあって、なかなかのもの。ここでしか味わえない土地のものでした。セカンドビール付き。

Dsc_1000ホテルにチェックインし、一休みした後は、グリコーゲン貯蔵の締め。夕食は海の幸富山で「美味しい富山」と検索すると、なぜか必ず上位に出るうどん店。氷見うどんは有名ですが、ここのスタンダードはもつ煮込みうどん。ここではライトレールと呼んでる市電に乗って、中心街から離れた店に着くと噂に違わず長蛇の列。しかもここは郊外のためか、ランナーではなく富山市民と思われる人たちの行列。「糸庄」という店は富山では有名店なのでしょう。初めて見るうどん屋の行列、間違いないと確信し、待つこと20分。・・・生まれてこのかた50年、人生で一番旨いうどんでした。うどん自体が旨い。そして味噌煮込みもつも絶品。ごはんとともにビアローディング。富山でうどんとは想定外でしたが、大推奨です。

富山に来て半日足らず。おそらく炭水化物は水分もため込んで、体重は2㎏くらい増加しているかもしれません。カーボローディング否定説の一要因。明日、ちゃんと走り切れるのか?

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓


にほんブログ村

« 今年は富山 | トップページ | 運営完璧!第1回富山マラソン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーボローディング:

« 今年は富山 | トップページ | 運営完璧!第1回富山マラソン »