« 暖冬少雪 | トップページ | はこだてライナー »

2015年2月10日 (火)

一昼夜にして

Dsc_0013前回のブログで、函館の少雪傾向をグラフまで示して書いてからわずか3日。周囲の風景は昨年と変わらない2月の景色へと急変してしまいました。”楽な冬だ”などとぬかしていたので、天罰が下ったのかもしれません。昨日午前3時には10cmだった函館の積雪深は、本日午前9時現在で33cmにまで達しています。この数字は平年値を上回る積雪の深さです。

昨日早朝から断続的に降り続けた雪はほぼ一昼夜に渡り、年に一度あるかないかの大雪となりました。この原因となったのは、この冬一番と言われる上空の寒波と、西からの強い風です。西よりの風が吹く時に函館に雪雲が入りやすく、この傾向があるときは札幌は逆に雪雲が入り難くなります。今冬平年並みの積雪となっている札幌近郊は、この両日ほとんど降雪がありませんでした。札幌の降雪が多くなる時は北よりの風が吹くときで、北側に山がある函館は晴天となる可能性が高くなります。函館と札幌の雪の影響は逆相関の関係があるようです。

さて、この寒波が居座るのは今日までのようで、明日以降はまた平年より高めの気温となるようです。久々だった雪との格闘は、これくらいで許してもらいたいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 暖冬少雪 | トップページ | はこだてライナー »

函館の気候」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/61113744

この記事へのトラックバック一覧です: 一昼夜にして:

« 暖冬少雪 | トップページ | はこだてライナー »