« 一気に真冬 | トップページ | 赤いツリー »

2014年12月 9日 (火)

函館大学弁論大会

Dsc_2004一昨日、関係者の方からお誘いがあり、函館大学の弁論大会に社会人弁士として参加してきました。10年振り2度目の”出場”です。前回は主催団体にいた函館クリスマスファンタジーについて語ったのですが、このたびは「新幹線が来る街函館」がテーマだったので、新幹線開業年度に開催が決定している函館フルマラソンについてアピールさせて頂きました。

私の拙弁はさておいて、感心したことを記したいと思います。この弁論大会は同大学の弁論部が主催しているのですが、その弁論部には硬式野球部の主力選手も所属していました。函館大学の野球部といえば、近年全国大会にも出場し、プロ野球選手も輩出している強豪チームです。聞くところによると、野球部に所属しながら弁論部に籍を置くことも全く問題がないということ。

スポーツ分野で一芸に秀でている学生が、授業以外の全く別の分野で自分を磨こうとする取り組み、そしてそれを許容する制度はすばらしいことだと思いました。そして、そのような向上心があるからこそ、野球の世界でも高いレベルでやっていけるのだと、勝手に思ってしまいました。弁士のひとりはプロからも一目置かれているチームの主将でした。

地方の私立大学も個性を出して頑張っています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 一気に真冬 | トップページ | 赤いツリー »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/60784082

この記事へのトラックバック一覧です: 函館大学弁論大会:

« 一気に真冬 | トップページ | 赤いツリー »