« 連闘ハーフマラソン | トップページ | 世界一の思考 »

2015年7月 7日 (火)

悲願達成!

Dsc_0655なでしこJAPANは強豪アメリカに苦杯をなめましたが、次男が所属する中学の野球部は本日、悲願を達成しました。中体連函館地区優勝です。息子にとって小4のローカルのティーボール大会以来、ちゃんとした野球では人生初優勝。私にとっても長男の少年サッカーで上の学年のチームが勝って以来何年振りのことか。やはり優勝は重みが違います。同じ中学校野球部で初戦コールド負けした私からすると、中体連優勝など夢物語。もっとも息子は打っても投げてもいませんが・・・。

先制したものの、ミスからすぐに逆転され、流れを完全に持っていかれる嫌な展開。最終回に内野ゴロの間にかろうじて追いつくという手に汗握る流れ。延長戦突入後は押し気味に進めるも、相手の好プレーもあって後一歩のところで点が入りません。先行の当方は、毎回サヨナラの恐怖と戦う、客観的に観ればドラマのような好試合。初めは楽しみながら観ていたものが、絶叫だのガッツポーズだの、こんな野球の試合はいつ以来だろうと思うほど。

ついに決着が付かず、延長10回無死満塁からの促進ルール。ここで、失点に絡むミスをした子が意地のタイムリー。さらに勝負強い5番打者が長打を放ち4点先制。この時、親達が陣取ったネット裏がどうなっていたかは、想像にお任せします。最後2点差まで迫られたものの、満塁のピンチに意表をつく牽制でゲームセット。最後までマンガのような展開でした。気が付けば、拍手のし過ぎで指が内出血・・・。

しかし、これで終わった訳ではありません。全道大会進出を賭けて、明後日渡島地区優勝チームと戦います。函館の中学球児にとって全道大会は甲子園のようなもの。親達の楽しみもまだまだ続きそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 連闘ハーフマラソン | トップページ | 世界一の思考 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/61851181

この記事へのトラックバック一覧です: 悲願達成!:

« 連闘ハーフマラソン | トップページ | 世界一の思考 »