« 正式発表3月26日 | トップページ | 栄枯盛衰 »

2015年9月20日 (日)

ジャイアント・キリング

深夜2時過ぎ、絶叫しながらテレビ観戦していた日本人は私だけではないはずです。野球とサッカー以外の団体スポーツで、こんなに興奮して試合に夢中になったのはいつ以来のことでしょうか。

Rugラグビーという競技はなかなか番狂わせが起こるスポーツではありません。高校ラグビーでもシード校がノーシードに敗れることは稀。あっても限りなくシード校に近い強豪チームが番狂わせではなく勝つケースです。多くのノーシード校は初戦圧勝しながら、シード校と対戦すると完膚なきまで打ちのめされてしまいます。それほど力の差がはっきりしているスポーツです。

そして南アフリカと日本の戦いは、優勝候補のシード校に挑む一回戦敗退の常連組。これが戦前の世界の評価です。確かにこのたびのJAPANは過去最強と言われ、世界の強豪チームとも互角に戦える力は付けてきました。だから、過去のW杯とは異なり、わずかながら予選リーグ突破の可能性もあるのではないかと思っていました。とはいえ、初戦は南アフリカ。サッカーでいえばブラジルやドイツと初戦で当たるようなものです。しかも番狂わせなどほとんど期待できない競技で。

私も勝つことを期待するというより、本当の世界のトップレベルとどれくらい渡り合えるかを知りたくて夜遅くまで起きていました。初めは冷静に試合を楽しむつもりが、日本に帰化した選手が「君が代」を歌うあたりから戦闘モードにスイッチが入り、イングランドの満員のスタジアムが写し出されるとこれぞ本物の戦い、民放がタレントを使って実力以上に人気を煽る他競技とは全く違うゾーンにのめり込んでいきました。

序盤は押されながらも大健闘、過去のW杯であれば3桁の得点差となってもおかしくない相手に簡単に得点を許しません。逆に相手の反則を誘ってPG。五郎丸が流行ることになるであろう独特のルーティンで確実にきめて日本先制。ただ、弱いチームが先制することも珍しくもないので、まだまだ声を発するほどではありませんでした。案の定、わずか数分後、巧みなモールと力技であっさりトライを許し、力の差を見せつけられました。

ところが、その後もずるずるいくことなく、前半唯一ともいえるトライチャンスに、逆にまさかのモールで押し込んで日本がトライ。ここで一発目の絶叫を発しました。前半終了間際、ここでトライを許せば一方的になりそうなところを必死に守ってハーフタイム。それでも、まだ勝てるとは思っていません。

後半、早々に得点を許すも、JAPANもねばって鮮やかなトライ。これはひょっとしたらと思い始めたのはこのあたりから。既に絶叫は当たり前になっています。スタンドから聞こえるのも「ニッポン」ならぬ、現地観戦客の「JAPAN」コール。会場も異様な雰囲気になってきました。南アフリカも力で押し込む前半の作戦を切り替え、得点チャンスにPGを狙う、確実に勝とうとする戦術に変更してきました。会場はブーイング。これが勝負のアヤだったと見ます。強者が弱気に。観ているもの以上に、選手の心理は逆転していたはずです。逆に、JAPANはロスタイム引き分け確実のPGを狙わずに攻め続けます。そして大絶叫。

朝のテレビで「マイアミの奇跡」と比較していましたが、そのレベルではありません。選手はこの日、南アフリカに勝つために4年間を過ごしてきたと言います。有能な外国人ヘッドコーチの下、善戦するためでも「勝てたらいいな」でもなく本気で勝つために。

私生活でも仕事でも、結果を残す人とそうではない人の差は、「出来ない」とか「無理」と思わないか思うかの差であると心の底から思っています。たとえ世間でいう常識を逸脱するレベルであっても。元気を貰える試合を観せてもらいました。寝不足の日が増えそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 正式発表3月26日 | トップページ | 栄枯盛衰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアント・キリング:

« 正式発表3月26日 | トップページ | 栄枯盛衰 »