« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

外国人動向

一昨日、中国・天津航空が11月4日から来年3月まで週2便、函館⇔天津間にチャーター便を運航することが発表されました。実は数週間前からこの情報は掴んでおり、千歳空港の発着枠との関係から詳細が詰め切れておらず、発表がずれ込んでいるとのことでした。その時は定期便運行と聞いていたのですが、私の勘違いだったかもしれません。ただし、来年3月以降も運行予定とのことなので、実質定期便化することになるかもしれません。いずれにしても函館の観光業界にとって朗報です。

函館の外国人観光客は定期便が運航されている台湾人が圧倒的多数を占めます。しかし、台湾人の多くは団体で動き、キャパシティのある宿泊施設に泊まることが多いため、我々中小規模宿泊施設での体感はだいぶ異なります。下のグラフは当ホテルの外国人宿泊客の国別割合を示したもので、上段が2007年、下段が今年度上期(4~9月)のものです。

20072014リーマンショック前の2007までは香港、台湾、韓国で外国人観光客の半数以上を占めていました。タイやシンガポールなどの東南アジア諸国もじわじわと伸ばしてはいましたが、まだまだ少数派でした。それが特に震災後、外国人観光客が回復する過程において、タイからの観光客が目に見えて増加し、今年は中国本土からの観光客の増加も顕著です。直行便が飛んでいる台湾からの観光客もさすがに一定規模を維持していますが、当ホテルでは第3位。一方、かつての中心だった香港と韓国は比率、実数とも大きく落としているのが現状です。

おそらく、台湾からの団体客を受け入れている大型施設以外は似たような構成になっているのではないでしょうか。今後、天津との実質定期便が運航されるとどうなるのか。FIT(外国人個人旅行)の比率がどの程度かによりますが、中国本土からの観光客のウェイトが伸びるのは間違いないところでしょう。さらに1年半後、新幹線がこの地まで開通した際には、当地を訪れる外国人の国の構成はさらに違ったものになるかもしれません。

そんなことを考えながら、先々の戦略を練っています。今や我々宿泊業界にとって、外国人観光客は最重要ファクターです。落とし穴は、紛争か天災かパンデミックか。こう思うと、我々観光産業というのは平和の上に成り立っているんだと、つくづく実感しているところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月28日 (火)

初雪

紅葉の見頃を迎えている函館市内で、早くも初雪の便りが届きました。今朝、札幌や旭川など道内主要都市の平地でも初雪が観測されたニュースが流れ、来るものが来たかと思っていたところ、出勤途中の車のラジオで函館でも初雪が降ったことを知りました。道路に雪の気配は感じられませんが、早朝、雨が一時的にみぞれにかわり、初雪と観測されたようです。

函館の初雪の平年値は11月3日ということですが、ここ数年、10月に初雪が観測されるのは余り記憶がないと思い、暇つぶしに調べてみました。

Hatuyuki
やはり、この12年間で10月に初雪が観測されたのは今年を除くと4年前の1回のみ。温暖化という言葉を安易に使いたくはありませんが、十数年前に比べると初雪が観測されるのは遅くなっているようです。

さて、初雪が早いと寒い冬になるかというとそうでもないようです。前回10月に初雪が観測された2010年は、本格的な積雪を記録するのはむしろ遅く、その冬も比較的暖冬少雪傾向でした。一方、初雪が平年より遅かった過去3年間は、ご存知の通り函館にしては雪が多く、雪解けも遅く、長く寒い冬の印象が残っています。

ちなみに函館の初雪がもっとも早かったのは10月11日。遅かったのは11月27日。尚、12月並みの寒波が居座るのは今日明日だけで、週後半は平年より暖かくなるとの予報が出ています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月24日 (金)

函館市内紅葉見ごろ

例年より秋の進行が早い今年。函館山も赤みを帯び、市内至るところで紅葉の見ごろを迎えています。

Dsc_1937


Dsc_1934


Dsc_1933

今週末あたり、市内も近郊もピークとなりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月21日 (火)

来年への期待 ~日ハムとGLAYと~

Inabarプロ野球パ・リーグクライマックスシリーズ最終戦で、我らが北海道日本ハムファイターズは敢え無く敗戦。下剋上による日本シリーズ進出を逃しました。しかし、クライマックスシリーズ9戦をフルに戦って5勝4敗。最後の最後まで手に汗握る試合展開を楽しめたのですから、日ハムファンにとって、ある意味日本シリーズを上回るプレーオフの熱戦だったものと思います。

不完全燃焼ぎみだったペナントレースとは一転、不利の予想を覆しての健闘は生え抜き若手の成長。多くのチームが大型補強で戦力強化する中、二刀流大谷を筆頭に投手では上沢、浦野がローテーションの中心となり、打者でも西川、中島、近藤らがレギュラーを獲得。加えてエースも抑えも主砲も生え抜きという希少なチーム。稲葉、金子の抜ける穴を埋めて有り余る戦力に、来年期待しない訳にはいきません。

期待と言えば来年の函館観光。昨年の反動を恐れていた今年は思っていたより健闘。来年は北陸新幹線開業で、さらに落ち込みを覚悟しなければなりませんが、GLAYの函館アリーナこけら落としライブが決定するなど明るい話題も出てきました。全くの未確定未確認ではありますが、GLAYライブは途中休養日を挟んで4日間行いたいとの情報が入ってきました。ただ、函館アリーナの完成、引き渡しが未確定なのと、完成後の8月、9月のスケジュールはすでにほぼすべて予約が入っているということで、日程はまだ決められないとのことです。

いずれにしても、このGLAYライブだけでなく、最大5000名収容函館アリーナの会場が夏場ほぼ抑えられていること自体、大きくプラスに働きそうです。まあ、7月以外はあまり期待せず、本年同様マイナス予算で臨むつもりですが。逆境の中、少しポジティブな話が聞こえている晩秋です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月20日 (月)

進む季節

Dsc_1926ここ数年、暖かい秋が続いていたせいか、今年は季節の進行が早く感じられます。函館に関して言えば、この秋、気温が極端に低いわけではないのですが、例年より雪虫が早く現れたり、紅葉が進むのが早いように感じるのは気のせいでしょうか(左写真は昨日の函館山登山道入口付近)。

Dsc_1932先週は公私ともども色々と多忙で、趣味のランニングも十分に行えなかったのですが、ようやく時間の出来た日曜日の午後、久々に函館山山頂までの往復JOGを敢行しました。約1ヶ月後に迫ったフルマラソン、「福知山マラソン」のためのトレーニングです。函館山の紅葉も色付き始め、のんびり景色を見ながら脚力強化のつもりだったのですが、函館山登山道はいつになく交通量が多いことに気付きました。そう、現在函館山ロープウェイは年に1度の点検期間で休業中。一般車両が通行可能な16時までは、日中であっても自家用車で登頂する人が多い訳です。

落ち着かない中、山頂に着くともう一つ気になることが思い出されました。クライマックスシリーズどうなっているだろう?。・・・この時、試合開始直後。山の下りはキロ4分そこそこに、その後も自宅までビルドアップ。良いトレーニングになりました。そして、良い結果もテレビ観戦できました。外はだいぶ寒くなってきましたが、北海道のプロ野球シーンは、まだ熱い戦いが繰り広げられています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月15日 (水)

下剋上

一昨日、北海道新幹線の新型車両が函館港から陸揚げされ、地元紙やローカルニュースはその話題で持ち切りですが、函館市民、いや北海道民にとっての注目度は、現実問題としてプロ野球の方が高いのではないかと思われます。思えば、拙ブログで北海道日本ハムファイターズの話題に触れるのはいつ以来のことか。二刀流大谷選手の活躍が目についても、チームは昨年まさかの最下位。今年も優勝争いに加わることなく、ペナントレースは失望することの方が多かったのですが、昨年失速した終盤に持ちこたえ、稲葉引退報道とともにチーム力がアップしたかのようにクライマックスシリーズ進出決定。ファイターズファンにとって、失われた2年になることは避けられました。

Nakataそして昨日、CSファーストステージ最終戦。前日のセ・リーグもそうでしたが、プロ野球も負けたら終戦となる戦いはこうも点数が入らないものか。しかし、打撃戦よりはるかに手に汗握る、ハイレベルなロースコアの戦い。ピンチもチャンスも守り守られ抑えられ。これぞプロ野球という戦いは、野球に詳しくない人にも伝わったと思います。そして、代打稲葉のタイムリーと四番中田の一発でファイナルステージ進出を決めるのですから、ファイターズファンにとってこれ以上の勝ち方はありません。

さて、今日から早速ファイナルステージ。昨年とは違って、今年は熱いプロ野球を晩秋まで楽しめそうです。導入時は賛否両論ありましたが、クライマックスシリーズの真剣勝負はファンを惹きつけ、プロ野球の価値を高めているという上で成功だと思います。

下剋上なるか。頑張れ我らが北海道日本ハムファイターズ。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月13日 (月)

2014大沼グレートラン

Dsc_1922北海道の秋は短く、この時期、季節は一気に進んでいきます。2週間前には、蒸し暑く感じるほどの中走った函館ハーフマラソン。それがわずか14日で、半そででは寒いくらい、一方長い距離を走るのにはベストコンディションにまで変貌しています。そんな快適な条件の元、例年より1週間早まり、連休の中日に行われた「大沼グレートラン」に今年も参加してきました。

大沼湖畔1周実質14km。昨年、一昨年とほとんど同タイムの59分30秒台。今年は何としても58分台と言いたいところですが、函館ハーフで失速し、年齢的限界をも感じ始めた昨今、突っ込み過ぎて失速だけは避けようと最初の1kmを4分を切らないことだけを心がけました。その1kmは4分3秒。想定通りです。その後もハイレベルな女性ランナーに3km地点までついてイーブンペース。しかし、ここからお腹が苦しくなってこのペースランナーにじりじりと離されていきます。最近わかったことですが、どうやら私のキロ4(1km4分のペース)は3kmが限界のようです。

函館ハーフ同様、一時4分20秒/kmまで落ち、やはり衰えているのかと感じながらも、いつもペースダウンする5km付近の登り坂で思い切ってスパート。前方を走っていた数人を抜くと、この1kmのラップが落ちていません。その後の下りを勢いに任せると4分10秒/km台に復活。その後もこのペースを維持することができました。後半落ちてきた何人かを抜いて、もしかしたら58分台行けるかもと思ったものの、ラスト数キロが向かい風ということもあって、結局昨年より4秒遅れ。この3年間、微妙にコンディションが異なる中、14kmを全力で走って、ほぼ同タイムという狙ってもなかなか出来ない記録を残しました。

ただ、内容的には後半失速した昨年よりも良く、順位は15位ほど上がりました。後で確認すると13km地点のタイムは昨年、一昨年をも上回っており、自分で勝手に感じていた年齢的限界説を払拭できたような気がしてプチ満足。更にレース中盤、中学生陸上部と思われる2人が私を抜き去ったフォームに、楽に長く速く走れるヒントを頂いたような気がして、ポジティブシンキング復活です。50代になったら、年代別入賞のコレクターになってやろう・・・とか。

今年はあと2回、遠征ランを予定しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月 9日 (木)

開業ムード着々

北海道新幹線開業まで1年半を切り、このところ地元紙では連日のように新幹線に関連した話題が紙面を飾っています。今日は北海道新幹線の車両が神戸の工場から搬出され始めたことや、駅前の再開発ビル着工が記事となっていました。

Dsc_1918函館市内は目に見えて新幹線開業ムードが高まってきました。路面電車や路線バスには新幹線カラーの塗装が施されたものが現れたり、開業を知らせるポスターやフラッグも以前より目につくようになっています。新駅の駅舎の外観は既に完成し、新幹線が走る高架橋は既に繋がっています。そして、来週月曜日には遂に新幹線車両が陸揚げされ、冬には試験走行が始まると聞いています。

一部頓挫した事案もありましたが、市内では開業に向けて前述の再開発ビルや函館アリーナの建設を初め、大規模な工事が至る所で行われています。今後、カウントダウンイベントも予定されており、これから日を追うに従い、否が応でも開業ムードは高まっていくものと思われます。

こんな雰囲気は北陸新幹線沿線の都市と函館や道南の市町村の一部だけかもしれません。すべて良い方に転がるなどと思ってはいませんが、今はこのムードをポジティブに楽しむつもりです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月 7日 (火)

復権!?魅力ある街日本一

Dsc_1917今朝の地元朝刊各紙に、函館市が5年ぶりに魅力ある街ランキングでトップに立ったという記事が載っていました。これは民間シンクタンクがインターネットによる調査を行っているもので、その全国的知名度や評価がどの程度のものか知りませんが、5年前も地元では大きな話題となりました。

この地を離れ十数年、他の土地で暮らした経験から函館という街は他の地方都市にはない、極めて特異かつ貴重な観光都市であることを実感している私にとっても、この評価は嬉しい限りです。しかしながら、京都や横浜などを差し置いて魅力ある街日本一となるのは過分な評価ではないかと思うのも私だけではないでしょう。これは、函館が過去5年間の訪問率という項目では58位という評価にも表れている通り、未知の魅力というものが多分に含まれている結果であるといえます。

一方、これは堂々と誇って良いと思えるのは、食に関わる項目での上位独占。いろいろ言う人もいますが、他の土地で暮らした実感で、これだけ豊富で鮮度の高い食材が、一般家庭で当たり前に庶民の口に入るところなどそうそうありません。観光地としての魅力はもちろんですが、この土地は磨けばもっともっと光る場所です。日本一の魅力に恥じない実像を高めていくことが、魅力に反して人口流出全国トップクラスの函館再生の鍵に違いありません。

多くの人に読んでいただく為、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月 6日 (月)

五稜郭公園150周

150五稜郭築造150周年を記念したイベントの一環で、五稜郭公園の外周150周をリレー形式で走るマラソンが一昨日から丸1日以上かけて行われ、私も所属団体のRUN仲間とともに参加してきました。

簡単に150周と言っても五稜郭公園の外周は1800m余り。総延長は270kmにもおよび、これは函館から国道5号線を利用して札幌にまで至る距離です。リレー形式とはいえ1日で終える距離ではありません。私たちは快晴微風に恵まれた日曜日の午前中の良い時間帯でしたが、主催した函館走ろう会のメンバー達は深夜も走り続け、特に早朝は最低気温が5℃まで下がる中、大変だったと聞きました。

ともあれ、我々は6名で参加して既に終盤に差し掛かったイベントの、150分の6を担当させてもらいました。途中、飛び入り参加の複数のランナー達とともにのんびり10kmほど。日曜日の良い練習になりました。

参加した皆さん、お疲れ様でした。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月 4日 (土)

函館秋のイベント

Cul昨夜は今年で10年目を迎えた「はこだてカルチャーナイト」。夜間に普段馴染みの少ない、文化、公共施設などを解放し、地域の文化に触れるイベントです。参加者の多くが親子連れで、特に小学生以下の子供達が各施設で様々な体験を楽しんでいました。

年々周知されると同時に、解放する施設、参加者も増加の一途を辿り、節目の年となった今回、各施設合計した延べの入場者がついに1万名を突破しました。私も所属する主催団体の一員として毎年お手伝いさせてもらっています。今年の担当は道立美術館。残念ながら子供向けの展示でなかったこともあり、入場者は解放施設の中では少ない方でしたが、主催者特権として、普段は縁遠い芸術作品をじっくりと鑑賞させていただきました。子供だけではなく、大人にとっても魅力的なイベントであると思うので、もっと多くの参加者で賑わうイベントに育ってもらいたいものです。

さて、函館の秋。グルメサーカスやハーフマラソンといったビッグイベントは終了したものの、毎週、市民や観光客を対象とした大小様々なイベントが行われています。今日、明日は駅からほど近いグリーンプラザを会場に「第1回函館いか祭り」が開催されています。朝イカ販売や、イカを使った様々な料理が安価で振る舞われる函館でありそうで無かった食のイベントです。

また五稜郭築造150周年を記念して、五稜郭公園の外周約1.8kmを150周(270km!)を走るリレーマラソンが24時間以上かけて行われています。これには私も明日午前中参戦予定。その後は箱館奉行所前で幕末の著名人に扮し、観光客と写真に写るボランティア活動も行います。

このように秋の函館の週末は、必ずどこかでイベントが開催されています。まだまだ良い季節。観光都市函館にお越し下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年10月 1日 (水)

WI-FI環境

Dsc_1902数日前の夕刻、当ホテル前の「朝市ひろば」前に何やら長蛇の列が。この時間、朝市ひろばはとっくに閉まっており、もしかして何かの撮影でもやっているのかと良く見てみると、並んでいるのは外国人のようです。今年は大型客船の寄港も多く、その際にはここ函館朝市、外国人だらけになることも珍しくないのですが、さすがにこの時間帯では異様な光景。

さらに近づいてみると、どうやら彼らいずれもタブレットらしきものを手にしています。ようやく理解しました。今年建てられたばかりの「朝市ひろば」はWI-FIフリー。数少ないWI-FIスポットを発見し、客船で寄港した乗船客が集まってきたようです。

最近、ホテルなどでは館内WI-FI環境を整えているところは珍しくありませんが、多くの観光客が立ち寄る施設での整備はまだまだ遅れています。スマホがこれだけ普及している現在、当地のような観光地では、外国人に限らず観光客受け入れのための必須の環境になりつつあります。ちなみに当ホテルは10年ほど前から全館全室無料WI-FI対応。函館のみならず北海道のホテルで最先端を走っておりました。将来を見越して・・・といった格好良いものではなく、ネット環境を整えるとき、有線より安上がりだっただけですが・・・。

さて、道南のWI-FI環境について、ある試みが動き出しています。道の観光予算に関わることでもあるので、確定しているものではありませんが、とても魅力的な方法です。今年五稜郭築造150周年を記念して、函館に関わる人物の紹介を「リトファスゾイレ」というドイツ由来の円筒型広告塔を市内各所に設置して好評を得ていることは、以前、拙ブログでも触れました。これを道南全域に拡大し、このリトファスゾイレにWI-FIの機能も付けることで、主要な観光地至る所でWI-FI環境が整えることができるというものです。

これが成功すれば、全国の先駆的な事例にも成り得ます。是非とも実現させてほしいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »