« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

正月モード

Dsc_2018ただでも何かと忙しい師走ですが、今年は急な選挙などもあったせいで激動の一ヶ月となりました。選挙後の月後半に溜まった仕事も忘年会も集中し、情報発信すべきことが多数ありながら、ブログ更新もままならない日々が続きました。お蔭でクリスマス気分もほとんど味わうこともなく、気が付けば当ホテルロビーには正月の飾りが用意されています。大変、慌ただしくこの1年も過ぎようとしているわけですが、思い返せば当社的にも個人的にも良い1年であったと思います。

来年はいくつかの重責の立場に就くことも内定しており、今までとは全く違う年になるものと覚悟しております。そして、その責務を全うできれば自分自身がもうひとつ上のステージへ上がれるものと信じ、年を越す所存です。皆様も良いお年を。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月24日 (水)

レイニィクリスマスイブ

20141224_141426クリスマス・イブの今朝、家を出ると外は雨。昨日、一昨日ととても寒かったので違和感を覚えました。寒い印象が強い今年の12月ですが、続けて寒いわけではなく、強烈な寒波が周期的にやってきています。そして、寒波と寒波の間には、今日のように極端に暖かい日が挟まるため、市内の積雪深も今日現在10cm未満と決して多くはなく、幹線道路においては一時積もった雪も完全に消滅しています(写真は本日午後の当ホテル前。道路の雪はほぼ融けています。)。

さて、今年は暖冬なのか厳冬なのか。エルニーニョが発生しているとのことで、暖冬となる可能性が強いとの見方もありますが、北日本においては当てはまらないことも多いと聞きます。事実、函館はともかく北海道内の多くや東北、北陸地方では12月としては記録的な降雪となっているところもあるようです。

この雨は、夜更けに雪へと変わるのか・・・。明日のクリスマスには、また寒波がやってくるそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月20日 (土)

暗雲?

早いもので今年も残すところ10日余り。振り返ると当ホテル的には、春先のリニューアルも奏功し、”想定外”の良い1年となりました。何とかこの勢いを持続させ、再来年の北海道新幹線開業を迎えたいところではありますが、どうも気に掛かることがあります。

原油価格の急落です。「何だ、ホテルにとって良いことじゃないの?」と思われるかもしれません。確かに、為替変動を上回る原油の下落は、当ホテルの主燃料であるA重油の価格を押し下げ、目先的には対前年でみた光熱費の削減に大きく寄与しています。一頃は原油価格の下落は日本にとってメリットしかないとの論調が支配し、懐疑的に思っていましたが、先般のロシア通貨ルーブルの急落で様相が変わってきました。

WtiWTI先物価格でみると、原油相場は約半年で半値にまで下落しました。ここまで急激な変動をするのは、実需以上に投機マネーによるところが大きいことは説明するまでもありません。しかし、投機にしろ実需にしろ莫大な金額が動く原油相場の大変動は、実態経済に影響を与えない訳はありません。今から7年前、およそ日本とは何の関わりも無いと思えるアメリカの一部住宅ローン債権の急落が、世界経済を大混乱に陥れたことはまだ記憶に新しいところです。今回は世界中すべての人の身近にある石油、そして動く額は想像すらつきません。

マネーの大変動が起きているのです。この陰で大損失を被っている、人、企業、国。これから次々と明らかになっていくことでしょう。幸い国内の株式相場も為替相場も落ち着きを取り戻してはいますが、年が変わると同時に急変ということも考えておかなければなりません。そしてそれが世界経済に暗い影を落とすようなことになったら、為替だ燃料費だなどと言っていられなくなることも考えられます。

今はそんな考えが杞憂に終わることを願うしかないのですが。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月17日 (水)

冬の爆弾低気圧

数年に一度と言われる発達した低気圧が北海道を直撃し、交通網が乱れるなど各地で影響が出ています。

201412tenki函館も前日までに全小中学校の休校が決定するなど、どうなることか心配していましたが、今朝は少し風が強く時折雪が舞うものの、冬の函館ではよくある光景。大きな被害などは出ていないようです。それでも、全道的な影響から午前中、札幌間の特急が運休になり、飛行機も多くの便に欠航が出ており、本日当ホテルへご宿泊予定、またお帰りのお客様も気を揉んでおられるようです。

一見、平穏な函館とは異なり、大雪や暴風雪で道東やオホーツク地方に大きな被害をもたらしているこの低気圧。動きが遅く、今後も明日いっぱいまでは油断できないようです。特に現在当地を訪れている道外の方、北海道の冬の天候は急変することも珍しくありません。外出の際は十分にお気を付け下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月15日 (月)

首の皮一枚

Dsc_2011衆議院議員選挙の投開票が行われた昨日、当地区北海道8区では支援した与党候補は小選挙区で敗れ、一時落選濃厚の空気が流れたものの、かろうじて比例で拾われました。決まったのは本日深夜1時半過ぎ、全国でも480人中、下から3番目の当確でした。北海道1区があと少し接戦になっていたら、あるいは北海道7区でわずか200票余りで与党候補が勝利していなければ落選の憂目にあっていた、まさに首の皮1枚の議席確保でした。

失われた15年とも20年とも言われるバブル崩壊後のデフレ期。おそらく全国平均より著しく衰退した函館を中核とする道南地区。その一因は、そのほとんどの期間で政権与党の国会議員が不在だったことにあったといっても言い過ぎではありません。世の中決して平等ではありません。有力議員がいるところには国の施策やお金が回りやすく、まして与党議員不在の地には、同じ条件で陳情しても後回しになってしまうことは経済界に身を置くものであれば誰もが感ずるところです。

万が一、このたび与党公認候補が落選するようなことがあれば、今後最大4年間は道南地区からは政権与党の衆議院議員がいなくなり、それこそ地方創生の波になど乗れず、一段の疲弊を招きかねないところでした。政権政党が変わる可能性がある選挙ならいざ知らず、今回は与党圧勝が初めから見えていた選挙です。革新思想は決して否定しませんが、前述した現実が理解されていない、あるいは伝えられなかった函館市内の選挙結果に失望してしまいました。

幸いとなったのは、与党候補が比例復活したことで、道南から二人の衆議院議員を送ることが出来たことです。当選した二人には、大間原発問題に限らず、党派を超えて地域のために活動してくれることを期待します。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月12日 (金)

赤いツリー

2014xmas現在、開催されている「はこだてクリスマスファンタジー」であることが話題に上っています。おそらく今年初めてだと思うのですが、メインツリーの電飾に赤色が施され、この色が発色すると、ツリーが紅葉のように染まり実に美しいというのです。選挙の手伝いなど多忙で、私はファンタジー開幕後、まだ1度しか会場に足を運んでおりませんが、”赤いツリー”に違和感ではない新鮮さを感じました。

17年目を迎えているクリスマスファンタジーのメインツリーは、年々電飾の数が増加している上、近年のLED化もあって、年を追うごとに明るく鮮やかにになっているような気がします。このたび表彰された日本のノーベル賞学者達の功績で、LEDの色のレパートリーも増加し、前述の紅葉のイメージ以外にも、緑色が例年に増して暗い夜空に映えています。

海上に浮かぶ20mのツリーは、函館でしか見られない独特の風景です。まだ、見られてない方は是非一度、しばらく見ていない方はもう一度、より美しくなったメインツリーを見に来て下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月 9日 (火)

函館大学弁論大会

Dsc_2004一昨日、関係者の方からお誘いがあり、函館大学の弁論大会に社会人弁士として参加してきました。10年振り2度目の”出場”です。前回は主催団体にいた函館クリスマスファンタジーについて語ったのですが、このたびは「新幹線が来る街函館」がテーマだったので、新幹線開業年度に開催が決定している函館フルマラソンについてアピールさせて頂きました。

私の拙弁はさておいて、感心したことを記したいと思います。この弁論大会は同大学の弁論部が主催しているのですが、その弁論部には硬式野球部の主力選手も所属していました。函館大学の野球部といえば、近年全国大会にも出場し、プロ野球選手も輩出している強豪チームです。聞くところによると、野球部に所属しながら弁論部に籍を置くことも全く問題がないということ。

スポーツ分野で一芸に秀でている学生が、授業以外の全く別の分野で自分を磨こうとする取り組み、そしてそれを許容する制度はすばらしいことだと思いました。そして、そのような向上心があるからこそ、野球の世界でも高いレベルでやっていけるのだと、勝手に思ってしまいました。弁士のひとりはプロからも一目置かれているチームの主将でした。

地方の私立大学も個性を出して頑張っています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月 7日 (日)

一気に真冬

Dsc_2002昨日、早朝ランを敢行しようと窓の外を見ると前夜とは打って変わって一面の銀世界。いつもなら「今日はやめとこ」となるのですが、予定が詰まっていてこのタイミングで走らないと間が空いてしまうため、完全防寒で10km足らず雪上JOGしてきました。肌に刺さる冷気でほとんど汗もかかず、今年もついにやってきたかという感じ。昨日の函館の最高気温は氷点下3℃。名実ともに真冬日です。

Dsc_2003そして今朝。通勤のために通る漁火通りから見える津軽海峡は、海からもうもうと煙が上がっていました。外気と海水温の温度差による「けあらし」というやつです。気温が最も低くなる1月から2月にかけては良く見られる光景ではありますが、12月上旬では珍しいことだと思います。それもそのはず、今朝の最低気温は氷点下10℃!。直近まで平年より暖かい日が続いていたので、この激変には北国育ちも戸惑います。強い寒波の影響で、四国で大雪が降るくらいですから、これくらい当然かもしれませんが。

一面雪に覆われた函館市内ですが、来週は寒さも緩むためまだ根雪にはならない模様です。しかし、季節は確実に一歩進みました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年12月 2日 (火)

師走入り ~新幹線と選挙と冬将軍と~

Dsc_1999早いもので今年も師走入り。師走といえば、多くの経営者の手帳は予定で埋まっているものですが、今年は輪をかけて突然の衆議院議員選挙。お蔭で北海道で初めてレールを走る新幹線の模様をお伝えする目論見は見事に外れ、私も記事で知るところとなりました。

選挙公示日の今日は昨日までの、この時期にしては暖かかった気候が嘘のように、この時期ならではを通り越して真冬の寒さになりました。今朝は強風とともに白いものが舞う中、支援候補の出陣式に出席です。

そんな訳でこの先超多忙。ブログ記事も短めです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »