« 移る季節・走る季節 | トップページ | アーケード撤去 »

2015年9月 1日 (火)

年齢の壁???

Dsc_0840例年になく、秋の空気を感じる中で行われた北海道マラソン。前夜カーボローディング(直前に炭水化物を多く食べる栄養摂取法)と称して、お好み焼きを食べ過ぎ、ついでにビールを必要以上に注入してしまった以外は体調も万全。不覚だったのは、朝ホテルを出るのが遅くなり、昨年と同じCブロックながらスタート位置が後ろとなってしまったこと。好コンディションの中、号砲からスタート通過までに54秒、昨年より20秒のハンデを負うことになりました。

それでも1km通過くらいから自分のペースで走れるようになり、2km通過のラップを確認すると4:50/km。「遅くね?」。昨年は、いや毎年この時点で4:30/km前後になっていたはず。少しペースアップして次の1kmのラップを確認すると4:10/km。「速すぎ!」。どうやら、都心の高層ビルの中、GPSが狂っていたようです。その後は4:30/km前後のペースに落ち着きました。

北海道マラソンのコースは5km地点から15km地点くらいまで緩やかな下りが続きます。そのため、フルでは少々速いペースでもそれほど負担にはなりません。ここは6回目の経験値、無理に抑えることなく貯金をするところ。あっという間に10km通過。フルの最初の10kmは短く感じます。それにしても、いくら下りとはいえ、練習では4:30ペースで10kmを走るのは至難の技。大会とは不思議な力が出るものです。

後で確認したところ、スタートの20秒ロスを除くと25km通過まで、昨年とほとんど同じラップで走っていました。北海道マラソン、この辺りまではそれほどきつくないのです。このマラソンの勝負は新川通を折り返してからの16km余り。どこまで前半のペースを維持していけるかです(私の場合)。

ところが、察してはいましたが追い風に乗って程よいペースで走っていた折り返し前とは異なり、25km過ぎの強烈な逆風は堪えました。気温は然程上がらない代わり、こんなに強い風が吹く北海道マラソンは初めてでした。体が辛くなるタイミングでの逆風に、ラップタイムはみるみる落ちていき、28km通過時点で、ついに5:00/kmオーバー。自分にとって走れているかどうかの境目です。35kmくらいまで5:00以内で走り自己ベストの目論見はあっさり崩れました。これじゃ、昨秋の福地山マラソンと一緒じゃん。

目標を自己ベストから大会ベスト、もしかしたら3時間半も切れないかと次々下方修正。ラップは最大5:40/kmまで落ちました。そのうち「歩いちゃえよ!楽になるぜ」と心の悪魔のささやきも・・・。毎年一番辛い30~35km。でも、昨年もそうでしたが36kmあたりから不思議と復調。前日からの塩分補給を覚えてから足が攣ることがなくなりました。涼しい気候も幸いしたかもしれません。再度、サブ3.5(3時間半以内)が見えてくると、ラップも5:00/kmまで回復。人間目標が見つかると頑張れるものです。結局昨年より4分以上遅くなったものの、3時間29分台。フルマラソン5大会連続のサブ3.5はかろうじて守れました。

Dsc_0841月間300km超、昨年とほぼ同じ距離を走り込みながら、北海道マラソンの前年を記録の更新は4年連続で途絶えてしまいました。思えば間もなく50代。同じ練習では前の歳の自分に勝てる訳はありません。ゴール後、大通公園の芝生の上で、一人至福の麦酒を味わいながら、年齢の壁を痛切に感じていました。次の目標は50代で自己ベストを更新すること。スピード重視のハーフはきつくても、フルなら後半の足を持たせれば可能な気がしています。そのためには、どんな練習をしたら良いのか。

50代最初のフルマラソンは11月の富山マラソン。まだまだ前向きな私です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 移る季節・走る季節 | トップページ | アーケード撤去 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/62197931

この記事へのトラックバック一覧です: 年齢の壁???:

« 移る季節・走る季節 | トップページ | アーケード撤去 »