« 玉砕 ~2014函館ハーフ~ | トップページ | 函館秋のイベント »

2014年10月 1日 (水)

WI-FI環境

Dsc_1902数日前の夕刻、当ホテル前の「朝市ひろば」前に何やら長蛇の列が。この時間、朝市ひろばはとっくに閉まっており、もしかして何かの撮影でもやっているのかと良く見てみると、並んでいるのは外国人のようです。今年は大型客船の寄港も多く、その際にはここ函館朝市、外国人だらけになることも珍しくないのですが、さすがにこの時間帯では異様な光景。

さらに近づいてみると、どうやら彼らいずれもタブレットらしきものを手にしています。ようやく理解しました。今年建てられたばかりの「朝市ひろば」はWI-FIフリー。数少ないWI-FIスポットを発見し、客船で寄港した乗船客が集まってきたようです。

最近、ホテルなどでは館内WI-FI環境を整えているところは珍しくありませんが、多くの観光客が立ち寄る施設での整備はまだまだ遅れています。スマホがこれだけ普及している現在、当地のような観光地では、外国人に限らず観光客受け入れのための必須の環境になりつつあります。ちなみに当ホテルは10年ほど前から全館全室無料WI-FI対応。函館のみならず北海道のホテルで最先端を走っておりました。将来を見越して・・・といった格好良いものではなく、ネット環境を整えるとき、有線より安上がりだっただけですが・・・。

さて、道南のWI-FI環境について、ある試みが動き出しています。道の観光予算に関わることでもあるので、確定しているものではありませんが、とても魅力的な方法です。今年五稜郭築造150周年を記念して、函館に関わる人物の紹介を「リトファスゾイレ」というドイツ由来の円筒型広告塔を市内各所に設置して好評を得ていることは、以前、拙ブログでも触れました。これを道南全域に拡大し、このリトファスゾイレにWI-FIの機能も付けることで、主要な観光地至る所でWI-FI環境が整えることができるというものです。

これが成功すれば、全国の先駆的な事例にも成り得ます。是非とも実現させてほしいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 玉砕 ~2014函館ハーフ~ | トップページ | 函館秋のイベント »

ホテルニューオーテからのお知らせ」カテゴリの記事

函館の見所・観光施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/60404663

この記事へのトラックバック一覧です: WI-FI環境:

« 玉砕 ~2014函館ハーフ~ | トップページ | 函館秋のイベント »